がじゅまるの樹の下で。

*琉球歴女による、琉球の歴史文化を楽しむブログ*

当サイトの掲載写真・イラスト等の無断転載/無断使用を禁じます

めんそ~れ♪

3000年01月01日 | ・徒然日記

  

  

  


この記事をはてなブックマークに追加

【描いてみた】琉球史人物、を、28【キラ男子】

2016年11月30日 | ・琉球史散策/第一尚氏

 11月27日(日)にスタートした
澪之助との共同企画、
「琉球史人物キラキラ化企画」第2弾!

 

第2弾 1人目のお題は

満を持しての登場!

大城賢雄(鬼大城)
でした!

 

 

 

イメージ台詞
『…そんなこと、俺の知ったことか…!(吐き捨て)』

 

はい。

もうね。

「琉球史の人物で誰が1番好き?」

って聞かれたら、

阿麻和利ではなく、

「大城賢雄」

って答えますよ(笑)

 

 今回は乙女ゲームというよりは
アクションゲームキャラのようになってしまいました


今回のキラキラ賢雄のイメージは、
パンクロックな人。

羽織は皮+鋲です。

乗り物はバイク(嘘)。

全身黒尽くめのクールガイ。

鬼大城の異称にちなんで、
鬼瓦を装着させてみました。

胸当てには夏氏の家紋

見えにくいですが、
密かに神人アイテムも持っています。

やっぱり
「魔法も使える戦士(BY琉球戦国列伝コラム)」
としてはコレは外せませんよね。

 

テーマソングはポルノグラフィティの
『今宵、月が見えずとも』
(月下に語るイメソン募集の時に提案されて妙に納得した一曲)


↓ツイッターにはあげなかった別イラスト。
こっちならまだ乙ゲー風に見えるかな?

 

さて、そんな大城賢雄ですが、
最初の頃は髭の濃い、男くさい感じの賢雄が好みでした。

今でもそういう武骨な賢雄も好きですが、
ある舞台で美形賢雄の骨髄を見てしまい、
今回はその時のイメージがベースになっています。

美形なのに、めっちゃクールで強くて、そして非道♡(笑)

…あれ、もしかしてワタシ、Sキャラ好き?(^▽^;)

(※ワタシがMというわけではない。
むしろ澪之助とかからはずっとSと言われてました)

 

 

にほんブログ村 歴史ブログ 琉球・沖縄史へ  


この記事をはてなブックマークに追加

中国から見た古琉球の世界

2016年11月29日 | ・和心な本、琉球な本

 

『中国から見た古琉球の世界』
(孫薇 著/琉球新報社)

 

読了しました!

見方を変えると違った事実も見えてくる。
外国(中国)から琉球はどう映っていたんだろう?


琉球を語る上で中琉関係は避けて通れない事項なので
これまでもいろんな本で読んではきましたが、
実際の中国の人が書いた本、ということで興味がわき購入。

難しいかな…?と思いましたが、
思っていたよりも読みやすかったです。

 

個人的に興味深かったのは、
いろんな使者たちの固有名詞がたくさん出てくること。

名前があるだけで、その人個人の存在がよりリアルに感じられますよね。

 

それから三山時代の王たち。
汪応祖、察度、武寧、他魯毎、攀安知などなど、
朝貢という記録を通して、
この人たちの新たな一面を垣間見ることができました。

特に武寧は良かった。
今ならまた違った武寧が描けるかも。

それだけでもこの本を読んでよかったな、と。

 

もちろん、これも中国側から見た琉球の一面。

これが琉球の全てではありませんが、
新たな発見や新鮮さが味わえるかもしれません。

 

 

にほんブログ村 歴史ブログ 琉球・沖縄史へ  


この記事をはてなブックマークに追加

琉球/沖縄、一問一答 【第71問】

2016年11月27日 | ・琉球/沖縄、一問一答

【第71 問】

 

1978年、
沖縄の交通手段が本土並みに
変更された日を何と呼ぶ?

 


 

(答えはランキングバナーの下)

 

 

 

琉球/沖縄、一問一答シリーズについて

 

 

 

 

にほんブログ村 歴史ブログ 琉球・沖縄史へ  

 

 

 

 

【答え】

 


730(ナナサンマル)


この記事をはてなブックマークに追加

月下に語る、リンク貼り直しました

2016年11月24日 |   …… 「月下に語る」

 

 

トップの「めんそ~れ♪」にも
アイコンを常設してる
ラジオ小説「月下に語る」のまとめページ。

各話のUSTREAMのリンクページが
全て切れてしまっていて久しいのですが
このたび隠れコンテンツ状態になっていた
YouTube移行版を発掘しまして(笑)
全てリンクを貼り直しました!

 

もう5年以上もたつのかぁ…。

演者(声優)さんたちの声が懐かしい。

皆元気かな…(´-`)

 

+

 

琉球短編小説『月下に語る』


―――1458年 勝連落城。
その時、勝連城主・阿麻和利は、
そして王軍総大将・大城賢雄は…。

読谷村にある、阿麻和利のお墓といわれる
謎の史跡をモチーフにした物語。

 

 

+

 

良かったら聞いて(読んで)みてください。

原作小説はこちら→ 



にほんブログ村 歴史ブログ 琉球・沖縄史へ  


この記事をはてなブックマークに追加

【予告】琉球史人物キラキラ化企画第二弾!!

2016年11月21日 | ・琉球史散策/第一尚氏

 

さて、
MYツイッターではドラマ尚巴志一色になりかけていますが、

尚巴志ばかりではなく、こちらもやりますよ!

 

澪之助とのコラボ企画、
琉球史人物キラキラ化企画
第二弾!

 

今週日曜日から4週連続で行います。

今回は公開時間をちょっと早めて、
19:00UPにしたいと思います。

 

+

 

琉球史人物キラキラ化企画とは!?

 

琉球史の人物を、乙女ゲームに出てくるような
とにかくキラキラしたイケメン男子化させること。

時代考証無視!

年齢設定自由!

人物設定自由!

ビジュアルも完全オリジナルに再構築!

なにより、ワタシと澪之助が、
同一人物を同日同時刻にUPすることで
二人のイメージのギャップ(もしくは共通点)を
楽しんでみようという
ツイッター上での企画です。

詳しくはこちら→ 

 

また楽しんでいただけると嬉しいです♪

 

 

第二弾の一人目のお題は…

 

 

大城賢雄(鬼大城)

 

満を持しての登場です!!!(*´艸`*)

 

 

にほんブログ村 歴史ブログ 琉球・沖縄史へ  


この記事をはてなブックマークに追加

歴史ドラマ「尚巴志」特別ロケレポ

2016年11月20日 | ・琉球史散策/第一尚氏

 

来年の春に公開予定の琉球放送歴史ドラマ『尚巴志』

以前、クランクインした時にも記事にしましたが
その時に募集していた合戦シーンのエキストラさんが大集合した
特別ロケが糸数グスクで行われました!

そこで!ワタクシ琉球歴女・和々、
プロデューサーさんからお声掛けいただき、
琉球歴女・宣伝部員として特別に見学させてもらいました!

撮影の様子、演者さん、
それからプロデューサーさんから聞いたこと、見せてもらったこと、
関連歴史話などを、主にツイッターの方でレポしていく予定です。
(ある程度まとまったらブログの方でもまとめますが)

 

ツイッター/和々(わわ)
https://twitter.com/wawa_ryuq


どうぞお楽しみに♪

 

↑写真は、番組宣伝用の一コマ。
(ツイッターで掲載したものと、ちょっとだけ違います(笑))

 

+

 

なお、掲載している(していく)写真・動画などは
プロデューサーさんから掲載許可は得ています。

ツイッターやブログで掲載した写真を保存しての無断転載はせず、
リツイート(RT)やリンクでお願いします。

 

 

にほんブログ村 歴史ブログ 琉球・沖縄史へ  


この記事をはてなブックマークに追加

護佐丸と3人の冒険/中城城跡プロジェクションマッピング

2016年11月18日 | ・琉球/沖縄、徒然日記


↑クリックで公式サイトにジャンプします

 

毎年恒例になった、

中城城址でのプロジェクションマッピング。

明日11/19(土)、明後日11/20(日)開催!

今年は新作らしいです!

 

(初開催だった3年前のレポ→  

 

今年はまったくもって寒さの心配はなさそうですね

あ~、暑い暑い
いつになったら長袖着れるようになるのやら…。

 

 

にほんブログ村 歴史ブログ 琉球・沖縄史へ  


この記事をはてなブックマークに追加

尚巴志のフェイク石垣

2016年11月16日 | ・琉球史散策/第一尚氏

 

思紹・尚巴志親子の佐敷グスク

…の秘密。

 

もうすでに記事にしてると思ったのに
どうやらまだ書いてなかったみたいなので、
改めて。

 

佐敷グスクは
中城グスクや勝連グスクのような石垣(石の城壁)がない
土のグスクなのですが、

実は、
フェイク石垣
を作っていたようです。

 

 

佐敷グスクの斜面。

この土の斜面に石を貼り付けていき、
まるで石を積んだ城壁のように見せていたとこのこと。

土砂崩れ防止の意味合いもあったようですが、
佐敷グスクを立派に見せたいという
思紹・尚巴志親子の見栄もあったのかも?(笑)

 

やっぱり、

 

「(色々)小さいからってバカにしてんじゃねーぞ」

 

ってゆー尚巴志が目に浮かぶ(笑)

 

 

佐敷グスクにあった石の塊。

力比べの石…だったりして(笑)

 

過去記事/チビで力持ちの尚巴志→  

 

 

にほんブログ村 歴史ブログ 琉球・沖縄史へ  


この記事をはてなブックマークに追加

琉球/沖縄、一問一答 【第70問】

2016年11月15日 | ・琉球/沖縄、一問一答

【第70 問】

 

母が太陽が体内に入る夢を見て
懐妊したとされる人物は?

てだこ とも称される。

 


 

(答えはランキングバナーの下)

 

 

 

琉球/沖縄、一問一答シリーズについて

 

 

 

 

にほんブログ村 歴史ブログ 琉球・沖縄史へ  

 

 

 

 

【答え】

 


英祖(えいそ)



*英祖関史跡* 

浦添ようどれ  伊祖グスク


この記事をはてなブックマークに追加