真実の扉

「何もしないことをする時」「何も考えないことをする時」・・本当の自分の扉が開く

乳がん患者の8割が朝にパン食、1

2012年06月17日 14時28分05秒 | 癌(がん)と鬱(うつ)

先日、お母様が乳癌から腰骨に転移していて某県立がんセンターに入院されている方からメールをいただきました。
 (ブログ掲載の了承を御本人から得ています)

電話して娘さんとお話ししまして、「お母さんは朝はパン食ではないですか?」
と聞きましたら、パン食とのことでした。
乳がんになる方の8割は朝にパンを食べています。

そのことは後ほど触れますが、
お母様は腰にちょっと振動が入っても痛くて歩けず寝たっきりとのことで、温熱で痛みの緩和にならないかとの依頼がありました。

それならば私が「がんセンター」に施術に行こうと思ったのですが、病院のOKがとれませんでした。
病院はマッサージなどならいいけれど、温熱は医療行為になるのでとの理由で拒否したようです。

それで今日の朝、病院に近い娘さんの祖母の家に移動されて、私もそこに高速使って車で駆けつけての施術でした。

タイミングが良いもので昨日京都在住の温熱師の女性から別件で電話をいただきました。
私が乳ガンから腰の骨に転移した方に痛みの緩和になればと温熱施術すると話しましたら、自分も寝たきりではなかったが同じ経緯をたどっ転移している方の施術をしたとのことでした。
それでそのガンの方は三井の温熱療法ですっかり元気になって社会復帰して普段通りの生活をしているとのことです。

それを聞いて少し光明が見えました。改善する余地もあると思いました。

施術用のベッドも持って行ったのですが、うつ伏せになれないので使用せずでした。
施術中は胸のガンはもう無いとのことでした。温熱しても熱さも感じませんでした。

しかし腰は熱を入れて直ぐに痛い(熱い)と言われましたが、腰だけで40分位注熱させていただきました。

明日少しでも痛みが収まればまた近々出張となるでしょうが、何とか病院でできないものでしょうか。

それで帰り際に人懐こいラブラドールがいたので犬にも序に10分ほど注熱しちゃいました。

ワンちゃんにはとても気に入っていただけたようです。
顔が見えませんがこんな犬です。盲導犬になる種です。



ご連絡いただいた娘さんは私が以前紹介したガンの特効薬を紹介したページの所からSARAさんのところに行き、アラビノキシランの入手先を聞いて母親に飲んでもらったのですが、最近は飲んでくれないとのことです。

しかし他のところで思わぬ効果が出ました。
お母様は糖尿病でインスリンを入れていたのですが、

アラビノキシランを飲みだしたら血糖値が次の日から下がってインスリンが要らなくなった
とのことでした。
アラビノキシランはレンチンプラスがお勧めです(入手先はメールください)。

しかしインスリンも酷いペテンなのです。日本人の糖尿病患者のほとんどは本当はインスリンは必要ない。
http://blog.goo.ne.jp/tobira2002/e/412fd759ac849f46ffb0989aa679f634

さて寄り道ばかりで済みません。
パンとガンの話しですが、今は乳ガンがとても増えていて日本の女性のガンの罹患率のトップになっています。
「健康スタジオ」にもガンをはじめ女性の疾患で訪れる人、嘗て子宮ガンや子宮頚ガンになった人、甲状腺のガンや異常でお悩みの方など複数いらっしゃいます。

つまりホルモンバランスが崩れているのです。

それで管理栄養士の幕内秀夫さんの本「乳がん患者の8割は朝、パンを食べている」を読むと、今は16人に1人が乳ガンになる時代とのことで、乳ガンほど食生活の影響を受ける癌は無く、乳がんになる人の8割が朝食にパンを食べているという結果が出ているのだそうです。
そして牛乳が追い打ちをかけます。
目玉焼きにウィンナーは定番かも。
パン食にはホウレンソウのお浸しではなくベーコンを入れて油で炒めたソテーが良く合います。

そしてお昼はスパゲティ。
小麦(特に輸入の)、脂質、脂肪、甘いもの・・・ これが乳ガンをつくります。

「日本のパンは白いのにびっくりしました」
これは昨日施術した方で、イギリスやオーストリアに住んでいた母と娘との会話です。
「それで美味しくない」とも言いました。
そして今日の朝の前述した娘さんも海外に住んでいたことがあり、外国のパンは白いパンは少ないとのことです。
何が問題なのか分かりますね。

次回書きますが、すべてのパンがダメというわけではありません。
 (が、基本的には粒に潰した白い穀物は良くないです)

それと追記ですが、先の娘さんは私にメールで施術依頼するのにとても勇気が要ったとのことです。
かなり悩まれたようですが、やま〇でお悩みの方はどうぞお気軽にメールでも電話でも下さいませ。

続きの記事です
病院でみんな驚いている


どうしてもパンやパスタなどの小麦製品をを食べたいという方は、

下記の「希望の命水」か、

電子の出るサブリなどをお取りください。
http://blog.goo.ne.jp/tobira2002/c/61959b6e373d40f1b90b1f0db5359152

関連記事:http://blog.goo.ne.jp/tobira2002/e/3b7b11b58f4da4267f11e46c28772ffd



放射能を強く吸着することが判明した黒雲母花崗岩から36種のミネラルを抽出

 


 

初めてご訪問の方は「真実の扉」ホームページにも是非お立ち寄りください。
 
幾多の過去生を思いだした志摩川友重さんの
前生の「おもいで」を綴ったサイトは霊界の記憶を含めたたぐいまれなものです。


「心と体の痛み専科 健康スタジオトゥルーゲイト」という施設を運営しています。
お身体の不調な方も不調でない方もこちらにもお立ち寄りください。

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 脳死の過去記事 | トップ | 武田教授の豹変、1 (放射線... »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
温熱について (素朴な疑問)
2015-04-10 11:34:57
三井の温熱に効果あり!との事ですが、これは「ヘアアイロン(コテ)」や「電子お灸」や「低周波の温熱治療器」等でも代用可能でしょうか?要は、39.3℃以上で癌を焼き殺すって事ですよね?しかしながら・・・一気に全身のあちらこちらを温熱しても大丈夫なのでしょうか?医療では「ハイパーサーミア」という癌を熱で死滅させる治療法があるようですが、肝臓や腎臓機能の弱っている人では、死滅した癌細胞の処理が滞り、肝臓で癌の死骸を処理しきれないと聞きました。なので、3回に分けて日付をあけて3度治療するそうです。肝臓で処理しきれる分だけの癌細胞を焼き殺すのだそうです。三井の温熱は、その辺りの所はいかがでしょうか?転移した場所も含めて一気に全部を治そうとすると危険なようにも思えるのですが・・・ましてや、体力の弱っている肝臓機能の低下している方々となればなおさらです。
Unknown (とびら)
2015-04-18 10:28:35
ご返事遅くなりました。
三井温熱はバーサミアのように直接がん細胞を焼くのではありません。ですから列記されているものでは効果の大体はできません。
詳しくは下記のリンクの三井温熱療法のページをご覧ください。
http://www.kenkou-studio.com
三井温熱は自己治癒力を上げて体の働きを元に戻していくものです。その結果として病気が癒されるのです。ですから肝臓の心配はありません。特にBSセラピーと共にすると癒しの効果は高まると思います。

あわせて読む

関連するみんなの記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。