ヨンデリーヌ・ヨンデルホンのビミョーなる書棚群

加齢なる 読道生活半世紀。 歯磨き、活字は、生活習慣。 

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

脳が壊れた

2016年12月31日 | ノンフィク棚
鈴木大介  新潮新書

脳梗塞に罹患した当事者による手記としては、多田富雄『寡黙なる巨人』も秀逸でしたが、
あの『最貧困女子』のライター・鈴木大介ならではの、当事者感覚、ノリ、ツッコミ、ボケがたまらない一冊です。

ハンディキャップを負う事のリアルがここに。
そして、ハンディキャップを負ってこその我が身分析、それを経てこその、『最貧困女子』たちへの新たな視線…

終章近くでは、妻の発病をも背負うこととなり、尚さらに鈴木氏の視点がハジけます。


『寡黙なる巨人』、実は中身をそれほど覚えちゃいないんだが、読後どんよりと籠ったことは憶えています。
いやはや、それと同じ病とは思えない本書。
というか、要するにどんな病も、いや、病だからこそ、「人となり」ということなのだな、とつくづく。


両方ともに、オビ推薦文は養老孟司。
『本』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
« コラージュ川柳 108 | トップ | コラージュ川柳 109 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ノンフィク棚」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。