ヨンデリーヌ・ヨンデルホンのビミョーなる書棚群

加齢なる 読道生活半世紀。 歯磨き、活字は、生活習慣。 

横須賀くりはま花の国

2017年05月19日 | アルコーゼ・ヨンデ
山まで行くほどのエネルギーがなく、
県外へ出るほどの時間もなく、
それでも真夏前までに少しでも歩いておきたい…

「歩く」=「気持ちよく歩く」
ということなので、景色は重要ポイント。
そこらをただ歩きたいというわけではないので、
さてどこへ?

整備された道でもそこそこアップダウンがあり、
あわよくば花の絶景を拝むことが出来、
ところどころで海も見え、
入園料が無料。
それがくりはま花の国なのです。

やたー!どんぴしゃ、ポピーのまっさかり。

写メ程度じゃ、この大霊界(古っ)もかくやの空気感は出ませぬが…
往生の際にはこんな景色が目前に広がるのだろうか?と、霊チックな空気を味わいつつのウォークです。しかも、平日ときては来園者のジジババ率9割超え(ヨンデ隊含む)。マジに霊界感が演出されます。

ところどころにネモフィラも…

真っ赤とピンクが大勢ですが、こんなんも、

こんなんも、

こんなんもあり、

薄い羽根のような花びらたちが、
それこそいっせいに羽根となり、
空へと飛び立つ幻想に酔う…

ポピーの後の花リレーは、
紫陽花にバトンを移しつつあり、

こんなスポットの近所にお住まいであれば、
花観賞に、ウォークに、子供の遊び場にと、
日参でございましょう。
何しろ、入園無料。(そこかよ)
(但しお車の際は駐車一日620円)

『ウォーキング』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
« なんでわざわざ中年体育 | トップ | 日本列島100万年史 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。