ゆうなんハイツ

映画とダイビングと温泉と・・・日々綴っております。現在顎嚢胞闘病記連載中。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

「サウンド・オブ・サンダー」

2006-04-15 | 映画


今更なんですが、公開初日に見に行ってました。
でないと、すぐに公開終わってしまうのが心配で(爆)。
こんなB級作品は、私が見てやらねば誰も見ん!と思いましてね(笑)。
しかし、ジャッキーの「The Myth」より観客が多かったのは、ちょっとショック。
レイトで安いから人数多かっただけなのかな・・・。
レイトの分を昼間にチケット購入したら、
「どこでもお好きな席をお選び下さい」だと。
つまり、まだ誰も購入してませんよいうことらしい(笑)。
さすがB級無名俳優作品。主役に花がない。
「ザ・コア」のアーロン・エッカートよりさらに花がない。
この作品を見ると「ザ・コア」がまだまっしであったことに気付かされます(笑)。

さて、SFであること以外は、見に行くまでどういう作品なのか
全く前情報なしでしたが、ポスター見て「パニック」ものであると理解。
「あ~ザ・コア系かいな」と思いましたら、内容はそれ以下でした。

ほとんどCGでごまかした作品というか、俳優さんたちのバックもCGなもんだから、
とにかくしょぼくて、「あちゃ~」感はぬぐえない。
シド・ミードがデザインというが、「ブレードランナー」にははるかに及ばない。
監督も、ピーター・ハイアムズと分かり、さらに「あちゃ~」。

内容はないに等しく、予想通り「ザ・コア」的にどんどん登場人物が
そこで殺さんでええやろという場面でお亡くなりになっていかれました。
で、残るのはやっぱあんたら二人ねと。あ~お約束。
博士が変なサルになったのには、わろた。しかもしょぼいCGの。

文句ばっかり並べてますが、こういうくだらん作品が日本で公開されることに
意義があるのです。なので、皆さんも見て文句言って、宣伝して下さいね。
もちろビデオスルーでも誰も文句言わない作品ですから、
決して1800円は払っちゃいけません(爆)。
金券ショップご利用で安く鑑賞致しましょう。

人気blogランキングはこちら
『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント (22)   トラックバック (12)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« とーとつですが・・・ | トップ | モアルボアルへ行きます。 »
最近の画像もっと見る

22 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
TBありがとうございました。 (romper-stomper-rc)
2006-04-16 00:28:32
こんばんは。こちらからもTBさせていただきました。



>「ザ・コア」がまだまっしであった



確かに・・まだ主役知ってましたもん。

予告見た限りでは、おもしろそう~って思ってしまったんですよ~なので、ブルーバックが見えそうなCGには呆気に取られてしまいました。

私はレディース・デーでしっかり1000円で見ました。それでも高いと思います。
B級好き仲間? (ruru)
2006-04-16 02:16:09
ははは、私も「ザ・コア」を思い出してました。

あれも結構B級で楽しんだんですよね(笑)



でも私的には「タイムマシン」よりはましだった・・・









TBありがとーございました^^ (琵琶湖)
2006-04-16 10:23:46
私的には、ケッコウ楽しめましたけどね~、この映画^^

狙いじゃないかもしれないけど、笑える箇所もいくつかあったし(笑)
Unknown (ゆうなん)
2006-04-16 13:43:05
>romper-stomper-rc様



私も1000円鑑賞でしたが、新宿なら600円で鑑賞できたと知り、しまったと思いました(^^;;)。シド・ミードデザインのタクシーですが、「トータル・リコール」と変わらんやん!って突っ込んでました。でも、なン夜間や言いながら初日に見に行く私です(爆)。



>ruru様



>>でも私的には「タイムマシン」よりはましだった・・・



「タイムマシン」ありましたね。未来感のない未来。あの生物は一体・・・(^_^;)。

でも、突っ込みどころ満載作品好きなんですよね。「ザ・コア」もやるたび見てるし(爆)。あははは。



>琵琶湖様



とっても分かりやすいHNですね。実は、実家が滋賀なものですから(立命館理工学部はお隣です)、つい「おっ!」と思いました。

学生の頃は、大阪の学校へ行ってた関係で「琵琶湖」というあだ名がつきました(笑)。

ご鑑賞は、近江八幡のワーナーですね。買物に何回か行きました。滋賀県は、実は京都よりも劇場数が多いという逆転現象が起こってますね。こちらの御用達は、草津シネマ(でしたっけ?)でした。ローカルネタすいません。
「ザ・コア」以下ですか.... (はまちん)
2006-04-17 23:25:08


不覚にも「ザ・コア」は劇場で観てしまいましたので....。



しかし、監督がピーター・ハイアムズなんで

許してやって下さい。まだ彼が現役でやってるという事を確認できただけで意味はあるかと(笑)僕の尊敬する監督の1人ですから...作品の出来不出来は別にして(藁)







>はまちん様 (ゆうなん)
2006-04-17 23:50:46
ええもちろん許してるんですが(笑)。

「エンド・オブ・デイズ」もちゃっかり初日に見てますよ(^^;;)。「ザ・コア」は見損ねましたが。

現役続行に乾杯!ですね。

愛情を持ってこの作品をダメじゃんと書いてらっしゃるところしかTBしてないのです。本気でけなされたら可哀想だし(笑)。

悲しいけど・・・ (Mr.Boo?!)
2006-04-19 00:35:00
どーも!そんで、アーロン・エッカートって[アゴの人]ですよね?確かに[サウンド・オブ・サンダー]のエドワード・バーンズ同様、華が無かったですね。まだ[ハムの人]の方が華があるかも・・・。でも、そんな彼達が僕は好きです!頑張れ、怠け者のヴァン・ダムよりも!って感じです。
>Mr.Boo?!様 (ゆうなん)
2006-04-19 13:00:35
アゴの人ですか(笑)。ま、そう言えばアゴか(^^;;)。

今一つ華のない俳優を愛する同好会でも作りますか。あと誰いるかな。

マーティン・ヘンダーソンとか?
コメ&TBありがとうございました。 (Mr.Boo?!)
2006-04-19 18:48:25
ブログ見切り発車だったんでTBの意味が分からず、今更ながら調べ、何となく意味が解りました。[今一つ華のない俳優を愛する同好会]入会します!マーティン・ヘンダーソンって[トルク]の人ですよね?その映画は観てないんだけど、チラシは貰ってきた憶えがあり、分かります!ワイルド・スピード&ポール・ウォーカーになれなかった映画&俳優さんでしたね。僕の今、思いつく華無しスターは大物?!マット・ディロンなんですけど、どーですか?そう![マユの人]です。
追伸。 (Mr.Boo?!)
2006-04-19 19:38:48
僭越ながら、僕もTBさせてもらいました。梨本勝じゃないですが、恐縮です!

コメントを投稿

映画」カテゴリの最新記事

12 トラックバック

映画感想「サウンド・オブ・サンダー」「DOOM」 (ぽわんぽわんぶろぐ)
[番組改変期だ]あたりから頻繁に登場する英語の論文の件は、本日ようやく終了の運びとなりました。結果はどうであれ、終わりは終わり。それはつくば市が早稲田大学に作らせた風が吹いても回らない風車のようなものなのです。(察して・・・)。ここで最近見た映画のB級映画好
サウンド・オブ・サンダー (なにも起こらなかった一日の終わりに)
 明日はバイトが休み!  ということで、「サウンド・オブ・サンダー」を観てきましたよう!  西暦2055年。  未来の世界ではタイムトラベルによる”恐竜狩りツアー”を行うタイムサファリ社が話題になっています。  しかし未来を変えてしまうことなどを考慮し、「過
【サウンド・オブ・サンダー】 (ROMPER’S ROOM)
一日中ど~んよりした{/hiyoko_cloud/}でした。 なんだかオモシロそ~だな~と思っていたので見てきました。 ストーリーは以下。(ネタバレ) ---------------------------------- 近未来、人類はついにタイムトラベルの技術を手に入
サウンド・オブ・サンダー (月の記憶)
レイ・ブラッドベルの世界を映像化!との宣伝文句につられて見てしまった。 結構笑えて楽しかった。といったら失礼だろうか? なんとまあ、レトロなチープさ。 B級SF映画が好きな人にはとっても微笑ましく、お勧めだ。 レイ・ブラッドベリは確かにレトロな作家ではあ.
サウンド・オブ・サンダー (ケントのたそがれ劇場)
★★★☆  決算で忙しくて、だいぶ長いこと映画館に行けず、かなりストレスが溜まりましたが、やっとこの映画を観に行くことが出来ました・・・。  本作は、レイ・ブラッドべリの短編『いかずちの音』を映画化した、時間テーマSF作品である。さて話の内容だが、近未来で
サウンド・オブ・サンダー (daydream)
 一ヶ月半ぶりの映画鑑賞{/usagi/}今日はいつものHAT神戸の映画館でなく、MOVIX六甲に行ってきました。ここはキレイなんだけど、ちょっとスクリーンが小さいかな。そして駐車料金が2時間しか無料にならないのも少々キビシイ感じ{/down/}  今回観てきた『サウンド・オブ・
サウンド・オブ・サンダー (Diarydiary!)
《サウンド・オブ・サンダー》 2004年 アメリカ/ドイツ映画 - 原題 - 
消えた80億円?! (あたり前田のキャプチュード)
サウンド・オブ・サンダーを観てきたでやんす。エドワード・バーンズ好きで、未だに代表作が無いと言われている??ヴァン・ダムの作品の中でも、なかなか面白かったタイムコップを撮
映画:サウンド・オブ・サンダー (駒吉の日記)
サウンド・オブ・サンダー@シネマイクスピアリ 「ルール1.過去を変えるな」 「ルール2.過去に何も残さない」 「ルール3.何も持ち帰るな」 いやあ、思った以上にB級テイスト満載でつっこみどころだらけの楽しい作品でした。 第一波、異常気象。第二波、熱
サウンド・オブ・サンダー (しんのすけの イッツマイライフ)
お話自体はタイムトラベル物です。 過去にタイムトラベルした時、何かをしてしまった。 その為に元の時代に変化が起き始めた。 このままでは人類が絶滅してしまう。 元に戻すにはその原因を探し出し、 もう一度過去にいき、原因を止めなければならない。 …と、そん...
サウンド・オブ・サンダー 06年154本目 (猫姫じゃ)
サウンド・オブ・サンダー 2004年  ピーター・ハイアムズ 監督エドワード・バーンズ 、キャサリン・マコーマック 、ベン・キングズレー 、ジェミマ・ルーパー 、デヴィッド・オイェロウォ ふ~ん、、、こういうお話だったのね。ストーリーはおもしろいで ...
サウンド・オブ・サンダー (A Sound Of Thunder) (Subterranean サブタレイニアン)
監督 ピーター・ハイアムズ 主演 エドワード・バーンズ 2004年 アメリカ/ドイツ映画 102分 SF 採点★★ 歳をとると円熟味が増すとかなんとかも言ったりしますが、得るものよりも圧倒的に失うものの方が多いのではと感じ始める、今日この頃。私も、もう歳ですか ...