乾 靖のWhite Mountain

北部白山管理人&中宮温泉くろゆり荘館主がお届けする白山情報満載!

温暖化で困難になるトナカイ遊牧の記事

2017-06-23 | 新聞記事

今北極圏では温暖化による影響が深刻化していますが、ラップランドでは何千年も続いて来たナカイ遊牧に影響を与えて居ます。

下記、記事と翻訳です。

http://lm.facebook.com/l.php?u=http%3A%2F%2Fwww.svt.se%2Fnyheter%2Fvetenskap%2Fhelt-crazy-med-tvara-temperaturkast&h=ATMC3_G8vjE3sATU_UgtvRl77iHhoVAHdI5YxfGq65lpRWAhwY6GWtgZBjf1SJsmkW00o_-E3umrwczlEsTnZdqIZN3ox7x4CxV9Iwh58CFeLbZzr5abLUalllJCU1L3MrNfnwCdDFo&s=1

 

キルナ郊外にあるラエバスサーメ村のニーラインガ氏がもはやトナカイらは餌を見つけることができないと話しました。我々の年寄りにこのことについて相談することもできない。なぜならこのような状況に誰がしも遭遇したことがないから。 
2月の終わりに彼と会った際、彼のトナカイらは北はケブネカイセから夏の避暑地であるピリヤルビ(キルナより南西100㎞)までとサーメ村の全域に広がって生息していました。
トナカイらを管理することはとても困難です。トナカイらが車道、鉄道や建物内に留まったりすることで、人々は通常存在しない場所に餌を探し求めるトナカイが出現することにいらいらしています。と彼は言います。
ラエバスサーメ村の会長であるニーラインガ氏は毎日、山岳地域での気候変更を体験しています。天候により積雪量が変化していますのでトナカイらは餌を見つけることができず、飢餓の恐れがあると彼は言います。
マイナス37度からプラス8度まで 
トナカイ所有者を脅かす冬の間の寒さと温暖の急激な変化。時に雪が凍り、また時には雪が解けたりして、氷の層ができるため、積雪の間、トナカイら自身が餌を見つけるのが困難である。国のサーメ村調査によると大半のトナカイ所有者は天候によるトナカイ自身で餌を見つけられないことに問題があるとのことです。
–この冬は完全におかしい。ある日はマイナス37度あり、翌日は急激にプラス8度まで気温が上昇した。とニーラインガは言います
相談に乗ってもらえる人がいない
通常、ニーラインガ氏はトナカイの問題が生じた際、父親またはサーメ村の年寄りに相談しますが、この場合はアドバイスをしてもらえる人がいない。
–私は家に電話をかけて「今、ここにトナカイらが来たけど、良いことなのかそれとも悪いことなのか?」と聞くことができない。なぜなら父は知らないから。そのような経験を一度もしたことがないから。17年間トナカイ飼育してきましたが、「通常」の冬を経験したことがないと彼は言います。
サーメのトナカイ飼育は口伝えで知識と伝統を引き継がれてきたので、伝統を受け継ぐ世代にとってこの新しい条件はとても難しいことです。
ニーラインガ氏のトナカイらは今のところ、木から垂れ下がるコケを食べて凌ぐことができるでしょう。しかし他のトナカイ所有者は冬の一部の期間、餌付けするようになっています。
ピリヤルビから数マイル離れたところにある Parrakkaのトールエリックフーヴァ氏は4月までメス・雄トナカイにエサを与えます。春に無事、出産できるようにと。柵の中に入り、通常、野生の地で生活する動物がビニール袋からの餌を乞う動物を見るのは少し奇妙な体験です。– 一匹だけでなくたくさんのトナカイらがこのように餌を与えられます。とトールエリック氏は言います。
トールエリック氏の話は続きます。できる限りトナカイへ餌を与えるのを避けると。長期的にみてトナカイに餌を与えることによってどのような影響を及ぼすか誰もわからないからです。彼自身トナカイらの行動に影響が出ないか(雪下にある餌を自分で探すことが出来なくなるのではないか)と心配しています。
農民の生活
エサを与えることはトナカイ所有者にとって大きな変化を意味します。
朝、晩にエサを与えるようになり、まさに農民の生活。今までのような伝統的なトナカイ所有者ではなくなります。とトールエリック氏は言います。
しかし、トナカイ飼育はトナカイ所有者が他の選択・生き方を選ぶこともできるという大きな変化に直面しているのでは。
いいえ、そんなことは私の世界ではありえない。トナカイ飼育は私の遺伝子の一部、それは私であり、私のアイデンティティ、私の人生であります。とニーラインガ氏は言います。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

白山正面本道

2017-06-15 | 日記

現在の越前禅定道は往時白山正面本道と呼ばれていた。普段は滅多に人が通ることの無い市ノ瀬から六万山に登り、急な痩せ尾根を行くルートも新鮮な風景が広がる。天井壁の覗き窓からの眺めもその一つだ。また慶松平からは僅かに主峰が姿を見せ、釈迦岳の眺めも良い。観光新道に合流して見慣れた風景となる。振り返ると大長山と赤兎山の鞍部小原峠が見え、湧き立つ雲の彼方の平泉寺への長き道のりが実感できる。 

     

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

中宮道 ゴマ平

2017-06-10 | 日記

中宮道ゴマ平までの登山道にはほとんど残雪は無くなっていた。避難小屋背後からゴマの頭の斜面には一面残雪が残り、この先はまだまだアイゼンが必要。加賀禅、楽々方面の北部エリアを見渡すと、やはり標高2,000m以上はまだ残雪に覆われている。中宮温泉から清浄坂を登り詰め、馬のせごでようやく山頂部の視界が現れる。シナノキ手前では笈と11日に開通するホワイトロードが見渡せる。シナノキの巨木は一冬を無事に過ごして、変わらない姿でたたずんでいた。中宮道の魅力のひとつ、原生の森の中のトレイルは気持ち良い。

     

ゴマ平手前から白く輝く山頂部を眺める。新緑とまだまだ残雪を残す山頂部、ゴマ平避難小屋周辺は淡い新緑が眩しい。

   

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

リピート山中 若草コンサート

2017-06-05 | ニュース

いよいよ今週末となりました。梅雨入りも間近かでは有りますが、皆で山の歌を楽しんで吹き飛ばしましょう!

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

中宮温泉 くろゆり荘の近況

2017-05-31 | 日記

GW明けは、すがすがしい日々が続いていたが、最近急に暑くなってトチノキや藤の花も咲き始めた。食事に提供する山菜も塩漬や冷凍で保存する作業に追われている。また大きな窓から絶景をゆっくり楽しめる広々した特別室も完成したので、ぜひともご利用いただきたい。これから梅雨のシーズン、隠れ家として秘湯を楽しめるお部屋です。100%天然の温泉と食材にこだわった湯治宿です。

     

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

NHK金沢 かがのとイブニング

2017-05-30 | ニュース

明日31(水)18:10からの、かがのとイブニングで、白山開山1300年を記念して、加賀禅定道の今の姿を紹介する予定です。中部他県については放送日が分かり次第お知らせします。

 http://www4.nhk.or.jp/P2813/x/2017-05-31/21/46923/8274796/

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

加賀禅定道残雪情報

2017-05-24 | 白山情報

しかり場では新緑が見事でシャクナゲも点々と花を咲かせていた。美女坂の頭までは登山道を覆う残雪も所々で良好。4月始めに雪を割りながら張ったブルーシートは健在で雨漏りも無く安心。しかし1階谷側のトタンが剥がれて下地も腐り、中からは外の光が入るほど穴が空いてしまっていた。老朽化である。美女坂の頭からはほぼ全面雪に覆われているが、長坂のハイマツ帯だけは雪が無かった。

         

七倉山から大汝方面、お手水鉢登り返しの鞍部は登山道が出ている。ハクサンイチゲガ真っ先に咲き誇る区間だ。岩間道清浄ヶ原方面を見下ろすと登山道は一部出ているがほぼ残雪に覆われている。

  

室堂、南竜の様子も付け加えておく。

 

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

北部白山登山道の歴史

2017-05-11 | 日記

資料を整理していた所、北部登山道の変遷に関する記述が出て来たのでここに記す。資料はコピーなので原本は不明。

大正10年 岩間道 開通 / 尾添川道(現:加賀禅定道)閉鎖

大正末期 砂防新道 開通

昭和 5年 釈迦新道 開通 (営林署による)

昭和 9年 砂防新道 岩間道 閉鎖 (大水害による) 代替道として尾添川道(現:加賀禅定道) 復活

昭和10年 中宮道 開通 (営林署による)

昭和20年 岩間道 復活 / 尾添川道(現:加賀禅定道)閉鎖

昭和24年 観光新道 開通

昭和62年 加賀禅定道 復活

長い歴史を振り返ると、現在のように全ての登山道が歩けるのは良い時代だと言える。北部白山の全登山道を管理させていただくようになってから今年で12年目を迎えるが、長い歴史と北部の壮大な風景を前にすると自分は塵のような者でしか無い。

冬瓜山からの北部白山

 湯谷頭からの北部白山

 

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

GW前半 中宮の様子

2017-04-30 | 日記

晴天の予報に笈登山は空前の賑わいを見せた。中宮VCの駐車場は、朝5時頃には100台近くの登山者で満車。下山してきた人に聞くと、山頂までずっと人の列で、迷いようが無いくらいだったそうだ。昨年の雪不足ヤブ漕ぎを見送り、今年に集中しているようだ。中宮VCの職員と市ノ瀬より多いのでは?と笑い話していたが、事故が無く良かった。

山桜もそろそろ満開になり、新緑も眩しい。くろゆり荘では、源泉100%、天然かけ流しの温泉に浸りながら、猿ヶ浄土から流れ落ちる滝を背景に新緑と山桜の絶景が楽しめる。

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

中宮温泉 くろゆり荘 開湯

2017-04-28 | 日記

本日より無事営業開始しました。ランチと日帰り温泉も好評です。周辺の山腹には山桜が目立ちはじめ、湯船の目の前のつぼみも膨らみ始めました。もう直ぐ滝が流れる猿ヶ浄土の岩山を背景に満開の山桜を楽しめます。高山から知人が駆けつけ看板の色もリニューアルし、周辺の景観にマッチした雰囲気になりました。彼は高山で有名な山岳写真家です。中宮展示館の駐車場は全国からのナンバーが並び、笈登山も人気のようです。

    

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

朝日新聞 百四丈滝の記事

2017-04-24 | 新聞記事

昨日午後、朝日新聞のヘリが空撮した記事が報道されています。

http://www.asahi.com/articles/ASK4R5X2VK4RPQIP012.html?iref=comtop_video_01

 

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

中宮温泉くろゆり荘 開湯準備

2017-04-20 | 日記・エッセイ・コラム

今週はGWからの営業に向けて準備作業に入っている。一番大事な湯船に温泉を引く作業。今年は雪崩で引湯管が3箇所吹っ飛んでいた。源泉から引湯管の清掃を始め、2日目は突風とアラレが吹き付ける激しい天候の中、ようやく無事湯船にお湯を届ける事が出来ました。営業開始は4月28(金)からの予定です。まだまだ予約もOKです。GW期間中は、中宮温泉くろゆり荘でお待ちしています。

  

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

2017 笈ヶ岳への積雪情報

2017-04-18 | 白山情報

現地には行っていませんが、楽々新道から望遠レンズで撮影した4月16(日)現在の情報です。今年は昨年に比べ相当雪の量も多くヤブも少ないと見えます。ただしそのせいで冬瓜山頂のナイフリッジに雪が残っておりスノーブリッジになっているように見えます。踏み抜いたら墜落するでしょう。現時点では冬瓜平への迂回を検討して下さい。今週は雨が続くのでGWまでには消えて無くなるとは思います。ジライ谷はどの程度雪が残っているのか遠望写真では全く見当が付きません。次回現地確認し報告したいと思います。

    

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

小桜平避難小屋点検とゴマ平避難小屋遠望確認

2017-04-16 | 白山情報

GWを前に毎年各避難小屋の状況を確認しているが、前回は奥長倉避難小屋の補修。今回は小桜平避難小屋の点検に向かった。今年は3月になって雪が多かったので屋根が埋もれているのではないかと心配し、ゾンデ棒とシャベルで掘り起こす気満々で出掛けたが、僅かに屋根が出ており苦労せずに済んだ。冬期出入口も使えるので安心だ。

 

途中登りながら角度を変えてゴマ平避難小屋を望遠レンズで確認した。小屋の背後には大量の雪が迫っているが出入口側の積雪は無いようだ。雨戸もしっかり閉まっているので今シーズンの利用は未だ無いのだろう。こちらも安心して利用できるようだ。

 

小桜平に登り上げる手前で加賀禅定道天池方面の見晴らしの良い場所が有る。天気が良いので誰か百四丈の滝に向かって下降してないか見ると一人ゴマ粒のような大きさで居るようだ。望遠で撮影してみると単独のようだ。無事下山出来ただろうか?

 

 

コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

ブナオ山の熊

2017-04-15 | 日記

冬眠明けの熊が菜畑に集まって来ています。

毎日観察出来ます。

今日は昼から4頭確認出来ました。

  

https://youtu.be/42XUfIbZmck

コメント
この記事をはてなブックマークに追加