フットボールkiti-guy!!

今年の目標は「陰徳を積む」ことです。陰徳なのでブログには書けません。あえて書きません。そんな善人のサッカーブログです

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

アレシャンドレ・パト

2007年07月01日 20時16分19秒 | フットボール
スポナビより一部抜粋。

「カカの後継者」をめぐり、チェルシーとインテルが獲得争いか
  ブラジルの新星アレシャンドレ・パトの代理人、ジウマール・ベロスがミラノを訪れた。ベロスはインテルの関係者とも、何人か会う予定となっている。

 「カカの後継者」と目されているパトにはすでにチェルシーが触手を伸ばしており、巨額の移籍金で獲得する優先権を手に入れている。しかし、オーナーのロマン・アブラモビッチが手を引くことがあるとすれば、インテルも待ち構えているようだ。


---------- キリトリ -----------

すげーな。

去年仙台カップでみたあの子供がここまでの立身出世。
ちょっとこれはすごいことになってきた。

その仙台カップ2007
日程と対戦相手が決まりました。

第1日目 8月29日(水)2試合
第2日目 9月 1 日(土)2試合
第3日目 9月 2 日(日)2試合・表彰式

だそうです。
是非とも将来のスーパースターを見に杜の都に行きましょう。
絶対にこの大会は愉しいです。俺が保障しますw

俺は最終日仕事で最終日を待たずして東京直行ですorz



大宮0-3G大阪

首位のチームに負けただけ。
ノー問題。
次だ、次。
コメント (22)   トラックバック (1)
この記事をはてなブックマークに追加

8戦2勝6敗の評価@F毬戦

2007年06月24日 22時45分36秒 | フットボール
大宮 0-0 横浜M

得点5、失点3、そして8試合中スコアレスドロー4試合。
さてこれをどう評価したものか。

勝ちきれないという見方もあるだろう。
また、前半のふがいなさと比べて、「負けてない」とも見ることができる。
これに関してはどっちの考え方も正しいと思う。
正直俺もわかりませんw

で、試合。
序盤から互角。拮抗した試合だったが、何故か締まっていた試合には映らなかった。
華麗なスルーパスが通ったかと思えば、ドフリーでありえないミスをする。
雨と言うことを差し引いても両軍ともボールコントロールが下手だったからそう見えたのかもしれない。
そんななか藤本の個人技は光っていたね。
足元にピタッと止まるトラップ、素晴らしかったね。

戦術はサイド攻撃主体。
いや、主体と言うか、固執といってもいいくらいの徹底ぶり。
固執しすぎて後半柔軟性を欠いたことは反省しなくてはならないだろう。
(だからこそファビーニョやシルビーニョのような戦術眼に優れ流れを読める優秀なボランチをおく必要がある!!・・・のだが、どうせ補強はないだろうw)

採点
GK・DF
荒谷 6
波戸 6.5
冨田 6
レアンドロ 7
西村 6.5

マリノスの右SBは田中ハユマ、左は今売り出し中の小宮山。
波戸に関しては田中の裏を度々突いたり、今日は攻撃に貢献できていたと思う。
しかしいつもながら寄せが甘く、吉田とハユマ両人にアーリークロスを上げられまくっていたのは問題。まあ今更なんだけどw
右の西村に関しての評価は、小宮山との相対評価。
はっきりいって小宮山が脅威となっておらず、西村は今日は楽だったのではないだろうか。
久々に効果的なサイドアタックも出来たし、なかなかのデキに思えた。
センターはレアンドロが神がかっていた。
ボールのあるところにレアンドロ有り、といった活躍だった。
全盛期のシジクレイを髣髴とさせる凄みも感じられ、今後に期待が持てる内容。
ただし、クリアの正確性に関しては冨田、レともに不十分。
キックの精度をもっと上げなくてはダメだ。

MF
斉藤 6.5
片岡 6
慶行 5.5

アンカーの斉藤は守備のみならず、長いパスを通したりサイドに大きく振ったりと効果的にボールを動かしていた。
片岡と慶行は役割が明確でない部分もありいまいち。
大宮がサイド攻撃を主軸に戦っていくなら、この二人がもっとサイドに動いて、ウイングと連携してサイドの厚みを持たせたいところだ。

FW
藤本 6.5
大悟 5.5
エニウトン 5.5

事実上エニウトンのワントップ。
藤本は極めてウイングに近いプレイスタイル。
左で抜群のボールコントロールで好機を幾度も演出した。
一方大悟はより広いロールをイメージしていたように思う。
動きすぎていて、結果としてポジショニングが悪くなっているのかもしれない。
また、エニウトンとの距離感もあまりよくなかったように見えた。
エニウトンは運動量は素晴らしい。
あとは決めるだけ。
俺は個人能力はクリスティアンには遠く及ばないが(神戸の)レアンドロと同等かそれ以上はあると確信している。
「エニにどうやって点を取らせるか」を主題にチーム作りをしてみても良いと思う。(もちろん吉原との連携も高めて)

SUB
江角 6.5
若林 5.5
橋本 -

まさかのGK交代。
至近距離からの坂田のシュートを片手一本で止めたのは今日のポイントだった。
若林は、彼個人は悪いとは思わないが、若林が入ったことによって、プレイメーカーが大悟から若林に完全に代わってしまった。
それにより、その後の攻撃にスピードと危険性がなくなってしまったことは残念。
彼はもっと最前線で攻撃に専念させた方が良いはずだ。


MOM レアンドロ 大宮のピンチにはこの男有り。キックは不正確ながら獅子奮迅の活躍。文句なしのMOM

MIP 河合 地味に効いていた。守備専門のDM起用かと思いきや、大宮のセンターが薄いと見るや、積極的に攻撃参加したり、長いパスを通したり、戦術眼の良さが際立っていた。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ひさしぶりの投稿

2007年06月23日 00時09分42秒 | フットボール
なぜに大沢あかねwww<<TB

まあ嫌いではありませんがw




忙しすぎてブログを持っていることを本気で忘れてましたw
決してサッカーや大宮に興味がなくなったわけではありませぬゆえw
でも明日も用事があって観戦無理だorz

で、その大宮。
順調に走り続けているね。
とりあえず止まらないことが重要だと以前にも書いたが、まさにそのようになっていることを素直に嬉しく思います。


そして仙台カップ。
日程決定しますた。
是非是非みなさんも有給をとって杜の都にいってみてください。
絶対に面白い試合がみれることを保障しますよ。
もちろん俺も有給をとって参戦します。

リーガはレアルの優勝が決まったり、
アジアカップの代表候補が決まったり、
関東フットサルリーグが始まったりと俺が現実世界から離れている間にいろんなことがあったみたいだw
余裕が出来たらまたスカパーつけよう・・・

p.s. 磐田戦が水曜日にあったことを知ったのは昨日w
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

コルドヴァまだ~(・∀・ )っ/凵 ⌒☆チン

2007年06月06日 23時16分00秒 | フットボール
仕事を定時に終わらせ、家に直帰。
直ぐに下だけ着替えて出発。
京浜東北線から王子駅経由で南北線・埼玉ボッタクリ鉄道を経て越谷美園へ到着。
そこから屋台が並ぶ道を徒歩で20分。
さいたまの片田舎に世界に誇れる一流のスタジアムが出現する。
まさにアンバランス。
何回行っても違和感に襲われる。

既に試合は始まっている。
スナック菓子とビールを買い席へ。
俺の席はカテゴリ3、バックアッパー34列150番台・・・ん、一番上から2番目じゃんか、くたばれローソンチケット。

席に行くと俺の周りは席が埋まっている。
しかし1つ通路を隔てた席はガラガラ、どうやらここがカテゴリ2らしい。
カテゴリ3と2の間には仕切りが無いどころか、ロープすらない。
良い席がたくさん空いているのに誰も座らないのは勿体無い。
だから俺がそこに移動wビバJFAの運営w
バックスタンドの真正面10列目くらいでの観戦。
こんな超良席なのに誰も座っていない。
何故なのか私には全くわかりません誰か教えてください(棒読み)


さて、試合。

前半はいろんな意味で凄い布陣。
高原のワントップ、その下に稲本。
その横に左に遠藤と右が俊輔。
守備的MFに鈴木啓太と中村憲。
DFは右から駒野、阿部、中澤、中田。
一応4バックだが、サイドバックの一人はかなり高い位置まで上がるため、3バックのようだったのが印象的。

サイド攻撃の意識は相変わらず高いな、という印象。
しかしこれまでストロングポイントだった中盤が機能不全なのがこのチーム。
この試合に限れば稲本は何も仕事をしていなかった。
いや、それだけでなくその両翼の遠藤と俊輔もだらけていた。
とくに遠藤の弾際のやる気の無さといったら…見ていて怒りがこみ上げてきました。
まあ緒戦練習試合といえばそれまでなんだけど。

この布陣をチョイスしたオシムの意図は一体何なのか。
それが知りたい。その謎こそが前半の全て。
まさかこの布陣でアジアカップを戦うわけ・・・ないよね。


後半羽生と今野が入って格段に良化する。
羽生のスペースを作る動きや、ゴール前で勝負を仕掛ける姿勢などが攻撃にダイナミズムを生み出していたように思えた。
やはり羽生はオシムのチームでは鍵となるプレイヤーだと再確認。
また、遠藤と俊輔の技術をどう活かすのか、彼らのウイークポイントにどの程度目を瞑るのか、本番でのオシムの采配が気になるところだ。

あ、稲本はたぶん選ばれないね。
使い道がないもん、今のままでは。

GK、DFは高次元で安定していた。
FWも高原を軸にして問題ない。
やはりこのチームは中盤の構成が鍵になると確信した平日の夜でした。


後半40分、スコアレスドローを確信。
電車で座りたいために帰る。
駅まで走りましたw
そして明日も仕事だと思って軽く欝にw

久しぶりの代表観戦だったが、やはりなにか物足りない。
いや、チケットの価格が高すぎて、不満なだけかw
今週の土曜は柏でアウエー戦があるが、どうやらチケットが完売のようでorz
ですので、たまには味スタに緑でも見に行ってこようかな。
値段も1969円だし。
慎もでるかもしれないし。
味スタ結構好きだし。

それ以上に代表の試合見たら無性にJが見たくなったし。





コメント (3)   トラックバック (1)
この記事をはてなブックマークに追加

仕事帰りにちょっとフットボール

2007年06月04日 20時39分58秒 | フットボール
ついについに明日の試合のチケットを買ってしまった。

カテゴリ
¥4500!!



・・・はい、買う直前になってお金が惜しくなりましたが、何か?


果たしてどのくらい楽しませてくれるのか。
元を取れるくらい楽しめるのか。
仕事帰りに越谷スタジアムに参戦です。
コメント (3)
この記事をはてなブックマークに追加

JFAの陰謀に屈するのか

2007年06月03日 23時53分59秒 | フットボール
いや、俺のことですけど、何かw


チケット高いし平日開催だし、見に行きにくいことは間違いない。
でもファルカオ見たい、コルドヴァ見たい、ペレア見たい、ジェペス見たい!
そしてオシムのフットボールも一回くらいは生で垣間見たいのですよ。

カテゴリ2で6000ですか、ああいいですよ、行ってやるさ。
仕事を頑張っている自分へのご褒美として、参戦します。


でもなんか電通とJFAに屈して負けた気になるのは何故なのでしょうww
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

麒麟です

2007年05月31日 19時32分05秒 | フットボール
今週はキリンカップがあるらしく、Jがないらしい。まったくいい迷惑だ。
今年はモンテネグロとコロンビアが来日するらしい。
で、問題はどういったメンバーが来るかだ。
モンテネグロはどうでもいい。
コロンビア代表が気になっていた。

そして今日、コロンビア代表が発表された。
大したメンバーこないだろうとか思ってたら、結構まともでやんの。
それにファルカオがいるじゃん。
こいつは見たいなー

久しぶりに代表の試合でも見に行きたくなったのでチケットの値段を調べてみた。


カテゴリー1(指定席) 8,000円
カテゴリー1 プレミアムシート(指定席) 15,000円(※下記参照)
カテゴリー2(指定席) 6,000円
カテゴリー3(指定席) 4,500円
カテゴリー4(自由席) 一般 / 3,000円



たけぇよw




バックスタンドで6000円ってw
サッカー少年が気軽に見に行けるお値段ではありませんなw
当然いまどきのガキよりも貧乏な俺は見に行けないしorz

かといってゴール裏には行きたくないしw
やはりTV観戦かな
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

まだだ、まだ終わらんよ@vs川崎戦

2007年05月28日 19時18分39秒 | フットボール
試合見てないから内容について語る気は無い。
(大学の友人と遊ぶ約束してたから)
ただ走り出した大宮が止まらなかったことを素直に喜びたい。



ていうか止まったら堕ちるしw


アウエー柏戦は・・・めっさ行きたいけど予定がどうなるか未定。
コメント (5)
この記事をはてなブックマークに追加

たまにはアウェー観戦…

2007年05月26日 14時31分41秒 | どーでもいい話
川崎駅から南武線に乗り換えて、武蔵中原で下車。そして徒歩20分。逝きましたよ、行ってきますたお、等々力!
そして気付きましたよ!

試合は明日だってことを



OTZ

コメント (3)
この記事をはてなブックマークに追加

走り出した、あとは加速できるか@vsフリエ戦

2007年05月20日 00時51分57秒 | フットボール
よく勝ってくれた。グッドゲームだった。
ここで負けたら降格が明確に視野に入るゲームだっただけに、この勝ちはとてつもなく大きい。
しかしながら、客観的に見ると最下位のチームがブービーに勝っただけ。
降格圏内にいることは何も変わらない。

でも、この勝ちにより大宮が走り出したことは事実。
あとは加速して転ばずにゴールできるか。
そしてこの勝ちによりロベルト解任とか言っている場合では無くなった。
もはや今いる選手に期待するだけだ。

と、いうことで次節も良い結果を期待する。
(あの天気のせいで風邪が…orz)



p.s.
その後にBSで甲府vs清水の試合を見た。
0-0のドローゲームだったが、見所が多い素晴らしいゲームだった。
甲府の試合は何故だか知らないが、魂を揺さぶられる。
大事なところで簡単なパスミスをしたり、フィニッシュが全く枠に行かなかったりと個人スキルは低いが、何故だか甲府のサッカーには感動する。
一方、正直に言って今の大宮のサッカーには魂を揺さぶられない。(サッカーの内容のこと、ね)
今は魂とかそんなことよりも勝ち点が必要なのかもしれないが、やはりプロサッカーは「愉しいもの」でなくてはいけない、と改めて実感した試合でした。
コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加