人生中間地点。

バイクをメインに、
個人的な趣味や日常を記録。

スキッドパッド(タンクパッド)を貼ってみた。

2020-05-18 | バイク




コロナで外出自粛期間中に
炎の剣にスキッドパッドなるものを着けてみた。

長距離ツーリングなどで、
ニーグリップができていないから、
腕に力が入りすぎて腕が痛くなるのではないか?と思ったからで、
そういえば、つるつるのタンクではグリップしにくいし、
意識して強く挟むと疲れる。
そしていつの間にかニーグリップしてない状態に戻ってしまうのだ。
しかも、夏はエンジンが火鉢化するので、暑い時期のニーグリップは無理。
なので、夏は捨てよう...。
でも、春・秋・冬は腕の痛さから解放されたい。
そこで購入したのが、
『PROGRIP(プログリップ)バイク用 サイドグリップパッド』という商品。
CBR954RR専用のパッドも売ってはいるのだが値段が高い!!
ゴムパッド2枚で8000円前後する...。
趣味のものが高いのは常だが、
需要が少ないからといって、ゴムっきれ2枚で8000円は家族への良心が痛む。
そこで他を探していて見つけたのがコレなのだ。
ただコレもゴムっきれ2枚で4000円近くする商品(汗)。
腕に貼るシップ代だと思えば妥当な金額なのだろうか...。

ところでこの商品、
自分のバイクに合わせてカットできるパッドなので、
炎の剣の型をとり、型紙を作ってからカットすることにした。



まぁ最初は大まかに作り、実際合わせてみてから微修正した。

この商品、レビューにもあったが、
ゴムと両面テープが別々なので、まずそれらを貼り合わせないといけない。
これが以外と面倒。
しかも両面テープがかなり薄いので上紙を剥がすときにテープがヨレるうえ、
タンクに貼りつけるときに気泡が入るらしい。
一抹の不安をかかえながらの作業となった。





作業をすすめていく(汗)。



タンクに貼った。

案の定、気泡だらけである。

もういい。

最近では、バイクの見てくれをあまり気にしなくなったので
ニーグリップさえできれば良しとする(汗)。
(気泡は後で針を刺して抜けば、もう少しイイかんじになるかもしれないし...)





早速、このパッドの効果とやらを試しに、近くのレッドバロンまで...。

たしかに、ニーグリップはしやすくなった。
ただやはり、SS特有の前傾のときはよいが、
体を起こしているときには、まだ腕に力が入ってしまう。
姿勢の問題か?
長距離ツーリングでの腕の痛みから解放されるのか?

今年に入ってコロナの影響もあり、炎の剣に乗る機会もめっきり減っているので
実際のインプレは先になりそうだが、
前回の角島ツーリングからの腕の痛みは収まりきれておらず...
次のロングで痛みが悪化すれば、
車種変更か、炎の剣をアップハンドルにするしかないのかも...。

まぁ試しにショートを何度かしてみて様子を見よう。

p.s.
この商品、
「スベらなければ、それでいい!!」という方にはおすすめするが、
見てくれを気にする方や、手先が不器用な方にはおすすめしませんので
素直に車種専用のものを選びましょう。
特に、紫外線による変色や気泡が目立ちにくい『黒』を選ぶとよいでしょう。
参考までに...。
コメント

サクラ

2020-04-07 | バイク
通勤途中にある桜並木で。







最近はマイカー通勤が続いてたんで
久しぶりにカブたんでの発進です。

桜は満開なんだけど、ゆっくり愛でるのはまた来年に。

収束するまでは
バイクツーリングもお預けですな。

春よ、早く来い。
コメント (2)

カブたんのバッテリー交換(2回目)

2020-02-12 | バイク
2018年3月にバッテリーを交換しているので
ほぼほぼ2年経っての交換となる。

キックスタートでも良いのだが、
親指1本でエンジンがかかるのであれば
そっちの方が楽。



アマゾンで2048円の、
前回と同じく、台湾ユアサ製『YTX4L-BS』に交換。
(ちなみに、『X』が無い『YT4L-BS』は日本製であり、
台湾製の方がハイパワーらしい...)

そして作業は、、、







右側のサイドカバーを外したら、、、
ゴチャゴチャした機械がむき出しになるので(←テキトー)
その上にある六角ボルトを外し、、、
バッテリーを引き出して、、、交換。
5分で終わるのだ。

プラスドライバーとマイナスドライバー、
10mmのボックスレンチがあれば、
ネコでもできる簡単な作業....である。

で、スターターを回すと、
前回替えた時よりも勢いよくまわる。(ラッキー!!)

次はヘッドライトをもっとピカッーー!!っと、明るくしたいんだが...
(LED化はちょっとメンドくさそうだし...)
いつになることやら。

コメント (3)

カブたん オイル交換(22487km)---クラッチ滑り??

2020-01-17 | バイク
以前のオイル交換で
「サードで一瞬もたつくような症状もあり...」と書いたんだけど、
どうやらクラッチがスベっているようで...。

熱ダレした直後に対策として、粘度を1つ上げて10W-40にしてみたが
それから、高回転時にアクセルを開けると、
一瞬、動力が伝わっていないような、
体だけが前のめりになるというか、
明らかに、エンジンオイルを変える前と後で乗り味が変わってしまっていた。

なので、ネットでいろいろ調べていると
エンジンオイルの影響でクラッチが滑るという現象は
あちこちで起こっているらしい。
特にカブに関しては、
「高級オイル(値段の高いオイル)を入れたらスベる!!」、
「粘度を変えたらスベった!!」など、
「良いもの食ったら腹壊した!!」みたいな事例も多く、
もしかしてカブたんも...と思い
通常使用していた10W-30にもどしてみることにしてみた。

使用するのは、
『ホンダ 2輪用エンジンオイル ウルトラ G1 SL 10W-30 4サイクル用』。
ついでにプラグもNGK『C6HA』に新品交換する。



カブ90はフィルター交換しない時のオイル量は0.6リットル。
オイル刺しを使って正確に入れようと思ったのだが、
引っ張り出してきたオイル刺しの中で、クモやらアリやらが数匹ご臨終になっていたので
今回も野生の感で注油する。
ちなみにオイルは1リットルで850円。
プラグは300円でした。
本当はバッテリーも死んでいるので交換しようと思ったが、
買い出しに行ったお店には、ユアサ(日本製の約8000円)しか置いていなかったので今回はパス。
次回、密林で購入する。

--

出てきたオイルには透明感などはなく、ネバつきも落ちているよう。
前回のオイル交換から335kmしか走っていないのだが、、、(汗)

まぁオイルの交換は頻度が早いほうがエンジンには良いし、
手間もお金もそんなにかからないので、
「オイルいつ変えたっけ?」て思ったら
即交換が望ましだろう。

--

そして、オイルが抜けきるまでにプラグも交換しておく。
プラグも交換用の穴?から簡単に交換が可能だ。



さすが世界のカブ。この辺の作業性はGOODである。

で、抜いたプラグを見てみると...



交換して正解(汗)。

古いプラグも磨けば使えるのだが、
安い部品なので、交換する方がマチガイはないだろう。

--

で、オイルが抜け切ったので、新しいオイルを注ぐのだが、
1リットルの内、0.6リットルしか使わないので
約半分の0.4リットルが余ってしまう...。
どうせ取っておいても使わないので、それをフラッシングとして使う。

野生の感を頼りに、缶の約半分を注入しエンジンを回す。
この時、ゲージにオイルが着いていなければ、油量が足らないので
エンジンをあまり回さずに全捨てで、最後に0.6リットルを入れる。
ゲージにオイルが着いていれば、エンジンを回した後に全部は吐き出さずに底のボルトを閉じ、
これまた野生の感で、規定量に達するまでオイルを注ぐのだ(キリッ!!)。

作業が終了したので試運転。
エンジンが温まっていないのでなんとも言えないが、
スベるような感じは無い。
オイル交換したばかりなので当たり前だが、
ギアチェンジもスムーズで、走り心地も軽い。

明日、通勤で早速小距離乗ってみよう!!
と思ったのだが、明日は雨の予報。
おまけに寒波が来るらしいので、
オイル交換後の実用的な感想はまた後日に。


コメント (3)

2020年 走り始め。

2020-01-04 | バイク
あけましておめでとうございます。
今年も細々と続けていきたいと思いますのでよろしくお願いしますね(汗)。


2020年、いや、令和に入って初めてのソロツーです(汗)。

本当は炎の剣で走るつもりが、
角島ツーリングから約3ヶ月もエンジンをかけていなかった為、機嫌が悪く、
2020年の走り始めは赤兎馬で出かけることにした(汗)。



向かった先は、三愛にできたクシタニのカフェ。
ここは、昨年の4月にオープンしたんですが、今回初めて行ってみた。







家を出たのが遅かったので、着いたのは午後3時(汗)。
ライダーの数はまばらでしたが、空いていたのでかえってラッキーだった。

店内はオシャレな内装で、小物もちらほらおいとりました。













まったりしていると、一人の若者が近くにいたので話しかけてみると、
横浜から来た方で、年末から九州に来ているみたいで、
鹿児島まで行ってきたと行っていました。
「寒くねぇ?」って聞いてみると、
「ジェッペルで来たんだけど、あまりの寒さで、フルフェイスを購入した」と言っていましたわ。
そう、いくら南とはいえ、九州、特に山間部は死ぬほど寒いので
この時期来られる方は重装備は必須ですよ。


コーヒーを嗜んでいると、向こうの方で

ブロォロォロォロォ・・・ バウン バォーン バワワワアア・・・
フォーン フォーン ガルルルル・・・
シュワーン シュオーン ガアガガ ドルーン・・・

みたいな爆音が聞こえたので行ってみると、、、、



勝ち組達のスーパーカーがズラリ...

ほほぅ これが勝ち組のマシンか...
(カブたんで来なくてよかったわ(笑))

いったい、いくらすんのだろう...
二千万? いや、五千万か。いやもっとしそうだ(汗)。

近づいて写真を撮ろうと思ったら
持ち主らしき方がいたので
「撮ってもいいですか?」と尋ねたら、
「いいですよ」とすごく感じの良い返答が。
やはり余裕のある方々は心も広いのだ。


子供の頃、スーパーカーショーでしか見れなかった車たちを前に
小市民丸出しで、シャッターを押しますくる自分(笑)。







ただ、こういう車は欲しいと思わない(負け惜しみではない)。
乗りにくそうだし、いろんなところに気をつかいそうだし...(負け惜しみではないぞ!!)。
私が欲しいのはムスタングなどのアメ車か、
ディフェンダーのような今時のオシャレ系な車か、
昔のライフの4枚もいいな〜。
(貧乏人の夢は広がるのだ)

さて、いっときの夢を見せてくれたスーパーカー達に別れを告げ帰路へ。
寒空の中、帰る途中、
あの若者が言っていた言葉を思い出す...
「このまま横浜に高速道路で帰るので、到着するのは明日朝8時の予定です」と...
大丈夫か? 無事に辿り着くとよいが...
バイクも新車で購入したばかりと言っていたが...
無事にたどり着くことを願っておりますyo!!

 
私もこの一年、
安全運転でバイクライフを楽しんでいきますyo!!

ではまた。
コメント (3)