mandalaflower

フリーハンドで曼陀羅を描いています。ゆっくり丁寧に、瞑想的に、世界に一つの曼陀羅の花の輪を広げましょう。

ああ、病院は嫌だ

2017-07-17 | 日記




朝焚きすぎたお風呂によるまた入りました。

気温が高いから覚めなかったのね。

ちょうど良い温度でした。

家人は明日から大部屋へ移動。


これまでのように自由におしゃべりしたりできなくなるので

これまた寂しいです。

毎日寂しいばかりでごめんなさい。


でも寂しいから。。。。。



今日、病院の部屋に着くと

家人は看護師から注意を受けているところでした。

怒られていると言った方が合ってます。


彼女はある事が気に入らず

意地悪をします。


多分手術室の前に入る直前に彼女の前で二人がキスをしたからです。


キスは挨拶だと知らないその人は

ちょっと羨ましいのと、失礼な、という気持ちが相まってヤキモチを焼いているような気がします。


みなさんはくれぐれも看護師の前で挨拶がわりのキスをしてはいけませんよ。

覚えておいてた方がいいかもしれません。

でも私たちは離れる時にはいつもキスで挨拶です。

だからいつもの挨拶をしただけですし、

手術には万が一のことはつきものです。

だからこそ何枚もの同意書がいるのです。

喧嘩した後などにいつも思いました。

このまま別れのキスもせずに一生会えないようなことがあったら

自分はどんなに後悔するだろうと。

だからどんなに喧嘩しても

別々の場所に行く時には必ずキスをしてsee you later







それは彼の国の文化ですから。

自分の国にない文化でも

それを受け入れるほどの寛容な心を育ててください。


え、看護師さん。


ヤキモチ焼いてどうするの?

。。。。。。。。というのは私の妄想ですけどね。

キスに関する記述は真実です。

お許しを。

しかし嫌な女なんです、その人。

私も最初から感じました。



ああ、家人は少なくとも後八日は病院に囚われなくてはなりません。

その日が来たら家人を連れて一目散に逃げて帰るつもりだわ。

病院は嫌だ。

































にほんブログ村 ライフスタイルブログ 暮らしを楽しむへにほんブログ村

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 畑の作物に寂しさ募る | トップ | S&B中辛カレー »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。