新旧の書籍および映画の批評,作品解説.
Augustrait





[提供:キノフィルムズ]
 敏腕ロビイストのエリザベスは,クライアントの要望を叶えるため最適な戦略を立て,妥協を許さない完璧主義者だ.そんな彼女は銃擁護派団体からの仕事を依頼されていた.新たな銃規制法案に対し,女性の銃保持を認める働きをして,廃案に持ち込んでくれというものだ.だが,その仕事を断った彼女は,上司から解雇を通告されてしまう.その翌日,自分のチームから4人を引き連れて,銃規制法案に賛成する小さな会社に転職する….

 1940年代から50年代にかけ,下院非米活動委員会によって作成された「ハリウッド・ブラックリスト」に対抗するため,現代のハリウッドには興味深いプロジェクトがある.映画製作マッチングの脚本プロジェクト「ハリウッド・ブラックリスト」.わざわざ前リストと同じ名前にしてある.まだ映画化されていない脚本をThe Black List, LLCに登録し,250人以上の映画関係者の評価をベイズ推定を用いて点数化されスコアが公表される.その脚本に興味をもった映画製作関係者とのマッチングで映画製作化を狙う取組みである.2017年時点で,過去10年のアカデミー脚本賞およびアカデミー脚色賞を受賞した20作品中10作品はブラックリスト登録作品であるという.

 本作の脚本もこのリストから生み出され,担当のジョナサン・ペレラ(Jonathan Perera)は,共和党系ロビイストが不正行為で逮捕された事件に刺激を受け,「アメリカ民主主義を蝕む汚いネズミたち」を駆除する女性ロビイストの奮闘をスクリプトに書き込んだのである.本作の主人公スローンは,インドネシア産パーム油にかかる税金「ヌテラ税」をめぐるロビー活動を通じて,パーム油消費を大企業が控える事態を防ぐ活動に関与した.これでパーム油をふんだんに使うスナック菓子のアメリカ消費は落ち込むことはない.インドネシア政府を安堵させたスローンは,連邦議会や企業の取締役会の中で秘密裏に行われる談合と,ロビイストの旨味を学習する.

 次に彼女が取り組むのは,銃規制をめぐる政治的モメンタム.ニューヨーク市のように支持者からの豊富な資金提供と,全国草の根ネットワークに支えられた主要な銃規制団体は,ほとんどが民主党が支配する州で勢力を保っている.一方,議会の共和党によって数十年にわたって築き上げられ擁護されてきた全米ライフル協会(NRA)と加担するロビーの構造的優位性を切り崩すことは容易ではない.所属する大手ロビー会社が銃擁護派団体と組むことに反発したスローンは,部下4人を引き抜いて弱小ロビー会社に移籍,銃規制法案を可決させるべく奔走する.彼女は目的のためには部下や同僚を監視し,プライバシーを暴いて切り捨て,自分はプレッシャーを払拭するため強度の精神刺激薬を手放せない.

 敏腕ロビイストが,銃擁護派の議長が支配する聴聞会で吊上げにあったとき,白馬の騎士のように現れた男が致命的に野暮.ただし彼女の居直りは速く,胆力もある.5年の刑期,しかも旧知のアクターの尽力で短縮が見込まれるペナルティと引き換えに,彼女がNRA擁護派に与えたダメージは小さくなかったはず.だがそれも継続的波状攻撃にはつながらない.表沙汰になるかどうかは別にして,このような生き方のロビイストを描く脚本を,ハリウッド・ブラックリストの審査者は少しは痛快と思ったのだろうか.聴聞会を晴舞台のように嬉々として立つロビイストに,主客転倒の大逆転.フィルム・ノワールにしてほしいとはいわないが,この題材でこの展開はやめるべきと,ハリウッドで進言する製作者はいないようだ.


++++++++++++++++++++++++++++++
原題: MISS SLOANE
監督: ジョン・マッデン

製作:ベン・ブラウニング クリス・サイキエル アリエル・ゼトゥン
製作総指揮:クロード・レジェ ジョナサン・ヴァンガー パトリック・チュウ アーロン・ライダー
脚本:ジョナサン・ペレラ
撮影:セバスチャン・ブレンコフ
プロダクションデザイン:マシュー・デイヴィス
衣装デザイン:ジョージナ・ヤーリ
編集:アレクサンダー・バーナー
音楽:マックス・リヒター
出演:ジェシカ・チャステイン マーク・ストロング ググ・ンバータ=ロー アリソン・ピル マイケル・スタールバーグ
  • 132分/フランス=アメリカ/2016年
    (C) 2016 EUROPACORP FRANCE 2 CINEMA




  • « ▼『カントの人... ▼『忘れられた... »