ITニュース、ほか何でもあり。by KGR

ITニュースの解説や感想。その他、気になる話題にもガンガン突っ込む。映画の感想はネタばれあり。

試写会「クライマーズ・ハイ」

2008-05-28 14:40:40 | 映画感想
2008/5/27、神保町、一ツ橋ホールでの開催。
開場ギリギリに行く予定が5分前に到着。
少し並びで待つ。

8割方の入りだった。
予告もあった「ランボー、最後の戦場」「ブラインドネス」「ホットファズ」
「僕の彼女はサイボーグ」

映画は実録もので、例の日航機墜落事件をあつかった地方新聞の記者の物語。
堤真一、堺雅人、尾野真千子、高嶋政宏、山崎努、遠藤憲一、田口トモロヲ。

***

2005年夏、新聞記者の悠木は、土合駅を降り、
親友と果たせなかった約束の谷川岳に彼の息子と登るために移動する。

時はさかのぼって、1985年、群馬県、北関東新聞。

編集局の悠木(堤真一)は、親友の山友達、
販売局の安西(高嶋政宏)と谷川岳に登る約束をしていた。

その前日、8月12日、仕事終わりに近い頃、
悠木はリュックを背に職場を離れようとしていた。

その時、突然日航機が消息を絶ったというニュースが飛び込んでくる。
乗客乗員合わせて524名に上る大事故の様相に、編集局はざわめきたつ。

駅で待ち合わせるはずの安西が気にかかりながらも、
悠木は社長白川(山崎努)の特命で、この記事の全権デスクとなる。

反発する局次長(蛍雪次朗)と部長(遠藤憲一)は
悠木のお手並み拝見と言ったところ。
事故現場がなかなか特定できない中、
県警に張り付いていた佐山(堺雅人)は神沢(遠藤賢一)と山に入ることを進言、
「登ろう会」の協力を待たずに現場に向かう。

翌日応援を送る時「登ろう会」のメンバーから、
安西が出発前に倒れたと聞く悠木。
安西は過労でクモ膜下出血、一命は取り留めたものの植物状態となっていた。

佐山と神沢は、事故現場の惨状に触れ、決死の思いで現場雑感を電話連絡する。
しかし、時すでに遅し、その日延長されなかった締め切り時刻には届かなかった。

締め切りが延長できないことは悠木に知らされていなかった。
局次長と部長のやっかみだと怒り狂う悠木、
自分たちの記事が掲載されなかったことで怒る佐山と神沢。
必死で書き直した佐山の現場雑感は、自衛隊嫌いの社長の一言でボツにされる。

一方、事故原因を探るため、恩師のつてを使って
事故調に探りを入れる玉木(尾野真千子)、
悠木は玉木に佐山を付けて確証を取りに行かせる。

悠木は、前日部長と大喧嘩したことで気が晴れたのか、
スクープを抜くために部長を巻き込む。

そして、圧力隔壁が最大の有力原因にほぼ間違いないとまでは掴むが、
締め切り時間と確証との狭間で、悠木が下した判断は、
そしてその判断が招く結果は、、、

***

なにより、原作者が元社会部新聞記者で、
この事故現場にも足を踏み入れている人物である。

新聞社の中の記述、事件現場、事故対策本部、等々、
およそ当事者、あるいは新聞関係者でなければ
書けないであろう現実味があふれている。

新聞のタイムリミットをうまく緊迫感として盛り上げている。

みんなが同じ方向を向いて甘っちょろい感度がした「春よこい」と違い、
妬み、嫉み、嫌がらせ、感情のぶつかり合い、そしてどうにもならない焦燥感、
ある時は敵対し、ある時は怒鳴りあい、
ある時は結託して進めていく現実を描いている。

***

2時間20分と長い映画ながら、ダレは感じなかった。
ただし、冒頭の川遊びと空港のシーンは冗長。
土合のシーンからでよかったかもしれない、
どうせ回想で使っているんだし。

それに方言のせいなのか、川の流れの音のせいなのか、
ここのシーンではせりふが全く理解できなかった。

途中もセリフが理解できないシーンが多々あり、困った。
耳が悪くなったのか、録音のせいか、会場のせいかは不明。
『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント (15)   トラックバック (27)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 大相撲はエンターテイメントです | トップ | MLB、5/27、松坂連勝ストップ... »
最近の画像もっと見る

15 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
耳が悪いと駄目ですか? (はっしぃ)
2008-05-28 17:11:22
試写会に行かれたんですね。

この映画、期待してました。

予告の段階でかなり熱い映画だなって思っていましたからねぇ。
でも、台詞が聞こえずらいんですか?

参ったなぁ。
ちょっと、難聴ぎみなので・・・・(^_^ゞ
 
はっしいさんへ (KGR)
2008-05-29 06:17:27
コメントありがとうございます。

聞こえづらいと言うか、聞き取りづらいです。
知らない外国語を聞いているみたいに意味が取れない。

群馬弁?山用語?新聞用語?

とかく初めて聞く単語は意味が取れませんが、
その類かもしれません。
セリフについての追記 (KGR)
2008-05-29 17:17:20
他所様のブログにあったご指摘では、
セリフが早口でかぶって聞き取りにくい、
とありました。

この監督の癖=演出のようでもあります。
別の意味で手に汗だな。 (はっしぃ)
2008-06-19 12:02:39
こんにちは

早口で台詞がかぶっている。
・・・むむむぅ。

これは、別の意味で手に汗です。


字幕も希望!
※間にあわなそう。(T_T)/~~~
 
やっぱり・・・・ (せるふぉん)
2008-07-06 16:28:05
冒頭のシーン、気になりましたか?
わたしもです。

何言ってるかわからないし、これだから
邦画は苦手なんだよな~なんて思ってました(笑)

作品自体に全然不満はないんですけど。
せるふぉんさんへ (KGR)
2008-07-06 17:04:46
観た時はとても気になりました。

いまは「群馬弁だったんだ」と思うようにしてます。
こんにちは~☆ (ice)
2008-07-08 14:47:57
はじめまして TB&コメントありがとうございました^^

>それに方言のせいなのか、川の流れの音のせいなのか、
ここのシーンではせりふが全く理解できなかった。

私も高嶋さんの方言のセリフ 聞き取りにくかったのですが
川の音だけではないように思いました。
高嶋さんすぐに クモ膜下出血で倒れたので
呂律がまわらないことが 
前兆だったのではないかと後から思うようになりました。。
それにしても 心に響く映画でした。。
iceさんへ (KGR)
2008-07-08 16:09:45
コメントありがとうございます。
揚げ足取りのような指摘ですみませんでした。

>川の音だけではない
>呂律がまわらないことが前兆だったのではないか
なるほど、そういう見方もありますか。
多少変でも友人同士なら分かり合えますからね。
本当 (miyu)
2008-07-20 21:22:52
長い映画なのにダレが一切なかったですね。
かと言ってあっと言う間と言う感じでもなく
たっぷりの見応えのある映画でとても良かったです。
久し振りに骨太で熱い邦画を観たなぁ~と
大満足の1本でした。
こんにちは! (あん)
2008-07-22 12:42:07
>川の音だけではない
>呂律がまわらないことが前兆だったのではないか
冒頭の川のシーンで聞き取りづらいと、初っ端から凹みますが、こういう解釈もあるんですね。

いろんな夏映画の中でも、見応えのある熱い作品でしたね!
あんさんへ (KGR)
2008-07-22 13:23:38
コメントありがとうございます。

「絵」いつも見てます。

川のシーンは思い切ってカットでもよかったかな、
とも思っています。

安西との約束を際立たせるためだとは思いますが、
無くてもわかります。
古い記事に (メル)
2009-01-02 22:43:39
このようなことを書くのもなんですが(^_^;)
明けましておめでとうございます♪
昨年はお世話になりありがとうございました。
TB,それにコメントもいただき、本当に嬉しかったです。
どうもありがとうございましたm(__)m
なかなかコメント残せなかったりすることもあるかと思いますが(^_^;)今年もどうぞよろしくお願いいたします♪

で、この映画ですが
新聞社内のこと、記者さんたちのこと、それぞれ
緊迫感と臨場感と共によく伝わって来た
なかなか良くできた映画だなぁって思いました。
できれば安西と悠木のこと、それぞれの息子たちのこと
もうちょっと知りたかったんですが・・。
でも、そちらを描いちゃうとこれだけ新聞社のことなどがしっかり描けなかったかもしれず、これはこれで良かったのかなとも思いましたが。
ドラマ版もなかなか良さそうなので、そちらも見てみようかなと思ったりしています。
メルさんへ (KGR)
2009-01-03 08:08:31
明けましておめでとうございます。
こちらこそ今年もよろしくお願いします。

古い記事へのTB大歓迎です。
新聞社内の葛藤軋轢は迫力がありました。
それに比べ息子との関係は中途半端に感じました。

思い切って切るか、順番を入れ替えるとか、
土合駅のシーンや登山のシーンの見せ方も含めて
もうひと工夫合ってもよかったと思います。
コメントありがとうございます (YOSHIYU機)
2009-06-04 07:14:42
ワンマン社長、過去の栄光にすがる古株
功名心の強い若手、ヤクザみたいな販売(笑)
新聞社内の人間模様が面白い作品でしたね。
男の嫉妬って、醜いなと思わせられました。
YOSHIYU機さんへ (KGR)
2009-06-04 14:48:31
かなり誇張もあるんでしょうが、
胡散臭い人々との軋轢の数々、
実際にあり得ると思えました。

特に実力は失せたものの、
それなりの力のある古参は厄介です。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

27 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
クライマーズ・ハイ (Memoirs_of_dai)
真実は闇の中 【Story】 1985年8月12日、乗員乗客524名を乗せた日航機123便が、群馬と長野の県境に墜落、その一報が北関東新聞社に入る。編集部...
「 クライマーズ・ハイ (2008)  」 (MoonDreamWorks★Fc2)
【クライマーズ・ハイ】2008年7月5日(土)公開 監督 ・ 脚本 : 原田眞人 ...
クライマーズ・ハイ 試写会@九段會舘 (ネット社会、その光と影を追うー)
1985年8月12日。群馬県の御巣鷹山にJAL12
怒涛の一週間【クライマーズ・ハイ】 (犬も歩けばBohにあたる!)
あれから23年経ちました。 乗客乗員542名。 生存者4名。 死亡者数540名。
「 クライマーズ・ハイ (2008)  」 (MoonDreamWorks★Fc2)
【クライマーズ・ハイ】2008年7月5日(土)公開 監督 ・ 脚本 : 原田眞人 ...
クライマーズ・ハイ (アートの片隅で)
「クライマーズ・ハイ」の試写会に行って来ました。 会場の中野サンプラザに行く為に中野駅に到着したら、何と豪雨に雷という最悪の状況でした。 帰りには、三鷹付近に雷が落ちたせいで、中央線が大混乱になっていました。
クライマーズ・ハイ (まぁず、なにやってんだか)
昨日、九段会館の「クライマーズ・ハイ」の試写会に行ってきました。 原作者の横山秀夫氏が日航機の墜落現場を取材して書いた作品だという情報しか知らずに試写会に行ったので、すっかり全部実話だと思ってしまいました。フィクションだったんですね。臨場感あふれるカメ...
クライマーズ・ハイ 試写会(ネタバレ) (RE:ねこのうたたね)
クライマーズ・ハイ (2008) Director : 原田眞人 Cast : 堤真一, 堺雅人, 尾野真千子, 高嶋政宏 Genre : ドラマ/サスペンス Runtime : 145分 配給 : 東映=ギャガ・コミュニケーションズ 参考リンク → allcinema / Cinema Topics Online / goo 『クライマーズ・...
クライマーズ・ハイ (悠雅的生活)
 チェック 、 ダブルチェック
クライマーズ・ハイ (せるふぉん☆こだわりの日記)
本日より公開、堤真一主演「クライマーズ・ハイ」観てきました。 劇場内、初日のせい
クライマーズ・ハイ (いい加減社長の映画日記)
ちょっと重ための映画のような気がして、どうしようか、迷ってはいたんですが。 他に「どうしても観たい」という映画もなく、「クライマーズ・ハイ」を鑑賞。 「UCとしまえん」は、いつもの土曜のレイトショーにしては、ちょっと多めかな? 「クライマーズ・ハイ」は...
[映画『クライマーズ・ハイ』を観た] (『甘噛み^^ 天才バカ板!』)
☆日航123便墜落事件は、私が社会の動向に興味を持ち始めた高校生の頃に起こった大事件だったので、非常に記憶に残っている。 川上慶子ちゃんや与圧隔壁なんて言葉が、すぐに思い出される。 後に、阪神大震災が起きた後に、サブカル系言論者が「<終わらない日常>が終...
クライマーズ・ハイ (UkiUkiれいんぼーデイ)
JUGEMテーマ:映画 2008年7月5日 公開 今日のブログ一面でやらせてください!!! うぉ~っ!良かったですよぉ~♪ 久しぶりにスクリーンにのめり込みましたねぇ。 1985年8月12日 この日は、よく晴れた真夏の日ざしが照り返す暑い日だった...
映画「クライマーズ・ハイ」 (ice-coffee)
昨日 初日に行ってまいりました~~^^ 一言でいうならば とてもよかったです~^^見ごたえありました。何か事故 事件があると 新聞記者 報道の仕事は 壮絶なんだなぁ~と 感嘆いたしました。
『クライマーズ・ハイ』2008・7・6に観ました (映画と秋葉原と日記)
『クライマーズ・ハイ』 公式HPはこちら ←クリック ●あらすじ 1985年8月12日。群馬の北関東新聞の記者・悠木和雅(堤真一)は、社内の登山サークルの仲間で販売局所属の親友・安西耿一郎(高嶋政宏)と共に、谷川岳の衝立岩登頂に挑もうと準備を進め退社しよう...
クライマーズ・ハイ (Thanksgiving Day)
映画「クライマーズ・ハイ」を観てきました! 今日が公開初日なんですけど、公開されたらずっと観に行こうと心に決めてたんですよ。 日航ジャンボ機墜落事故は、絶対に忘れてはならないですし、山崎豊子の「沈まぬ太陽」を読んで、また別の視点から考え直すこともで...
【2008-162】クライマーズ・ハイ CLIMBER'S HIGH (ダディャーナザン!ナズェミデルンディス!!)
人気ブログランキングの順位は? 命を追った、あの夏。 1985年8月12日 御巣鷹山に日航機墜落、死者520名──。 走り、叫び、書いた。 新聞記者たちの激動の一週間。
クライマーズ・ハイ (☆彡映画鑑賞日記☆彡)
 『1985年8月12日 御巣鷹山に日航機墜落、死者520名―。 走り、叫び、書いた。 新聞記者たちの激動一週間』  コチラの「クライマーズ・ハイ」は、「半落ち」、「出口のない海」の横山秀夫が当時地元地方新聞社の記者だった自らの体験をモトに、日航ジャンボ機墜落...
クライマーズ・ハイ(2008年、日本) (泉獺のどうでも映画批評)
 この映画は、ギャオの株主優待の試写会で観ました。 監督:原田眞人出演:堤真一、
クライマーズ・ハイ (描きたいアレコレ・やや甘口)
堺雅人の可愛い顔は、クワセモンである。つい、描きたくなってしまうではないか。 堤真一は『反カメレオン俳優』というか、いつ見ても"堤真...
『クライマーズハイ』@丸の内TOEI (映画な日々。読書な日々。)
1985年8月12日、群馬県御巣鷹山にJAL123便が墜落、死者520人の大惨事が起こった。前橋にある北関東新聞社では、白河社長の鶴の一声により、一匹狼の遊軍記者・悠木和雅が全権デスクに任命される。そして未曽有の大事故を報道する紙面作り―闘いの日々が幕を開けた。さっそ...
クライマーズ・ハイ を観ました。 (My Favorite Things)
最近ペースがメッキリ落ちている映画鑑賞です。あー観たいのがたくさんあるのにね?まぁ仕方ないのでチョビチョビやります…。
映画:クライマーズ・ハイ 試写会 (駒吉の日記)
クライマーズ・ハイ 試写会(スペースFS汐留) 「チェック、ダブルチェック」 1985年、子供心にもこの出来事は覚えています。N○Kでもドラマ化(2005年12月http://www.nhk.or.jp/drama/html_news_high.html )されました。観たのですが、詳細はおぼろ・・・直後...
クライマーズ・ハイ/堤真一、堺雅人 (カノンな日々)
NHKでドラマ化されたとき見逃しちゃって、DVDをレンタルしようと思っていたら、映画化されてたいたとはチラシを目にするまで知りませんでした。1985年に実際に起きた航空史上最悪の惨事といえる日航機墜落事故を巡って奔走する地元新聞社の人々の姿を描いた社会派ヒューマ...
「クライマーズ・ハイ」 (心の栄養♪映画と英語のジョーク)
記者たちの時間との戦い・緊迫感、新聞社の様々なことがひしひしと伝わって来ました。 事故のこと、事故当時の自分のことなども思い起こされましたし・・。
mini review 08348「クライマーズ・ハイ」★★★★★★★★☆☆ (サーカスな日々)
1985年、群馬県御巣鷹山で起きた日航機墜落事故をめぐって翻弄(ほんろう)される地元の新聞記者たちの姿を描く社会派ドラマ。実際に記者として日航機墜落の取材をした作家・横山秀夫が自らの体験を反映した同名小説を、映画『金融腐蝕列島 [呪縛]』の原田眞人監督が映像...
『クライマーズ・ハイ』'08・日 (虎党 団塊ジュニア の 日常 グルメ 映画 ブログ)
あらすじ1985年8月12日、群馬県御巣鷹山にJAL123便が墜落、死者52人の大惨事が起こった。北関東新聞社では、白河社長の鶴の一声により悠木和雅が全権デスクに任命される。そんな時、販売部の同僚で無二の親友・安西がクモ膜下出血で倒れたとの知らせが届く...