粋雅堂藏書目録 ―Biblia-Catalogus―

劇団粋雅堂・主宰、神田川雙陽の雑記積み置き場Blogです。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

…、再会は別れと祝福を兆して。

2010-04-14 03:41:06 | 粋雅堂雑記
<雑談:あけましてゼロ年代終了のお知らせ>

5ヶ月振りの更新です。うわぉ。
気がつけば更新しないままにゼロ年代が終わってしまって悲しい限りです。

有り難い…というよりも申し訳ない限りなのですが、
この更新もない放置blogも、Twitterの影響でか、毎日それなりのPVをいただいており、
そのことがむしろ私の脳の申し訳ない回路を最大限に刺激していたわけですが、
粋雅堂の公演も一ヶ月前に迫ってきたこともあり、
これを期に久しぶりの更新としたわけでございます。

思えば、この5ヶ月何もしていなかった訳ではなく、
冬コミでは『【Par/sec】脚本集(改訂版)』と『Rozen Unt Roses脚本集』を
新譜として頒布したり、
LoveSolfege'さんの新メンバーとして、
片霧烈火さんの曲(『無神論者のためのセレナータ』/『the note of satanism』収録)を
作詞させていただいたり、
笑の内閣さんの札幌/京都連続公演に音響さんとして随行させていただいたりと、
なかなかに活動の多い期間を過ごしていたのですが、
如何せんblog筆無精なもので、「活動はTwitterを見てね♪」みたいになっておりました…
遅ればせながら、謹んでここにご報告させていただきます(遅いよ)

…あ、そうそう、流石に1年半も前の写真を使うことにも躊躇があったので、
プロフ画像も新しくしてみました。
それでも一年前のです。…だって写真嫌いなのだもの。


<本題:『CAILLINAD~うまれた朝にひびくうた、再び~』>

さて、前回の公演から1年。
劇団としての最大の活動=舞台活動という意味では、かなり期間が空いてしまいましたが、
久しぶりに皆様に公演のお知らせができる準備が整いましたので、
ご案内させていただきます。

----------公演情報ここから-----------

劇団粋雅堂
『祝祭劇CAILLINAD~うまれた朝にひびくうた、再び~』
■作/演出: 神田川雙陽
■日時:2010年5月14日(金):19時開演
         15日(土):13時半、18時半開演
        16日(日):13時半開演
■会場:pit 北/区域
   (JR王子駅徒歩2分,東京都北区王子1-13-18
     http://www.h7.dion.ne.jp/~babylon/)
■料金 前売:1500円 当日:2000円
    中高生無料

--------------ここまで---------------

今回はkey作のゲーム『CLANNAD』の二次創作で、
劇団粋雅堂としては、『チャールズ・ラトウィッジの憂鬱』以来の再演となります。
懐かしく思い出して下さるお客様もいらっしゃるでしょうか?
(…いなかったら、それはそれで凹みますね)
今回は2年半前に織姫演劇団とジョイントで上演したものの再演…というよりも、リメイクの新作となっており、
前回ご覧いただいたお客様にも、新しい視点で楽しんでもらえるのではないかな
、などと企んでおります。



タイトルに"祝祭劇"とある通り、たまには明るいハッピーエンドを書いてみようと足掻いております(?)ので、
どうかご都合がよろしければ、客席まで足を運んでいただければ幸いです。

もし「観に行ってやってもいい」という優しい方がおられれば、
劇団粋雅堂のアドレス(kamdagawa@gmail.com)まで
ご予約者のお名前(読み仮名)/日時(回)/人数を書いてmailいただければ、
こちらで受付いたしますので、お気軽に言っていただければ、と思っております。

また、Twitter上でも告知させていただいたので、
ご存知の方も多いかと思いますが、
改めてポストパフォーマンストークの告知を。

15日18:30~の回終演後に、『動物化するポストモダン』、
『クォンタム・ファミリーズ』等の著作で知られる
批評家・作家・哲学者の東浩紀先生と、
その東先生による『東浩紀のゼロアカ道場』出身の
文芸評論家・坂上秋成氏をお迎えしての
ポストパフォーマンストークが決定しました!
『CAILLINAD』初演時に、私・神田川をフルボッコにした、伝説のイベントの再現が、今公演で実現する!
…かどうかは本番まで分かりませんが、
『CLANNAD』、『QF』、「2次創作」といったテーマで3人がトークを展開致します。
お時間の都合が合いましたら、こちらにも是非ご来場ください。

1年ぶりのポストパフォーマンストークが、よりにもよって、
前回、『CAILLINAD』のときに緊張でガチガチになりながらお話しした東先生というのも、
なかなかにハードで面白いんじゃないかな、とか思っていたりします。

(先生、という呼称ですが、これは単純な敬称ではなく、
ちょっと前まで、東先生の受け持っている講義の受講生だったことに由来しています。
本当はまだ学期の途中に公演にお呼びして「変なことを言うと単位に響きそうですからね」
とか言いたかったのですが、いまはアカハラだとかどうとか喧しい世の中なので、
こうして時期がずれたのはむしろ正解だったかもしれないですね…)

そして、もう一人のトークのゲストが、若手批評家一のイケメンと
(主にニコニコで)評判の坂上秋成氏です!
Twitter上では破門だ粛正だ通報だと、常に話題に事欠かない方ですが、
いざ作品の話となると、その磨かれた批評眼で鋭く分析をして下さる方なので、
今回ご一緒できることを大変楽しみに楽しみにしております。
…いや、本当にイケメンなので、女性の皆様も、是非ご来場下さい。

そのお二人が、再演という形で新たに生まれ変わった『CAILLINAD』に来て下さると思うと、
私自身、今からとても楽しみです。

<本日の動画>
「組曲『あずまん動画』」(http://www.nicovideo.jp/watch/sm9418087)

今回は動画です(笑)
ニコニコ動画発祥の、「組曲『ニコニコ動画』」の替え歌で、
東先生や、その周辺の方々の予習に最適な内容になっています。
坂上さんも(やたらと)登場されていますので、イケメンぶりの予習がてら
視聴されてはいかがでしょうか。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   トラックバック (1)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« …、だからこれは、わたしたち... | トップ | …、『マンハッタンの黒船』か... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

粋雅堂雑記」カテゴリの最新記事

トラックバック

祝祭劇CAILLINAD~うまれた朝にひびくうた 再び~ 感想 (しあわせのおもちゃばこ)
祝祭劇CAILLINAD~うまれた朝にひびくうた 再び~見てきました。 個人的に