真相世界(The truth world)

政治・社会問題を中心に最新のニュースを解りやすく解説し、ユダ金とその配下の韓国・北朝鮮のなりすましによる犯罪を暴きます。

「失われた10年」の悪夢再び?「麻生氏-公明党」ラインで奈落に沈む日本経済

2008年08月14日 20時39分22秒 | 本文

韓国の経済は原油高の影響をもろにかぶり最悪の状況が続いている。経済基盤が脆弱な上に通貨の信用度も低く、原油高に対応する省エネ技術も未熟なせいもある。
やたら自国起源論をぶつわりには、実際には他国の技術導入に頼りすぎた偏狭な設備投資の実態にも問題があるだろう。
その韓国が日本経済の不況ぶりを心配してくれている。日本の不況の影響をもろに受けるせいもあるだろうが、朝鮮日報が何を言っているのか検証してみる。

日本経済、「失われた10年」の悪夢再び?

≪日本経済が「失われた10年」の不景気の悪夢に再び苦しんでいる。日本政府は13日、今年第2四半期(4‐6月期)の経済成長率が昨年同期に比べマイナス2.4%を記録した、と発表した。前期比では成長率マイナス0.6%となる。

日本が前年同期比でマイナス成長を記録したのは、2002年第2四半期(マイナス0.6%)以来6年ぶりのこと。景気が後退している最も大きな理由は個人消費の減少で、前期に比べ0.5%減少した。≫


「好景気?」が企業にばかり利益を還元して庶民の所得に反映しなかったから、個人消費が減少するのは当たり前である。景気のいい天下りが湯水のごとく金をばら撒こうと、絶対数が少ないのだから個人消費には反映しないし、そもそも奴らは財産をユーロに替えているから、消費するのはヨーロッパのはずだ。

≪経常収支の黒字も史上最大幅で減少した。財務省は13日、6月の日本の経常収支の黒字が昨年同期(1兆5200億円)より67.4%減の4939億円を記録した、と発表した。6月の輸出は昨年同期比で1.5%減少したが、輸入は石油類など原材料価格高騰の影響で17.8%増加した。輸入物価の上昇は、卸売価格も引き上げている。卸売物価に該当する7月の企業物価指数は、1年前より7.1%上がり、27年ぶりに最高値を記録した。≫

表面的には原油高の影響で物価が上昇したことが原因だが、裏帳簿で不況のアメリカに大量のドル供出をさせられたことも関係してくるだろう。

≪日本経済に関する否定的なニュースが続出する中、13日の日経平均株価は前日より280.55円安(マイナス2.11%)の1万3023円5銭の値を付けた。≫

世の中のばかばかしい犯罪にインサイダー取引というのがある。しかし、国家レベルでやった場合犯罪として認知されない。
愚劣な政策をすれば株安になるのは明らかである。その政策に携わっている奴が、事前に空売りしてしまえば大儲けというわけだ。

朝鮮日報は「日本の不況は18ヶ月続く」と予想しているが、肝心のチンパンは政権を韓国ロビーに丸投げする気らしい。
公明党は在日主導だし、ローゼン閣下は日韓トンネルの統一教会シンパである。表向きはトンネルから足を洗ったらしいが、この御仁はセメント屋が本業だ。
ネット上でもバカウヨが麻生待望論を展開して世論操作に躍起だが、どこの工作員かお里が知れている。

政権運営 「麻生氏-公明党」ラインに主導権?

≪自民、公明両党執行部が臨時国会冒頭に大型の補正予算案を提出するよう福田康夫首相に迫り、国会召集についても9月中旬以降への先送り圧力を強めている。政権安定のため「ポスト福田」を狙う麻生太郎氏を自民党幹事長に取り込んだ福田首相だが、「麻生氏-公明党」ラインが国会の召集時期やテーマなど政権運営の主導権を握りつつある構図が鮮明になってきた。≫

村山内閣末期と似ているな。最近の首相はいよいよ打つ手がなくなって放りだして辞める傾向が強い。囲碁将棋の「投了」と同じである。

≪新テロ特措法の延長より景気対策優先を求める与党内の急先鋒(せんぽう)は、今や自民党選挙の屋台骨である公明党。衆院再可決に踏み切れば、世論の批判を浴びかねないことから、同党がもくろむ「年末・年明け解散」のシナリオが崩れることを懸念している。
一方、福田政権の支持率低迷で次期衆院選は苦戦必至とささやかれる自民党内では、「公明党と支持母体の創価学会にそっぽを向かれたら、次期衆院選で自民党は惨敗し、政権の座から転落する」(参院自民党幹部)として、公明党との「二人三脚」を求める声が日増しに強くなっている。≫


公明党も矢野の寝返りで池田大作証人喚問カードを民主党に握られているから、実際には二面工作をしている。条件によっては民主党に鞍替えするつもりなのだ。
自民党も女房に逃げられたら大変だ。次々と好条件を出してくる。ローゼン幹事長抜擢の背景にはこのような事情があったものと考えられる。それほどローゼンは身も心も韓国利権というわけだ。

≪実際、首相と麻生氏の会談に先立って東京都内のホテルで開かれた自民、公明両党の幹事長、政調会長、国対委員長の会談は、公明党が1兆円を超える規模を求めている景気対策の大合唱。新テロ特措法そっちのけの雰囲気だった。
麻生氏が「景気経済対策は小出しではダメだ」と主張すると、公明党の北側一雄幹事長は、我が意を得たりとばかりに「大型の対策を打ち出すべきだ」と同調した。≫


1兆円が景気対策ではなくて、こいつら売国奴どもへの献金であることは言うまでもない。


記事が面白いと思ったら下のリンクをクリックしてくだされ!!
 <(_ _)>
→FC2 Blog Ranking


『社会』 ジャンルのランキング
コメント (1)   トラックバック (3)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 北島康介200メートルも五... | トップ | 「銅」なんかいらんわ! ス... »
最近の画像もっと見る

1 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
地球憲法発表 (李 得実(村田 実))
2008-12-30 22:38:16
親愛なる地球万民の同士へ~ 親愛なる貴情報群と、先生がたへ~

「銀河系地球住民」として、新年に向けた、先取りごあいさつを申しあげます~

2009年の新年からは、きっと、「銀河系・地球新憲法」の発効をめざします!~

「第一条」、 「銀河系・地球万民」は、今こそ、銀河系の大自然真理とその目的性に添い、地球万民が誠実に生活言動すること、

「第二条」、 地球万民が普遍的権利としての万民の裕福&幸福実現の権利行使をする。

「第三条」、 銀河系の大自然さまのご加護群による、超膨大なる地球資源群(66億の地球万民が半永久的に裕福と幸福実現のための贈与物)の存在をすべて明らかにして、等しく、その受益権利者である「地球万民側」へ還元すること、

「第四条」、 地球万民が銀河系の真理と目的性を知り、ともに等しく万民が裕福に幸福に生存をまっとうできる生活環境を作る、

「第五条」、 地球万民は、現在治まることのない、新・奴隷廃民制度を源流にした、戦争群や紛争群や、貧困群や、疾病群や、人工自然災害群などは、人為的で、下等生物にも劣る、もっとも愚劣で野蛮な行為であることを知り、一切の暴力群を否定し、これを廃絶する努力を怠らない、

「第六条」、 これは、銀河系地球の最高の普遍的真理であり法理であることを知る、

「第七条」、 銀河系地球万民としての誇りを常に胸に抱き、そして、普遍的権利としての「万民の裕福&幸福を実現」を各自が誠実にめざす!~万民の中の自分個人、自分個人の中の万民であることを知る、


“どん底的ホームレス状態の李 得実(村田 実)が、銀河系の悟りと確信をもって、銀河系地球日本地域・大阪地域から、本日高らかに発表公布する!~


2008年12月30日 「銀河系・新憲法創案宣言者」 李 得実(村田 実)

※国内外の地球万民から賛同者などを募ります、お知恵や、茶話や、支援や、ご意見や、カンパなども募集中です~


李 得実(村田 実)
〒653-0841 神戸市長田区松野通り3丁目6-5
携帯電話   09032755519   ririmurat@docomo.ne.jp
パソコンメール  rimurata2@yahoo.cojp rimurata2@gmeil.com


コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

3 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
やはり麻生では金融不安に対応不能だ (文系ネットワーク屋のぼやき)
先日、麻生内閣に世界大恐慌への対応能力はないと書いたが、ほぼ同趣旨の記事を見つけたので紹介する。九州企業特報という、地元の信用調査会社が出しているレポートだ。麻生の経済への無能ぶりと、わがままぶりが描かれている。
やはり出た、陰謀論者! (文系ネットワーク屋のぼやき)
予想が当たった。金融危機の中、陰謀論者の宇野正美が、、「世界大恐慌と核戦争が起きる」というたわけた講演会を行ったのだ。陰謀論にはまる人は、右派にも左派にもいるが、右派に多い。
か、か、株に満期?麻生の経済学 (文系ネットワーク屋のぼやき)
経済に強いとアピールしている麻生総理だが、株に満期があるものだと思っていたことが分かった。どうやって麻生セメントの社長業をこなしていたのか、謎だ。株には満期の概念がないことくらい、児童文学のズッコケ3人組にも書いてある。