高塚人志~明日も笑顔でいるために~

「人と関わる教育の継続的実践で日本の子どもは救われる」
をテーマとした、高塚人志の日々の活動の記録をお伝えします。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

すっかりご無沙汰していました。66歳になりました。

2016-07-02 | Weblog
こんにちは!髙塚です。
すっかり ブログとも「さようなら」をしていましたが、
今日からまた はじめますね。
みなさん ご無沙汰していますが、よろしくお願いします。

5月の誕生日で66歳になりました。
我が家では、90歳の父と88歳の母と娘夫婦に孫達と同居していますので
毎日がとてもとても賑やかです。先日は内孫外孫七人が集まりました。
 動ける間は 大学勤務とあわせて全国飛び廻ろうとしています。

 ご存じと思いますが、小生は28歳で病に倒れ 二度入退院。
二度目は七か月の長い入院生活でした。そして、二年間の休職。
治療薬はないということで、まさに自暴自棄となり、心もからだも壊れていました。
そんな折れた心とからだが、本来に近いほど取り返せたのは、
日々の食を正したことなんですね。
 ご飯と御味御汁に僅かのおかず。素食(空腹は最高です!)、咀嚼(しっかり噛みました)、
精白された砂糖は口にしないなど、徹底することで・・・・

 以来、「食といのち」を教育現場と世間で語り反響をいただきました。
そして、定時制高校でこころが大きく揺れていた若者と向き合うこと6年。
また、人生を大きく変えることになった鳥取県立赤碕高校は人間関係構築力を継続的に学ぶ学習に
全国のどの高校より、いち早く着手し9年間実践・・・・。
これはやはり大きかったなあ・・・・・・・・・・・。

 人生 大きく転びましたが、今は鳥取大学勤務12年目です。
小生の講義を待ち望んでくれる学生も少なくありません。
有り難いことです。
 そんなこと 少しずつ紹介していきますね。



 
 

この記事をはてなブックマークに追加

 ブログ再スタート

2015-04-12 | Weblog
 全国のみなさん、塚です。
すっかりご無沙汰しています。
 ホームページも更新せず、
今日まで来てしまいました。
どうにかこうにか、ホームページも少し整理し、
ブログも本日からあらためて再スタートします。
こんな小生ですが、なにとぞよろしくお願いします。

 小生、この3月末で鳥取大学を退官しました。
平成17年から今日まで10年間、鳥取大学医学部
准教授として勤務していました
(それまでは鳥取県内の高校の先生30年ほど)。

まさにゼロから人間関係を構築する際に大切なコミュニケーション。
日本の国になかったコミュニケーション教育。
あっというまの10年間でしたが、
ヒューマンコミュニケーション教育を試行錯誤しながら
小生なりのものを構築してきました。

 この4月から鳥取大学医学部 特任教授として勤務します。
今後も変わらず ご指導よろしくお願いします。

 今日は90歳が近い父と畑に出かけて草取りでした。
近いうちに 畑に野菜をと考えています。自然の中での
一日 とても心洗われる一日でした。
 
 

この記事をはてなブックマークに追加

 1年ぶりのブログです。よろしくお願いします。

2014-01-13 | Weblog
遅くなりましたが
新年おめでとうございます。
塚です。みなさん、こんばんは!
ずいぶん、ご無沙汰していました。
1年ぶりでしょうか。

昨年、大学の仕事と合わせて、なにかとバタバタ。
ご心配やご迷惑おかけしました。
本年もどうぞよろしくお願いします。

年末は、本学医学部の記念講堂で
恒例の鳥取大学短期集中ヒューマン・コミュニケーションセミナー開催。
北は千葉県、南は鹿児島県の全国から高校生から様々な職種の人たちなど
50人を越える人たちが参加されました。

参加者のAさん。
○時々、自分の人生の中で立ち止まり、ふりかえる時期があります。
これでいいのか?こんな私でいいのか?今回、自分の生き方
、歩んでいる道に疑問を抱き、私が変わらなきゃと苦しんでいた時期だったので、
セミナーは本当に心に沁みました。
自分をしっかり知るという貴重な経験をさせていただきました。
性別も、年齢も、仕事も、環境も違う50人を超える人たちが
先生の魔法にかかると、あっという間に心が一つになれる!
その一体感に感動しました。
気持ちが繋がり合う心地よさ、と満たされた心。
高塚先生spiritsを今後も持ち続けます。
そして、全国に、同じ志を持つ仲間がいることに
心強く思っています。
今回、学んだことは、必ず自分の生活と仕事に活かせると思います。
今の気持ちをずっと持ち続けたい。

Bさん
○2日間通して考えたことは
「自分探しの2日間」だったなあと思います。
人との接点を探す前に自分を知ることから始める。
自分を知らなければ、人とどうこうできるはずがない。
確かにその通りだと思いました。
今までも(自分のことをわからない状態でも)
それなりに人との接点をつくってきました。
しかし、これまで以上の接点を求めるのであれば、
今回のセミナーの内容は、避けて通れない道筋のような気がします。
巷に溢れる技術だけのコミュニケーション教室でスキルを磨くのも
ひとつの方法なのかもしれませんが、
私個人の意見としては、高塚先生のメソッドが一番理にかなっていると確信しますし、
何より、これまでの「現場」が、その「成果」が物語っていると思います。
「コミュニケーション」の最初のとっかかりが、出会いが高塚先生であったことに感謝します。

 いかがですか。
 ステキな出会いでした。

そして、新年!恒例の箱根駅伝競走・・・。
我が母校(順天堂大学)健闘しましたが・・・
来年は予選会から。頑張ってほしいなあ。

 明日は湖山キャンパスで昨年の秋からスタートした
「人として」の講義。農・工・地域学部等の学生が
仲間と小生と向き合いつつ今月一杯関わります。
どんなクライマックスになるか・・・。
 これまた ご紹介しますね。

 それでは 今年も1年間 よろしくお願いします。









 

この記事をはてなブックマークに追加

四世代

2013-04-06 | Weblog
 こんばんは。
現在、21:34分。

きょうは、大学での授業準備等で
あっという間の1日でした。
学生の授業記録を整理して
次の授業日にまとめて返すのです。
これを8年間続けてきました。

学生の授業記録を全て読んで
まとめるのは大変な時間がかかりますが
学生にとってプラスになることならと
今年で9年目。続けます。

 さて、母が退院しました。
肺炎でした。高齢なので心配でしたが
我が家に帰ってきました。
 昨年から二度ばかり入院していて
とても心配しましたが
我が家に帰ってきてホッとしています。

 四世代の我が家。
両親や孫達とこうして過ごせることに喜びを感じます。
1日でも元気で穏やかな毎日を
過ごしてほしいと願うばかりです。

この記事をはてなブックマークに追加

25年度の授業スタート

2013-04-06 | Weblog
 お変わりありませんか。
あっという間に4月。
桜の花も我がふるさとは満開。
とはいえ、今日の雨で 散ってしまうかな・・・。

 今年は、なんと4月1日から大学の授業は始まりました。
医学科2年のヒューマン・コミュニケーションⅡ。
そして、大学院臨床心理学専攻の1年生の「コミュニケーションの基礎」
授業もスタート。
 大学は入学式も終え、いよいよ来週から医学科1年生の
「ヒューマン・コミュニケーションⅠ」や農・工・地域・生命科学などの
学生対象の「人として(すてきなあなたになるために)の授業もスタートです。

 今年で大学勤務も9年目。
62歳の小生。まだまだ未熟者。
毎年、さらに自己を見つめ直しながら
このようにたくさんの授業を担当するということは、
時代を担う若者と向き合わせていただくチャンス・自己研鑽のチャンスと考え
今年もさらなる気づき学びをと・・・。

 本年度もよろしくお願いします。

この記事をはてなブックマークに追加

お母さん

2013-02-21 | Weblog
 あっという間に今年も2月中旬。
お変わりありませんか。
 朝から雪が舞っています。
妻の母が亡くなりました。
穏やかなお母さんで
お母さんが大きな声で怒っていらっしゃるところに
出くわしたことはありませんでした。
入院中でしたが、まさか・・・・
妻が朝見舞って、顔をみて、声をかけ、少し息が荒いかなと
思ったそうですが・・・そして、見舞って帰る途中に病院から電話。
引き返してお母さんに対面したときは・・・

 悲しいですね。
お父さんが天国で待っていてくださるのでしょうが、
これで妻の父や母はなくなりました。
私がしっかり 妻を支えていこうと思います。

 お父さん お母さん 妻(娘)としっかり
生き抜きます。妻と共に歩き妻を支え続けます。
天国から見守っていてください。
 
 明日が出棺です。

合掌

この記事をはてなブックマークに追加

 2013年よろしくお願いします!

2013-01-30 | Weblog
きょうは 2013年1月30日 
みなさんお変わりありませんか。
ずいぶんご無沙汰していました。
四世代で生活している高塚の家もいろいろありまして
ブログの方も中断していました。
 開いていただき楽しみにしていらっしゃる方には
申し訳ありませんでした。

 これから ちょっとだけですが
無理ない程度に 書き込んでいきますので
なにとぞ よろしくお願いします。

 大学での小生が担当している授業も本日で
全て終わりました。2012年度の前期後期
全て終えました。大学勤務8年ですね。

 今年は9年目に入ります。
今までをしっかり精査して 本年度も様々な事に
トライし続けたいと思います。

 明後日は 東大病院で開催される全国の国立病院にご勤務で
放射線関係の担当者の方の研修会の一コマを小生が担当するために
東京に入ります。

 なにはともあれ 今年もよろしくお願いします。

この記事をはてなブックマークに追加

赤ちゃん万歳

2012-07-22 | Weblog
お変わりありませんか。
高塚です。

梅雨明けで毎日猛暑ですが
体調維持にたいへんです。

さて、学校は夏季休業ですね。
といっても大学の授業は今月いっぱい。

先日 東京都内の大学の関係者が
湖山キャンパスの「人として」の授業見学においでになりました。
月末は医学科1年の授業に石川県のある探題関係者が参観予定です。

我が家は双子の赤ちゃんもガサガサし始めました。
子守もときどきするんですよ。
いないいないばぁ!

ちいさないのち。
でも、私たち大人に元気と勇気を届けてくれるんです。
赤ちゃん万歳!

そんな赤ちゃんの力を少し借りて
人間関係構築力を学ぶ「赤ちゃん登校日」授業を
発案し8年目。一学期も鳥取、島根の3校で関わりました。
夏季から秋にかけて、石川県、島根県、奈良県と関わりを持ちます。

赤ちゃん登校日授業については
小生のホームページをご覧ください。


この記事をはてなブックマークに追加

ジョギング

2012-06-10 | Weblog
 お変わりありませんか。
夕方、久しぶりに 家の近く、畑の周り、山間など
ゆっくりとジョギングしました。
 久しぶりのジョギングで 途中までしんどく感じましたが、
走り終わってからの爽快感を味わいました。
 時間を作って これから意識して走ろうかなと・・・・・・・

 道ばたに目をやると、アザミ、そして、ドクドミが
きれいな花を咲かせていました。
さっそくとって帰り、絵手紙の材料にとスケッチしました。

 なんとか 赤ちゃん登校日」授業を終えたとき
参加のパパママにメッセージを添えてお配りしたいなあと思いました。

 さあ、また明日から月曜日!
しっかり 出会いを大切にして
そばにいる人を大切にしていきたいと思います。
   

この記事をはてなブックマークに追加

学生が変わる

2012-06-03 | Weblog
こんばんは。高塚です。

さて、鳥取地区の学生に対して「人として」という
科目で自らの生き方や普段の人間関係を見直す一助にと
「体験学習」を中心に授業を進めています。
学生の変化を少しずつ感じています。

4回目、5回目の授業後の学習レポートから少し紹介です。
今回の4回目のテーマは、「自己紹介」
相手のための自己紹介の再考と5回目のテーマは
挨拶再考がねらいです。

○1回目の自己紹介は納得できたが2回、3回とするのが疑問だったが、回数を重ねているうちに妙な信頼関係ができあがっていたのだろうか。自己紹介で話す内容が少しずつおもしろくなってきた。1回目は堅苦しくて先生が言われた内容をそのまま自分に置き換えるだけだったのが、3回目には自分たちのありのままの姿みたいなものが見れた気がした。この授業はすごいなあとあらためて思った。まだ4回目なのに自分が変われる気がしてきた。15回目の7月には、自分はどうなっているのだろうか。グループの仲間と涙して別れるのだろうかと楽しみにもなってきた。

○グループでの自己紹介のときに、プリントに書き込んだものを見ながらの発表だったが、これをみずに言えたらすごいだろうな・・・と思いながらも、やはり、照れくささで、プリントを凝視してしまいました。次からはみんなの目を見て話せるようにもっとがんばろうと思いました。今日の授業ですごく感じたのは、授業を受けているみんなの雰囲気が明らかに初回の授業よりすごくよくなっているということです。笑顔が増えていたり、表情が柔らかくなっていると驚きました。

○挨拶とは何か。挨拶する意味は?を考えたときに、予想以上に何も思いつかなくて、驚いた。でも、グループで発表すると、「なるほど」と思える内容がいくつかあって、みんなで協力すると、たくさんの意見が出ることをあらためて、すごいことだと思いました。そして、1対4で向かい合って挨拶するとき、選ばれなかったら少し寂しい気持ちになりました。確かに、友達とすれ違ったときに、自分だけに挨拶をされなかったら、「嫌われているのかな」と感じると思う。

○今日でこの授業を受講して5回目ですが、毎週人の目をみて話す大切さがわかってきて、同時にからだを向けて挨拶することの大切さがわかりました。まだまだ自分に欠けているところは山ほどあるが、人としてステキなあなたになるための授業を通して、社会でも通用する立派な大人に近づければいいなあと思っています

この記事をはてなブックマークに追加