<<梅>>備忘録 ~Random Walk~

★ ドライブ、旅行 ★ 水彩画 ★ アマチュア無線 ★ 電子工作 ★
ランダムウォーク de JA1OHP/AC2BF

阿蘇でも謎の植木を発見!

2006-12-28 | ■国内旅行

以前、横浜でも見つけた「謎の植木」を阿蘇でも発見した。


植木で作った、動物、鳥、建物(五重塔があった)などが阿蘇の山のなかで見つけた。

道路沿いにあるのでこの付近の人はよく知っているんだろうが、道路を走っていて急に見かけるのでびっくりします。



それも量が生半可じゃなないのがすごい。
手前側に、(多分)100体以上あるのに加えて、ちょっと谷間をはさんで向こう側にも延々と100体以上並んでいます。

鳥が多いが、亀に乗った浦島太郎(?)や五重塔など建物をかたどったものもあります。

先ほど調べてみたらトピアリー(Topiary)と言ってホームページに詳細にかかれていました.
http://www.jta.gr.jp/menu/menu.shtml <-日本トピアリー協会

こういったモンは、もしかしたら無意識のうちにどこかで見ているかもしれないが、以前、近所(?)でみたのが始めて。
これをするにはかなりの根気がひつようか?



場所ですが、


場所は、阿蘇から「大観峯」という山の上の展望地を通過し、湯布院へいく途中です。
そう何本も道があるわけではないのですぐわかるでしょう。

この後、湯布院へいって温泉に入ってきました。
湯布院ははじめてでしたが観光地としてはなかなか人気が高いそうで、その理由もわかる気がしました。


「謎の植木」or「パブリックアート」 <<--ウチの近所(横浜)で見つけた謎の植木


 <<--1日1回「投票」してくれるとうれしいんだけど

ジャンル:
ウェブログ
コメント (9)   トラックバック (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 熊本城は400才 | トップ | 熊本港と島原港のカモメ見物 »
最近の画像もっと見る

9 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (Unknown)
2006-12-28 22:27:33
緑色の動物の楽園のようですね
Unknown (Yukinko)
2006-12-28 22:47:08
恐竜の世界に迷い込んだ気分です。
これだけ沢山のトピアリー
ちょっと不気味な感じがしますね
Unknown (<<梅>>)
2006-12-28 23:39:17
車から降りて見物をしていたら反対側から来た家族連れも来るかを止めて歓声を挙げてました。
夜にみたら不気味で近寄れないかも。
昼間は壮観ですよ。
一寸 (非行おじさん)
2006-12-29 06:16:04
暗くなってからはお目に掛かりたくないですね。
夜中になるとみんな動き出して・・・
・・・不気味・・・・
Unknown (JK1NLO/保土ヶ谷区)
2006-12-29 10:20:58
色んな楽しみ方があるものですね、1~2個程度のモノは見た事はありますが、こんなに盛大にあるのは見た記憶はないですね。

何となく髪型にアレコレ凝る若者と似たイメージがしないでもないなぁ…。
Unknown (<<梅>>)
2006-12-29 11:31:28
凝るのはわかるが手間が大変だろうね。
ここで商売しているようには見えなかったしなあ。
そばに閉店した売店はあったけど。
そうそう、囲いに鹿がいたので誰かが世話に来ている様です。
お祭りのよう (あい)
2006-12-29 17:22:08
常緑樹で作っているんでしょうか、だとすれば、いつ行ってもみられますねえ
なにしろ、お祭りのように賑やかですね。
Unknown (りん)
2008-08-29 20:46:37
ここの管理をされている方が、関西の深夜番組「探偵ナイトスクープ」に出ておられました。年配の男性が作られています。この方の自宅の庭にもたくさんのトピアリーでいっぱいでした。内容があまり思い出せないのですが、この動物のトピアリーに乗ったりして、かなりしっかりした作りのようです。その年配の男性の話では、ここにあるものをホテルなどに貸しているらしく、戻ってきた時には枯れそうになって帰ってきたものも映っていました
to:りんさん (<<梅>>)
2008-08-29 23:15:52
そうですか、関東ではその番組はやってないですよね。
しかし、規模、質ともすばらしいトピアリーです。
うちの近所にも小規模のトピアリーを作ってる人がいましたが、今はやめてしまいました。
維持が大変なんでしょうね。

コメントを投稿

■国内旅行」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事

2 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
阿蘇山について (ミネラルウォーター宅配の阿蘇の寝観音水ブログ)
九州熊本県阿蘇の雄大な五岳別名『涅槃像』です。涅槃像(ネハンゾウ)とは釈迦如来の寝姿をあらわす呼び名です。左から『頭』『胸』『腹』『足』と雄大な山々がその寝姿を あらわしております。今から八万年前、カルデラ湖の中央部で中岳が噴火して、現在の高岳か ...
黒川から阿蘇へ (★☆としこちゃんの還暦祝い☆★)
黒川温泉の露天風呂が余りに寒かったのと、宿泊した旅館で温泉は満喫したって事で、お昼には黒川を後にしました。 で、ノープランのまま『パンくんに会いに行こう!』と【阿蘇カドリー・ドミニオン】へ ← ついでに宣伝? パンくんとジェームズ DVD 【パンくんとジ...