東京のスキマ

日常の生活で、ふっと感じる悦楽

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

象徴 九段下

2012-11-10 16:15:56 | ビジュアルブックマーク
菊の紋章と国旗。
靖国神社の門で目に飛び込んできた。

私は、愛国主義者ではなく、どちらこというと私にとって靖国神社は居心地の悪い場所だ。
しかし、その二つの日本の象徴に、どこか哀愁の漂いと、ささやかな優しさを感じた。
それが何であるかー自分の中でも整理がついていないが・・・国力が落ちて、隣国から煽られるようになった昨今、力を強めて対抗する方向性が本当に日本らしい姿かー
長く自分の中で遠ざけきた日本の象徴に思わず歩みよられたような感覚に戸惑いをかくせない。
コメント (1)
この記事をはてなブックマークに追加

東京発・・無知

2011-11-26 11:22:14 | 東京のスキマ

新幹線のヘッドに張られた「がんばろう東北」
私はこの類のメッセージに強い違和感をもつ。
がんばって、がんばって、もうどうにもがんばれない臨界点にいる人に、さらに、がんばれと!?
これは言葉のムチだ。被災地の方はアスリートではない。
伝えたいキモチはわかったとしても、これは実際にぎりぎりまでがんばったことなどないヒトの思考だ。
ゆっくり平穏に・・・ご自愛くださいーとだけ伝えたい。

こいつは、毎日被災地を何往復もしているのに、何もわかっていない・・・
今日も東京と被災地を200kmで無知が往く。
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

サイン 羽田

2011-11-10 19:01:49 | 東京のスキマ
顧客からの与件は果てしなく重い・・・その重さを頭で感じならが、飛行樹は羽田へ・・・
ふっと窓の外をみると、雨に濡れた翼に⇒が強く方向を示しているのが目に飛び込んできた。
いけいけ・・口に出してつぶやく・・・
私は大きな決断をするときは、必ずある種のサイン、兆候があると考えている。
くだらない人は、サインを見逃して機会を失う。
サインを見逃さずに好転したことも、逆で暗転したこともある。
このブルーモーメントの一瞬に羽田で視た矢印で私は方向性を決めた。
(矢印だから前へ進むーというわけではない、この辺りは感覚的なことなので伝えにくい。)
この決断の結果がわかるのは、まだ先だが、まず間違えなく私の判断は正しい。
いきなりの低気圧でちょっとキモチが高揚しながら実感した。

コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

日の丸 千駄ヶ谷

2011-10-29 23:49:29 | 東京のスキマ
コメント (3)
この記事をはてなブックマークに追加

哀しみのツリー 赤坂

2010-12-25 17:56:59 | ビジュアルブックマーク
儚さを醸し出しているクリスマスツリーがあるとすれば、それは赤坂プリンスホテルのクリスマスツリーだろう。
なぜなら今年が見納めで、3月で閉館になりこの丹下健三の作品は赤坂から消えてしまうからだ。
ホテルの部屋から外を眺めていると、シルエットで映し出されて知らぬ間にクリスマスオーナメントの1つになっているというが、なんかとても洒落いてると思っていた。季節の到来を感じさせるクリスマスツリーをみるとちょっと高揚感を覚える。

ところがツリーをみると哀しくなるっていう韓国人女性がいた。
それは数年前のこの季節に私が激し進行させた仕事のストレスを観るたびに思い出して哀しくなってしまう・・・・。
このことを人づてに聴いて、本当に申し訳なく思った。
でもそう思うときにはそのヒトはいない・・・これもまた哀しい。
コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

主張 新宿歌舞伎町

2010-12-07 21:38:17 | ビジュアルブックマーク
新宿のラーメン屋。壁一面に店主のオコトバ、ツブヤキ・・・
料理人、多くは語らずー ではなくとにかく主張すべし。
言わないと理解されない、つぶやかないと伝わらない時代・・・

しかし、本当に大切なことは目に見えないし、耳からは聴こえないはずでは・・・私は少くともそういうものと触れていたい。
コメント (1)
この記事をはてなブックマークに追加

新橋地下 轟音・暴風

2010-12-05 22:55:37 | ビジュアルブックマーク
かつての地下鉄は駅に入ってくるときの轟音と暴風はかなりのものだった。
まず、電車が駅に接近すると空気が動き、金属が擦り合う音がフェードインしてやがて轟音に・・・電車がホームに入る瞬間には無遠慮な強い風に煽られ、なぜか心の中で叫びたいようなそんな衝動に駆られたことがあった。

今や首都圏の地下鉄は全般的にソフトな印象だが、今でもその轟音と暴風にさいなまれる場所は、新橋の地下からでる横須賀線ホームだ。
近代化から置き去りにされているような古く無骨なホームで、あの轟音と暴風を体験できる首都圏では希少な場所。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

お台場 巡礼

2010-08-14 10:49:56 | ビジュアルブックマーク
風に吹かれると妙に感傷的になったり、亡き人を想うことがある。
人は死ぬのと千の風になるーこの唱には実感がある。

この虹橋のデッキは、千の風に吹かれるのは最適な場所だ。
四方八方から吹き抜ける強い海風は、橋の様々な造物と干渉して音をたてる。
風に吹かれる肌で亡き人を感じ、このサウンドスケープに混じるかすかな懐かしき声・・・
私はひそかにここに巡礼しにくる。
コメント (5)
この記事をはてなブックマークに追加

アルパチーノ 新宿

2010-08-12 23:54:25 | ビジュアルブックマーク
挑発ポーズの尻にはしっぽ、頭には耳をつけているコスプレチックなマネキン。
これが秋葉原なら、景観に溶けるけど、新宿の老舗百貨店の1Fフロワーにあるとすさまじい存在感だ。
こうした唐突なインパクトにオトコは弱い。
男連れの女性は、マネキンごときに一瞬、彼氏がもっていかれている。

オトコは一生女の尻をみながら生きる・・・って言い放ったのは、かのアルパチーノ。
まさにアルパチーノが続々とエスカレーターからおりてくる・・・
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

宙に浮くかばん 新宿

2010-08-07 10:41:41 | ビジュアルブックマーク
かつて身の丈を超えたカバンを買うことが多かった。
無理をして、ちょっと冷や汗をかきながら手にいれたカバンを初めて使うときは、まさにこんな感覚。
地が足についていない、自分のまわりだけ重力が疎になった感覚・・・そしてその感覚は使い続けることで薄れていく不思議・・・
カタチから入るーというスタイルは現代ではやや否定的だが、少なくとも自分はカバンを買い、靴をかい、時計をかい・・・
背伸びをして仕事をていきた感がある・・・それを散財だったかというと、今思うにそうでもなかったと思ったりしている。
コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

ブログ再開します・・・

2010-08-07 10:38:18 | ビジュアルブックマーク
大変永らく放置してしまいました。
少しずつ再開したいと思います。
どうぞよろしくお願いします。
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

まだ何も手にしていない者の不安と底なしの自由 新宿

2009-11-20 20:18:43 | ビジュアルブックマーク
学園祭の午後の光。
学校って不思議な光が満ちる場所でもある。
教室のどこまでもフラットな光。階段の舞い上がる塵の粒をきらめき、音楽室の比重をともった光、制服のスカートのテカリ・・・などなど。
午後の学園祭の光。
そのどちらかというとわかりやすい光にふっと感じるのはー
「まだ何も手にしていない者の不安と底なしの自由」藤原新也著・鉄輪より
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

日本橋 ジャズの聴ける場所

2009-11-17 20:51:02 | ビジュアルブックマーク
また1軒・・・武蔵野の老舗ジャズ喫茶が閉店した。
だんだん行き場が閉ざされて、さて巷でジャズを聴ける場所というとセルフのこうしたカフェになってしまう。壁にはマイルス、コルトレーンの同じみのジャケットと思いきや、額に入れたコピーと知る。JBLブルーの名作スピーカーのミニチュア版から絶え間なく流れるナンバー。
そのゆるさが好ましい。ごちゃごちゃ言わずに載ってしまったほういい場合かも。

ペーパーブックに興じる外人は絵になるが、その横の日本人女性も質素?な感がして好ましいい。最近は質素にシズル。
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

指の先のクリスマス 新宿

2009-11-15 08:57:03 | ビジュアルブックマーク
手すりに、雨が溜まり蒼く発光している。その中を静かにゆれる発光体の粒。
思い切って素手で手すりをつかむと、その冷たさが体を射る。
ふっと、よぎるクリスマスの朝の冷たい空気。
コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

路上のレトロ・クリスマス 新宿

2009-11-14 12:01:09 | ビジュアルブックマーク
今年のXmasイルミのカラーテーマはゴールド。
発光ダイオードよるエッジの効いた電飾は美しいと思うが、私がシズルのは電球による優しい光の瞬きはレトロクリスマスの世界。

こうした、ゆるい光りを探すと・・・頭上で輝くイルミよりも、私は雨に日に路上に瞬く無数の光のゆらぎにひかれてしまう。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加