日々の逃避

ある大学教員のひとりごと。某大学の准教授みたいです。バイオマテリアルの研究をしている・・・かも。

ふぅ。

2016年05月23日 | いろいろ

朝から夜までずっとドタバタしていた月曜日。

今週は、Tk助教と10人の学生を連れて、神戸で開催される高分子学会に参加する。そんなわけなので、このブログはちょっと更新なしです。

コメント

B4との飲み会

2016年05月21日 | いろいろ

土曜日。今日は、2ヶ月に1回開催されるうちの研究室の恒例行事「学年飲み会」を開催してみた。この学年飲み会は、ある特定の学年の学生さんたちと自分だけで、定期的に飲みに行くイベントだ。うちの研究室は、学年ごとの学生数は3〜4人なので、自分を入れても4〜5人という小規模の飲み会になる。いつもの学年飲み会の流れとしては、18〜19時ごろから飲みに行って、2次会も開催して、日付が変わるころまでずっと語り合っている。

こんなイベントを定期的に開催している研究室は聞いたことないけれど、自分はこの恒例行事がかなり好きだ。研究室内での立場、実験の進み具合、学会をこなした回数、就職活動、将来の悩み ・・・ 向き合っていることや置かれている状況は、学年ごとにほぼ同じだ。この学年飲み会では、他の学年の学生がいたらこんなこと喋っていないんだろうな〜、という部分までお互いが語り合える。

今回の学年飲み会の主役は、B4の3人だ。ちなみに、学年飲み会では、お店はいつもその主役の学生たちに毎回選んでもらっている。B4たちが今回選んだお店は、新宿の韓国料理店「韓感」(ここ)。




こんな外観のお店。

 

今日の主役はこの3人。

 
 
 
 
 

肉、美味しかったなぁ。。。

二次会は沖縄料理のお店に行ってみた。


 

0時ごろまで飲んでみた。



沖縄の魚の刺身が美味しかったなぁ。

次回の「学年飲み会」は、M1の4人と7月に開催予定。

コメント

血圧

2016年05月20日 | いろいろ

せっかく血圧計を買ったので、最近2週間の血圧測定結果でグラフを作ってみた。血圧を測定する時は、日本高血圧学会のガイドラインにしたがって「可能な限り正確に」測定してみた。つまり、起床後と就寝前の2回、1〜2分安静にしてから測定して、その平均値を算出している。


自分のデータをグラフにしてみたら、こんな感じになった。ちなみに、40代の血圧の平均値は「131/84」で、目標目安は「125/77」らしい(自分は42歳)。

とりあえずの感想は、「今の体型(172cmで64〜65kg)を維持して、今まで通りの食生活で過ごしていれば、今のところはそんなに大きな問題はなさそうな気がする・・・」・・・かなぁ。

下の血圧(拡張期血圧)はいつも70〜80mmHgなので問題ないだろうけど、上の血圧(収縮期血圧)がいつも120mmHg以下になるようにすれば、より健康的なんだろうな。

コメント

飲み

2016年05月19日 | いろいろ

午前。某社のみなさまの訪問を受けた。ある薬の話。うちの研究室で開発している高分子材料と組み合わせれば、おそらくうまくいきそうな話だった。共同研究してみたら面白いかも。詳細を来月話し合うことになった。



 

夜。魚、魚、魚、酒、酒、酒、、、。。。

コメント

う。。。

2016年05月18日 | いろいろ

午前。3年生向けのバイオマテリアルの講義。今日の内容は、金属系のバイオマテリアル。

午後。学生さんたちが作った学会用のプレゼン資料を添削してみた。全部で11名分。ちょっと疲れた。。。

コメント

新メンバーのプレゼン大会

2016年05月17日 | いろいろ

毎年5月の研究室恒例行事である「新メンバーによるプレゼン大会」を今日は開催してみた。今年度の新メンバーは、B4の3人(Stくん・Tkさん・Mrくん)と他大学からM1として入学してきたTkさん、の計4人だ。

この行事について毎年同じようなことを書いているけれど、改めて書いておこう。簡単に言うと、新メンバーたちに「質疑応答込みで1時間ぐらい」でプレゼンしてもらう大会だ。

毎年恒例のこのプレゼン大会の実施要項は、こんな感じだ。まず4月上旬ごろ、研究背景・研究目標・実験内容・・・とかを10分程度でまとめるように、新メンバーの学生さんたちに指示する(その時に、各自の研究に関する資料もたくさん渡す)。パワポで発表資料を作ってもらうことになるけど、上級生たちには、「パワポとイラスト作成のソフトの使い方そのものはたくさん教えてあげて欲しいけど、パワポのまとめかたとか中身は口出ししないように」とお願いする。新メンバーの学生さんたちにはほぼ独力でプレゼンを仕上げてもらう。

そして、1ヶ月半ぐらい準備してもらって、5月中旬頃に全員(指導教員・上級生たち)の前で10分間ぐらいプレゼンしてもらう。プレゼンの後は、上級生たちによる「質問攻め」だ。「この実験はどうやって進めるの?」「これはどういう意味?」「どうしてこんな感じの図をにしたの?」「その説明の流れならこんなパワポにすればいいと思うよ」「こんな説明の方がいいよ」・・・などなど、ひたすら質問攻めとコメントの山。これを10分のパワポ(=大体、10枚ぐらいのスライド)に対してやるので、1人あたり約1時間かかる。毎年、「前半(1時間以上×2名)+30分休憩+後半(1時間以上×2名)」で5時間ぐらいかかっている行事だ。

自分はいつも思っていることがある。それは、「パワポで作ったプレゼン資料は、適当に作っても『それっぽく』見えてしまうから怖い」ということだ。図や文字を適当に配置して仕上げた「クオリティーがとても低いプレゼン資料」は世の中に山ほどある。一番顕著な例が、「適当に使われている『矢印』」だ。文章と文章、文字と文字、図と図を矢印で適当に結んだプレゼン資料が、世の中になんと多いことか。学会に行くと、そんなプレゼン資料が多い事がよくわかる。

「A→B」における「A」と「B」は、「(時系列として)AがBになった」「Aが原因でBになった」という論理の流れが正しい。でも、矢印の前後において論理構成が成立していない「適当に作ったプレゼン資料」は、世の中にとても多い。文字の配置、文章の配置、図の配置、図の見せ方、矢印の使い方 ・・・ そんな細かいことすべてに論理性や一貫性が欲しい。もっと別の言い方をすると、そこにあって欲しいのは「フィロソフィー」だ。自分の考えていることをわかりやすいプレゼン資料に作り込むことは、社会で活躍する上でとても重要なスキルになる。

そんな考えから、研究室を運営する上で、この「新メンバーによるプレゼン大会」を最重要行事として位置づけている。うちの研究室における教育上、とても大切な行事だ。このプレゼン大会を経験すると、学生本人が自分の研究のことを深く考えるようになる。この大会は、第1期生から続く伝統行事だし、みんなこのイベントで成長してきた。

今日は13:00からスタートして、4人の発表が終わったのが5時間半後の18:30。途中で30分の休憩をはさんだので、4人でトータル5時間かかったことになる。4人とも発表をすごくがんばっていたなぁ。

そして、プレゼン大会の日の夜は、恒例の打ち上げ飲み会だ。今日は、19時半からお好み焼きのお店へ。


 
 
 
 
 
 

みなさん(特に発表者のみなさん)おつかれさまでした!

コメント

大学院の進学説明会

2016年05月14日 | いろいろ

今日の午後は、大学院の進学説明会が開催された。他大学の学生さんが、うちの研究室に見学にやってきた。その大学の驚くべき実態を初めて知った・・・びっくり。なんとなく疲れたので、夕方に研究室に一人でいたD2のFkくんを連れて、18時ごろから飲みに行ってみた。


 

季節の盛り合わせと、刺身の盛り合わせ(のどぐろの刺身付き)。

いつも思うんだけど、のどぐろってなんでこんなに美味しいんだろう。

 

タケノコの刺身と、くじらベーコンのサラダ。

 

鶏肉の唐揚げと、刺身の茶漬け。

ビールの他に、2人で2合×5種類の日本酒(つまり10合だから・・・1升!)を開けてみた。



日本酒を飲みまくってご機嫌なFkくんでしたとさ。

0時ごろ解散。そんな土曜日。

コメント

大学院入試

2016年05月12日 | いろいろ

今年度の大学院入試の情報をまとめたPDFファイルを作成して、学科のホームページで今日の夕方から公開してみた。昨年度からの(そこそこ大きめの)変更点があるので、受験するみなさんはご注意を〜。

コメント

う・・・・・・・

2016年05月11日 | いろいろ

10:30〜12:00、3年生向けのバイオマテリアルの講義。今日は高分子系バイオマテリアルの基礎。

昼。おにぎり専門店で買ってきた、おにぎり2個、からあげ、豚汁。

13:00〜14:45、学科の会議。それほど議題は多くなかったけど、そこそこ大きな議題はあった。

15:00〜16:30、教授会。

16:30〜17:30、大学院の専攻会議。

17:45〜19:15、某議題に関する学科の会議。

学科の会議は毎月第1・2水曜日、教授会は1〜2ヶ月ごとの水曜日、大学院の専攻会議は約3ヶ月ごとの水曜日に開催されることが多い。今日はたまたま全部が重なった感じだ。しかも大学院の専攻会議の後に、イレギュラーに学科の会議がまた開催された。これだけいろいろ重なる日は珍しい。しかも今日は、午前に講義があったので、なんだかつかれた一日だった。ふぅ。

その後、ちょっと作業をしたり、学生たちと話していたら、夜8時半。あっというまにこんな時間。

夜9時ごろ、研究室に残っていた数名に「今日はつかれたから飲みに行くぞ〜」と声をかけて、


 

沖縄料理のお店へ。解散したのは0時半ごろ。0:42の終電に乗って帰宅。

コメント

血圧計を買ってみた

2016年05月10日 | いろいろ

去年の9月、鼻血の大出血騒動があった(これ)。大量の鼻血が1時間以上も止まらない、という超恐怖体験だった。原因は「薬(某大手製薬メーカーのせき止め薬)の副作用」ということでほぼ間違いない、と診断された。薬を飲んだ副作用で急性の「薬物性の肝障害」になって、血液を止める作用がある物質を肝臓が作り出さなくなり、鼻血が止まらなくなったんでしょう ・・・ とのことだった。薬の副作用って怖い。。。あの時の恐怖体験は、今でも忘れられない。本気で死ぬかと思った。

救急病院に駆け込んだその当日に、実は血圧も測定されていた。測定結果は、確か上(収縮期血圧)が150mmHg、下(拡張期血圧)が90mmHgだった。健康診断時に測定するといつも「上が120ぐらい、下が70〜75ぐらい」だったので、150と90という値にとても驚いた。いつもよりかなり高い!

血圧はいつもどれぐらいの値ですか?と医者に聞かれた。自分は生まれてこのかた42年間で、最高血圧が150なんて値をたたき出したことは過去に一度もなかったし、その年に測定した血圧の数値も正常値だった。「いつも上が120ぐらい、下が70〜75ぐらいです」と伝えると、「いつもが高血圧ってわけじゃないなら、大量の鼻血に驚いて一時的に血圧が上がったんでしょう」と言われた。ちなみに、高血圧がずっと続くと大量の鼻血が出ることもあるらしいけど、それまでずっと自分の血圧は正常値の範囲内だったので、「血圧上昇(原因)→鼻血(結果)」ではなくて「鼻血(原因)→興奮状態→血圧上昇(結果)」という因果関係でしょう、とも医者は言っていた。

でもこの出来事以来、「もう40代になったことだし、家でもたまに血圧を測定できるように、血圧計を買っちゃおうかな〜」と思い始めていた。

そしてついに、血圧計を買ってしまった。

買ってから毎日朝晩2回ずつ、数日間測定してみた。まぁ、当然だろうけど、結果はほとんど変わらなかった。そりゃそうか。ちなみに測定結果は・・・




こんな感じの正常値。


日本高血圧学会のガイドラインでは、家庭内で測定した場合は、収縮期血圧が135mmHgを越えると「高血圧」となる。ちなみに、40代の正常血圧の目安は「125/77」らしいから、今の生活スタイルを維持するように心がければいいんだろうな。

せっかく買ったから、週1回ぐらいは測定しちゃおっかな。

測定しているうちに、医学部の社会人コースに通っていた時に、内科実習で血圧を測定したことをふと思い出した。こんな感じで簡単にデジタル測定するのではなくて、「コロトコフ音」を聞いて水銀柱を目視することによって血圧を測定した。いわゆるコロトコフ法(聴診法)ってやつだ(こんな感じ)。職人芸を教えてもらった感じがして、あの実習は面白かったなぁ。

コメント

スギ花粉症の舌下免疫療法 1年6ヶ月経過(シダトレン)

2016年05月07日 | いろいろ

今年のスギ花粉シーズンが終わったので、舌下免疫療法の効果をまとめておこう。

花粉症の舌下免疫療法は、

『花粉の溶液(鳥居薬品のシダトレン)を毎日2分間だけ舌の下に滴下する』という治療を数年続ければ、花粉症に絶大な効果が発揮される

という治療法だ。治験の段階だと、

3割の患者 ・・・ 花粉症が完治
5割の患者 ・・・ 症状が軽減
2割の患者 ・・・ ほぼ効果なし


だったらしい。「数年間の治療費と毎日の手間」と「効果がない2割に入ってしまう可能性もある」という二つのデメリットがありながらも、「もしかしたら自分はすごく効果がある3割のグループに入れるかも!」という希望を信じて治療する、という、ある意味で荒っぽい治療だ。「毎日の治療を数年続けても効果がまったくない人が2割」なんて、治療法としては相当リスキーだ。でも効果があれば、それこそ「ハイリスクハイリターン」の世界になる。

自分は30年近い花粉症患者で、花粉シーズン中は毎日薬を飲んで毎日マスクをしないとしんどかった。それだけ苦労しても、くしゃみと鼻水は止まらなくて、1シーズンでティッシュを数箱も消費していた。1年を通して一番嫌いな月が「2月・3月」だった。毎年2・3月は生活レベルがものすごく下がっていた。さらに、少し下を向くのもつらいので、机に向かうのがしんどくなっていた。そんな状態なので、この時期は仕事する気力がものすごく低下するのだ。

でも2014年の11月からこの舌下免疫療法を始めてみたところ、すごく効果が出ている。

これまでの症状をまとめてみると、こんな感じ(↓)だ。

------------------------------------------------------------
【昔〜2014年の春まで】

・薬
  ・・・ 1月下旬から4月第一週まで抗アレルギー薬(アレグラ)を毎日服用
・マスク
  ・・・ 外出時に必ず着用(花粉飛散量が多い日は職場内でも着用)
・ティッシュ
  ・・・ 2ヶ月で3〜4箱消費。
・症状
  ・・・ 3月になると目がしょぼしょぼ、鼻水、くしゃみが止まらない
・仕事
  ・・・ 鼻をかみすぎて頭がぼ〜っとして3月はやる気がかなり低下

→ アレルギー専門の病院で「症状がかなり重いスギ花粉症」と診断されていた


2014年11月】

・舌下免疫療法スタート!(この日から、シダトレンを「毎日2分間」飲むことになった)

→ 最初の数日は、薄い溶液を飲んでも口の中が少しピリピリした・・・

2015年の春】

・ 薬
  ・・・ 症状が出そうな予感がした2日だけ念のため抗アレルギー薬(アレグラ)を服用
・ マスク
  ・・・ 外出時に必ず着用
・ ティッシュ
  ・・・ シーズンを通して鼻をかんだのはたった数回(!)だけ
・ 症状
   くしゃみの回数は 「1回だけ出た日」 が4日と「数回だけ出た日」が3日だけ。目のかゆみはほぼゼロ。
・仕事
  ・・・ 支障なし

→ 治療を始めてたった数ヶ月なのに驚異的な効果があった

2016年の春】

・ 薬
  ・・・ 1日だけ抗アレルギー薬(アレグラ)を服用(ちなみにこの1日は、症状が出そうだから飲んだのではない。4月2日に関西の某大学で講演する際に、「講演中に急に鼻がつまったら嫌だな〜」と思って、予防の意味で飲んだだけ。実際には症状は出なかった)
・ マスク
  ・・・ 外出時に必ず着用(でも、店内などではたまに外してみた)
・ ティッシュ
  ・・・ シーズンを通して鼻をかんだのはたった数回(!)だけ
・ 症状
   くしゃみの回数は 「数回だけ出た日」が数日。目のかゆみはほぼゼロ。
・仕事
  ・・・ 支障なし

→ 症状のレベルとしては「去年と同じか、去年よりさらに良くなったかも・・・?」という感じだった
------------------------------------------------------------

いや、もう、すごすぎる。販売している鳥居薬品は、なんていい会社なんだろう。

症状をゼロにすることは無理だけど、ほとんど症状が出ないぐらい効果があった。花粉の飛散量が多い日は、目や鼻に症状は出なくて、「顔がひりひりするな」となんとなく感じることはあったぐらいだ(顔に付着した花粉が原因だろうけど)。日常生活や仕事上はほぼ困らない状態になった。

毎日2分間だけ薬を服用するなんて、慣れちゃえばたいしたことないしなぁ。自分の場合は、朝食 → 歯磨き → 服用(2分間)、と決めているし、「薬を飲みましょうメール」が鳥居薬品のサイトから毎日届く設定にしているので、飲み忘れる心配はほぼない。

耳鼻科の医者には「あなたはこの治療法にすごく適応しているタイプみたいだ」と言われた。とりあえずのひと区切りとなる「数年間」を目指して、このまま治療を続けていこうと思う。まぁ「治療」って言っても、毎日たった2分間だからかなり楽なんだけど。

個人的な感想としては、

「治療効果がない2割には自分は入らないはず!」と信じながら、「薬を舌の下に置いて2分間じっとしている」という地味なことを数年間にわたって気長に続けることができる人には強くおすすめする

という感じだなぁ。。。

恐ろしく気長に取り組まなきゃいけない治療法だけど、かなりの高い確率で絶大な効果を発揮するはず。

コメント

2016年05月05日 | いろいろ

コメント

馬刺し

2016年05月04日 | いろいろ

牛肉・豚肉・鶏肉・・・世の中にはいろいろな肉がある。

自分は、魚も大好きだけど肉も大好きだ。和牛だったらサシが入った霜降りの和牛、豚肉だったら豚バラ肉、鶏肉だったらプリップリの唐揚げ用のもも肉、が好みだ。

でも、ここ10年ぐらいは馬肉がすごく気に入っている。牛肉・豚肉・鶏肉よりも、馬肉の方が順位が上かもしれない。居酒屋で馬刺しがメニューに載っていたら、絶対に注文する。世の中には馬肉が苦手な人も多いみたいだけど、すごくおいしいと思う。


というわけで・・・



馬刺し。

コメント

バーベキュー

2016年05月02日 | いろいろ

今日は、研究室の全員で大学近くの大きめの公園に出かけて、毎年恒例のバーベキュー。

今年は長崎和牛を700gぐらい差し入れてみた。

 

こんなの。美味しそう。



今回のバーベキュー隊長は、M1のSmくん。

 

準備中。

 

段ボールで自作した燻製機。



燻製機の中に入れるチップに火を付ける光景。

 
 
 

こんな感じ。

 
 
 

肉とかアユとかニンニクとかアヒージョとか。

そして、



自分が差し入れた和牛が登場。



えへへ、肉だ・・・



にやけちゃうドクターFk氏。

 

燻製も完成!

 

B4のTkさんが全力で楽しんでた。



人生初キャッチャー。

最後に、かっこよさげに見えるドクターFk氏の写真を1枚。



でもなぜか、びしょ濡れ&泥まみれ。

コメント

つかれた。。。

2016年04月30日 | いろいろ



刺身が美味しいお店。

そんな土曜日。

コメント