And Leatherの革ブログ

浅草橋と日暮里に実店舗がある革の材料店です。 初めての方でもわかりやすい店を目指してます。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

菱目打ちとヨーロッパ目打ちの違い

2016年02月14日 | 革・材料の入荷・紹介

日暮里店、浅草橋西口店で取り扱いをはじめました
『ヨーロッパ目打ち』

従来の菱目打ちより穴が斜め。ヨーロッパでは斜打ちが主流だそう。

一番のポイントは刃先が細く、根元にかけて太くなる菱目打ちに対し、

ヨーロッパ打ちは刃先と根元の太さが一定で、革の表裏の穴の大きさが均一に開くので菱切りの突き作業が不要。
針抜けもスムーズです。
 

刃幅サイズは3.0㎜・4.0㎜・4.5㎜・5.0㎜の4種類。
いずれのサイズも・1本目1200円・2本目1400円・3本目1600円
・4本目2100円です。

 

 

 
コメント   この記事についてブログを書く
« 人気の長方形カットレザー | トップ | ひと月経ちました »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿

革・材料の入荷・紹介」カテゴリの最新記事