明るいときに見えないものが暗闇では見える。

映画を消費モノにさせないための咀嚼用ブログ。自己満足風。
それと苦手な文章の練習用。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

【アバター】 いろんな意味で革命的

2010年01月15日 | 映画
【ネタバレあり】


話題の『アバター』を観てきた。
アバターって言っても富士通のハビタットじゃないよ。キャメロン御大の新作だよ。
#知ってますかね。。。


で、まず一言。やっとこういう「懐の深い"娯楽" 映画」が出てきたなというのが正直な感想。

これまでも「自然 vs 愚かな人間」的な作品は多数作られてきた。『アバター』もその類の映画であり、傲慢で欲深い人間を自然とそれとともに生きるモノたちの力が諭すお話である。身近なところでは宮崎ジブリの『ナウシカ』『もののけ姫』といったところが馴染み深い。さらに全体的なプロットは『ダンス・ウィズ・ウルブス』ままで、征服者側の人間が先住民達の思想文化に魅せられて反旗を翻すという内容。欧米的な視点で言えば、宗教・利益のためにアボリジニやインディアンを蹂躙し自然を破壊してきた自らの過去を戒め、高い精神性への目覚めを促す映画だ。

さてこれらの映画に共通して言えることは、「そのメッセージ性ゆえ暗い話になりがち」「感動作にはなってもハデな娯楽性を伴いにくい」というところ。そこで今回の『アバター』がスゴイと思うのは、その前提を吹っ飛ばし全くのハリウッド娯楽作に仕立て上げているところ。深い自戒の念を込めながらも、ハデで興味をソソるSFアクションが共存しているところにアッパレだ。

まず「アバターシステム」のアイデアが秀逸。
ナヴィと人間のDNAの混合体を思念で操るっていうだけで、エセ科学ふぁんな我々wには痺れるほどストライクだ。最初は借り物に感じるアバターの体もパンドラを駆けまわるほどに自らのものと感じ、ジェイクの車椅子同様、狭い客席に閉じ込められた我々観客もスクリーンの中で自由に飛び回っているかのようにシンクロする。当初軽い拒絶感を感じたナビィの風貌さえ勇壮に可憐に見えてくるから不思議だ。

惑星パンドラとナヴィ達に流れる思想は、いわゆるブッダの教え(諸行無常)や『ミュータント・メッセージ』などに見られるシャーマニックでワンネスな思想(自然も人間も皆ひとつのものである)がベースと思われるが、それをあの神経ネットワーク(?)というものに置き換え、非常に視覚的にも分かりやすく表現したアイデアに感嘆。植物、動物、そしてナビィ達が相互に接続され惑星までもがひとつのものとして繋がっているというバックボーンの壮大さに圧倒された。しかし「エイワは自然の調和を守るだけ」と言っておきながら、最後はがっつりナビィに加担してしまうなど、あきらかにそんな思想よりも娯楽作としての勧善懲悪さを選んだキャメロンの確信犯的行動に喝采を贈りたいw。まあちょっと俗物的すぎるのでできればもうちょっと神経ネットを生かした平和的な解決としてともよかろうもんと思ったりもするがw。まあわざとでしょうからw

そして何といってもマイルズ大佐が熱いでしょう!あのカッコ良さに男は誰もがシビレるにちまいない。さあ息を止めろ、パワーローダーで闘え!ボクのようにナビィよりも彼の熱い軍人魂の方にカタルシスを感じた人は多いだろう。個人的には主人公は彼といっても過言ではないw。このような魅力的な敵役を配したところも本作が娯楽作として成功した要因と思う。ままこちらもできればリプリーがローダーに載ってもらえるとセルフパロディとして完璧だったのだけれどもw

そしてなにより本作は "映像革命" と言っておく。それぐらい本作の映像はスゴイ。『2001年宇宙の旅』や『ジュラシック・パーク』というような歴史的映像革命を起こした作品に匹敵する衝撃度だ。いやそれ以上かもしれない。ついにCGと実写の境目がない世界が来たという感じ。単に実写の人物をCG背景にマット合成するとかそういったレベルではない。もうどこまでがCGなのかどこからが実写なのか分からない。学生時代ちょこっとCGをカジっていた身としては、デジタル合成もついにここまで来たかと全編舐め回すように観てしまったw。映像だけでも本作は観る価値あり。


深いメッセージを込めながらも結局勧善懲悪にしちゃう分かり易い安っぽさとの絶妙なコラボ。シャーマンにエセ科学にメカにと闇鍋の様相を呈しながらも完全に調和のとれた素晴らしき脚本。そしてそれをまとめ上げ興行収入トップを軽々と奪取するキャメロンの手腕。そうそう観られないハリウッド大作。いろんな意味で革命的。必ず劇場でどうぞ。




評価:★★★★★



さて3Dメガネについてはまだまだ苦痛と効果のトレードオフには至らないというのがボクの結論。正直相当目が痛かった。メガネなし3D技術を期待しまふ。

またサム・ワーシントンがターミネーター4とは比べ物にならないほど良いです。

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへにほんブログ村

↑富士通Habitat 知ってる人は必ず押してねw
『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント (1)   トラックバック (12)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 【THIS IS IT】 for the fan... | トップ | 【フォース・カインド】 for... »
最近の画像もっと見る

1 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
おじゃまします (ピロEK)
2010-05-23 21:45:22
おじゃまします。私のブログにコメントを頂きありがとうございました。
忘れた頃にしかお返しコメントに来なくて申し訳ありません。

アバターですが、仰るように娯楽作品として実に鑑賞しやすい作りになっているのは私としても高評価です。
ストーリーは良くも悪くも単純でしたが、それも映像を中心に楽しむのには良い塩梅だったかと思います。

私のブログにも頂いたコメントへの返事を書かせていただいております。良かったらそちらも読みに来てくださいね。
では、また来させていただきます。今後とも宜しくお願いいたします。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

関連するみんなの記事

12 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
アバター (サム・ワーシントンさん) (yanajunのイラスト・まんが道)
◆サム・ワーシントンさん(のつもり) サム・ワーシントンさんは、ジェームズ・キャメロン監督の最新作、映画『アバター』(AVATAR)にジェイク・サリー 役で出演しています。 先日、3D版で鑑賞しました。 ●導入部のあらすじと感想
アバター (Akira's VOICE)
かつてない規模のウルルン滞在記。  
『アバター』 ロジャー・ディーンの驚異の世界 (映画のブログ)
 【ネタバレ注意】  この日が来ると誰が想像し得ただろう。  ロジャー・ディーンの流麗なイラストレーションの世界が、映像になって動...
アバター (まさとの素人映画レビュー)
ジェームズ・キャメロン監督が久しぶりにメガホンを取った大作、アバター。 アバターというのはインターネット上でよく使われる自分の分身の事。 映画では他の惑星の先住民を模して作られ、自分の自由に動かせる体の事。 映画の予告は何度か観ていたけど、あまり興味...
『アバター』 (めでぃあみっくす)
これぞジェームズ・キャメロンとリプリーが融合した夢の「アバター」。そしてジェームズ・キャメロン作品の「アバター」であり、彼のヲタクぶりを具現化した「アバター」でもある、まさに最高傑作の名に相応しい映画でした。正直、映画を見終わったあと、「ジェームズ・キ...
『アバター』・・・“もうひとつの体”が運命を決める (SOARのパストラーレ♪)
やっぱりジェームズ・キャメロンはこういう映画を撮らせたら天下一品だ。
アバター・・・・・評価額1800+円 (ノラネコの呑んで観るシネマ)
言葉が出ない・・・スゴ過ぎる。 「アバター」は、劇場用の長編映画としては「タイタニック」以来実に12年ぶりとなるジェームス・キャメロン...
『アバター』 ロジャー・ディーンの驚異の世界 (映画のブログ)
 【ネタバレ注意】  この日が来ると誰が想像し得ただろう。  ロジャー・ディーンの流麗なイラストレーションの世界が、映像になって動...
アバター (★YUKAの気ままな有閑日記★)
今年最後の劇場鑑賞です―【story】22世紀、人類は地球から遠く離れた衛星パンドラで≪アバター・プロジェクト≫に着手していた。この星の先住民ナヴィと人間のDNAを組み合わせた肉体“アバター”を作ることで、有毒な大気の問題をクリアし、莫大な利益をもたらす鉱物を採...
【映画】アバター…3Dと字幕は相性が悪い? (ピロEK脱オタ宣言!…ただし長期計画)
昨日{/kaeru_rain/}はまたまた鳥栖プレミアムアウトレットに行ってきました{/car_pink/}{/dododo/} 今回は就職で関東に行く息子{/face_naki/}の普段着を買いに行くのが目的だったので、私の収穫は長袖Tシャツが1枚のみ{/face_acha/}{/down/} 帰りの古賀サービスエリアで食...
mini review 10461「アバター」★★★★★★★★☆☆ (サーカスな日々)
『タイタニック』のジェームズ・キャメロン監督が12年ぶりに発表した、最新の映像技術を駆使して作り上げたアドベンチャー大作。ある衛星にやって来た人類と、その星にもともと住む者たちによる激しい戦闘を、迫力の最新3D映像で見せる。出演者は『ターミネーター4』のサ...
アバター (★★むらの映画鑑賞メモ★★)
作品情報 タイトル:アバター 制作:2009年・アメリカ 監督:ジェームズ・キャメロン 出演:サム・ワーシントン、ゾーイ・サルダナ、シガーニー・ウィーヴァー、スティーヴン・ラングほか あらすじ:下半身不随になり、車いす生活を送るジェイク(サム・ワーシントン...