つう工房のクラフトフェアリポート

手織りの布や裂織、羊毛・麻・綿糸を使った手編み帽子などを創作し、各地のクラフトフェアやクラフト市に出展しています。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

第2回山口アーツ&クラフツ出展報告

2007-12-03 07:35:17 | 山口県

     
                        森晶子さんの作品

  高速ドライブで大阪から約6時間、会場着が朝8時過ぎ。すでに多くのテントが並んでいます
 が、太平洋上にある台風のせいか風が強く、骨組みだけのテントが多く見られます。
   まずは、霊験あらたか『野後(のじり)神社
』にお参りして入場です・・・。
    

  強い風を除けば、お天気も良いし、まさにクラフトフェア日和でしょうか。10時の開始と同時に
 多くのお客様が来場されます。
  うわさに聞くとおりたくさんの人出で、ますます期待が膨らんできます。どのお店でも、お客様
 と作家さんが楽しく会話されている様子が見られます。
   
   山口の『大中和典>』さん      『工房カラン』さん        『工房さんぽ』さん


  会場は山口市の中心街ですが、きれいに手入れされた芝生広場で、とても気持ちが良く、隣
 にはお子様も遊べる広い芝生(サッカーも出来そうな)が広がっています。
  また隣の大きな建物は、『山口情報芸術センター』では、美術展などいろいろなイベントが開催
 されています。
   

  今回帽子をご購入いただいた方々です。
  ①の方は、2日間迷われましたが、やっぱり最初に被られたものを手にされ、とてもうれし
 そうでした。
  ②の方は、銀粘土作家の『he Aco SOUL 銀 WORKS』の上野宏子さん。2日間お店が忙し
 くて、閉店後にやっとご来店。作品を拝見できなくて残念ですが、またどこかの会場で・・・!!!。
  みなさん、どうもありがとうございました。
   
        ①                  ②

 感想
   昨年は、山口に参加すると5週連続となって、『お抱え運転手』にはちょっとキツイためとり
  やめました。
   今年初めて参加して、山口の多くの作家さん、お客さんが、心温かく迎えていただき、
  とっても楽しい充実した2日間になりました。
   出来たら、もう1日ゆっくりと温泉や山・海を楽しみ、そして人情に触れてみたいと思います。
   いつの日か・・・・。   また来年お会いできますように・・・・。

     山口アーツ&クラフツ公式サイト(2007年10月27・28日開催)       つう工房に戻る

                                                                                    nagomi style

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 『多摩クラフトフェア2007』... | トップ | 名古屋長者町 ゑびす祭 出展報告 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL