たけのこの郷 

クワガタとカブトの話なんですが・・・

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

20日は大宮KUWATAフェアです。

2016-02-12 20:36:34 | アマミマルバネ 飼育中
かなりのご無沙汰です。
旧正月になったので、少し落ち着きました。
「貧乏暇なし」とはよく言ったものだと体感してます。

突然ですが、来週の2月20日(土)は大宮KUWATAフェアです。
10年くらい前に比べれば、比較にならないくらい来場者数は激減していますが、この2~3年は徐々に来場者数が増えている様に感じるので、じわじわ人気は戻っているのでしょうか?
今度のフェアは爬虫類屋も多数参加されるとの事なので、爬虫類狙いの人も来るかもしれませんね。
まぁ私は、いつもの様に店舗の販売応援でゼリー販売をしてるので、もしよかったらゼリーを買いに来てください


今回久々に更新したのは、2014年にホノホシさんから頂いた「卵の10個」の経過報告の意味で、更新します。

気持ち的にはしっかり管理して大きくしたいと思っているんですが、昨年はかなり放置状態になっていたのであまり期待してなかったんですが、こんな感じになってました。

ホノホシ産アマミマルバネクワガタ(徳之島)

10頭いた幼虫が現在8頭になってしまいました。ほのほしさんゴメンナサイ・・・
①2015年3月1日 2令→同年6月20日 17.0g→2016年2月6日 20.9g
②2015年3月1日 2令→同年6月20日 17.7g→2016年2月6日 19.7g
③2015年3月1日 2令→同年6月20日 11.7g→2016年2月6日 16.9g
④2015年3月1日 2令→同年6月20日 13.2g→2016年2月6日 17.2g
⑤2015年3月1日 2令→同年6月20日 10.7g→2016年2月6日 13.8g
⑥2015年3月1日 2令→同年7月21日 17.6g→2016年2月6日 ★
⑦2015年3月1日 2令→同年7月21日 16.0g→2016年2月6日 23.0g
⑧2015年3月1日 2令→同年7月21日 17.0g→2016年2月6日 23.0g
⑨2015年3月1日 2令→同年7月21日 16.8g→2016年2月6日 26.9g
⑩2015年3月1日 2令→同年7月21日 ★
簡単な内容ですが、こんな感じです。
私の飼育環境は寒いとは思いますが、①~⑤は完全に駄目ですね。(もしかして♀?)
それにしても①~⑤と⑥~⑩は餌が違うんですが、こんなに差が出るもんなんですね。
マルバネの飼育は初めてなので解らないんですが、成虫体型から想像すると幼虫体重は30g位になるのかと思ってたんですが、やはり難しいもんなんですね
たぶんこの夏以降に蛹化すると思いますが、前蛹&蛹期間が長い様なので来年まで放置です。
はたして何頭羽化してくれるでしょうか
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

クワガタの事ではないけど

2015-10-21 21:28:02 | 雑記
また大分空いてしまいました・・・

本当に最近忙しくて餌替えも疎かになっていて、カブト達はかなり★になってしまいました。可哀想な事をしました

いろいろしている中の一つの「南部領辻の獅子舞」の10月の奉納が先日終わったので、極一部の写真を。

私の生息地に約900年前から伝わっている獅子舞(さいたま市指定無形民俗文化財)です。
この写真だけだとさっぱり伝わらないと思いますので、ご興味のある方は、次回見に来てください。
次回と言っても今度は5月だから、だいぶ先ですけどね
それとこの様な写真をアップすると、地元の人達にクワガタの事もばれそうでだからこの程度に留めておきますね。
*ちなみに「南部領辻の獅子舞」で検索すると多数ヒットします。その中の多数の記事?HPを良く見てみますと、私の素顔が色々載ってます。

今日はこのまま終わります。

そうだ、今度の25日(日)は横浜KUWATAフェアです。
久しぶりに参戦しますので、お近くの方は遊びに来てください。

どうぞ宜しこ~
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

愚痴

2015-08-11 10:57:06 | マイシカ 飼育中
やっと明日からお盆休みになります。
このお盆休みにクワ作業でもしようかと思ってたんですが、私用でいろいろあり、1日まる休みは12日しか無さそうで、その他は日中は不在の状況になりそうで、あまり休まらないかもしれません
その貴重な時間の中で効率良く作業をしようと、休みに合わせた着日に荷物が着く様に餌等をネットで購入してたんですが、こういう時に限って荷物が来ないんですよね。
6日(木)にネットで購入し、着日は選択日からクール便で9日(日)着を選び、6日の内に入金完了。
8日(土)の夜になっても出荷の連絡が無いので、「これは出荷されないのか?」と心配しつつ9日(日)になる。
9日(日)案の定荷物来ず。
10日(月)の早朝、「菌糸瓶8本とゼリー4袋&プリンカップは同梱包(クール便)出来ないので、カワラ菌糸ボトルもクール便ではなく一般便で出荷していいでしょうか?」との連絡。
???まさかの着日が過ぎてから、しかもカワラ菌糸の高温に弱い菌をこの暑い中の一般便で???
今まで購入していたメーカーからは、菌糸ブロックを購入時にうっかりクール便指定を忘れても「菌の事を考えてクール便で出荷させてほしい」とかクール便にしてほしいという連絡はありましたが、今回のお店はクール便代を払ってから(佐川急便で送料450円と謳っているところ、クロネコヤマトでクール便の高い送料を入金している)着日が過ぎてからクール便で発送できないと。
いろいろ事情があるとは思いますが、6日に購入しているので6~8日の3日間のどこかで連絡してくれても良いのではないかと思っちゃうんですが。
しかも「連絡が遅くなりました。」とも無く、普通に(当たり前の様に)10日(月)にメールが来ましたからね。
このお店は、「当日14時までの注文 即日出荷 北海道から九州まで送料450円」を謳い文句にしているお店(主にネットショップ)なんです。
速くもなければエサも割高になってしまいました・・・

私の偏見ですが、この店に限らず、ネットショップは商品や購入者の事より、自分たちの効率を優先しているショップが多い気がします。

便利になればなるほど、弊害も多くなる様にも感じますね。


愚痴onlyなので最後に蛹を。

Rhaetulus maii (マイシカ) 産地;ベトナム コンツム
私の経験上、この様に平らな場所に蛹を放置してると、♀は平気な事が多いけど♂は羽化不全になる確率が高いので救出です。
蛹の状態では解りにくいですが、シカのこの大顎の湾曲ってカッコいいですよね
マイシカって好みが分かれるみたいですが私は好きです
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

無視してすみません(泣)

2015-07-31 21:26:12 | アンタエウス(中国産)飼育中
最近、半端なく忙しいです。
仕事も忙しいですが、今年は我が息子もとうとう中学生になった為、リフォームで息子の部屋を作らないといけなくなったんですね。
その工事が今週から始まったので、先週までその準備が大変だったんです。

PIKAのガラス温室を3台とメタルラック3台、マットやガラス瓶、そしてクワガタ成虫&幼虫の約600匹の移動を夜な夜な少しずつ移動してたので、この間ネットもメールも見てなかったんです。

ここですみません。申し訳ありません放置してました。
思いっきり1人の方への返事です。

今現在、新成虫は♀しかおらず、♂は3頭ほど蛹になっていますが、この♂蛹が羽化して使えるようになるのは早くても10月末頃と思われます。(たぶん来年にならないと使えないと思います。)
なので、今現在、販売できるとしたら、以下の個体しかいない状況です。

Dorcus antaeus miyashitai (中国アンテ) 産地:中国広西壮族自治区 大瑶山

♂:累代 WF2 体長75mm 頭幅28.6mm 羽化日:2014年5月29日(写真1&2)
♀:累代 WF3 体長43mm 頭幅12.1mm 羽化日:2015年5月中旬 (写真3)

♂と♀は同血統になります。
状態は即ブリです。

でもここで問題があります。
このブログはコメント許可すると、即公表になってしまうので、連絡先や名前等の個人情報を書いてしまうと問題なんです。
しかも私の現状では、お盆休みの11日~16日の間しか発送できないし、17日の週から中国出張予定なので、発送後の連絡が取れなくなってしまうんです。
*私がオークションに出品しなくなった理由は、発送手配日がその日その日の当日まで解らないからなんです
もし、さいたま市近郊にお住まいの方ならば、「直接お会いして受け渡し」というのが私の希望なんですが、お住まいはどちらの方なんでしょうか?
*私はお店に納品する時も、高速(東名、中央、外環、首都高)を使って私が直接納品するくらいの直納好きです(発送事故を回避したいだけなんですけどね)

もし前向きな意思が御座いましたら、出来る限り対応させて頂きたいと思います。
ご検討の程、どうぞ宜しくお願いします
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

まだまだ遠い・・・

2015-07-13 14:21:50 | アンタエウス(ベトナム南部産)飼育中
台風が過ぎたらメチャクチャ暑くなりましたね。こりゃ堪らんです
私の虫スペースは22℃設定にしていますが、日中は24℃位まで上がってて、場所によっては25℃になってました。
これではポリ容器の菌糸瓶の中は27℃位になって、一部の種類しか耐えられない気がします。
私は今でも時代い遅れのガラス瓶で飼育しているので、容器内の温度がそこまで上がらないようにしているのですが、ポリ容器で飼育している人達は大丈夫なんでしょうか?
温度が高いと★にならなくても羽化不全率が上がると思うので、置き場なども工夫しないとヤバそうですね。
クワガタ&カブトの飼育も、セレブの趣味に成りつつあるかも。

先日、期待の「ベトナム南部産アンタエウス」で、結構良いサイズの♂が羽化してました。

Dorcus antaeus (ベトナム南部産アンタエウス) 産地:ベトナム南部 ダラット

2014年01月26日 2令
2014年08月23日 体重40.0g 頭幅14.7mm
2014年10月22日 体重39.6g
2014年12月30日 体重36.8g(大暴れ)
2015年03月28日 蛹化確認
2015年05月24日 羽化確認 体長82.7mm 頭幅30.3mm

写真のノギスは83mmアップになっていますが、実際は82.7mm位しかありません。
左手で虫を持ち、右膝と左手でノギスを安定させ、右手でカメラを持ちシャッターを押す。という状況なので、どうしても上手く撮れないんですよね
比較しちゃいけないかもしれませんが、もしこの♂が体長90mmだったら頭幅32.9mm計算なんですよね。
もし100mmだったら36.6mmです

ちなみに現在、BE-KUWAギネスでは世界のクワガタ大図鑑に基づき、ベトナム南部産はマレーシア産の括りで考慮する予定見たいですが、この個体を見ても「マレーとは違う気がする…」と言われたので、今後はインドシナの85.0mmを目標にした方が良さそうです。
*という事は、ベトナム南部産はssp.dateiなの?ssp.miyashitaiなの?

解っていますが、やっぱりギネスは難しいですね
コメント
この記事をはてなブックマークに追加