京都で定年後生活

2013年3月60歳で定年退職。主夫見習い中。
美術館と庭園めぐり、京都の四季の行事と花を綴ります。

下鴨神社御手洗祭(足つけ神事)

2017-07-27 05:37:05 | 祇園祭2017

昨日朝早く京都の夏の風物詩のひとつ、下鴨神社の御手洗祭「足つけ神事」に行ってきました。
平安の昔、貴族は季節の変わり目は禊祓いをして罪や穢れを祓っていました。
それが庶民に伝わり現在の御手洗祭になったと言われています。
土用の丑の日に下鴨神社の御手洗池に足を浸し、罪や穢れを祓い無病息災を祈願するのです。
今年の御手洗祭は7月22日~30日、朝5時時半から夜は9時まで行われます。
毎年土用の丑の日(今年は25日)には多くの市民で賑わいます。
境内には露店もでて(22日から25日)、期間中10万人の参拝客が訪れます。

昨日露店も撤去された後のまだ訪れる参拝者が少ない朝















ここから上履きを脱ぎ、灯明料300円を払いロウソクを受け取ります。





輪橋という橋の下から御手洗池に入って池の中を進み、御手洗社の前の祭壇にローソクをお供えし、
池から上がったところのご神水をいただくことで、無病息災、安産、災厄抜除のご利益を受けられます。















井上社(御手洗社)
社前の池が御手洗池です。
足つけ神事以外にも、立秋前夜の矢取り神事、葵祭の斎王代が禊をするところです。










以前はなかった水みくじがありました。










夜の方がロウソクに照らされて幻想的です。観光客も多いです。

楼門の前に出町ふたばが出店していました。
私はここの豆餅が大好きです。
足つけ神事期間中でているそうですが、朝早すぎでまだ商品が出ていませんでした。残念。





ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 台湾旅行雑誌に私の画像が載... | トップ | 夏に咲くアザレアツバキ、終... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。