お楽しみぶろぐ

お楽しみの趣味のぶろぐ(≧∇≦)

鳥啼歌

2007-12-09 | 趣味


鳥啼歌(とりなくうた):

とりなくこゑす ゆめさませ
みよあけわたる ひんかしを
そらいろはえて おきつへに
ほふねむれゐぬ もやのうち

鳥啼く声す 夢覚ませ
見よ明け渡る 東を
空色栄えて 沖つ辺に
帆船群れ居ぬ 靄の中

明治時代に作られた歌。
帆船が黒船だとすると、
もやの中に新しい時代が見えるような。

現在は使用されていない「ゑ」とか「ゐ」を抜いて、
ちょっと試してみたけど、これが難しい。

参照:いろは歌-Wikipedia

天地の歌というのも平安時代に作られている。

※天地の詞(ことば):

あめ つち ほし そら
やま かは みね たに
くも きり むろ こけ
ひと いぬ うへ すゑ
ゆわ さる おふ せよ
えのえを なれ ゐて

天 地 星 空
山 川 峰 谷
雲 霧 室 苔
人 犬 上 末
硫黄 猿 生ふ 為よ
榎の 枝を 馴れ 居て

参照:天地の歌-Wikipedia

大為爾の歌(たゐにのうた):

たゐにいて なつむわれをそ
きみめすと あさりおひゆく
やましろの うちゑへるこら
もはほせよ えふねかけぬ

田居に出で 菜摘むわれをぞ
君召すと 求食り追ひゆく
山城の 打酔へる子ら
藻葉干せよ え舟繋けぬ

参照:大為爾の歌(たゐにのうた)-Wikipedia

関連:
パングラム-Wikipedia
ジャンル:
ウェブログ
キーワード
大為爾の歌 パングラム
コメント (4) |  トラックバック (0) |  この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加 mixiチェック
« 白玉粉で団子作り | トップ | あめゆき歌 »

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
いろは順 (ほの)
2007-12-10 22:32:53
小学生の頃の正月のカルタは、祖母が読み札を読んで、僕と父親とが源平で差し向かうのが定番。
僕はあいうえお順に並べるのに、父はいろは順に並べるので、自分で本当に取りやすいかはともかく、息子を撹乱する効果はあったと思います。

そんな思い出もあって、文庫本用の本棚は、作者名のいろは順で並べています。
ウォルフレンとか岡崎なんかは「を」、井伏だの猪瀬だのは「ゐ」、ヴェーバーや遠藤は「ゑ」に入れています。
まだ「りぬるね」が埋まっていない。
雅! (uoco)
2007-12-10 22:51:49
★ほのちゃん
ご当地カルタっていうのがあったのを思い出した。
なんでもお隣群馬県では、県民全員が「上州かるた」をそらんじることが出来るとか。
我が家では「小倉百人一首」があったけど、
上の句下の句で取るのは無理だったので、絵合わせみたいなことをした記憶が。

ほのちゃんパパはなかなかやるなぁ。
本棚を「いろは」順に並べると、
私なら探す時にいろはにほへと…って言い直しながら探しちゃうかも。
「りぬるね」を埋める為だけに、作者検索して購入しちゃうってのはどう?(≧∇≦)
うちのカルタは (ほの)
2007-12-20 11:34:54
いつの代からあるのかわからない、全体がセピア色になったようなもので、おまけに、85組しか揃っていないので、未だに全く聞いたことのない歌が15首あります。
読み札に絵柄がないので坊主めくりというものを知らなかった。
かるた (uoco)
2007-12-20 19:32:21
★ほのちゃん
セピアに変色するってのはかなり年代モノなんでしょうねぇ。
絵柄が現代のものと違っていたりして貴重品かも。
坊主めくりは昔やった記憶がかすかにあるんだけど、
ババ抜きみたいにあわせて行くんだったかなぁ?

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。