ビスケットのあれこれ

ビジュアル言語ビスケット(Viscuit)に関するあれこれを書いてゆきます.

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

デジタル化で教育は変わるべきか

2010-10-05 07:06:24 | 1
変わるべきではない理由.

個々の人間の本質的な性質は何千年も前からほとんど変わっていない.日本人の食生活が変化したので,子どもの体格は変わってきたらしいが,その程度.脳に関しては何にも変わっていない.ギリシャ時代のお話や落語とか,現代でも通じる.少なくとも,生まれたての子どもへの接し方は何にも変わらない.暖かく抱きしめてあげるという,人間の遺伝子に組み込まれたやりかたをやればいい.

科学技術の進歩は,基本的なものを変化させるというよりは,むしろ基本から外れざるを得ないケースでもうまく行くために使われているし,そうすべき.昔だとあきらめていたような子どももあきらめずにすむ.死産が減ったとか,障害がある子どもの教育とか.そういうのは変わる.

変わるべき理由.

こっちは言うまでもなく,社会が変わるから,それに対応すべき,という話.確実なのは,専門学校の教育.社会のニーズに常に対応しなければならない.大学は議論の分かれるところ.大学が出口であると考えるなら,やはり社会の変化に追従すべきだけど,専門的な学問の入り口であると考えるなら,学問の大きな流れなんてそんなに激しくは変化するわけないんだから(量子力学や相対性理論が見つかったとしても,ニュートン力学が否定されたわけではないのだから),入り口としては変わらない.でも,学問は発展しているので,それにどうやって対応しているかというと,4年では終わらなくって,修士課程とか博士課程とか,勉強する期間が長くするのが一番まっとうな方法.間違っているのは,4年間というのに無理やり詰め込んで,学問の入り方をはしょってしまうこと.

たとえば,僕の経験から言うと,僕がコンピュータを触ってた頃はオブジェクト指向は無かった.自分の勉強が進むのと同時くらいに日本にも入ってきてブームになった.だから勉強と,学会発表がまったく同時だった.学会もちゃんと機能してて,学生でも教授と対等に議論できた.でも,今はそうじゃないから,それこそオブジェクト指向が教科書で教えるようになってきて.そこで何が違うかというと,オブジェクト指向にも普遍的な部分とそうじゃない部分があるのに,それが知識として固定化されると,そうじゃない部分を変化させる力が出てこないということ.それから勉強してても面白くないよね.

でも,学問として間違った発展をしたこともあるから,そういうのは(本当はそういう間違えもちゃんと体で覚えた方がいいから丁寧に教えたいけど)軽くやれるとして,20年かけて発展したことを20年かけなきゃ教えられないと言うわけではないだろうけど.でも6年くらいはかかるかも.理想は歴史のとおりに,成功も失敗も丁寧に教える.

なので,大学の教育でさえも,無条件で変わるべきだとは言えないということ.でもまあ,大学は変わるんでしょう.

22歳でここまでというのが時代とともに変化して,生まれたての子どもは変わらない.となると,全体的にストレスを最小にするには,ちょっとずつ前倒しすることになるのだと思う.これは無理な話ではなく,立命館小学校で聞いたところ,小中高で一貫でやると高校最後は1年分くらい余るのだそうだ.この年齢での1年の余裕は非常に大きいと思う.

現実的には大学入試が変わらないから,高校までは変えようがなくって,大学の4年間であわてて詰め込む.そうしちゃうと学問は面白くなくなるし,世の中を変化させる力にならない.なぜ勉強するかとかそういったことを自分で理解できないまま大学をすごして,世に出てしまって,後悔する.

立命館小学校の作戦は,大学の4年間を最大限活用できるすばらしいものだと思う.余った1年で何を勉強すべきか自分の頭を整理できる.一貫校じゃない高校生でも少しは工夫できる.ちょっとでもいい大学に入りたいということで,受験科目だけを集中して勉強したいだろうけれど,その先の大学4年間を無駄にしないための,無駄な時間も大切にしよう.

同じ事が小学生にも言えて,たとえば,今の小学生は塾ばかりで遊ぶ暇がない,と言われているけど,学校と塾とで同じことを勉強しているのは無駄で,強いて塾に行く必要があるとしたら学校ではやらないこと,世の中にどういう風に関わってゆくのかを小学生なりに考えるきっかけになるようなことをやるべき.そうするとその先の教科の勉強が急に生き生きとしてくる.学校で習う前に,その必要性を感じられるのが理想的.本当はそれも学校の先生がやるべきだと思うけど,この部分は能力差が激しいので,先生全員は無理.だからお金を出して別にやる意味がある.そこは競争にさらされる.(ビスケットのワークショップに参加した小2の親から,「うちの子が初めて将来なりたい職業を言ったんですよ」といううれしい感想をもらった.ワークショップの効果の一つだと思う)


デジタル教科書議論

大学はすぐにでも変えるべき.あたりまえ.大学生に一人1台のPCを義務付けていないなんて,いまどきの大学としては恥ずかしい.こんな大学は行くだけ無駄.

次に,受験を変えるべき.受験が変わらないと,そこから下が全部かわらない.大学は学問の入門だとするなら,コンピュータ操作は必須なんだから,それを入試に入れるのは当然.英語と同じくらい重要.

僕はコンピュータの操作法を教えるだけじゃなくて,基本原理についてもちゃんと教えるべきだと思う.それがプログラミング教育を必須にすべきという理由だけど.基本原理を知ってから操作法を覚えた方が覚えやすいしやる気が出る.この話はまた別に書く.

受験が変わったら,高校も必然的に変わる.僕は高校生くらいからPCは必須だと思っているけど.PCには誘惑も多いので,理想的な使い方を学校で教えた方がいい.高校生のいる家庭ではブロードバンドも必須.これを入学の条件にしてもいい.高校授業無償化の流れで,高校生のいる全家庭にネットとPCを国が用意する.

中学は一人1台というのは早過ぎると思う.子どもから大人に変化する大事な時期だから,高校生になってPCでひとり立ちできるようにするために,その準備を中学でやる.家族で共有くらいのPC.一人部屋がもらえるけど,鍵はかけられないぐらい.万一のときは親が介入できるけど,普段は子どもを尊重する.子どものメール
はみないけど,見ようと思えば見れる.この距離感が大事.こういう距離感を調整できないツールは不完全で危険なので中学生には触らせない.

小学生は,家族でテレビを見るような感じで,家族でPCを触る.メールを一緒に打ったりとか.

こういうのは,子どもの成長や家庭の環境で変わるので,親が責任をもって調整する.

デジタル教科書で,一方通行の授業ではなくて,体験型の双方向の授業に変わるというけど,これはデジタル機器がもっともやりにくいこと.机を向かい合わせに配置して,模造紙でグループ学習をする方がずっといい.マルチメディアというけれど,プロジェクターや教室にあるTVで十分.個人の画面で見る必要があるのは,目の悪い子とか,学習障害で気が散りやすいとか.

小学生には,百科事典の分厚さを体感して欲しい.デジタル化すると検索に便利だけど,知識の量に対する直感が身につかない.量の直感が身についた後で,デジタル検索に触れさせる.

僕は小学校にデジタル教科書導入は議論が必要だと思う.確実に必要な大学高校あたりはすぐにやる.
ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ビスケットワークショップの... | トップ | コンピュータ入門 »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
デジタル化はまず大学高校から (立川幸男)
2011-02-05 23:23:12
 私は、予備校で浪人生を相手に長年教えてきました。それで印象に残るのは、世間、あるいは浪人を始めたばかりの本人と、彼らが大人になったときの浪人経験に対する思いのギャップ。よくあるのは、浪人しないに越したことはないが、希望の大学に入るために仕方なく浪人するのだ、という認識。確かに、もし浪人時代に高校と同じ事を同じように勉強するだけとしたら、そんなものでしょう。でも、浪人になって始めて高校で学んだことの意味を知った浪人生は、ずっと大人になってからこう言っています。「あの浪人時代があったから今の自分があるのです。」と。なんか、そういう話を思い出しました。
私は数学を教えているのですが、例えば多くの受験生は微分の計算は少しは出来ます。でも、その意味を知っている、あるいは少なくとも意味を汲み取ろうとしている受験生は少ないです。教える方にも問題はあると思います。彼らが社会に出て微分の計算が役に立つ人は僅かだし、また意味も判らずに役立つことはあまりないだろうと思います。それに対して、自分なりに意味を感じ取れる能力が身についていれば、様々な計算に対しても、例えそれがその人にとって新しいものであっても、立ち向かっていけるのではないでしょうか?
コンピュータの教育も、直ぐにでも会社で使うことが目的ならその時の主流のパソコンでの操作法が必要かもしれませんが、もっと長い目でみた場合、つまりパソコンの操作法も変化している時代でも役立つ学習をさせるとしたら、やはり普遍的なことをきっちりと教えるべきです。それも、教える側の自己満足ではなく、生徒の意識に残るやり方で。つまり、専門用語よりはまずは体験重視で。大学生、高校生で学ぶ内容なら、パソコンで体験できることが多いです。
 すみません。なんか、自分のブログのように思いを書いてしまいました。「デジタル化で教育は変わるべきか」を読んで心に浮かんだことです。「小学校にデジタル教科書導入は議論が必要だと思う.確実に必要な大学高校あたりはすぐにやる」、大賛成です!
Unknown (原田)
2011-02-06 03:03:15
立川さん,コメントありがとうございました.浪人は大変苦しいと思いますが,そうやってプラスにしてゆく力はすごいですね.いい話です.

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL