日々の逃避

ある大学教員のひとりごと。某大学の准教授みたいです。バイオマテリアルの研究をしている・・・かも。

Tkさん・Mrくん・Tkくん 誕生日会

2017年05月26日 | いろいろ

今日は、M2のTkさん・M1のMrくん・B4のTkくんの合同誕生日会が開催された。

 

いつも通り、学生室のとなりの教員室でこっそり準備する人。

 

学生室の電気を急に消して、誕生日会スタート。

 


3人ともプレゼントをもらっていた。

お誕生日おめでとうございます。

コメント

う~む。。。

2017年05月26日 | いろいろ

来週月曜日から高分子学会年次大会が開催されるんだけど、今回は結構しんどい。なにがしんどいって、場所が「中途半端に近い」からだ。ちなみに開催場所は、千葉の幕張メッセ。近すぎず、遠すぎず、微妙な距離。

そもそも、千葉と東京は近いので、研究費から宿泊費を支出できない。東京駅に20時に帰ってくることができる距離の場合は、大学の規定では宿泊費は出ないらしい。まぁそりゃそうだろうけど。でも宿泊費が出ないなら、「家から30分ぐらいの近場」だったら楽なんだけどなぁ・・・ 今回は、自宅から会場まで行くのに1時間半以上かかるんだもんなぁ・・・。

自分は東京の西の方に住んでいる。そして、今回学会が開催される千葉は、東京の東にある。つまり、東京と千葉を往復するためには、「通勤ラッシュ」のエリアを通り過ぎる必要があるわけだ。自分は今まで、通勤ラッシュとは無縁の世界で生きてきたので、ぎゅ~ぎゅ~詰めの電車がとにかく苦手だ。過去に職場を3ヶ所移ったけど、どこに勤めている時でも、「通勤ラッシュとは逆方向に住む」ことを徹底してきた。そんなわけなので、朝早くと(飲み会後の)夜遅くに「東京のど真ん中の通勤ラッシュ」を通り過ぎなければいけない今回の学会は、とても憂鬱な気分をもたらしている。

しかも、宿泊を予約することもなく、食事が美味しい地方に行くわけでもないので、事前準備がまったくいらない。つまり、来週は学会だなぁ、という実感がまったくない。なんだろう、すごく変な感じ。

コメント

こんなところに

2017年05月24日 | いろいろ

2限。3年生向けのバイオマテリアルの講義。今日は中間試験。

試験が終了して、研究室がある建物に戻ってきたら・・・



キャンパス真ん中付近にある池にいつもいるカルガモが、こんなところまで来ていた。

コメント

B4のプレゼン大会

2017年05月22日 | いろいろ

今日は、新しく研究室メンバーになったB4たちによるプレゼン大会を開催してみた。うちの研究室の毎年5月の恒例行事。

この行事の準備は、4月上旬からすでに始まっている。3月下旬~4月上旬ごろに、4年生の全員に各自の研究テーマの資料をたくさん渡す。そして、「5月中旬ごろに、10分ぐらいのプレゼンをしてね」と指示を出す。プレゼンの中身は、研究背景・研究目的・実験方法・・・などだ。そして上級生たちには、「パワポとイラスト作成のソフトの使い方はいくらでも教えてOK。でもパワポのまとめ方とか中身は口出ししちゃダメ」という指示を出す。つまり、B4たちが独力でプレゼンを仕上げることになる。

そして約1ヶ月後の本番当日(毎年、5月中旬ごろ)。研究室メンバー全員(指導教員+上級生学生たち)の前で10分間ぐらいプレゼンしてもらう。その後は、上級生たちによる質問攻めタイムだ。上級生たちには、「研究のことはほぼ知りません、という素人」という役割を演じてもらう。「この研究の意義は?」「なんでこの実験やるの?」「なんでこの図にしたの?こんな感じに変えた方がいいよ」「パワポの構成をもっとこんな感じに変えるべき」「プレゼンの時はこんな感じのしゃべり方にした方がいいよ」・・・など、ひたすら質問攻めとコメントの山。1人ずつ10分の発表(=パワポのスライドとしては10枚ぐらい)に対して、この作業を行うと、だいたい「1人あたり1時間以上の質疑応答時間」になる。これを3人やるわけだ。

このイベントは、上級生たちのスキルアップにもつながるし、研究室全体の底上げにもつながる。研究室を運営する上で、この「B4によるプレゼン大会」を研究室の最重要行事の一つとして位置づけている。第1期生からずっと続く伝統行事。このプレゼン大会を経験すると、学生本人が自分の研究のことを深く考えるようになる。

パワポで作ったプレゼン資料は怖い、ということを認識して欲しいというのが狙いの一つだ。何が怖いかというと、「適当に作っても『それっぽく(良さげに)』見えてしまう」ことが怖い。図や文字を適当に貼り付けても、パワポのスライドは完成する。図や文字を適当に(=philosophyなく)貼り付けたプレゼン資料が世の中にあふれている。

一番顕著な例が、「適当に使われている『矢印』」だ。文章と文章、文字と文字、図と図を矢印で適当に結んだプレゼン資料が、世の中になんと多いことか。学会に行くと、そんなプレゼン資料が多いことがよくわかる。「矢印の意味ね~よ!」と思ってしまうような、「論理的に破綻したスライド」がとても多い。

例えば、「A→B」という配置でプレゼン資料を作ったとする。すると、本来は、「A」と「B」は「(時系列として)AがBになった」「Aが原因でBになった」という論理の流れが正しい。でも「A」と「B」を適当に「→」で結んだ資料がとても多い。これは最近の学生さんたちの論理性が落ちてきていることが一因だと思う(もっと根源までたどれば、本を読む機会が減ってきているから論理性が落ちてきているんだろうけど)。「自分が伝えたいこと」を「論理的に」示すことができるスキルは、社会で活躍する上でとても重要だ。うちの研究室の卒業生たちは、全員このスキルを身に付けて欲しい。

というわけで、そんな思いを込めながら、この行事に毎年取り組んでもらっている。幸いなことに、上級生たちがとてもまともなことを指摘したり、コメントしていた。上級生たちもB4のころは同じようなことを言われていたわけで、みんな成長したな~とつくづく思う。うちの大学では、プレゼンテーションのまともな講義がない。つまり、その教育を担っているのは研究室だ。「自分の考えを論理的に伝えられる」能力を高めた学生を育てることは、指導教員としてとても大切なことだと思う。そんな研究室を運営したい。

今日のプレゼン大会は13時にスタートした。3人発表してもらって、終了したのが17時半。夜は打ち上げ飲み会。

 
 
 

今日はもつ鍋のお店。

その後、締めのラーメン屋へ。

 

こんな感じ。

 

今日の主役のB4の3人(左:Tkくん・Ogくん、右:Okくん)。おつかれさまでした。

コメント

ひたすら申請書作り。。。

2017年05月19日 | いろいろ

午前。国際交流関係の委員会に代理出席。思うところがと~~~~~~~っても多い会だった。ここでは書かんけど。

午後。某申請書の作成にひたすら取り組んでみた。仕上がり具合はまだ80%程度。先が見えん。でも締切が迫っている。なんだかすごい圧迫感がある。。。

コメント

講義、など。

2017年05月16日 | いろいろ

2限。今年度から始まった1年生向けの新しい講義(必修科目)。今日は6人の1年生たちが部屋にやってきて、本を読みながらディスカッション。文章の読み方(理解しながら速読するコツ)なんかも教えながら、いろいろ話してみた。この講義、とても楽しいです。

午後は、学生さんが作った申請書や学会発表資料の添削作業、など。

コメント

Tkくんがやってきた

2017年05月12日 | いろいろ

20時ごろ。4/1からR研に異動しているTkくんが研究室にやってきた。そのまま飲みに行った。参加メンバーは、ドクターのItくん、M1のStくん・Tkさん、B4全員(Ogくん・Okくん・Tkくん)、そしてTk元助教、自分、の計8人。

 
 
 


お店を出たのは0時過ぎ。ほぼ同時に会計していた別のテーブルにうちの学科のB3が一人いたから、話しかけてみた。

コメント

う~む。。。

2017年05月10日 | いろいろ

10:30~12:00。3年生向けのバイオマテリアルの講義。今日の内容は、高分子系バイオマテリアルの基礎。

13:00~15:00。学科の会議。

15:00~17:00。教授会。

17:00~17:40。大学院の専攻会議。

・・・ 今日は何もできん。。。

コメント

M1との飲み会

2017年05月08日 | いろいろ

今日は、うちの研究室の恒例イベントである「学年飲み会」の日だ。これは、「特定の学年の学生全員+自分」という超小規模飲み会で、研究室全体のイベント的な飲み会とは別物として、定期的に(2ヶ月に1回)開催している。研究室全体の飲み会も楽しいけど、この超小規模飲み会も楽しい。個人的にはとても好きなイベントだ。

今回はM1と飲みに行く回だ。今年度のM1は2名(Stくん・Mrくん)なので、自分を含めた3人で出かけてみた。いざ新宿へ。学年飲み会では、お店はいつもその主役の学生たちに毎回選んでもらっている。今回のお店は、二人が選んだ沖縄料理のここ



この二人。

 
 

沖縄料理のコース。

そして、メニューにあったので思わず追加注文してしまったのが・・・



ヤギの刺身!

ヤギって刺身で食えるのか・・・!!!

生まれて初めて食べた。

予想外においしかった。

21時半ごろにお店を出て、次のお店を探してみた。

見つけたお店はこれ

 

値段設定が高いこともあってか、雰囲気も料理もとても良いお店だった。

それにしても、カップル(しかも、おそらく30~40歳ぐらいの)だらけのお店だったなぁ。

そんな中、



楽しそうでなによりです。

日本酒っておいしいなぁ。

0時ごろまで飲んでみた。

次回の学年飲み会は、7月にB4たちと開催します。

コメント

連休、終わり。

2017年05月07日 | いろいろ

連休中は、やることが多くていろいろと忙しかったけど、全体的に楽しいことが多かった。

でも、仕事はなかなか片付かない。。。

うむ。。。

コメント

バーベキュー

2017年05月01日 | いろいろ

今日は、年に一度の恒例行事であるバーベキュー。某公園へ行ってきた。肉や野菜や飲み物は学生さんたちが準備してくれた。そして自分は、例年通り「いいお肉(700gほど)」を差し入れてみた。今年差し入れたのは、




まずこれ。長崎雲仙きわみ牛が250g。

でもメインは・・・

 

これ。神戸牛が450g。


今日は、午後から外出してしまう就活中の学生もいる。そして、昨日あたりから急に、今日は昼すぎから雨(夕方には雷雨)になると天気予報が言い出した。そんなわけなので、今日のバーベキューは、9:30ごろに大学を出て、昼過ぎまでの短期決戦。

 
 
 
 
 

途中で雨が少し降ってきたし、遠くで雷が鳴っていたけれど、楽しかったです。

コメント (2)

R研Md研PhDの会

2017年04月29日 | いろいろ

今日は、毎年4月恒例の、「R研Md研PhDの会」が開催された。Md研に在籍したことがあるポスドクや研究員が集まる会だ。参加者数は、例年20数名。今年の参加者は31名。自分は、毎年この会をとても楽しみにしている。

この会の幹事は、ポスドクの採用「代」ごとに毎年回している。今年は、ポスドク第1期生(つまり、自分を含めた3人)が幹事を務めることになった。Md先生がK大教授を辞めてR研主任研究員になった初年度、基礎科学特別研究員として研究室に配属されたのがStさん、Nkさん、自分、の3人だ(自分だけ半年早く着任したので、正式には自分は0期生に近いのかもしれないけど)。

今回の会では、3人の役割分担は、Stさんが出欠確認サイトの立ち上げやお店の予約作業、Nkさんが講演会のアレンジ、そして自分は懇親会の司会進行やスピーチ依頼の取りまとめ、という感じになった。

まずは、14:45~18:00ごろまで、Ihさん・Zkさん・Tkさんの講演会。その後、19:00ごろから懇親会。司会は自分。

 
 

お店はフランス料理のメザニーン(ここ)。

そして10時ごろからは二次会へ。


Md先生の今日の言葉で「ほ~ぉ」と思ったことは、このMd研から巣立った人たちのうち20人近くが研究室主宰者になっているという事実だ。これって、めちゃくちゃ多い。

このネットワークはとてもいいなぁと思う。自分は第1期生なので、3年ぐらいで別の機関にポスドクとして転出してしていて、実はMd研の在籍時期かぶっていない人がほとんどだ。でもこの会に出るといろんな人と話すことができてとても楽しい。

というわけで、今日もいろんな人と話して楽しかったです

 

コメント

Hrさんがやってきた

2017年04月28日 | いろいろ

「今日はHrさんが会社帰りに研究室に寄るらしくて、ご飯でも行こうと思うんですけど、先生も行きませんか?」とItくんに言われた。Hrさんはマスターを先月修了して、今月から社会人になっている。卒業生が研究室に寄ってくれてご飯を食べたり飲みに行くのはうれしいなぁ・・・・・・といつも思う。かつて指導した学生が社会人としてしっかりと過ごしている姿を見るのは、大学教員としてはとてもうれしいしことだし、研究室を運営する楽しみの一つだ。

というわけで、Hrさん(主役)、Stくん(D2)、Itくん・Nsくん(M2)、Okくん(B4)、自分、の計6人で20時ごろから中華料理屋へ行ってきた。

 
 
 

楽しかったです。


そしてそろそろお会計・・・という時に、少し前に席を立っていたHrさんが「もう全額払ってきました!初任給が出たので」と言い出した。びっくり。ごちそうさまでした。社会人1年目は大変だろうけど、がんばって欲しいなぁ。。。




今日の主役のHrさん。

コメント

ほぼ完成

2017年04月27日 | いろいろ

某出版社から依頼されていた新刊本(高分子微粒子をまとめたハンドブック)の原稿を、今日は集中的に書いてみた。ちなみに、実験項を詳しく記述しなければいけない「ハンドブック」スタイルなので、「全体の解説文と図は自分、実験項はTkくん」という感じで執筆してみた(Tkくんに執筆をお願いした実験項のパートは、彼がR研に異動する直前の3月下旬に受け取っていた)。というわけでTkくんとの分担執筆です。仕事を手伝ってもらえて、とてもありがたいです。

この原稿の締切は5/8だけど、今週末には仕上げて来週月曜日には送信しようかな。。。

 



刺身。

コメント

新しい講義

2017年04月25日 | いろいろ

今日の2限は、1年生向けに新しく始まった講義(必修科目)の日だ。「******入門」という名前がついたこの講義では、英文記事を読んだり、科学に関する読書をしたり、基礎的な統計学を学んだりする。自分が担当するのは読書のパートだ。指定の本を1年生たちに事前に読んできてもらって、その内容をディスカッションする。

というわけで、今日は1年生の6人が部屋にやってきた。今後も、あと数グループがやって来る予定。

本の中身をディスカッションするだけで90分はさすがにかからないな、と思ったので、余談として「本の読み方そのもの」も少し教えてみた。「理解しながら速く大量に読む」にはどうしたらいいのか、「流し読み」ではない「速読」を身につけるにはどんな訓練が必要か ・・・ そんなことを教えてみた。世の中には、速読(=早く読んで、かつ深く理解する)のために必要な技術(目の動きや脳の使い方)や訓練法を知らない人がほとんどなので、今日話した内容が1年生たちにプラスになればいいな。可能な限りたくさんの本を学生のうちに読んで欲しいなぁ・・・と願ってます。

いろいろ喋っていたらあっという間に90分が終わってしまった。。。新しいこの講義、かなり楽しいです。

コメント (2)