「花も団子も、猫も杓子も」

日々の出来事を気ままにおしゃべりしま~す♪

待ちに待った季節

2018-03-20 22:57:02 | 日記
春が来てるというのに
なかなかエンジンのかからないムーさんでしたが、
花たちに催促されてようやく写真を撮りました。

孫と一緒に植えたチューリップ

道沿いの植え込み



玄関前

メインはクリスマスローズ












花の苗をいっぱい植えました





ボケの花も満開~♪

ムーの庭の見ごろはゴールデンウイークかな(´∀`*)ウフフ
コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

老夫婦

2018-01-18 21:42:36 | 日記
ご近所にお住いの老夫婦(推定80歳過ぎ)、
同じ区会の同じ班、長年のご近所さんで、
時々、顔を合わせるとご挨拶していました。

子供さんはなく、お二人でバスに乗り、
近場の温泉に行かれるのが何よりの楽しみのようでした、
帰り道すがら、庭仕事をしている私と目が合うと
少し立ち止まりおしゃべりをして帰られます。

「温泉の帰りですか?」 「そうよ~」
さっさと帰られるご主人のことは気にせず
手さげ袋から何か1つ取り出しては私に手渡してくれました。
温泉饅頭だったりミカンだったり、あくまきやおにぎり・・
いつもニコニコ、明るいご夫婦です。

最近、お二人の姿を見ないと思ったら、
ご主人が怪我で入院されていたとか。

少し前、庭木の剪定中にハシゴから落ちて怪我をされたそうで、
退院後は自宅療養をされ、すっかり腰も曲がって好きな温泉も無理に・・

昨夜、急に奥様から電話があり、
私にたってのお願いがあると・・
ご主人の坊主頭をバリカンで刈って欲しいというのです。

バリカンなんて握ったこともない私、
何度も断ったのですが、押しの強さにとうとう根負け・・

今朝、
午前中に顔を出し、午後から行くことを約束。
昼ご飯のとき電話がきました。
「散髪は終わりましたので・・」と。

早速ご主人の頭を見に行きました。
部屋の中央のイスには可愛い一休さんがお座りになってました。
奥様が不自由な体ながらも、バリカンをジージーいわせて刈られたそうです。

私は思わず
「上手ね~ どこも血が出てないわ~ キジキジにもなってないよ~」
両手で頭をなでまわしました。
奥様には、
「上手ね~ やればできるじゃない~ えらいね~ 」


前の夜、ユーチューブで坊主頭の散髪動画を見て勉強したのは無駄になりましたが、
30何年ぶりにご主人の髪を刈られた夫婦愛のほうがずっと大事! 素晴らしい!
これからも、ず~っと ず~っと、
お二人そろって長生きし、散髪して差し上げてくださいね~~♪
コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

新年

2018-01-02 22:12:15 | 日記
明けまして おめでとうございます。
今年もよろしくお願いします。


一応、年の始めなので書いておかないと・・(´∀`*)ウフフ

新年は恒例の焼肉会で始まりました。
息子夫婦と孫、義父に夫と私、
6人だけのささやかなお祝いです。

御節は形だけで仕出し屋さんの2段重です。
メインが焼肉なので気持ちだけで十分。
御節は案の定一部をつついただけ殆ど残りました。

お肉は最上級の霜降で滅多に口にできない代物。
この肉は有難いことに毎年義父の手土産です。
私が準備したのはキャベツ・玉ねぎ・カボチャ・ピーマン・エリンギ・・・
野菜類を洗って切って並べただけ~♪(´∀`*)ウフフ

ひたすら肉が焼けるのを待ち、焼けるはしから次から次へと口の中・・・
流石宮崎牛、とろけるほど柔らかくて美味しい~♪
一番たくさん食べたのは5歳の孫で、ご飯のお代わりも3回、
これ以上はお腹を壊すからとストップかけました。

食事が終わり、みんなでかるた取りをしました。
孫が少しだけ文字が読めるようになったので初めてのかるたです。
主人が読み手で、最初の文字を孫に見せ、
探し始めたところで続きを読みます。
文字のわからないところは絵でわかるようで、
大人顔負けの早業です。

年甲斐もなく手加減無しの真剣勝負になりました。
孫がベソをかく寸前まで加熱しましたが、
そこは大人たち、ソンタクが働いてめでたく孫の優勝となりました。

孫にお年玉のポチ袋を渡すと、すぐに親に手渡しましたが、
息子とお嫁ちゃんへ渡したのは、喜んで手を出し受け取りました。
これだから一生貰う番は来そうにありません。

バタバタと過ぎた元日。
写真は撮ったけどお披露目はちょっと・・(#^.^#)

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

メリー クリスマス

2017-12-25 21:31:11 | 日記
クリスマスというと、
最近ではプレゼントをやり取りする日となってしまったようで、
本来の意味は知らなくても
サンタさんがいてもいなくても、
ケーキとチキンがあるだけでクリスマス気分になるから不思議です。

この年になると、
ローストチキン丸ごと1本食べるのはちょっと無理・・・
主人と分けて勿論大きい方を私がいただきました。(´∀`*)ウフフ

お昼前、
岐阜の友人から小包が届きました。
花つながりの彼女とは3年前からのお付き合いで、
花の苗を交換したり、彼女作の手づくりのものをいろいろ頂きました。

小包の中には手づくりのリースが2個入っていました。
クリスマス用とお正月用で、
彼女が庭で育てた花をドライにし、センス良く素敵に仕上がっていました。

嬉しくて嬉しくて、
とても言葉では言い尽くせなくて・・・

1個目のクリスマスリース




2個目はお正月リース



どちらも素敵でしょ~♪
ネコに悪戯されないよう、大切に飾らせて頂きま~す♪
ありがとう
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

柿の渋抜き(ドライアイス方式)

2017-12-04 21:17:52 | 日記
先日作ったドライアイスを使った渋抜きが大成功だったので、
今日は2回目の渋抜きをすることにしました。
この方法だと超簡単で、それはそれは甘くて美味しい柿になりますよ。
是非お試しあれ!

材料:渋柿5K(中サイズで40個程度)
  :ドライアイス(500g~1㌔g)素手で触るとやけどしますので注意!
  ;厚めの丈夫なビニール袋(大きいサイズ1枚)
   厚さ0.05ミリ以上がベスト。0.04ミリを使ったときはパンクしたので2重にしました。
  :輪ゴム(適宜)
  :ダンボール箱(大き目1箱)
  :新聞紙(1日分)
*今回は柿10㌔で上の倍量を使用しました。

最初に
ダンボール箱の内側にビニール袋を広げ、底に新聞紙を2ページ分くらいをたたんで敷き、
その上にヘタを下にして柿を並べました。

並べ終わったら上にまた新聞紙を5~6ページ分くらい置き、
その中央に新聞紙にくるんだドライアイスを乗せました。

ビニール袋の口をしぼり、絞り口から掃除機で空気を抜き
ペチャンコになったら素早く口をしっかり結び、念のため輪ゴムでも止めました。

みるみるうちにドライアイスが気化してガスが発生してパンパンに膨らみます。
膨らまなければ空気漏れがあるかも?

あとは段ボールの蓋をして1週間から10日放置。(蓋ははじけて空いてしまいますが(´∀`*)ウフフ)
3日くらい過ぎたら自然にガスが抜けてシワシワのペチャンコになってきます。
そのままの状態でおよそ1週間~10日で完成!
もし渋みが残ってるようならあと2~3日放置してもいいかも・・

美味しく出来上がったら冷蔵室に保管。食後のデザートには最高ですよ~♪
私は冷蔵庫に2週間入れてましたが、味は全く変わりませんでした。

ちなみに
↓下の写真は現在わが家の庭に実っていてる甘柿。
鳥たちの食料なので主人の許可なしでは食べることができません。
なぜなら、
「鳥はスーパーに買いに行けないから」だそうです。



参考に
https://ameblo.jp/ishigurofarm/entry-10061023035.html
https://goanai.net/archives/5467.html
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加