NPOつくばアーバンガーデニング(TUG)のブログ
100本のクリスマスツリーなど、花や緑でまちを楽しく(T)美しく(U)元気に(G)する活動をしています。
 






<TUGのこれまでのあゆみ>

1991年「女性庭師講座」はじまる
1993年「花と緑のまちづくりを女性庭師たちの手で委員会」設立
1998年「つくばアーバンガーデニング実行委員会」設立
1999年 全国花のまちづくりコンクール最優秀「建設大臣賞」受賞
2000年 緑のデザイン賞(現「緑の環境デザイン賞」)「緑化大賞」受賞により
      松見公園にユニバーサルデザインの園芸療法ガーデン「いやしの庭」施工。
      以後、花と緑の管理を園芸セラピー勉強会とコミュニティガーデン花仲間を中心に実施
2003年「NPOつくばアーバンガーデニング」誕生
2004年 プリンス・エドワード島で開催された国際花のまちづくりコンクールに参加し、三つ花(最高レベル)の評価を受ける
2005年 TX開業イベント「つくばスタイルフェスタ」で、研究学園液前にウエルカムガーデニング、キッチンガーデンを担当
2008年3月 つくば市制20周年記念事業に応募し、「花とアートでまちを美しくする会」と共にTXA5出入口周辺にて、「花とアートで美しく賑わいのあるつくばの玄関を演出する事業」を実施。
        現在も、アートプランターにはNPO法人自然生クラブのアーティストの協力を得、花と緑のプランター管理は就労支援活動として継続中
2008年10月 筑波メディカルセンター病院、筑波大学渡研究室が「緑のデザイン賞」に応募して受賞。メディカルセンター前遊歩道に「紡ぎの庭」を建設。
         TUGは応募と建設に際し協力。継続した管理作業を実施
2009年 「公園ガーデナー養成講座」開催。以後講座終了受講生による松見公園「歩みの小径」の継続管理作業を実施
2012年 5月松見公園にて日本さくらそう見楽会を実施
2012年 長年にわたる花のまちづくりへの貢献が認められ、日本花の会創立50周年記念「桜と花のまちづくり賞」を受賞
2012年 100本のクリスマスツリー終了
2013年 12月みんなでクリスマス「誰かと思いを伝えあおう」実施
2014年「緑の環境デザイン賞」第25回記念特別企画「継続優良賞」を松見公園「いやしの庭」が受賞
2015年 松見公園「いやしの庭」「歩みの小径」「アリスの窓」、筑波メディカルセンター前「紡ぎの庭」、TXA5出入口周辺「駅前ガーデン」のTUG花壇における植栽計画、植え込み、管理作業を継続実施。
  
約25年のあゆみを振り返ってみました。
2015年の春から現在までの活動



<環境整備の活動>

・みんなで花をうえよう
土つくり  紡ぎの庭ボランティア大活躍 




つくば駅前(TXA5出入り口周辺)


ボランティア力作のガーデンテーブルで休憩タイム
アートプランターとともに花とアートの景観です。

紡ぎの庭(つくばメディカルセンター前 遊歩道)





「紡ぎの庭」ではチーフガーデナーと理事長の花談義姿、
稲葉元事務局長の花植え姿、職員の家族連れの姿がありました。
皆さん、日頃緊張感漂う職場から開放された和やかな花植え姿に道行く人も笑顔でした。

いやしの庭 (松見公園)



歩みの小径 (松見公園)







・花壇の手入れ&見ごろ

つくば駅前


「花王ハートポケット倶楽部」の助成でできた潅水車です。
完成後もより快適に作業ができるよう改良を重ねています。
(かなりの遠方からタンクに給水してここまで運んでいます。駅前に給水栓が欲しいですね。)


紡ぎの庭








林一美氏撮影


いやしの庭




歩みの小径




堆肥つくり



松見公園



花苗のプレゼントをありがとう
きれいになりました!
2014年7月


2015年7月







<交流活動・春>

・日本さくらそう展示を訪ねて
水海道の市役所近くの神社境内には立派な飾り棚が作られ、
見事な桜草が展示されていました。
来年は時間をゆっくりとって是非お尋ねください!

水海道


日本さくらそう見楽会2015


松見公園



筑波大学さくらそう里親の会有志、及び愛好家の方々より今年は195点の展示がありました。


・ラベンダースティックをつくろう2015
雨上がりのラベンダー刈り込みのためスティックづくりの前日、部屋干しをしました。





出来上がったスティックを病院にプレゼントしました。



・松見公園お散歩犬の横顔
火曜日の手入れの日に出会うお散歩犬
わたしたちもまた会えて嬉しいです!










100本のクリスマスツリーで、東北の被災地の人々とツリーを作ってくれ、つくばの人々を繋いでくれました。
筑波大卒業生の吉井玲香さんです。
海外から帰国しました、お元気でしたよ!



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )







筑波メディカルセンター病院前「紡ぎの庭」で今年も行いました。
昨年の様子はこちらや、こちらからどうぞ。





・11月28日
紡ぎの庭パーゴラにイルミネーション取り付け作業開始
今年も「シオン学苑」「ワコー電気商会」の応援を得て、準備が始まりました。
昨年のクリスマス終了後に多くのイルミネーションが使えなくなってしまいましたが、社協の助成金で補うことができ開催にこぎつけました。





・12月9日(火)
樅ノ木の堀り上げとプランターの準備。
今年はメディカルセンターの計らいで正面入口内側の暖かい場所にモミの木ツリーを設置させていただくことが出来ました。
プランターは100本のクリスマスツリーで活躍したアンドレアさんのクリスマスプランターがお目見えです。
「紡ぎの庭」のパーゴラにイルミネーション取りつけをしました。





・12月12日(金)
「紡ぎの庭」イルミネーション点灯、モミの木設置。





・12月14日(日)
メディカルセンター病院入口設置の樅ノ木に吊るすオーナメント描き開始。
クリスマスツリーを25日完成に向け、誰かに伝えたい思いをカードに書いたり、絵に描いたりしてオーナメントとして吊るします。














・12月26日(金)
モミの木片付け。
今年は約400枚のメッセージカードがオーナメントとしてモミの木に吊るされました。
はじめは決まった相手にメッセージとして発せられた言葉かもしれませんが「つながる輪」として再びこのオーナメントを見てもらえたら、思いが新な輝きを放ち見知らぬ誰かを勇気づけることができるかもしれない。
そんな思いで、メッセージカードを丁寧に束ねて仕舞うことになりました。
(後日、このTUGボランティアのおもいは、メディカル病院の壁に一部ですが飾られるということで受け止めてもらえました。
紡ぎの庭の花が見ごろを迎えることにきっと思いの輪はつながることでしょう)


・1月13日(火)
「紡ぎの庭」イルミネーション片付け。
シオン学苑の協力で開催できました。
シオンさんは、認定NPOを目指しています。
みなさんのこれからの活動を応援させていただきます。
来年はさらにしっかりと手を組み、共催で開催できますように・・・





コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )







活動一覧(クリックでページ内の報告にリンクします)

アジアの子どもたちと女性を応援するチャリティコンサート
理事長を囲んでTUGガーデナー交流会
「いやしの庭」出前講座
「ふかや緑の王国」訪問
「つくばボランティアフェスタ」
松見公園のお散歩犬
さくらそう
「いやしの庭」看板制作活動の現地視察日
駅前アート灌水車制作WS(その1)開催






アジアの子どもたちと女性を応援するチャリティコンサート

日時:10月24日(金)
場所:NOVAホール



アジアの子どもたちと女性を応援するチャリティコンサートを「NPOつくばアーバンガーデニング」と「ウィーンつくば市民交流の会」の共同開催で行いました。
演奏家の皆様のご協力を得て、チャリティコンサートとして多くの市民の皆様に楽しんでいただくことができました。
ご来場の皆様のご寄附は、「アジア友情の会」と「希望の学校」の活動にお役立ていただきました。
アジアの子どもたちの一人でも多くに笑顔が届けられますように!







「ベルリンフィルの名手とベルリンの新しい風」子どもたちの笑顔を広げるチャリティコンサート











理事長を囲んでTUGガーデナー交流会










「いやしの庭」出前講座

花と緑で市民グループやNPOとの交流を図っています。

・11月5日(水)
 下広岡「たのし家」にて
「ガーデンクラフト」県産材利用のプランター作り

・11月12日(水)
「たのし家」にて
「ハンギングバスケットで寄せ植えをつくろう」(ハボタン、ビオラ、その他)




・12月10日(水)
「ミニ寄せ植えをつくろう」  
NPO法人子連れスタイル推進協会主催のヤングママのリフレッシュ講座




・1月28日(水)
「たのし家」にて
「草木染を楽しむ会」に参加(出前講座から同好会に)
ビワの葉でシルクとウールの染めを試みました。
今後も同好会をつくり身近な草木で染めを楽しむ計画です。
興味のある方は「たのし家」クラブにお問い合わせくださいね。
次回は早春の予定です。








「ふかや緑の王国」訪問

日時:11月22日(土)
場所:深谷市(緑の王国)







ジャパンバードハウスコンテスト受賞式に出席のため「緑の王国」を訪問しました。
オープンガーデン花仲間のみなさんと旧交をあたためたり、深谷市の方からは思いがけず「落ち葉銀行」の詳しい話など聞いたりと、充実した1日でした。







「つくばボランティアフェスタ」

日時:1月10日(土)
主催:社協
場所:イーアスつくば




出展団体や来場者と盛んな交流が行われました。


ボランティアフェスタで花苗と花種そしてボランティアさんの手づくり品を販売しました。
花の種は筑波学院大学の末永さんと前嶋さんのデザインパッケージ初デビューです。
デザインを横2つ折にして手のひらに収まるサイズにし、中に種袋と育て方メッセージを入れクリアケースに収めました。
これから「千鳥草」「千日紅」「マリーゴールド」など「いやしの庭」で育った草花の種を中心に商品化していく計画です。
今回は千日紅の「ファイヤーワークス」の乾燥花が深谷の花仲間の育てたものが手に入ったので、それもバザール会場で販売しました。








松見公園のお散歩犬

日時:10月21日(火)
場所:TXつくば駅A5出入口周辺










フレンチブルドッグの「はるちゃん」のご主人は、ご病気で入院とか・・・
早く元気になりますように







さくらそう

2月6日、7日の午後1時より「筑波大学サクラソウ里親の会」さくらそうの芽分け作業を行いました。(TUGが事務局を担当)










○「さくらそう見楽会4」のご案内
日時:2015年4月24日~26日 10:00~17:00(最終日は16:00まで)
場所:松見公園クリスタルルーム
入場料:無料

「筑波大学サクラソウ里親の会」有志とさくらそうの愛好家たちの協力を得て、
みなさんに見ごろの花鉢を持ち寄っていただき、アーバンガーデニング コミュニティガーデン花仲間が開催します。
昨年は148品種(野生種36含む)が展示されました。
(本ブログのさくらそう見楽会3を参照してください→こちらと、こちら)
今年も里親さんの有志の方がプレゼント用の苗を作ってくださっています。
*出展ご希望の方はTUG事務局までお問い合わせください。
参加料は無料です。


○講話「さくらそう栽培の歴史」のご案内
日時:2015年4月25日 13:00~
場所:松見公園クリスタルルーム
講師:筑波大学(植物育種学)大澤良先生
聴講料:無料






「いやしの庭」看板制作活動の現地視察日

日時:2月6日(金)10:00~

ライズ学園の生徒が制作している「いやしの庭」看板がいよいよ出来上がります。
今日は、設置場所を決めるために現地で話し合いを行いました。








駅前アート灌水車制作WS(その1)開催

日時:2月6日(金)11:00~

「花王・ハートポケット倶楽部 地域助成事業」の花とアートで美しく賑わいのあるつくばの玄関を演出する事業において、アート潅水車の制作を試みます。
わたしたちは、まちの中に花や緑の景観を創出することで、花作りに携わる人、花の景観を見た人が、
互いに心豊かになり、花の美しさに改めて気づくことでわたしたちの花作りが美しいまちづくりへとつながることを願っています。
美しい花を咲かせるための手入れや潅水作業がしやすくするために、
さらに作業する人も作業を見かける人も楽しくなるような潅水車や看板を、市民のアイデアを活かしてアート性豊かにつくりあげることをこの事業は目的としています。

新しい潅水車のスタイルをつくりあげるために、今回は駅前花壇の潅水車の昔と今(2008~2014)をご紹介します。

2008




2009




2010~2014


潅水車の手入れにより、きれいな花を咲かせることができました。


今後、制作する灌水車のイメージを作り上げる作業を3月まで実施していきます。


話し合いの時間が足りない分、その後の学園での話し合いのまとめを届けていただきました。ありがとうございます。

お水をやる人も見る人も楽しくなるような潅水車にするには?
・灯油をくみ上げるとめの高性能ポンプのようなものを作って、ポンプ一押しで勝手に水が中からあがってきて、ホースで水をあげるような仕組みにする。
・ホースに穴をあけてスプリンクラーのようにして、派手で効率的に水をあげられるようにする
・子どもたちに人気のキャラクターの絵をタンクのまわりに描く。
・通りすがりの人が自分で水をあげられるようにする。
 →鉢に四角い穴をあけて、透明のプラスチックを窓のようにして入れ込み、土の乾き具合がわかるようにする。
  (このくらいの土の色なら「お水ください」のサインですというような掲示もつける)
 →1つ1つの鉢にペットボトルを差しておいて、潅水車が来たらいろんな人がそのペットボトルで水を汲んでそれぞれの鉢に水をやれるようにする。
  (自分で水をやっていいということが分かるような掲示の工夫をする)

コメント ( 1 ) | Trackback ( 0 )







活動一覧(クリックでページ内の報告にリンクします)

TX駅前花植え
「歩みの小径」花植え
「いやしの庭」花植え
「紡ぎの庭」花植え
手入れと落ち葉かけ
2015「いやしの庭」の手入れ開始
灌水車WSの打合せ







TX駅前花植え

日時:10月21日(火)
場所:TXつくば駅A5出入口周辺




TUGボランティアと筑波学院大学OCPで参加の学生たちで花植えを行いました。
パンジー168株(うち83株はウエルカムフラワーCITYつくばの助成から)と、チューリップ105球を植えました。
チューリップはユリ咲オレンジ色でフルーティーな香りがあるので春が楽しみです。






「歩みの小径」花植え

日時:11月1日(土)
場所:松見公園「歩みの小径」



花苗の検討と発注、古株の抜き取りと土つくりの作業を終えて、無事に終了できました。






「いやしの庭」花植え

日時:11月4日(火)
場所:松見公園「いやしの庭」







コミュニティガーデン花仲間による和やかな花植えに飛び入り参加がありました。
訪れた人の五感で楽しんでもらえるよう、心地よい香りや滑らかな手ざわりの葉など配慮し、
パンジー、ハボタン、アリッサム、ラムズイヤーなどにチューリップとスイセンの去年咲かせた掘り上げ球根を植え込みました。







「紡ぎの庭」花植え

日時:11月15日(土)13時30分~
場所:筑波メディカルセンター病院前「紡ぎの庭」





病院のボランティアさんとTUGのボランティアさんの合同で、
9種類のビオラ、数種類のチューリップの球根を中心に色とりどりの花壇作りを行いました。
たくさんの家族連れの参加もありました。


日ごろはTUGガーデナーが知識と技術で見ごろの花を楽しんでいただけるよう、手入れを行っています。






手入れと落ち葉かけ

日時:12月2日(火)
場所:「いやしの庭」



今年も花苗を霜や寒さから守るために、保温のための落ち葉かけをしました。







2015「いやしの庭」の手入れ開始

日時:1月6日(火)
場所:「いやしの庭」
今年の手入れを開始しました。






灌水車WSの打合せ

日時:1月17日(火)
手入れ終了後に駅前アート灌水車WSの打合せをしました。







コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )







活動一覧(クリックでページ内でリンクします)


TXつくば駅の模様替え
いやしの庭のお手入れ
松見公園のお散歩犬
紡ぎの庭
「まつりつくば」に参加
草木染
ジャパンバードハウスコンテスト
「紡ぎの庭」のラベンダーの更新
講座






TXつくば駅の模様替え

場所:TXつくば駅A5口






TXつくば駅A5出入り口左右のプランターを初秋の黄花コスモスに模様換えしました。
稲葉くんの潅水と小石沢さんのお手入れで、暑い夏を乗り切れたようです。
ベゴニアが美しく咲き揃いました。

夕方に、花仲間の武守さん、白井さんが稲葉くんの作業応援に駆けつけてくれました。







いやしの庭のお手入れ

場所:松見公園「いやしの庭」


今夏はマリーゴールドが休むことなく咲き続けてくれました。


夏は、冬に活躍するクリスマスツリーのお手入れも欠かせません。

作業は花の手入れだけではありません!
ホースや物置の修理もメニューの1つです。


「いやしの庭」脇の遊歩道の「もったいないガーデン」
問題児の蚊に注意しながら夏のお手入れもかかせません。



「いやしの庭」のシンボルツリー・カツラは青々と茂り初秋の空に映えています。
歩みの小径からの景観は益々緑少なくなっていきます・・・







松見公園のお散歩犬

場所:松見公園





子どもたちも思わず駆け寄っていました。







紡ぎの庭

場所:松見公園「いやしの庭」


サンパチェンスとジニアが暑さを吹き飛ばすように優しい景観を作ってくれています。

お水やりさん、お疲れ様です!







「まつりつくば」に参加

場所:松見公園「いやしの庭」



「アジア友情の会」のバザールにコミュニティガーデン花仲間がヨーヨー釣りで応援。
「いやしの庭」の植物はドライにしてクラフトにアレンジしました。


筑波学院大学、筑波大学の学生たちも応援参加







草木染

場所:「たのし家」

「たのし家」(つくば市下広岡)にて、草木染を楽しむ。
丸葉蓼藍の生葉染めにチャレンジしました。








ジャパンバードハウスコンテスト








深谷市「緑の王国」主催のジャパンバードハウスコンテストに参加しました。
第6回ジャパンバードコンテストは、年の緑化減少に伴い、鳥たちの寝場所や巣づくりの場も少なくなっている現代において、
自然や環境について、人の視点だけではなく鳥の視点で考える巣箱づくりのコンテストです。
このコンテストは、鳥が安心して巣を作れる自然環境について考え、年齢や世代に関係なく参加でき、
人と人、人と自然とのコミュニケーションを図ることを目的とするものです(募集要項より)







「紡ぎの庭」のラベンダーの更新

場所:松見公園「いやしの庭」



古木になったラベンダーを5サークル更新することにしました。
古株の抜取り、土作り、植込を阿見町の「NPO法人青少年の自立を支える会シオン」に応援していただきました。



ラベンダー苗は地元生産農家の「グリーンハウス小山」(古河市)より購入しました。


ラベンダー植替えの当日に、ラベンダーの円形花壇の中心にあった赤松切り倒しが計画されていたことがわかりました。
遊歩道の松枯れ虫にやられた赤松を、つくば市では数本ずつ切り倒しています。
今日のバッティングをお互いビックリしました。
私たちとしては植え込み計画をもっと早めにしておけば良かったと謙虚に反省・・・
つくば市と切り倒しの造園屋さんの計らいで、なるべく早めに抜根をしてくださることになりました。
2サークルは抜根が終わらないとラベンダーの植え込みは出来ません。

「グリンハウス小山」の皆さんが丹精こめて作ってくださった「ラベンダー」が2サークル分トラックの荷台の上で出番を待っています。
駐車場の見回り役のメソード猫が「早く植え込みしないと枯れちゃうよ~」と盗難から守ってくれています。
   







講座

・手づくり講座「リサイクルコサージュ2」

・ガーデンクラフト「プランターをつくろう」


コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )


« 前ページ