流体機械設計と流体解析シミュレーション

流体機械設計と流体解析シミュレーションを行っている株式会社ターボブレードの社長である林 正基の日々について記載しています

タービンパンク世界でのフライングバイクへ外装変更と機器の追加

2017年05月17日 | タービンパンク

以前に計画設計していたフライングバイクをタービンパンク世界観の中でのフライングバイクとして、外装の変更と機器の追加を行いました。

フライングバイクの外装は少しレトロ風にしており、追加機器としてはメーター部、乗車員用のヘルメットと上半身用空調プロテクターとなります。

なおタービンパンク世界は自分の造語であり、タービン技術の発展と普及、利用が広く身の回りで起こり、それが近未来の特徴ある世界を形成していくという概念です。

<今日の流れ>

今日は午前中はメール関係への返事を中心として作業しますが、午後からはあるワーキンググループの集まりがあり、それに午後いっぱいは参加します。

夕方には終了しますので、それから食事に出る予定です。

ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
« 二重反転プロペラドローンの... | トップ | スケルトンメカロボット掃除... »