カードキングダムブログ
全国チェーンのカードゲームショップ、カードキングダムです。
 




某月某日某所。 

中村さん「池田さんの『各大陸紹介記事』は毎回楽しく読ませて頂いているのですが・・・いつも赤の大陸からスタートするので、大体青の大陸辺りで力尽きていませんか?」

僕   「うっ!た、確かに・・・・」

中村さん「おかげで“ラインハルト”や“オウル・カーン”ばかり掘り下げられて、それはそれで楽しいのですが、白の大陸や緑の大陸へはいつ行くのかと・・・」

僕   「お、おっぱっぴー。」

(このメタルロブスターは何者なのかッ?!詳細は記事で!)

注・以下に登場する人物・団体等はディメンション・ゼロ世界に存在する同一名称のものとは設定・性格・台詞回し等が異なる場合があります。予めご了承ください。

 
オウルカーンに似た人
「・・・・という中村氏との会話が、某所にて行われたという情報を私は掴んでいるのだが・・・事実だね?池っち店長君。」

池っち店長「うぅ・・・・流石は元、情報商人!お恥ずかしながら、事実です。」

オウルカーンに似た人(以後「ザ・PRO」)
情報商人?!何のことかね!以前あれほど言ったのに、まだ私の過去に興味があるのかね?!」(愛銃“デザート・オウル44マグナム”を突きつけながら)

池っち店長「あばばばば!すいませんでした!ザ・プロフェッショナル様!」

★今回の記事はできるだけ、前回の「オウルカーンに似た人のインタビュー」を読んでからご覧下さい。前に読んだ人ももう一度読んでみてね。
■07/07/20 ディメンション・ゼロの魅力を伝える 第3回
 再び青の大陸編「謎のダークヒーロー“ザ・プロフェッショナル”登場! その正体は一体誰だ?!」
http://www.stannet.ne.jp/fb/d0/dd10.html#070720


ザ・PRO  「まったく・・・久しぶりにインタビューを受けに来たが相変わらずだな。知っての通り私は今や“組織”の幹部。忙しいなんてもんじゃないんだぞ。」

「力を合わせて闘う。それは正義の味方の専売特許ではない。」~【悪の枢軸】フレーバーテキストより

池っち店長「そう、それなんですが、青の大陸で暗躍する(最近は暗躍と言うより表立って活動しまくり)その“組織”、一体なんて名前の組織なんですか?」

ザ・PRO  「悪の組織だ。」

池っち店長「・・・だから、組織の名前。」

ザ・PRO  「だから悪の組織なんだって!名前が“悪の組織”!

池っち店長「えええぇぇぇぇえええ~!マジで?!中村さんが言ってるのぉ?!」

ザ・PRO  「創造神NAKAMURAのセンスに文句があるのかね?!

例えば漫画家の荒木飛呂彦先生も、
『スタンド、“エアロ・スミス”のコックピットの人影はなんですか?』
というファンの質問に、
『スミスさんです。』
とか答えてるんだぞ?!

天才にとっては、一般人の拘りなんて小さなことなんじゃ!!」

池っち店長「そんなモンですか・・・まぁいいか・・・
ところで、写真の真ん中は組織のリーダー【マスターマインド・スピリット】で向かって右が【ザ・PRO】氏なのはわかるんですが、左の黒いエビ、いや、黒い人は一体?」

ザ・PRO  「うむ。組織の戦闘リーダー【エビブラック】氏だ。」

「子供の頃から正義の味方が嫌いだった。自分の価値観を押し付ける卑怯者を、叩きのめしてくれる怪人を待ち焦がれていた。」
~エビブラックフレーバーテキストより。

池っち店長「おおおおお!カッコいい!!フレーバーテキストで一気にファンになっちまいましたよ!!」

ザ・PRO  「池っち店長の事だ。そうくると思って実はゲストとして連れて来ているんだよ。」

池っち店長「マジですか!!」

エビブラック「・・・・エビブラックだ。」

池っち店長「ファンです!サイン下さい!!」

エビブラック「フン。そういうのはヒーローに言え。

俺は遊びに来たわけでは無い。お前のメディアを使って、読者のD0プレイヤー達を恐怖のドン底に叩き込むためにやって来たのだ!」

池っち店長「な、何ですか?!もしかして自分のカードを『1人100枚ずつ集めろ!』とか言うつもりですか?!」

エビブラック「む。それも良いな。もし沢山集めてくれたら、1枚ぐらいサインしても良いかな・・・いや違う!俺は悪の大幹部、恐怖の対象なんだぞ!何がファンだ!死にたいのか!」

ザ・PRO  「ブラックよ。コイツのペースに乗せられてるぞ。落ち着け。」

エビブラック「くッ!俺としたことが。・・・まぁいい。利用した後はコイツも・・・くくく。改造人間にしてくれるわ。」
 
池っち店長「できればバッタとの合成人間でお願いします。」

エビブラック「貴様などナマコで充分だ!!」

池っち店長「うひょー!その場合鳴声は『ナマーッ!ナマーッ!』で良いんですか?」(大喜び)

エビブラック「おい!ザ・PRO!何なんだコイツは!!」

ザ・PRO  「“困ったおっさん”としか言いようが無い奴だ。それより、例の奴等についての情報を聞きたかったんじゃないのか。」

エビブラック「おお、そうだった。」

池っち店長「例の奴等って?」

エビブラック「最近、俺の部下の【カニソルジャー】達が見慣れぬ奴等に打ち倒されてな。ザ・PROの情報網でも正体が判然としないのだ。お前なら創造神に何か聞いていないかと思ってな・・・隠すと死ぬ事になるぞ。」

池っち店長「どれどれ・・・・」

池っち店長「これは!・・・何かどこかで見たような気がッッ!!」

ザ・PRO  「いや、言いたいことは解る。が、そこは黙ってろ!設定(?)だけ話してくれ。」

池っち店長「ええと、確か中村さんによるとコイツ等は“鎧闘士”(がいとうし)。その中でも【エビゴールド】ですね。」

エビブラック「エビゴールド!!」(なぜか嬉しそうに)

池っち店長「一部の天使達に反旗を翻された白の大陸の“マザー”が、
『自分に対して絶対の忠誠心を持つ最強の兵士』
を生み出そうとして作り上げた、“ペガサス”と“メタルロブスター”の合成体です。
ぶっちゃけ、“対・白の聖王”として生み出された兵士だったはずなんですが、聖王に会った途端に全員寝返っちゃったという・・・・」

ザ・PRO  「DNAのどこかに『聖女に仕える』的な遺伝子があったんだろうか。」

池っち店長「そこらへんも黙っといたほうが良さげな。サンクチュアリ的なところを守ったりしてるという噂も黙っといた方が。【ゴールド】以外にも色々居るという話も秘密にしておいた方が。」

エビブラック「正体はわかったが、我々の敵に回るとは良い度胸だ。くくく。聖王とやら、生まれてきた事を後悔させてくれる!!」

池っち店長「おお。さすがダークヒーロー。強敵の出現に燃えてますね!」

ザ・PRO    「うむ。実は彼は最近、ヒーローが居なくて寂しがってたようでな・・」

「幼稚園バスを誘拐しても、もうヒーローは現れない。あれほど熱望していた勝利に、エビブラックは一抹の寂しさを感じていた。」~【正義の残り香】フレーバーテキストより。
(ザ・PRO氏といい、“悪の組織”のキャラクターは渋すぎます!)

池っち店長「ヒーロー達はやっぱり、電脳世界に封印されたままなんですか?」

ザ・PRO  「いや、それがな・・・まあ、ブラックのテキストはまだあるから、その後のストーリーは発売されたカードで確認してくれ。」

池っち店長「僕は毎回、発売されたカードの中でも、フレーバー・テキストのある物を時系列順に並べて、まとめて読んでるんですよ。これが楽しくて!皆さんにもお薦めですよ。」

ザ・PRO  「うむ。D0の楽しみ方のひとつだな。・・・ところでエビブラック、さっき、読者を恐怖のドン底に叩き込むとか言ってなかったか?」

エビブラック「おお、そうだった。ふっふっふ。全国のD0プレイヤーめ、ふるえおののくが良い!!“ダダ漏れフライング情報・大会出場権利剥脱作戦”開始!!」

池っち店長「なにいいいい!!」

エビブラック「正規のルートで告知されていない新製品情報を知ってしまったプレイヤーは、一切公式大会に出場できなくなるという、D0の競技性の高さを逆手に取ったテロリズムだ!!」

ザ・PRO   「な、なんという恐ろしい作戦だ・・・!」

池っち店長「やめてーーっっ!!このホームページが消されちゃうーーー!!」

エビブラック「泣き喚いても無駄だッ!いくぞ!!

ディメンション・ゼロサードセンチュリーエキスパンション“戦士たちの共鳴”は、今月1月26日(土)に発売!

前日の発売は公式に認められているから実質1月25日には発売されるぞ!!

今回の新システムは“共鳴”!自分のユニットが移動した後なら、プレイの為のコストが大幅に低くなるというシステム。驚くほどゲームの展開が早くなるぞ!!
共鳴カードを多用したデッキは、セカンドで“呼声”が入ったとき以上の速度アップを感じられるほどだ!!

このセットの“裏テーマ”は、
『ビートダウン(ユニットで滞り無く攻撃して行く戦術の事)デッキの強化』
らしく、除去コントロールや一撃必殺コンボ系のデッキを押さえにかかり、同時にユニット戦を熱く、激しくする強烈なカードが大量投入されているという話だ!!

まちがいなく新たな環境を生み出すであろう“強烈なセット”と目される“戦士達の共鳴”、コイツの出現はもう間もなくだ!!

・・・・どうだ、恐ろしいフライング情報だろう!!」

池っち店長「あんたにはホンマにもうガッカリや!!!」

ザ・PRO  「・・・ブラックよ。そりゃ全部とっくにオフィシャルで告知されている内容だぞ。」

エビブラック「バ、バカな!これはB社に潜り込ませている部下の“カニソルジャー”から、極秘に送られてきた情報だぞ?!このレポートを見ろ!!」

ザ・PRO  「・・・そのレポートとやらには、“ディメンション・ゼロ・マガジン”とか書かれているが・・・」

エビブラック「むぅ!ムラナコさんの漫画が載ってるし、やたら凝ったレポートだと思ったが・・・・!!」

池っち店長カードキングダム作成のD0攻略記事も載ってるだろーが!!」 

エビブラックコイツはタメになる!これは大会でも勝ったも同然だな!」 

池っち店長「出る気かよ!!」

エビブラック「フッ!こうなったらこの俺様、自らが大会に赴き、直接D0プレイヤーを恐怖のドン底に・・・!」

池っち店長「もうええっちゅうねん。」

エビブラック「人間などよりも甲殻類の方が、はるかにカードゲーマーとして優れた種族である事を証明してくれる!!」

ザ・PRO  「『カードゲーマーとして』だけなのか・・・」


えー、次は際に、やっと、白の大陸の特集です。ゲストは・・・粗暴なようで、実は深い洞察力と判断力を持つ歴戦の勇士、【ホーリーバスタード】さんを予定しています!

 【エビブラック】達の活躍する(するのか?)D0最新弾、“戦士たちの共鳴”は全国のカードショップにて1月26日発売予定!

公開されているいくつかのカードだけで、多くのプロプレイヤーに「強いのはまちがいない!」と言われている注目のセットだ。売り切れる前に、予約して手に入れよう!!

■コメント欄開放

皆さんとD0の話題で盛り上がりたい!って事で、この記事ではコメント欄を開放いたします。

しかし、ここは普通のブログのコメント欄ではなく、いわば「雑誌の投稿欄」だと思ってください。つまり、「送った葉書はめったに雑誌に載らない」という事ですね。

テーマも、D0の話題に限らせていただきます。

ルール

○D0の話題に限ります。
○デッキ診断は出来ません。
○ルール上間違っているコンボ等は載せられません。
○当方で「面白い」と判断したコメントを選んで掲載させていただきます。
○時間が無いので、僕はコメントのお返事をできません。なので僕に対する問いかけはしないで下さい。(たまに時間がある時書き込ませて頂きますが、基本的には無いと考えて下さい。)

繰り返しになりますが、普通の掲示板ではなく「採用された記事だけが載る読者コーナー」とお考え下さい。

それでは!



コメント ( 10 ) | Trackback ( 0 )


« 1/22はルール... デュエルマス... »
 
コメント
 
 
 
はじめましてー (period)
2008-01-20 01:11:36
まさか・・・エビゴールドって○闘士○矢ですかい!?
ていうか、かっちょいぃぃぃぃぃ!!
とりあえず、弱くても強くても三枚集めたくなる。
D0はカードのデザインにすごくこだわっているし、フレーバーテキストも読んでて飽きないっていう、やっててよかった。
 
 
 
Unknown (隣のトロロ)
2008-01-20 18:16:14
>エビブラックは一抹の寂しさを感じていた。

悪は正義の味方がいるからこそ暴れられる…
正義の味方は悪がいてこそ活躍できる…
昔読んだアフターゾーンの、ストーリーの一つを思い出してしんみりした…頑張れブラック…きっと新しい正義の味方が出てきてくれるさ…

>ぶっちゃけ、“対・白の聖王”として生み出された兵士だったはずなんですが、聖王に会った途端に全員寝返っちゃったという・・・・

マザー駄目駄目だな
・聖王復活を阻止するために、ジェネラル再教育で皆に不信感
・ジャッジメントに反旗を翻され、薔薇騎士軍団造られる
・跡継ぎ予定のボーイはペンラムたちに指示、つかマザー側じゃないだろボーイ…
・んで切り札“鎧闘士”は聖王に盗られた…
 
 
 
正月から (漆黒)
2008-01-21 01:44:24
ディメンション・ゼロを金が入る正月からプレイしています。
ディメンション・ゼロはカード名がかっこよくてフレバーもいい。DMやってますが、DMよりフレバーがかっこいいと思います。(対称にしている年齢層とかの違いかもしれませんが。)
今はドール&サラマンダーのデッキを使っていて、合言葉は「鬼神合体!!」「GO!アク○リオ○!」(出て来るのはザガリオンですが・・・)友人は堕天使デッキ使ってます。(合体入ってるのでR18(R18のデッキを中学生が使うなんて!))
友人のデッキにはハナエルが入ってるので(資産上)バルビエルと合体するとまずいですな。(いろんな意味で)
新しい弾も面白そうですね。ひとつ思うことは正義の残り香のフレバー。さびしい→少し虚しい→エビブラック(以下EB)がバス誘拐した後どうするのか。
園児「ヒーローがきっと助けに来るよ!」
EB「ははは、ヒーローどもなど来ない!」
EB(・・・もう本当に来ないのだな・・・何を考えているんだ俺は、あれほど熱望していた勝利じゃないか!だが、これは本当の勝利なのか・・・どうすればいいんだ俺は!)
こんな感じの妄想してます。俺の妄想では、この後EBはヒーロー助けに行きます。(何!(誰も聞いてねぇ))
ストーリーも気になるし戦士たちの共鳴楽しみにしてますね。
長文失礼しました。
 
 
 
Unknown (隣のトロロ)
2008-01-22 09:05:10
エビが☆矢になったと喜んでる最中…ふと思ったけど、ヒーローには今のところ、女性ヒーロー(つかヒロイン?)っていませんね。(ダンサーは踊り子だから除外)

セーラー服的美少女戦士とか、二人は白黒キュア・とか、お願い自分メロとか…え?最後のは違う?まぁいいや。

まぁ出ちゃったら色んなところで波紋を呼ぶこと間違いなしでしょうが(笑)
可愛いとはしゃぐピースブリンガー、新ヒーロー登場で湧くマキリ達、卒倒するホリプパ(笑)

以下妄想
エビムーン・エビキュアホワイト・エビキュアブラッk…!
ま、まさか!エビブラックって!?(ごめんなさい!逝ってきます!
 
 
 
つっこみドン (子狐はるむ)
2008-01-22 18:59:08
うぉう! エビブラックがイカス!タコス!ミツカン酢!!(意味不明)

 像の上でマントをはためかせてかがんでいるイラストはどっかで見た構図・・・ハッ、バッ○マン!

 今度の弾もツッコミどころ満載の予感ザンスよ。
キューティー・バニーと相性のいい、ダンサー・クローとかねぇ。(ヒント:元ネタの敵の組織の名前)
 
 
 
 
Unknown (Sola)
2008-01-23 05:34:13
ディメンションゼロをビフォアセンチュリーからやってるSolaです。
ダンサークローと妖魔の詩人がSなのがちょっと残念です。
スティンクバグマスターがマントルを漂う遺跡とランデスができるのが酷いw
 
 
 
悪の枢軸 (くろの)
2008-01-23 14:52:20
咲かぬなら 咲かせて見せよう 悪の華 
(そんなイメージ)

かっくいいぞ!!悪の組織!!前弾は「ドール/サラマンダー」で「スーパーロ○ット対戦ごっこ」を楽しませた次は「悪の美学」ですか!!クソッ楽しみじゃないですかッ!!

ところで新能力「共鳴」は今発表されてるものだけでもかなりの期待が持てそうですね!!

そういえば青の大陸には一度だけコスト0で移動できるユニットがいたような・・カニソルジャーにマスターマインドスピリット・・・・・・・・アレ?

両方とも悪の組織のメンバーじゃないか!!

これって、つまり青の「共鳴」デッキにはもれなく悪の組織が入ってくるってこと!?なにそれ!?
悪の天下?カニの天下!?カニ道楽!!!(アレ?)

どうやらカニは名実ともに青の大陸を支配した模様。

集めに集めた俺のショッカ・・もといカニソルジャー達にもようやく出番が来たようです。

・・では憎きヒーローどもを懲らしめてくるか。
     (気分はすでに悪の提督)

 
 
 
(Sola)さんへ (池っち店長)
2008-01-25 03:35:25
確かにあの2枚は、欲しくなるレアですね。
でも、同じような能力のカードが他の色にもあるかどうか。確認してみては?
 
 
 
ものすご~く場違いな話ですが・・。 (くろの)
2008-01-27 14:58:29
今週のカードキングダムラジオで紹介していた「雲海の牧場」の件です。

あのベースの効果は「移動コストを支払うまで移動コストを[無0]にする。」のはずです。

てことは移動コストが[無0]になっただけで移動コストそのものが無くなった訳ではないので、ラジオ内で言っていたようなターン中何度もタダで移動するなんて事はできないのでは??
(カニソルジャーのQ&Aにそのような記述があります。)

自分の勘違いなら良いのですが、もし違っているのなら次回で訂正した方が良いかと。
(個人的には店長さん&マッシュの土下座祭り希望です☆)


ではこれからも楽しいラジオ期待してます。
場違い&おせっかいなコメント失礼しました。

P・S・・またラジオドラマやって(笑)
 
 
 
(くろの)さんへ (池っち店長)
2008-01-29 02:03:47
むぅ!まじスマン。確かに間違いだ。コストゼロでもゼロ払った事になるわいな。すまん。君の言うとおりだ。
ラジオでは3回ぐらい後の番組で訂正かなぁ。

ところで、カーキンラジオのドラマ、僕も今でもたまに聴いて自分で爆笑してるんだよ。あの脚本を書いてた時は、何か「降りて」来てたな。俺に。
またやりたいなぁ。もうすぐ第100回だから、まるごとやってみるか?!
何かネタある?!

まだ聞いた事の無い方はこの回を聞いてみて下さい。
最初は飛ばして、いきなりドラマ編から聞くのがおすすめ。
http://www.stannet.ne.jp/fb/cgame/radio.html
■番外編 06年12月04日更新 約45分
(第三十三回の次の回です。)
 
コメントを投稿する
 
現在、コメントを受け取らないよう設定されております。
※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。