女子大生のあたまの中

yurayura-teikoku-@mail.goo.ne.jp

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

そんなわけで、最終回。

2006-03-15 | Weblog
もう「女子大生」じゃいられないから・・・

もう「女子大生のあたまの中」なんて書けないから・・・


これは「さよなら」じゃない。
新しいブログへの「こんにちは」。



「こんな私でよろしければ。」
新しいブログはコチラ



リンクを張っていただいてる方には変更をおねがいします。

今後ともよろしくお願いいたします。
コメント (31)   トラックバック (3)
この記事をはてなブックマークに追加

だらーん だらーん ぺろーん

2006-03-12 | Weblog
ずっとその人のことを考えていたら、恋人になった気分になることはありませんか?

私、今、まさしくそれ。
加藤条治選手のことばっかり考えてたら、恋人なんじゃないかって気がしてきた。
それを世間ではストーカーと呼びます。気をつけましょう。

携帯の待受を加藤条治選手にしたので、とりあえず近々ある高校の同窓会では、彼を恋人ということにしておこうかと思います。
訴えられそうです。私なんかがそんなこと言ったら、「名誉毀損」で訴えられそうです。気をつけましょう。


てか同窓会どーしよー
まず服がないよ。大学の試験→バイト漬け→旅行というファッションの流行に接さない日々を送っていたため、何を着たらいいかわからぬ。。うう。そして金もない。

そして話題もない。しばらく会ってないししゃべることはたくさんあるけど。
恋バナになったときがイヤかも。私の何もない日々に「あいかわらずね」的反応をされそうで

でもま、久々にみんなにあえるのは楽しみなんだけどね(o→ܫ←o) ♥♥
就職したらなかなか会えなくなるだろうから、楽しい時間を過ごしてくるぜ!


そんなわけで旅行帰ってから実家に帰ってきてるけど、なんだ私。むっちゃだらだらしとるわ。
ひたすら家にいるし。「実家帰ってきたら連絡してね。ご飯食べいこう。」って言ってくれてる地元の友達にも連絡してないし。だめだこりゃξ

でもねー、一回家でだらだらしはじめると、もう何もできなくなる。
忙しいときはエネルギーあり余って、あれもこれもやりたくなって、あっちにもこっちにも行きたくなるのに。

バイトでもそうだもんな。
暇なバイトだとぐだぐだしてまって、数少ないお客さんが来たときもぐだぐだになる。
忙しいバイトのほうが、数多い分ぐちゃぐちゃになりそうなもんなのに、テキパキこなせてるような。

だし、配属もそれなりに忙しいとこに決まったほうがいいかも。
それなりに、ね。2ヶ月も家に帰れないで、ずっと会社に寝泊りとか、そこまでの忙しさは望まない。。でも充実してたらそれもありか?!どうだ??

とりあえず就職までのこの時間は、思う存分だらだらしておこう。



そうそう、大学卒業決定しました

やー、実はちょっと不安だった。卒業アルバムもはかまも予約したのに、卒業できなかったらどうしよう、って。

でもまだ不安。卒業証書もらうまでは不安。実は超心配性な私( ☉_☉)
はかまで卒業式行って、卒業証書もらえなかったらどーするよ?
一生言われるよ。。


卒業したらもう、「女子大生」ではいられなくなるんだなぁ。
そしたらこのブログも。。


このブログは「女子大生のあたまの中」ってタイトルでこのまま置いといて、新規開設して新しいブログはじめようと思ってます。

どこで開設しようかにゃ~♩♪♫♬
今んとこ、アメブロかなー、と
コメント (6)   トラックバック (1)
この記事をはてなブックマークに追加

卒業旅行 ~きゃぴきゃぴ編~

2006-03-11 | Weblog
ロスに行った目的は、自分の過去を振り返るため。
それとブランド品ショッピング~


そうさそうさ。そのどちらもウソさ。
そんなセレブな目的を持てるほどの人間ではにゃい。


実際の目的はテーマパークめぐりである。
セレブとは程遠い。涙と鼻水でぐちゃぐちゃになりながらはしゃいできた
ユニバーサル・スタジオ・ハリウッド1日、ディズニー・カリフォルニア・アドベンチャー1日、ディズニーランド・パーク1日というかんじで。


まずユニバーサル・スタジオ・ハリウッド。
テーマパークは開園と同時に走り込みたい系人間の私であるが、友人の寝坊により開園時刻には間に合わず、朝から残念な気持ちを抱える。

が、ゲートを入ってあらびっくり
ここはパルケエスパーニャ??

驚くほどの人の少なさ。行ったの日曜日ですよ?
まじでパルケエスパーニャばりの人の少なさ。ここはアメリカ、ロサンゼルスですよ?
中を長いエスカレーターが通っているのもパルケっぽかった。

でもまあ人少ないほうが全部まわれるじゃん?っつってまわりはじめた。
実際に映画の撮影が行われたスタジオやセットをまわる「スタジオツアー」というアトラクションからうちらのUSHツアーは始まった。
ジョーズやキングコングにもしっかり襲われてきましたよ。

ジャパンのほうのユニバでもおなじみのサメもいましたよ。
ジャパンのほうのユニバでも撮れる記念写真も撮ってきましたよ。

大体のアトラクションはジャパンとかぶってる。
ジュラシックパークにバックドラフトにバック・トゥ・ザ・フューチャーに・・・
でもジュラシックパークなんかはジャパンのよりドキドキした。

ジャパンにはないハムナプトラをもとにした「リベンジ・オブ・マミー・ザ・ライド」がすごく気に入った。今まで出会ったアトラクションの中で1位だわ
すごいスピードでもう、目開けられなくて、終わって出てきたときに覚えているのはスピードと恐怖だけ。どんなのが途中で出てきたかさっぱり・・・
しかも!終わった、と思ったら後ろにギュ-ン!そこで私は思わず「ギャーン!」
ああこわかった・・・

あとジャパンにないので言えば、ヴァン・ヘルシングのお化け屋敷。これもなかなかにこわかった。そこから出てくるってわかっていても、「ギャーン!」

あと動物奇想天外的なステージとか。わんこがかわいかった。おもしろかった。
我慢大会みたいなステージもあったなぁ。あれは微妙。

昼からは結構込みだしたけど、アトラクションは全クリ。
ハムナプトラとジュラシックパークを2回ずつ乗って、大満足の1日を終えました。


続いてディズニー・カリフォルニア・アドベンチャー。

ええ、ここもすいてました。

昼まではよかった。昼までは。
昼から、私たちが行った、この日、記録的な大雨はいりました!ありがとうございます!

ここは、ディズニーと名はついているものの、全然メルヘンじゃないです。
絶叫系多し。それが私にぴったり。

タワー・オブ・テラーというホテルのエレベーターが上がったり落ちたり落ちたり落ちたり落ちたり上がったり落ちたり・・・
途中で窓が開いて外が見えるから高さがわかって怖さ倍増。
これはこわかった。まじ叫んで泣いた。
終わってから知らぬ間に撮られてた写真見たら、私、顔ゆがんでた。
その横で友達が、うちの顔を見つめてた。
うちの声に驚いてこっち見たらしい。

それにスクリーミンというジェットコースター。
ミッキーの顔の中を一回転するの。すごい速さで。
スクリーミンした。でこれまた泣いた。

サンウィールというゆらゆらゆれて落ちる観覧車に、テレビで見たことある水の上ぐるぐる回って激流を下るグリズリー・リバー・ランも乗ってきた。
アラジンのミュージカルも見てきたし、パレードも見てきた!


というわけで、これまたメインは全部乗れた。
おもしろかったタワー・オブ・テラーとスクリーミンには2回ずつ乗れました。


ディズニーランド・パーク。

ここが一番込んでたかな?と言ってもすいてるけど。待っても15分くらい。
ビッグサンダー・マウンテンとか、待ちそうなもんなのに待ち時間ゼロだもんね
ホーンテッド・マンションだけ閉まってて入れなかったけど、ここでもメインは全部乗った!50周年のセレモニーも見た!夜のパレードも見てきた!


しかしだよ?
ここに来るまでに激しい絶叫系を乗りまくって来ちゃったから、何乗ってもスリル的には物足りない・・・

でもかわいさでは一番だね☆
ミッキーともミニーともシンデレラともその他もろもろとも写真撮った!


しかしだよ?
聞いて驚くな。
ミニーちゃんの中のおじさんを見てしまった・・・
ミニーちゃんが「ちょっと待ってて」って言って消えたところから、次に現れたのはおじさん・・・
肩の形がさっきのミニーちゃんと同じです
そしてそのおじさんはどこかに立ち去り、同じところから新しいミニーちゃんが出てきた。
肩の形がさっきのミニーちゃんと違います

これはミニーちゃんの交代が行われた瞬間に立ち会ってしまったに違いないと確信する。
ああもうこれから先、ミニーちゃんを見るたびおじさんの顔が思い浮かぶ・・・





それにしても日本人が多かったねー。日本かと思ったもん。

それと自分について、あらためて感じたことがあった。
私、時差ボケないわ。
腕時計の針を合わせれば、すぐにそれに体が合わせられる。
なんて単純な体なのだろう。
ああバカ万歳
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

卒業旅行 ~うろうろ編~

2006-03-10 | Weblog
ええ、失恋旅行なんかじゃありませんでしたよ。だって失うにもまず、恋をしていないもの


普通に卒業旅行。L.A.へ
L.A.には3歳から5歳まで住んでた。ビバリーヒルズ青春白書にもよく出演したもんだ。


・・・ええ、うそですよ。うそついちゃいけないって誰が決めたんですか。
・・・そうですか。決めたのはあなたでしたか。こんなところでそんなあなたにお会いできるとは。光栄です。


で。
そんな私の第二の故郷ロサンゼルス。ビバリーヒルズ。ああ金持ち。
(ロデオドライブ)

小さなバンに乗っていくスターの豪邸めぐりツアーに現地で参加

スター・・・
マニアックすぎてわかんねぇ!

そちらではみのもんた的人気を誇るテレビスターでも、うちら日本人にとってはただの知らない外人なんですけど

同じエリアに映画スターの豪邸がたくさんあるんだからそれらを中心に回ってほしかった。
ニコラス・ケイジとかリンゴスターとかマドンナとかの家は回ってくれたけどねー。

ただ、回った家を写真に撮りおさめたはいいけれど、どれが誰の家だったか、あとになったらさっぱりわからん
(ニコラス・ケイジの家。多分。)
しかしこんなツアー、日本ではできないよね。みのもんたと高倉健と和田アキ子の家をめぐるようなツアー・・・


(サンタモニカビーチ)
サンタモニカのビーチはさすがに美しかったさすが西海岸。さすがカリフォルニア。

あまりの美しさに、友達と間違えて知らない人に話し掛けてしまった。恥ずかしかった。
あと子どもににらまれた。なぜ?と思って足元を見たら、その子が石で作った城を私は踏みつぶしていた。「それが人生だよ。」と言っておいた。

しかし美しかった。気分は高揚した。
イタリア行ったときもカプリ島で興奮したし、自分は海辺が好きなんだということがわかった。
漁師の嫁にでもなるかねぇ?・・・誰も娶っちゃくれないか

(ブタも泳ぐサンタモニカビーチ。“SCUBA PIG”)

サンタモニカ付近には買い物によさげなところがたくさんあるらしかったけど、時間がなく断念。残念。


(ハリウッドサイン。小さいけど。)
ハリウッドといえば??
チャイニーズシアターの手形・足型ではないかしらん。
(チャイニーズシアター)
(ジョニー・デップ)
手形・足型、それぞれ個性が感じられます。

(マリリン・モンローは“ i ”の上の点のところに水晶をはめ込んでる。)

(トム・ハンクスはなんか深い。)

(ウーピー・ゴールドバーグは髪の毛も。)

(“I'll be back”はシュワルツェネッガー。)

手形・足型を残すのに比べれば、ウォーク・オブ・フェイムに名前を残すほうが簡単らしい。(と言っても難しいけど。)
せめてウォーク・オブ・フェイムには名前を残せるくらいの人になりたいなぁ。
(ウォーク・オブ・フェイム)
(チャップリン)


ちゃんと勉強もしてきましたよ。というところも見せておこう。
サンセット大通りにはおっきな看板がたっくさん
たくさんあってもいやらしくなくかっこいいと感じるのは、言語が英語だからというだけなのでしょうか?どの看板も勢いが感じられて、なおかつおしゃれで、そんな看板に囲まれた道を歩いていると、気分はウキウキワックワク
 
 



お買い物はメルローズ通りで。
ここはもう、おしゃれでかわいいお洋服ががいーっぱい
私が大学1回生だったら山ほど買い込んでたと思う。
しかし私は大学4回生・・・(もうすぐ就職。)
社会人になってからも着れるかなぁ?と考えると、買うのがためらわれてしまった。
かわいいけどカジュアルだったのでね。というわけでかわいい服はたくさんあったけど、ここでは結局、弟におみやげとしてTシャツを買ったのみ。私は優しい姉と言う顔も持つ。



食べ物系はファーマーズマーケット。
ここで買ったマフィンがおいしくておいしくて。外カリカリ中ふわふわ

ここで面白かったのがトイレの表示。
なんかゆらってなってるの。なんか変じゃない?
友達いわく、「トイレ我慢できないんだよ。」

ツボにはまったので、友達と4人してこれをパシャパシャ撮っていたところ、通りかかったアメリカン男性は「何を撮っているの?」というかんじで覗き込んだ。そしてトイレの表示を撮っていると知ると、 「Right picture.」つって去ってった。



夜はパサディナ。パサディナは素敵なところだった。
何が素敵って、そこからの帰り道、私たち道に迷ったの。
そんなときに限って、私、おしっこの限界。トイレはない、目的地には着かない、でもさっきジュースがぶ飲みしちゃった、という
もう草むらでするから、友達に見張っといて!とか言ってたもん。でもぎりぎりでたどり着いた。もう少しで伝説をつくるとこだった。

ってそれだけじゃなくて、ご飯もおいしかったし、きれいめな物もいっぱい売ってたしで素敵だった

それと人が!
迷ったときに道を聞いたおじさんがとってもいい人で、それでよい印象が植えつけられた。
その人も道を知らなかったのに、「かわいい女の子を放っては行けない。」と言って、自分が乗るべき電車にも乗らず、人に道を聞き、教えてくれた。そして横断歩道の渡り方までおしえてくれ(それくらいはわかる)、横断歩道を渡りきるまで見送ってくれた

てか話し方、態度から考えるに、このおじさんには絶対うちらのこと小中学生くらいにしか見えてなかったね。

こんなことはここだけではなくて、たとえばメルローズ通りへ向かうバスの中。
降りるべきバス停を見逃さぬようキョロキョロキョロキョロするキョロちゃんズ(うちら)にひとりのおじさんが言った、「どこで降りるの?」
で、うちらが「メルローズ通り」と言うと、また別のおじさんが「僕そこで降りるから、僕が降りるときに一緒に降りなさい。」
するとうしろのほうから「ここ席空いてるからこっちきなさい。」とおばちゃん。
そんでそのおばちゃんも「どこ行くの?」ときくから「メルローズ通り。」と言うのに、観光客はサンタモニカにしか行かないと思っているのかそのおばちゃんは、「サンタモニカは次で降りて、乗り換えて・・・」とおっしゃる。
「いや、サンタモニカじゃなくってね・・・」と私たちが言う前に、斜めうしろの別のおばちゃんが「メルローズ通りに行くと言っているよ。」と。
でなんやかんやで、目的地のメルローズ通りのバス停に到着したときには、混雑したバス車内のあちらこちらから、「ここだよ!」「着いたよ!」「メルローズだよ!」「降りて!」という声が。
最終的にバス全体から心配されてしまいました。そんなに頼りないですか。

いやいや、本当、親切な方ばかりで助かりました。ありがとうございました。


それにしても、スーパーもショッピングモールも大きくて時間が全然足りなかった。
買い物してたら時間はあっという間。もっと時間があればなぁ・・・


たくさんうろうろしたけど、一番気になったのはファミマ。
ダウンタウンの日本人街、リトル東京にあるホテルニューオータニに泊まったんだけど、そこの前にあるファミマは、
売り場の3分の1がコンドーム!!
でらでかいのとかでらちいさいのとかあった。

そんな品揃えがとても気になったロスでした




<< ~きゃぴきゃぴ編~へつづく。 >>
コメント (5)   トラックバック (1)
この記事をはてなブックマークに追加

それより、あれは??

2006-03-07 | Weblog
旅行に、とおこずかいをもらった親戚宅に、おみやげを持っていったらそのままずるずると長居
私が甘いもの好きだということは知られているから、目の前にはお菓子の山食っちゃあしゃべり、食っちゃあしゃべりで、日本語を思い出すにも十分すぎるくらいの日本語をしゃべりまくって帰ってきた。
(旅先で日本語忘れるくらい英語漬けだったのかよ!というツッコミは無視します。)


おばちゃんと食っちゃあしゃべりしているとき、テレビではニュースがやっていて、そこで、堀江メール問題。

ああ、まだやってたんですね。旅行行ってる間に終わってるかと思った。

永田議員が十分な裏づけをせぬまま公にしたのはよくなかった。(偽物だと知っていたという話もあるが。)
でも今回のことで臆病にならず、これからも疑惑はがんがん追及していってほしいなぁ。


「そんなことよりも」、とおばちゃんは言った。
「たとえば小泉の勤務実態なき厚生年金加入はどうなった?」

そういえば、そんなこともありました。
そのとき書かれた「早川嘉美&加代子の世界」エッセイ集“検証「小泉首相/30年前は太っ腹な社長がいた」”でもご参考に。
その“太っ腹な社長”について、「こんどお墓参りに行きたい」とかいう発言もしたらしいからね、小泉首相は。社長生きてるのに。超適当。


そんなこともあったのに、それがそのあとどうなったかもわからないまま、何も変わらず今日まできてる。
何かが明るみに出ても、次から次に新しいことが流れてきて、そのまま流れて、そして消える。


思えば、堀江メール問題の前に問題になってたライブドア、耐震偽装、BSE問題は??

自民党のほうが攻められる側だった。堀江メール問題までは。
それが一転、今や民主党側が攻められてる。

これは怪しいと疑わずにはいられないんだけど。とおばちゃんともしゃべっていたんだけど。
自民党がやったんじゃないの?って。
だって自民党にとって都合がよすぎるじゃない。それにそうじゃなかったら「いんちき」だなんてすぐに言える?


なんて、勝手な推測。わかんないよ。

でもこれだけは。


情報が早く多く流れてくるようになった。
そのぶん問題ひとつひとつをちゃんと処理しないまま次に進んでしまってる。
次々くる情報とともに、大事な問題まで流してしまうな。忘れてしまうな。
大事な問題は最後まで見届けよう。そうしないと・・・

ずる賢い人たちに騙されちゃいますよ。
コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

ああ、好きだ。

2006-03-06 | Weblog
私が日本を離れてる間に、トリノオリンピックもすっかり終わってしまいました。


ああ、条治かっこよかったね。

条治条治、加藤条治。加藤条治選手。スピードスケートの。
ものすごいタイプです。どうしましょう。
考えるだけですぐさま全裸で駆け出したくなります

周りでも人気。女子が集えば条治話に花が咲く咲く
オリンピックの加藤条治選手の試合の直前も、友達と4人で2時間くらい「条治がいかにかっこいいか」について話し合ってた。
最後らへんは「ジョー(オダギリ)とジョージ(加藤選手)、どっちを選ぶの!?」とか言ってたもん。もうわけわからんね。イケメンは女子を破壊する。


荒川静香選手の活躍で売上が伸びに伸びたというトーヨーライスの金芽米のCMには、加藤条治選手バージョンのもあるんですが。

「萌える」という感情って、ああこういう感情なんだな、というのを、このCMを見てはじめて知りました。
やばいですね、この笑顔は。ああ、やばい。

帰国したら一番に、「おかえりなさいお風呂にする?ごはんにする?それともワ・タ・シ・・・??」って言う存在になりたい。



こういう若くてかっこいい選手が、世界を相手に闘って、世界一の記録を持っていたりするのを見ると、自分もがんばらなきゃなってすごく思う。
素敵なあなたのようになりたい。すこしでも近づきたいと。

これから就職したら広告で、世界を相手にできるくらいになりたい。
賞とかはどうでもいいや。基準よくわかんないし。
自分が生んだ広告表現が全世界で使われて、世界中の人を動かすことができたらすごいいいな。それが目標

そんなことできちゃう“いい女”になって、「あなたの笑顔」という最高の金メダルを手に入れることができたらな・・・



ちなみに加藤条治選手のブログは⇒⇒「条治のゆる~い話。。。。。。」
オリンピック後、アクセスがぐーんと伸びてる。さすが。
文章もなんかかわいい。帰ってきたらまた更新されるのかなぁ。楽しみら
コメント   トラックバック (3)
この記事をはてなブックマークに追加

失恋旅行

2006-02-24 | Weblog
傷ついた心を癒しに行ってきます。

あなたの声。
あなたの笑顔。
あなたの眼鏡。
あなたとの思い出。
忘れられなくてもいい。
ただもう思い出さないように。

もしまたあなたに逢うことがあっても、ときめいたりしない。「電車男かよ!」って思うだけ。
宇宙戦艦ヤマトの曲を聞いても、あなたを想わない。ただ「いい曲だ」って思うだけ。

そんなふうにあなたを想う自分を全部、あたたかな海に捨てられたら帰ってきます。


一週間もかからないでしょう。
3月あたまには帰ってきます。


それでは、いってきます。
コメント (6)   トラックバック (1)
この記事をはてなブックマークに追加

にぎにぎにー

2006-02-22 | Weblog
握力がしかない。
でも特に問題はない。
ただ握っているペンや箸が、ぽとぽと落ちるくらいだ。

私には筋力がない。
体力はある。風邪もめったにひかないし。
ただ筋力が…
腕立ても腹筋も、一回もできないのだ。

でも特に問題ないではないか。
腕立てや腹筋が必要になる状況なんて、存在しないではないかフハハハハ。


でも握力。
あんまり弱いと幸運をつかむこともできないんじゃないかって。
大切な人の腕もつかめないんじゃないかって。


というわけで、握力増強マシーンの登場
暇さえあれば、にぎにぎにー。握ってる。

これでオレンジもリンゴもぎゅっと握りつぶせるように、なるよ。はずよ。
絞る手間が省けて、さらに料理上手になること間違いなしよ☆


そう。握力といえば。
携帯を新しくしたんだけどね。

ボタンが固くて、メールがすごい打ちにくいの。
これも握力鍛えたら、ピコピコ素早く打てるようになるかなぁ?

これって握力だけの問題よね?そう思いたい。
たくさんついてる機能わけわからんし、使いこなせる自信まったくないし、年のせいかなとちょっぴり思ったりもするけど…そうではないと信じたい。


携帯携帯。
auからvodafoneに変えたんだが。

友達みんなこぞって「ラブ定額?」って…

彼氏いないの知ってて…

ひどい嫌がらせ
コメント (7)   トラックバック (2)
この記事をはてなブックマークに追加

痛さが快感に変わる日は訪れるのだろうか?

2006-02-18 | Weblog
実はうちの叔母も弟もいぼ痔の手術を受けている。

常に私につきまとう、いぼ痔の恐怖…

肛門部に違和感をかんじ、触ってみたところ、
ひぃ!何かができている!


というわけで肛門科へ…


さらっと言ったが肛門科。肛門科である。
私のような美女が入っていい場所だろうか…

ドンマイ!実際若い女子もいるから問題ないぜ!


それでもやっぱり恥ずかしい肛門科。
ここまで来てもまだ、「私は痔の治療のために来たのではない」という顔をして待合室に座ってる私。いい加減観念しろと言いたい。


で。
肛門科。

当然だけど肛門を見せないと診察になりませんよね?


恥ずかしい!
先生がかっこよくて、興奮しちゃったらどうしよう!

なーんて。思ったのは最初だけ。行ってみれば先生はじいさん。肛門をさらすのにももう慣れた。


で。
どんな診察をされるかというと。

おしりだけ出して、横向きに寝かせられて。
そして肛門に…
指が…
金属が…





お お お お お   




顔までしわしわの肛門風になってしまうあの感覚は、言葉では言い表せないね。



で。
診察結果はというと。

切れ痔。(今までと変わらず。)

何かできてると思ったのは、炎症を起こしてるだけとのこと。


塗り薬をもらって帰りましたとさ



という痛々しい一週間でした。

今週は駅の階段からも落ちたし。
(これは肉体的により精神的に痛かった。前を歩いてたカップルに嘲笑されたから。)

あと愛するイケメンに想いを込めて「愛してるわ」メールを送るも、返信は「血迷ったか!」でした


人生って痛いね。そんなことを思った一週間でした。
コメント (9)   トラックバック (1)
この記事をはてなブックマークに追加

永遠の17歳に、酒なんていらない。(お酒は20歳になってから。)

2006-02-14 | Weblog
ええどうせ、私はお酒が飲めませんよ!
だからなんだってんだ!?私が何か悪いことをしたと言うのか!?


…冒頭から苛立ってすいません。いえ。キレてないっすよ。

別に何があったってわけでもないけど、ちょっと言いたかった。
全国の「お酒、飲めないんで。」を代表してね。

お酒が飲めない人は飲みの席で、飲めないってだけで申し訳ない気持ちを持つわけです。
なのにその気持ちを知らない飲める人たちは、
「1杯くらい飲もうよー。」
「たまには飲もうよー。」
などという鬼にような言葉を投げかける。

悪気はないのはわかっているよ。
うちも大人だし、さらっとかわせるよ。

でもねでもね。
胸の中、申し訳ない気持ち、さらにむくむくふくらんでく。

基本的に私は、生まれつきほろ酔い。だしお酒なんて必要はないのだ。
なのにその言葉は、必要ない私にまで酒を強要する。

それまでたとえ楽しく騒いでいたとしても、その言葉以降、
私が飲めないことで雰囲気を悪くしないように。
そんなふうに考え、気を使わずにはいられなくなるじゃないか!!

まあそれも、言われた人との関係とか言い方次第で、好きな人に明るく言われりゃそれほど気にもしないが、嫌いな人にねちっこく言われた日にゃあ、そりゃもう、
ただちに死ね!アル中で死ね!
と心の中で激しい呪いをかけるよマジで。
(しかしそのとき外の顔はあくまでも笑顔。私も大人になったもんだ


でもなんでそこまでお酒にこだわる?って思うのよ。言われたほうにしてみれば。
だってさ、しいたけ食べれない友達に、「たまにはしいたけ食べようよー。」とか言わないじゃん?
うんこ食べる性癖のない人に、「たまにはうんこ食べようよー。」なんて言わないじゃん?そんなん言ったら変じゃん。
言おか?「たまにはうんこ食べようよー。」って。言ったら絶対ひくでしょ?ひくっつーか、縁切っちゃうでしょ?

それとおんなじなのよ。飲めない人にとっては。


でもしかし。

私ってこれから広告代理店に勤めるのよね。。

めっちゃ飲みそう!

大丈夫だよ。と先輩には言われたが…不安だ。

あーもう!お酒がないとテンション上げられない人のほうが不具じゃないか!
“サケハラ”で訴えられればいいのに!

私が企業のトップに立ったらまずすることは、「飲み会」の廃止だ!
そのかわりに「ティーパーティー」するのー♪ああ、すごい健康的でセレブなかんじきっと業績もうなぎのぼりだわ↑↑

そんな会社を主流にしませんか?親睦は「ティーパーティー」な素敵な会社…。
もちろん「ティーパーティー」における、テンション上昇による「脱ぎ」は大歓迎ですよ
コメント (11)   トラックバック (1)
この記事をはてなブックマークに追加