建築・環境計画研究室

東京電機大学未来科学部建築学科
(山田あすか)

建築・環境計画研究室

この研究室は,2006年4月に立命館大学にて開設され,2009年10月に東京電機大学に移りました.研究テーマは,建築計画,環境行動です. 特に,こどもや高齢者,障碍をもつ人々への環境によるサポートや,都市空間における人々の行動特性などについて,研究をしています.

*当ページの文章や画像の無断引用・転載を禁じます*

修論作成中

2018-01-22 22:34:46 | 研究日誌

久しぶりの更新です。

ただ今,M2は修士論文の提出を1月27日に控え,忙しい時期です。

M1は就職活動で忙しく,B4は卒論,卒計で忙しいです。

研究室全体が忙しい時期なので,泊まって作業する人も多いです。

今日,1月22日は雪が降る中,大学で作業をしていました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

作業風景

まずは土台を作ります。

 

骨格を作成

 

 

タイトルを検討中

 

 

もう少しで完成

 

完成しました!!お疲れ様でした!!

 

最後に記念撮影

 

B4もがんばりました

 

 

次は卒業設計の報告を小山くんがしてくれると思います。

M2 高瀬

 

 

 

 

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

手を動かす。

2017-12-15 13:12:16 | 雑記
研究室に来ると、
…ん?なにこの匂い?



机の上に打設されたばかりのアスファルトが。

犯人は「あの人」しかいない



「パソコンに向かってばっかりだとストレスが
溜まるじゃないですか。
そしたらアスファルトとか打ちたくなるじゃないですか」

この人は先日はタイルを貼っていた



反省がいろいろ残ったらしい


他方には卒計の模型が広がっていたりして、
今日も研究室は元気です。






コメント
この記事をはてなブックマークに追加

建築設計テキスト 高齢者施設&保育施設

2017-11-04 18:01:10 | 研究日誌

彰国社さんから、「建築設計テキスト」が出版されました。

*amaz○nでは中古?が定価以上で表示されるらしいですが,出版社さんのサイト(以下リンク)からご覧いただけばたくさんあるはず

建築設計テキスト 高齢者施設

建築設計テキスト 保育施設


制度などもまとまっているので、わかりやすいと思います(自分が手元に欲しい本を作った感じ)。

事例も充実しています。
計画史にもこだわりました。



ぜひお手に取ってご覧ください。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

学校改修の事例について少し。

2017-11-04 12:31:05 | 【雑感・寄稿文他】建築・都市・環境探訪

ラフなレポートです。

 

廃校舎になった学校,学校の余裕教室(児童・生徒数が設計時点よりも少なく,結果として余っている教室)を活用しようという動き,以前からありますがここ10年くらいで聞く頻度が上がったように思います。

当研究室でもいま,「学校改修型の特別養護老人ホームでは,(もともとそれ用に設計されているわけではないので多少の無理もあって)介護者の負担感は大きいのだろうか?」という検証型研究のテーマが一つ,動いています。

ちょっと面白い学校改修・用途転用事例があると聞くと,「え?じゃ見学に行きます。いつがいいでしょう」状態で過ごしておりますが,先日また一つ拝見したのでそのレポートを。

同行された先生と,道中で建築計画研究はどこに行くのか‥という議論があったのですが,ますます「利用」に向かっていくのでしょう。というのが小職の返答でした。

それは従来の「使い方研究」となにが違うのかということも重ねて議論になりましたが,「新築建築物の検証と,次の新築のための素材集めとしての使い方研究」から,「その(種の)(既存)建物のなかでの使い方≒カスタマイズ,現状をもとにした改良・リカレント」の比重が高くなっていくのかと。

それに対して,「それってインテリアなの?」というご質問もあって,「そもそも,建築とインテリアを分けることはできないのではないですか,少なくとも包含関係で。建築ってソフトからハード,人間の心理・行動デザインからストラクチャーまで複数の軸による幅広いグラデーションの総体だと思いますけど‥」というちょっと曖昧な返答をしました。

 

「それ(利用者と建築物を経時的につなぎつづけるデザイン)ってインテリアなの?」

うーん‥どう考えますか?

 

はい。

今回お邪魔したのはこちらです。「道の駅 保田小学校」。

 

「買う(地場特産物の販売),食べる(飲食施設),泊まる(宿泊+入浴施設),知る(情報発信拠点)」の機能をもつ都市交流施設へと生まれ変わった小学校校舎,です。

 

コンペで早稲田の古谷誠章先生を代表とするN・A・S・A設計共同体が選定されて実施された事例,首都圏大学研究室連携で,多数の研究室・学生さんが関わったようです。

ようこそ鋸南(きょなん)プロジェクト

 

地域の主要道路(内房と外房をつなぐ幹線道路のひとつ)に面した立地だったので,道の駅としての再生が可能であったという,立地特性を活かしたプロジェクトとお見受けしました。

外房の側のエリアでうかがったのですが,この「道の駅 保田小学校」ができたために,バイパス完成で遠のいてしまった人の流れがこの幹線道路にも戻ってきた,とのこと。

 

小学校舎としての外皮に,一皮「まちの縁側(2階)」兼1階の庇の役割の構造体を重ねています。

ここは1階の商店へのアプローチ空間や,外構との緩衝領域になっています。

角度を変えると学校らしい雰囲気にも見えます。

お店のディスプレイに活用されている跳び箱。

「え,備品の除却申請はしてあるよね」などと思う程度には毒されている。

 

おくればせ。全体はこんな感じです。

 

水飲み場がそのまま(周囲はちょっと盛って平らにしてあります)残っていたりはノスタルジーを誘います。

 

旧校舎2階。宿泊施設として使われています。

元々の教室を2つに割って,4人部屋として提供されています。

宿泊施設+入浴施設(日帰りでも利用可!)はオープンにご利用いただけるとのことで,利用者も多いそうです。

建築系大学の方,ゼミ合宿にどうでしょう。

 

教室棟の2階教室群→宿泊室,の南側に増設された箇所には,「まちの縁側」が設けられています。

宿泊室のすぐ外側なので,どうだろう‥というところもあるかもですが,17時までの利用となっています。時間帯で棲み分け作戦です。

進んでいくと,旧校舎の外皮をそのまま活かしていますので,校章が見えたり,時計が見えたりします。

この角度で見ないものなので新鮮。

外皮側に設けられたパネルは可動式で,蓄熱ボードを兼ねているとのこと。

 

ちょっと面白い警告。掲示物は「保田小学校校長」の名前で出されているので。

ブーゲンビリアですね,綺麗な花ですが

確かに痛い。引っかかれました。警告意味なし

 

旧体育館は,物産館に使われています。

中は地産の美味しいもの素敵なもの,の直売所です(お客様が多かったので写真はNG)。

体育館の骨格だけ残してあと改修なので,全く違和感ありません。

 

 

 学校にはつきもの,の金次郎さんがいたり

学校らしさと,また違う場らしさと,共存を感じられる事例でした。

 

 

神戸の北野☆工房のまちでもそうでしたが,

「学校らしい単位空間(教室)」はそのままでも,商業施設の場合はそこからのあふれ出しや開口の雰囲気づくりで感じがかなり変わります。

こちらは中廊下型なので,片廊下型の保田小学校よりも廊下(内観)には商業施設の感じが出しやすいようです。

 

逆に教室らしい雰囲気を活かした利用をしているブースもあります。

歴史を残す観点でも,改修利用らしい意味を強調するという点でも,「学校らしさ」は残したい。けれど残りすぎると新しい用途となじみにくい部分もある場合も。「らしさ」をどこに落とすかは重要ですね。商業施設ではそのあたり,「ノスタルジーをウリにしたテーマ型商業施設」もあるなかで比較的納まりが良さそうです。

生活施設だとどうでしょう? 特別養護老人ホーム,サービス付き高齢者住宅,などに改修される例もありますがそのあたりだと。「学校や病院のよう(な全制的施設)に見える入居型高齢者施設,は新型特養に至る従来型施設への反省の表現としてしばしば用いられてきました。このへんはポイントになりそうです。

 

外観は商業施設にしては開口部が少ない,出入り口が限られる,という点でフラッと入店,を誘いにくいという面はありそうです。北野は。

保田の場合は,入口動線が車出入りに限られる→動線処理がしやすく安全,敷地内では1階店舗への入口を元テラス型だった形状を活かし,外廊下型として再整備したので出入りしやすい,という状況です。

 

一口に学校といっても,構造も立地もそれぞれなので,新しい用途との組み合わせでは考慮すべき点が違いますね。

そんなことを思った見学でした。ありがとうございました。

 

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

「銀茶会の茶室」コンペ優秀作品 “風待庵”展示しています。

2017-11-04 12:11:10 | 雑記

制作者:古川亮・柳沼啓斗・笠原真紀

 

コンセプト  

「一期一会」を空間化する。二度とはない「いま,ここ」に会した人々,思い,そして時間が花開き,成熟した実となって飛び立っていく。 名残の茶席に活けられる雅やかな藤袴が綿毛となり,旅立ちの風が吹く前の一瞬。その美しくも儚い情景になぞらえて茶室を設計した。

*一次審査用。実際にどのようにつくることにしたか‥は,ぜひ実物と照らし合わせてご覧ください。

 

 

旭祭(11/4-5)@東京千住キャンパス のために,再度組み立てました!

ぜひ実際にご覧ください。

 

ご来場をお待ちしております。

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

研究室メンバー20170912ver.

2017-09-25 19:54:51 | ■現メンバー

【プレゼミ生】

 坂東 翔生 榎村 賢 押尾 萌加 齋藤 美優 芝山 竣也 高橋 亮哉 岡田 一希  

【卒論/卒計生】

 小山 竜二 鈴木 ひかり 田邉 伶夢 藤原 卓巳 宮岡 喜和子

【M1】

 齋藤 亮太 元木 望 古川 亮 倉澤 周作

【M2】

 青木 隆太郎 金子 亜里砂 高瀬 敦 宮崎 文夏 八角 隆介

【研究生】

 村川 真紀

【研究・設計指導補助】

 河本光正先生 佐藤裕先生 鹿内健先生 古賀誉章先生 古賀政好先生

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

2018(卒)岡田 一希

2017-09-25 19:50:03 | ■現メンバー

【卒業論文テーマ】

 

 

【一言】

 

 

【みんなからの一言】

・それもまた人生(あすか)

 

 

【その後の進路】

 
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

2018(卒)高橋 亮哉

2017-09-25 19:48:59 | ■現メンバー

【卒業論文テーマ】

 

 

【一言】

 

 

【みんなからの一言】

・おだやかな人という印象であるが実際はどうなのだろうか(あすか)

 

 

【その後の進路】

 
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

2018(卒)芝山 竣也

2017-09-25 19:48:25 | ■現メンバー

【卒業論文テーマ】

 

 

【一言】

 

 

【みんなからの一言】

・バランスよく頑張りましょう(あすか)

 

 

【その後の進路】

 
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

2018(卒)齋藤美優

2017-09-25 19:46:29 | ■現メンバー

【卒業論文テーマ】

 

 

【一言】

 

 

【みんなからの一言】

・不整形の設計がいいですね(あすか)

 

 

【その後の進路】

 
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

2018(卒)押尾 萌加

2017-09-25 19:45:59 | ■現メンバー

【卒業論文テーマ】

 

 

【一言】

 

 

【みんなからの一言】

・なかま(あすか)

 

 

【その後の進路】

 
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

2018(卒)榎村 賢

2017-09-25 19:45:10 | ■現メンバー

【卒業論文テーマ】

 

 

【一言】

 

 

【みんなからの一言】

・よく働く,よくしゃべる(あすか)

 

 

【その後の進路】

 
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

2018(卒)坂東 翔生

2017-09-25 19:42:23 | ■現メンバー

【卒業論文テーマ】

 

 

【一言】

 

 

【みんなからの一言】

・ラーメンズの片桐さんと,ピースの又吉さんをこう‥「ぐるぐるぎゅっ」って感じ(あすか)

 

 

【その後の進路】

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ゼミ合宿3日目(終)

2017-09-16 19:28:19 | 研究日誌
ゼミ合宿3日目。
昨日は2時半くらいまでしりとりカードゲーム「ワードバスケット」、数当てカードゲーム「アルゴ」で頭の体操(国語と算数)。


でも朝は起きて朝ごはん。

バス移動…


バスに乗ってただけですが昼ごはん。
富士宮といえば、富士宮焼きそばですよ!

…でも大半のメンバーはお好み焼きをチョイス。
なぜなんだぜ

美味しくいただきました。ごちそうさまでした!

今日の見学は「野中保育園」。
大地保育の取り組みと、仙田満先生が遊環構造理論を建築化された園舎、「野中丸」「野中ザウルス」が有名な園ですね。
野中ザウルスが建て替えになったと聞いていましたが、久しぶりの訪問です。

保育環境はこどもと保育者が完成させていくものなので、カスタマイズしやすいシンプルな園舎がいい。
保護者が日常的な動線の中でこどもの遊びと生活の空間を感じられる構成がいい。
園庭と半屋外空間、屋内空間の連続性を大事に。こどもが外に出やすく、そこで自然な異年齢交流(直接交流だけでなく見る見られる、聞こえる、などの関わりも)があることが大事。
自分で感じて考えて課題を発見できるこどもを育てたいのだから、保育者もそのようであるべき。だから保育者たちが自分で考えて保育環境を作っていけるようにサポートしたりきっかけを作ったりするのが園長・事務長の仕事。上からこうしなさいとは言わないのがポリシー。
…など、聴く人のペースと呼吸を合わせたお話にすっかり感動して来ました。


こちらは園庭の一角。雨ですね。
勉強になりました、ありがとうございました!

雨と追いかけっこをしながら一路、東京へ。
大踏切の向こうに大学が見えますね、もうすぐ行程終わりです。
おつかれさまでした。
幹事さん、ありがとうございました。











コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ゼミ合宿2日目③カレー対決!

2017-09-15 19:56:18 | 研究日誌
チームは昨日決めた4チーム。
くじ引き(神様の言う通り!)です。


買い出しをします。

予算(4人分を1500円以内)の範囲内で…が難しいらしい。
いろいろ計算してます。


なやむ。


しっかりレシピを研究してますね。


船に乗って知多半島に戻ります。

おつかれさまです…英気を養う。


デッキでたそがれ班もいます。
船は自分が思ってたより揺れてましたね、撮れてませんね。


さて、宿に戻って各コテージで料理開始。
制限時間は30分です。





…30分経過。

できあがり!

すごい。それぞれ独創的です。


ヘルシーカレー。
野菜たくさん、愛知名物とりめしを意識した海南ライス風。


カレーまぜそば。
盛り付けが良いです。


カレーフォンデュ。
限られた時間の中で「煮込み」を重視。
ガーリックトーストも丁寧です。


あんかけカレーピラフ。
オリジナリティにこだわり、既存レシピとのバッティングがないことを確認。


試食採点会。


結局、どれもおいしいねー という話になりました。


ごちそうさまでした!



お片付け…
のあとゼミの続き。
がようやく今(12時半前)終わりました。
眠い


でも遊ぶ

健全な遊び

もう少ししたら寝ましょうね
今日もお疲れ様でした。








コメント
この記事をはてなブックマークに追加

test

記事をタグで検索