建築・環境計画研究室

東京電機大学未来科学部建築学科
(山田あすか)

建築・環境計画研究室

この研究室は,2006年4月に立命館大学にて開設され,2009年10月に東京電機大学に移りました.研究テーマは,建築計画,環境行動です. 特に,こどもや高齢者,障碍をもつ人々への環境によるサポートや,都市空間における人々の行動特性などについて,研究をしています.

*当ページの文章や画像の無断引用・転載を禁じます*

大谷資料館にて(大好き)

2017-01-19 09:14:16 | 【雑感・寄稿文他】建築・都市・環境探訪
大谷資料館に行きました。

大谷石の採掘場跡ですね。
建築勢には、フランク・ロイド・ライトが惚れ込んで帝国ホテルの設計において採用した、あの大谷石。というと建築史の資料映像が浮かぶアレです。

数々のドラマ、映画、音楽PV等々の撮影にも使われるこの場所、「あれ、どこかで見たぞ感」があ?のではないでしょうか。
例えばニチアサ勢には仮面ライダー鎧武のロケ地として。
例えばるろ剣京都大火編、志々雄の拠点における火の櫓のシーンのロケ地として。

入り口にマップがあります。ダンジョンか


降りて行きます


うわこういうの知ってる
「あっこれドラクエで見たやつだ!」


とにかく


どこを見ても


素敵です

ライトアップ、光のオブジェによる演出がなされています。
個人的には若干、やり過ぎ感も覚えつつ(素ですごいのにさらに飾らなくても)、しかしこれは創作意欲掻き立てられるよなあ。と。

しかしやはり

自然光がある時間にはスッと入り込んできて、とかいうのがこう、グッとくる


くるんです

地下水が溜まっていて、地下水路を船で行くこともできるのですが、これは飛び入りの一般はいまは運行してません(ルート開発中だとか)。
船を手に入れてから再訪すると、奥の方で勇者の鎧が入った宝箱とかその脇の石の陰にちいさなメダルとかがあるやつですね。

そして…

あるんですよね!!それっぽすぎるところが!!


そして色が変わる!
これ、色のタイミングで宝箱開けたときに取れるアイテムが違うパターンですよね?
きっとそうだ間違いない。

盛り上がるポイントが違う気もするのですが

どこもかしこも絵になります。


たのしいなーーーー




ちなみにこの近くでのお食事には、和の中さんがオススメです。
餃子、中華です。
量多いので頼むときはご注意のほど。
みんみんのつもりで頼むと食べ切れません(お持ち帰りさせてくださいますけど)。







コメント
この記事をはてなブックマークに追加

さっきの低い道の、続きの場所

2017-01-18 21:16:41 | 雑記
近くには猫がいて


猫がいて


猫がたくさんいて



水面に反射した陽のきらめきがきれいでした。

猫さんと記念写真も撮りました




コメント
この記事をはてなブックマークに追加

自信がなくなったときに訪れたい場所

2017-01-18 18:43:54 | 雑記

低い道を通る。


泉岳寺駅の南東です、ちょっとした名所らしい。
もと運河?水路?(海)だったところとのこと。
低いです


人がいるとよくわかる

頭をかがめて歩かれてます。
私はギリギリ

 

車もかなり通ります。タクシーなんて上の表示のとこすれすれですね。

しかし、ちょっとしたでこぼこでのジャンプで、当たってしまうんですね。
天井ガリガリ。


ここ、数年で無くなってしまう(広く立派な道になる)そうなので、今のうちにいかがですか?

ここに行くと自信が持てます。だって、

I'm a perfect human!!





出演は宇都宮大学の古賀先生です
先生ありがとうございます。


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

漫画いかがですか?

2017-01-16 15:16:01 | 雑記
今日の「地域施設計画」の話題は病院。
学生がさんにとっては一般的にあまり知らない世界のことを話題にするときには、漫画やドラマ、映画などで「こういうシーン見たことないかな?」と聞くのですがみなさんあまり反応なくて悲しい。
なので膨らませられないため、ちょっとこの辺に今日触れたの並べておきます。
あまり詳しくないのでたくさんはあげられませんが、
ご縁があれば手にとってみてはいかがでしょう。
そこでの業務、活動内容がイメージできるので。

・おたんこナース→病棟(主に看護)
・医龍→手術室(外科、病院)
・コウノドリ→産婦人科
・フラジャイル→病理(病理検査、医療制度)
・海堂尊氏の桜宮のシリーズ→画像診断(AI=オートプシー・イメージング、検死)
・チームバチスタの栄光→心臓手術と術中迅速検査
・ジェネラルルージュの凱旋→大規模災害と医療
・ER→最高
・ブラックジャックによろしく→病棟(医療、医療制度)
・ブラックジャック→手塚治虫




コメント
この記事をはてなブックマークに追加

公開講評会『電大建築の実学 歴史と“今”が織りなす北千住の未来像』

2017-01-12 15:55:25 | 雑記
学部3年生後期の課題、「北千住を舞台にした課題発見&都市的スケールでの計画提案」の公開講評会を開催しています。


会場は電大千住キャンパス、一号館一階のギャラリーです。


大きな模型を作っていて、まちの構造を理解することから、課題発見につなげていきます。


人と比べると大きさが良くわかる…


研究室のメンバーが選抜講評にたくさん残りました。すごい。




お近くの方、ちょっとお立ち寄り、いかがですか?




コメント
この記事をはてなブックマークに追加

保育所の環境づくり 制作に入りました

2017-01-10 18:03:05 | 研究日誌

木材にけがき。
今回は設計事務所さんのご紹介で、吉野杉の無垢材を使います。

これを加工しまして…



こんな感じになります


たくさん加工しないといけません


木工ならなんでもできる。ガッツリものづくりしようぜ!の工房があってありがたいです。
ここは本当に貴重。

天蓋のかけ方も検討。


今週末に施工です。
楽しみ!



コメント
この記事をはてなブックマークに追加

来た、見た、建ってた 〜河東学園

2016-12-23 15:58:56 | 【雑感・寄稿文他】建築・都市・環境探訪
それはまだ私が修士の学生の頃。
師匠の研究室の有志+設計事務所の先生たち、が参加して取り組んだ「小学校・中学校・こども園・コミュニティセンターが一体的に整備された、地域コミュニティの核となる学園」。河東学園。
基本構想、基本設計、と進めて…
そのあと、市町村合併や計画変更、実施のあれこれ、自分の所属変更等々、師匠の退官と学長就任…あれこれ…
あり、
気づけば、竣工後に見に来てない!!写真だけだ!

というわけで

見に来た!
うわ!ほんとに建ってる!! 感 動 …

…お休みですから外観だけ…。

そうそう、もともとの敷地が水田(ゆるい棚田みたいな)だったのでその傾斜をね。
そうでしたそうでした。
懐かしい。




…私がメインで計画していたのはこども園部分なのですけど。
そこはあれです、まだこれから。
けど小学校部分と学園センターを見られたのでとても嬉しい。

やあ、今日は良い日だ。




コメント (1)
この記事をはてなブックマークに追加

磯のあわびの片想い…ならぬ。さざえ堂。

2016-12-23 15:29:32 | 【雑感・寄稿文他】建築・都市・環境探訪
国重要文化財、会津飯盛山・さざえ堂。


1796年 考案・建立。
六角形三層の木造二重螺旋構造のお堂…



すごい。



こんな感じで、中はずっと坂


中には上り下りの坂をつなぐ箇所もあり、延々、上り下りの二重螺旋を楽しめます。

220年も前にこんな建物が建てられ、それが残っているのだから、すごいなぁ…

お近くにお越しの際はぜひ。必見。






コメント
この記事をはてなブックマークに追加

環境づくりで保育を支援!

2016-12-15 20:56:19 | 研究日誌
ご依頼を受け、取り組んでいる保育所の環境づくりの打ち合わせ。


建築計画、環境づくりは
建築と人の暮らし・活動(ここでは、「保育」と「こどもの生活と育ち」)の間をとりもちます。

今日は学生たちが用意してきた観察調査からの気づき、提案が非常に素晴らしく、私、喋らなくて大丈夫でした。
いや、頼もしい。素晴らしい。
(小職、今日も声出ません)

年内にアイディア出しと提案、年明けに家具等制作、
で、施工まで。
実空間で研究成果を実践できるの、良いですね。
すごく良い勉強です。ありがたい。
引き続きがんばりましょう!


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

学生が消えた

2016-12-15 09:38:22 | 雑記
学生が消えた。

作りかけの模型と


椅子を起き抜けベッド配置に残して


窓からブランド越しに射し込む光が神々しくも、容赦ない感じでもある冬の朝


要するに


朝ごはんだね?



今日は夕方、保育所の環境づくりの打ち合わせ。
模型は終わるのか?
調査の整理は終わるのか?
私はそれまでに声が戻るのか?(3日前の夜から声出ません)

いろいろハラハラ冬の朝。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

京の五条の橋の上

2016-12-12 17:50:36 | 【雑感・寄稿文他】建築・都市・環境探訪

 

「♪ 京の五条の橋の上」で始まる「牛若丸」の舞台,五条大橋は京都駅の北東方向,鴨川にかかっておりますが

(googlemap)

今日は京の五条の横断歩道橋の話です。今日・京・橋。

 

福祉転用京都会議の,見学会会場の下見,会場との事前打ち合わせ・準備の日に,福祉転用・コミュニティ研究の関係で団地をいろいろ見て回る時間をつくれました。

その話はまた別として,その移動中に「へえ,そうなんだ」がいろいろあった橋の話。

 

五条通を歩いておりますと,

 

たまたま時間あるよってことで,一部ご同行いただいた都市デザイン研究室の先生が「おお,あれは面白い」とおっしゃる。

「なにが面白いですか?」

 

この歩道橋だそうです。

「え,どこが??」

「橋脚の繊細さ,リベット留めの意匠,橋桁の薄さ・手すりの低さによる見附のシュッとした比率,マンション側への配慮として取り付けられている見切り板・・(延々)・・・」

「あー…そういうものですか…」

都市デザインの分野と,建築計画の分野の目の付け所の違いというか,ちょっと目から鱗でした。

 

さらに進むと交差点に架かっている歩道橋がありまして,

同じ意匠です。きっと五条通の拡幅の際に,一斉に架けられたのでしょうね。

 

「設置基準が変わったんだな,あとから手すりがつけられてる。やっぱりこういうデザインは今はできないですよ」

「え,なんで分かりますか?」


「ここ」

「?」

 

「橋の銘板の上に,手すりが来てるでしょう」

「あー,なるほど。先生,ちょっと建築探偵みたいです」

 

登ってみますと,

確かに見附が薄いので。シュッとしていて見通しが利いています。

美しいなって気持ちがしました。

 

「そして確かに手すり低いですね。」

「でしょう,落ちそうでしょう。僕の半分くらいです。今はもうこの基準は変わってしまっているので,こういう歩道橋はもう作れません」

(先生は背が高くていらっしゃるのでちょっとアンフェアな気がしますが)

「はい,手すり低いですね。既存不適格ってことですね」

「あとはっきり言ってめちゃくちゃ揺れますね」

 

銘板がありました。

「1965年の歩道橋指針」基準でつくられた,1970年3月竣工の歩道橋だそうです。

46年前。それは頑張ってきましたね。

 

あと個人的に面白かったのが,

バイクマーク,それ?

スクーター専用? そうなの?

 

あと,届きそうで届かない

アアアアア なんとかしてあげたいけどどうにもならない

 

この照明は,納め方がちょっと当初設計じゃなさそうだから,後付けされたのかなあ。

などと写真を撮っていたら,通りかかった老夫婦に「何の写真を撮っているのですか?」と訊かれました。

ええ,気になりますよね。そうですよね。

「イヤこの歩道橋,古いデザインなんですけど,今だと基準が変わってしまってこういうのつくれないので。面白いところが色々あるなと思って」

「ああ…そういうものですか? 普段見ているけど気付かなかったな」

「そうですねえ,身近にあると当たり前で気付きにくいことってありますよね」

「そういうお仕事をなさっているんですか?」

…“そういうお仕事”? …まあ,大局としてはそうかな…?

「あ,はい,そうですね。建築関係で」

「いつ本が出るんですか?」

「本?」

「まだちょっと…出版の目処はついていないんですけどね」

「あ,そうですか。じゃあ,がんばってくださいね!」

「ありがとうございます!」

 

 

「…励まされてしまいました」

「励まされてしまいましたね」

「若干誤解されてしまいました。…じゃあ,がんばりましょうか」

「がんばりましょう。え,何を?」

「調査の本筋に戻りましょう」

「ですね」

 

というわけで京の五条の橋の上のお話はこれでおしまいです。

あのすれ違った老夫婦も含めて,居合わせたひとたち“それぞれ”,見るところが違うなあ。

同じ世界に居合わせても,それぞれの環世界(Umwelt)のなかで生きているんだな,見えているもの感じているもの読み取っているものすべて違うんだな。

という,出会いとすれ違いと気づきの物語でした。

 

 

(参考)・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

出典:世界の民謡・童謡,牛若丸 うしわかまる,<http://www.worldfolksong.com/songbook/japan/doyo/ushiwakamaru.htm>,参照2016.12.12

【試聴】牛若丸 みみちゃんレコード童謡集

<iframe src="http://www.youtube.com/embed/8DZ4wnAmMBM?rel=0" frameborder="0" width="480" height="360"></iframe>

【歌詞】 牛若丸

京の五条の橋の上
大のおとこの弁慶は
長い薙刀ふりあげて
牛若めがけて切りかかる

牛若丸は飛び退いて
持った扇を投げつけて
来い来い来いと欄干の
上へあがって手を叩く

前やうしろや右左
ここと思えば またあちら
燕のような早業に
鬼の弁慶あやまった

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

見渡すかぎりランスケですよ@製図室の暮れ

2016-12-12 17:29:11 | 雑記


今日は学部2年生後期の設計製図課題のその2、「集合住宅足元まわりのランドスケープ・デザイン」の提出・講評日です。
廊下に所狭しと色とりどりのランスケ模型が広がっています。


見渡すかぎりランスケ模型です。


もちろん製図室にも一面です。


発表、


講評…。

建築を始めて、2年たらず。
なのにこちらの投げかけにこれだけ応答してくるのですから。
みんなすごいね、自信持ってね。


打ち上げの準備も着々です。

いよいよ年も暮れです。
構造にテーマをバトンタッチして、このあとも設計続きますよー!おー!!





コメント
この記事をはてなブックマークに追加

失地回復 −「生む」「生まれる」という行為を通してみたときの療養・生活環境(JIHa医療福祉建築1/2010,166号より)

2016-12-12 11:54:59 | 書架(療養環境関係)

JIHa医療福祉建築1/2010,166号より

 

こども関係の書類を書くことが多いこの季節(イヤ普段からいろいろ書かないといけないですけれども。保育所の申込み,学童保育の申込み,就学準備の季節ですね!),

「正常分娩」「異常分娩」というワードに傷つかれる方が居ると聞き。

もう7年前になりますか,寄稿した原稿を掘り起こしましたので掲載します。

届け! この思い! 

 

*著作権は放棄していません。引用の際は,出典として

「山田あすか:医療福祉建築,日本医療福祉建築協会,P.18,2010.01」

を明記してください。

必要な方に届くことを願って,公開しています。ご理解ご協力のほどよろしくお願いいたします。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


*著作権は放棄していません。引用の際は,出典として

「山田あすか:医療福祉建築,日本医療福祉建築協会,P.18,2010.01」

を明記してください。

必要な方に届くことを願って,公開しています。ご理解ご協力のほどよろしくお願いいたします。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

■ 失地回復 −主体・関係・過程の回復

 近年,お産環境には様々な話題がある.産科医・出産場所不足やお産環境の地域格差などが指摘される一方,個室や食事,マッサージなどのサービスが行き届いた産院や,助産院や家庭での出産も注目されている. “畳敷きの「分娩室」で家族に見守られて生まれる新生児は,いわゆる出産シーンのように大声では泣かない1.ほっとしたような声を上げたその子は母の胸に抱かれ,柔らかく暖かな薄闇に母の汗が誇らしげに光り・・”などという助産院レポートを読むと,おそらくその真逆の出産経験をもつ筆者は思わず腕組みする2.ある助産院では見学者の多くがそこでの出産を希望するそうで3,その親密で穏やかな環境が妊産婦をひきつけるらしい.なぜか.

 察するに,そうしたお産のあり方に「生む・生まれる」ことの本質を見いだすからではないか.出産に関する文献で取り上げられたキーワードを抽出し,整理してみた(図).ここからは,過度の医療依存を脱し,主体的なお産や家族・助産師との関係,親子になっていく過程を取り戻そうとする動きが見える.これを「主体・関係・過程の回復」と呼んでみる.もう一度それを体験するかもしれない一人として,生む/生まれる空間としての療養・生活環境にはこの失地回復を助けて欲しいと思う.

■ 「主体」の回復

 産婦が自分の楽な姿勢や呼吸法で出産に臨む「アクティブバース4」は近年のお産キーワードのひとつである.産婦がリラックスできる出産環境にも関心が払われており,例えば薗部5は,英国での出産経験を元に,個々の妊婦が一番居心地良く感じる環境が用意されていたことを報告している6.先述の助産院も含め,「生む」主体にとっての環境が重視されることで,生む力,生まれる力を引き出すことが支援されていると言えよう.

■ 「関係」の回復

 医師や看護師,助産師との信頼関係を構築したうえでお産ができ安心だった,などのレポートが出産雑誌で報告されている.産婦が主体性を発揮し自らが望むお産を伝えるためにも,コミュニケーションは重要だろう.田島ら3は助産院でのじっくりと時間をかけた検診や穏やかな診察室の様子を紹介しており,助産師等とのコミュニケーションが計れる環境づくりの大切さが読み取れる.

 家族や母子の関係にも触れたい.出産直後の母子の過ごし方が愛着の形成を助けると言われ,新生児を母親が肌を合わせて抱くカンガルーケアや母子同室が可能な出産施設も多い.例えば池川医師は産科医が子育てに関わるべきだとの井深の論に触れ,「母子の絆を断ち切らないお産」を目ざしてカンガルーケアを導入した経緯を紹介している7.検診や出産の際にはパートナーやきょうだいなどの家族が立ち会うことも多く,待合い空間や産後の回復期なども含めて家族で過ごせる環境ならば嬉しい.

■ 「過程」の回復

 生む,生まれるという行為はおなかに生命が宿ったとき(あるいはその前)にはじまる一連の過程であると思う.胎児は周囲の様子を聞き母の感情にも影響されると言われ,妊娠中からの母子の関係づくりやそれを支援する環境づくりに積極的に取り組む医師や助産師もいる.

 筆者の母の育児日記には,陣痛が始まった夜明けに窓から白む空を眺めたとあった.それが印象深く,自分も出産当日の夜明けに病棟の廊下の窓辺に立ち数時間後に生まれる子に言った.青と橙と桃色に染まるこの綺麗な空を一緒に見よう,世界はあなたを歓迎すると.6床室の廊下側で入院生活を送っていた筆者にはその場所は貴重で,振り返るに母となる覚悟を決めるというか,自分とこどもに向き合う場所/環境を必要としていたと思う.

 出産のときはむろんのこと妊娠中から産後まで,環境は新しい家族が生まれる過程を支援できると考える.

■ 自然なお産:受容し肯定する環境

 3つの失地回復の目的は,家族の愛着形成と肯定感だと思う.正しいお産などというものを論じてはいない.「自然なお産」という語も見るが,現代的意味での自然は,リスクを含めて一人ひとり1回ごとに違うお産を受容することではないか.帝王切開もなるべくしてなったそのお産の「自然」だと言えば詭弁か.分娩台で産むのも昰,元気に泣いて生まれてくればそれも良し.生き物が命をつなげようという営みに敬意が払われ不安すらも肯定される,柔らかく穏やかな環境にありたいと思う.

 

注・参考文献

1) 無影灯が白々と照らす「病院」の分娩室では,赤ちゃんは急にまぶしくて,寒い場所に出るのでビックリして泣くのではないかとはある産婦人科医の談.

2) 【参考文献】田島喜美恵,他:特集 激動のお産空間,建築雑誌 第124集・第1590号,pp.24-35,2009.05

3) 医療主導のお産ではなく,産婦が自分に合った呼吸法やリラックス法,分娩の姿勢などを選び,主体的にお産に臨むことと解説される.

4) 【参考文献】薗部容子:子供の生きる国,新風社,2005.07

5) 【参考文献】池川明:おぼえているよ.ママのおなかにいたときのこと,二見書房,2002.10

 

 

【和文要約(150字以内)】

 近年の出産に関する文献などで取り上げられるキーワードを,「主体・関係・過程の回復」に整理してみた.そこに見えたのは,過度の医療依存を脱し,主体的なお産や家族・助産師との関係,親子になる過程を取り戻そうとする動きである.一つひとつ違うお産を受容し,家族の愛着形成を助け肯定感をもたらす環境が望まれる.(149)

 

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

卒業生がやってくる。研究にカタをつけに。

2016-12-10 17:48:14 | 研究日誌

今日は、卒業生が来てくれて、研究成果の公開に関する打ち合わせ。
環境づくりのリゾームサイト、療育版を作るぞ!の会。


嬉しいですねえ…


記事のリストアップ、作業状況の確認。


作る画やリンクの確認。

うむ。


古賀ま=研究室の非常勤講師・客員研究員、曰く。
古賀ま「あのですね僕最近、達成感がなくて。なんでか考えて気づきました。」
山田あ「ほう」
古賀ま「研究ができてなかったんです。この空虚感は研究不足の症状です」
山田あ「『研究』のカタチに心に穴が空いているわけですね」
古賀ま「『♪あなたのような形をした、心の穴を埋められず』です」
山田あ「具体的には何型?」
古賀ま「たぶん円グラフの形です」
山田あ「古賀くんにとっての『研究』って円グラフ」
古賀ま「バブルチャート状にたくさん」
山田あ「ちょ,ちょっと待って、棒グラフ状の穴も想像してみる」

こうかな?

(これはこれでえぐい)

 

いやむしろ,

これが,

 

こうかな?

 (イヤそういう直接攻撃じゃない!)

 


そんな会話の飛び交う、師走の研究室です。

論文書き残してる卒業生のみなさん、あなたの形に空いた研究成果たちが待ってますよ☆

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメント (5)
この記事をはてなブックマークに追加

トイレいくたび気になるあれこれ

2016-12-10 10:10:26 | 雑記
人間、生きていればいろいろ催しものがありますね。
催すとお世話になる。
トイレ。

トイレは「わかりやすさ」を身近に感じますよね、特に流す系。
毎度、見てます。


これとか。

どういうことかというと

こう。

たしかにこれはわからないだろうなぁ…

別のトイレ。


だいたい、上から見る位置に取り付けられているのですよね、操作盤。
で、多くの場合、上面の左端がフラッシュボタン。
でもこれは、そこを押すと便座が開くので。


このように後付け注釈、操作指示が貼ってある。
よくみますよねこういう光景。
こういう、ユーザーインターフェースとか、環境と行動のミスマッチが可視化されている(そしてそれが現場の工夫でなんとか埋められてる)というシーン、
実は身の回りにいろいろあって、でも当たり前で最初からのデザインに結びついてない、いろいろ。

集めては物思いにふけります。
どうしたらもっとわかりやすく、使いやすくなるかな?


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

test

記事をタグで検索