山路智恵の絵手紙ブログ

絵手紙をかき続けて25年。
山路智恵の絵手紙や創作風景、
日々の出来事などをご紹介します。

新しく ブログ始めました ~山路智恵 Tomoe YAMAJI Official Blog~

2014年03月07日 | Weblog




山路智恵絵手紙ブログへようこそお越しくださいました。

長い充電期間をいただいた山路智恵のブログですが、この度、新しくアメブロさんで再開させていただきます。
「NEW 山路智恵オフィシャルブログ 」


山路智恵は32歳という若手作家ながら、創作活動は25年以上にわたります。

これまでに全国各地、アメリカ、ヨーロッパ―、アジアで創作活動や個展を開催し、2007年には「絵手紙のむら」として有名な長野県栄村に「山路智恵絵手紙美術館 」をオープンしていただきました。

現在は東京にアトリエを構え、創作活動に重点を置いています。


時に優しく、時にダイナミックな筆遣いの絵と、心に響く言葉。

ますます目が離せない山路智恵の世界を、ブログでもご紹介いたします。

長野県栄村にある山路智恵絵手紙美術館も合わせて、皆様からの応援をお願いいたします。


(スタッフ)


【写真の解説】
直近の作品
『深大寺のだるま市』制作途中の作品の様子


この記事をはてなブックマークに追加

絵手紙ネット(大崎ウエストギャラリー)からのお知らせ。

2006年09月01日 | Weblog
いつもご覧頂有難うございます。
山路智恵のブログは本人の都合により
しばらくの間お休みさせて頂きます。
いつもご覧になって下さってる皆様には大変ご迷惑をおかけしますが
これからもよろしくお願いいたします。

この記事をはてなブックマークに追加

今日から西安

2006年05月14日 | Weblog
前回と同じ便なので行きは大変だが、とにかく移動が多いので忘れ物をしない!これだけを考えよう。
まず成田発13:50 上海着15:50の中国東方航空MU524便に乗り、上海で降りたら、入国手続きの後、荷物を受け取り(今回は手荷物だけなので預ける荷物はない)、1階から3階へ移動し、再び国内線でチェックイン。上海発18:15 西安着20:30の中国東方航空MU2160便に乗り換えて西安へ。
西安まで1人だが、西安空港に倪さんが迎えに来てくれる。予定通りいけば、ホテルに着くのは22時頃になりそうだ。
今回は5/22~6/4に開かれる日中交流絵手紙展がメイン。
日中友好のため、この展覧会の成功を祈り続けてきた。
そして、同じ会場で開かれる私の絵手紙展は、今まで18年、特に大学卒業後の約2年間描いてきた1つのまとめ。
明日に繋げる希望に満ちた展覧会になるよう、今まで支えてくださった皆様に感謝して、力いっぱい笑顔で頑張りたい。
とにかく健康第一。絵手紙愛好者約120名の使節団も開幕式に合わせて日本から合流する。全員、元気に行って、帰ってこれますように…今から祈っている。
帰ってくるのは6/8。
それでは、行ってまいります!
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

桜並木を描く

2006年05月10日 | Weblog
今日は朝早く出掛けて、夕方列車の出る1時間前まで、弘前城公園内で桜のトンネルを描いていた。
ゴロゴロした石の上で1日描いていたので、膝、首、腰、腕が痛い。体もギリギリで走り抜けた。帰りの汽車の中では具合が悪くなってしまった。
でも短時間に貴重な体験が出来て満ち足りた気持ち。幸せな出会いに感謝!
また弘前に桜を描きに行きたい。
コメント (1)
この記事をはてなブックマークに追加

弘前城植物園で桜を描く

2006年05月09日 | Weblog
今日は青空の下、大きな和紙に桜を描いてきた。桜吹雪の中で過ごした1日。
毎年桜を描いているが、同じ春はない。
明日も早く起きる予定。明日の夕方東京へ帰るので、弘前で過ごせる残りわずかな時間を、とにかく大切にしたい。

この記事をはてなブックマークに追加

弘前より

2006年05月08日 | Weblog
6 :40に自宅を出発。

8 :28 東京発
     つがる30号
11:31 八戸着

11:38 八戸発
     はやて30号
13:07 弘前着

弘前の桜を描きにやってきた。弘前駅前からバスで市役所前へ。歩いてすぐの所に弘前公園がある。
「桜の古城」として全国的に有名な弘前城も敷地内にあり、4/23~5/5まで開かれていた『弘前さくらまつり』には今年も多くの人が訪れたようだ。ソメイヨシノを中心に約2600本の桜が園内を埋め尽くし美の競演。
弘前公園の桜は満開を過ぎたくらいで、強風に桜吹雪が舞うたびに、ため息がもれる。弘前城と桜、また岩木山も青空によく映えていた。
明日は大きな紙を広げる。

この記事をはてなブックマークに追加

25才の誕生日

2006年04月26日 | Weblog
産んでくれた母、そして育てて下さった皆様に感謝の気持ちでいっぱいです。

    「いつも ありがとうございます」

20代も後半戦。自分との勝負。
また1年、笑顔で熱く走り続けるという決意を新たにし、通過点の目標を1つ1つ越えていきたいと思っています。

    「これからもどうかよろしくお願い致します」
                            
                    かけがえのない出会いにありがとうの心を込めて
コメント (3)
この記事をはてなブックマークに追加

日本に帰国

2006年04月23日 | Weblog
今日は寝過ごしたら大変なので、あまり眠れなかった。朝5時頃停電があったので、準備を早めにしておいて本当に良かったと思う。たまに停電することがあるので何でも余裕を見ておかないと支障が出る。
スーツケースなど大きい荷物は、5月にまた来るので、ホテルに預けた。
早朝にも関わらず、朱さんがホテルまで見送りに来てくれて、チェックアウト。タクシーに1人乗り込み、朝6:30西安空港に向けてホテルを出発した。やっと帰宅したのは、夜20:00過ぎだった。
帰りも中国東方航空で行きと同じ上海経由だったが、西安から成田までトランクを預かってくれたので、今回はかなり助かった。
私は西安のホテルにスーツケースを置かせてもらっているので、預けた荷物はボストンバックだけだったが、車輪がないので移動するのは意外と大変だ。上海で出国手続きのため1度飛行機を降りる時、全ての手荷物を携帯しなければならない。パソコンと西安で描いた絵を両手に持ち、リュックを背負っての移動になる。それだけでも手がふさがってしまうし、1人なので焦る。
今回は同じ飛行機で、荷物の積み替えや別の飛行機に乗り換える手続きがなかったこともあり、出国手続きをした後も1時間ほど余裕があった。寝不足で風邪気味の体を少し休ませ、充電。帰りは上海でかなりゆったりとできた。
移動だけの1日だったが、日本に無事に帰ってこられてほっとした。帰る場所があるというのは幸せなことだ。ありがとう。
早く風邪を治して、5月の西安行きに備えたい。次回は展覧会もあり、一区切りになる。大事な節目だ。
今回、ホテルの部屋でパソコンが使えるという環境が作れなかったので、旅の様子はそのときつけていた日記や写真を元にこれから随時更新していく予定だ。気にかけて下さっていた方々には、本当に申し訳なかった。できる限りこれからも記録に残していきたいと思うので、早く取り戻せるように頑張りたい。

この記事をはてなブックマークに追加

季節は春

2006年04月03日 | Weblog
今日はホテルでゆっくり過ごした。
外は暖かく、街路樹の若葉が眩しい。何となく埃っぽいが、それもまた懐かしく感じられる。
ホテルの窓から見える路地裏はセピア色の古い写真を眺めているような感じ。工事中の音、車のクラクションが部屋の中にも飛び込んでくる。壁が薄いようで廊下の話し声もよく聞こえる。でももう慣れているのであまり気にならない。
去年の9月から、秋冬春ときた。西安で描く日々が送れることに感謝して、夏の日中絵手紙展『ニイハオ西安!こんにちは奈良!』が熱い心燃える季節になるように、この春はもっともっと青春したい。
これからの準備を整え、明日から陝西歴史博物館で描き始める。みんなに会える。

この記事をはてなブックマークに追加

西安に到着!

2006年04月02日 | Weblog
今までは西安へ行くとき北京で乗り継ぎだったが、今回は初めて上海経由だった。
行きは成田から上海までしか荷物を預かってもらえないので、上海で入国手続きの後、トランクを1度受け取ってから国内線の出発ターミナルへ移動しなければならなかった。
かなり人が多く、入国手続きに時間がかかった。でも国際線を出た所で、待ち合わせをしていた蘇州の倪さんと何とか無事に出会えたので本当に良かった。携帯電話で連絡を取り合いながら見つかったときには、ほっとした。一緒に1階から3階の国内線の出発ターミナルへ移動。倪さんと2人で西安へ。ほぼ予定通り22時過ぎにはホテルに到着。先に西安に入っていた島田さんと合流した。
私は3月からの続きで、陝西歴史博物館へ通い、展示品を描いていく予定。
島田さんと倪さんは、陝西歴史博物館で5月22日から6月4日まで開かれる『ニイハオ西安!こんにちは奈良!』日中絵手紙展の準備のために来ている。6日に2人は帰るので、それまで食事は3人。行動はそれぞれだが、仲良く楽しく、笑顔と感謝の気持ちを忘れずに、私は私のやるべきことをコツコツやっていきたい。
今回の移動は初めてだったこともあり、ちょっとだけ疲れた。長い1日。
ホテルに預けていたスーツケースなどを受け取り、部屋に2つあるベットの内1つを持ち上げ部屋を広くした。あとは寝るだけ。
日本からパソコンを持参したが、部屋でインターネットが繋がらなかったので、明日、専門の人に来てもらう予定。あまり期待は出来ない。
今回も明るくいこう!
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

明日からまた西安

2006年04月01日 | Weblog
上海経由で西安へ向かう。

    成田発 13:50 
             中国東方航空524便
    上海着 15:50
    上海発 18:15
             中国東方航空2160便
    西安着 20:30

上海で入国の手続きをした後、トランクを受け取ってから、国内線の出発ターミナルへ移動。そこで蘇州から来た倪さんと落ち合い、一緒に西安まで行く予定。
1人でそこまで行けるのか心配だが、まぁ何とかなるだろう。明日ホテルに着くのは22時ごろになりそうだ。島田さんは先に西安へ着くので、月曜日には会えると思う。
では!元気に行ってきます


この記事をはてなブックマークに追加

再見!

2006年03月16日 | Weblog
明日は9時にホテルを出発して、西安から北京経由で成田へ。
博物館へ行くのは、今日が最終日だった。いつも通り9:00から18:00ごろまで博物館で描いていた。
お昼は博物館に勤めている同じ年くらいの女の子3人と一緒に炒面を食べに行った。
係のおばさんや武警の男の子たちとも、ちょっとの間お別れだ。
夜は荷造り。スーツケースはホテルに預かってもらうことになった。
4月2日に戻ってくる予定だ。唐代の続きを描く。しっかり体力をつけて、戻ってきたい。
何だか日本から中国に来た時より淋しい。毎日会っていた人たちと会えなくなるのは…みんな元気でね。
本当に熱い1ヶ月だった。

この記事をはてなブックマークに追加

日本に帰る日が近づいてきた

2006年03月15日 | Weblog
今日から博物館は夏時間。少し開館時間が延びた。
唐の時代を描いている。明後日には日本だ。そう思うと、ちょっと淋しい。今日のお昼はビャンビャン麺を博物館の人たちと食べに行った。
そして、夕食は博物館にいる係のおばさんの家で食べさせてもらった。ご主人がお料理を作って、息子さんと待っていてくれた。久々の家庭料理に感激!ニラとお肉の炒め物、チンゲン菜の炒め物、もやし炒め、トマトと卵のスープをごちそうになった。バナナとゆで卵を食前に食べて、満腹感は100を超えていた。「今度は大きな魚を食べにおいで」と言ってくれて、みんな私の食べっぷりに合格!という感じの笑顔。何でここにいるんだろうと思いながら、流れで一緒に食べさせてもらった。本当に温かい家族だ。コミュニケーションは気合いで体当たり。楽しく過ごしている。
それにしても寒い1日だった。

この記事をはてなブックマークに追加

今日はまた特に寒い

2006年03月14日 | Weblog
隋唐の時代に入った。やっと第3展示室。長かった。午前中は博物館で13時まで蓮花紋方磚などを描き、午後は休みにした。昼食後、陝西省美術館へ歩いていき、アメリカの写真展など見て過ごした。寒くて外に出ると首が無くなってしまいそうなくらい縮まる。久々にちょっと出かけて、新しい空気を吸ってきた。
今回、あと描けるのは2日。精一杯走り抜けよう。来るところまで来た。あと一歩だ。

この記事をはてなブックマークに追加

南北朝も終わり

2006年03月13日 | Weblog
今日は、やけに寒い。毛糸の帽子をかぶり、防寒対策は万全だ。やっと第2展示室が描き終わった。あとは第3展示室が残っている。唐の時代。
今日家に電話をすると「小池先生からハガキが届いてるわよ」と言われた。母に代読してもらい、確かに私の手紙が届いていることが分かって安心した。忙しくて毎日、目の回る日々。今は振り返る日々が愛おしい。1ヶ月は速かった。
あともう少し。気合だー。

この記事をはてなブックマークに追加