ウィリーの日記

乗馬と犬が大好き!

クレスコモア(1958鞍)馬場レッスン

2017-05-17 22:13:31 | 乗馬日記2017
「その2頭とは一緒にレッスンできない」と
3等分した馬場の真ん中を空けて隔離。

怪しい?2頭だけで自習でした。
最初ずっと蹄跡を速歩してたのですが(無言で)
途中から自主的に巻き乗りや3湾曲、斜線上など
色々な運動を混ぜて動かすと、もう1頭も同じく
ついてきてはったので、特に何事もなく平和に自習。

今日は左の口が硬くて常歩は柔らかいけど
速歩で時々キュッと硬くなったりしたので
長蹄跡でハミの入れ替えをしてみたり
ハミの入れ替えのアクションに戸惑ったのか
最初は何だ?って妙な反応でしたが
何度かすると覚えてくれて意外と素直に。

3湾曲は不器用すぎるのか小回りが苦手なのか
ぎこちな~い動きをしてました。
左内方姿勢が苦手っぽそうで、体が湾曲したような
感じにならず、とにかく右姿勢をとりたがります。

自分の姿勢も意識しなくてはいけないし、馬どころでは
ないのですが、同時進行で客観的に自分を見ながら
運動しました。

駈歩は右手前は馬なりに任せると急に手の内から
離れてグングン加速して怪しいオーラが出たので
怪しい気がして、まとめてみると
また口をキュッと硬くされたので、
最初の常歩の時みたいに鼻先を下へ下へいくように
してから、馬を起こして収縮に近いくらいまでにして
駈歩。これだと安全でした。

左手前は時々手前が逆になってしまいました。
そして、ものすごく乗り心地が悪かったです。
駈歩も右姿勢をとりたがって、失敗した
反対駈歩をしてるような乗り心地でした。
右姿勢の癖があるから、駈歩した時も
右手前が出るのかな?と思いました。
ジャンル:
その他
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« マグナム(1957鞍)馬場... | トップ | スノードン(1959鞍)馬... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。