明るいときに見えないものが暗闇では見える。

映画を消費モノにさせないための咀嚼用ブログ。自己満足風。
それと苦手な文章の練習用。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

【崖の上のポニョ】 インスマス面

2010年02月07日 | 映画
ロードショー当時に劇場に観に行った友人からは「人魚姫がベースと思われるなんだかよくわからない子供向け映画」という触れ込みあり。子供向けなら観なくていっかぁと放置していたのであるが、先日の金曜ロードショーでやっと鑑賞と相成った。

とは言え宮崎アニメなので深~いメッセージや広大なバックボーンがあるに違いないとそれなりに構えて観はじめた。しかし端々から様々な神話体系などのエッセンスが感じられながらも残念ながら周辺知識がないためついていけず。ポニュの本名がブリュンヒルデってところからみてワルキューレとか北欧神話に関係してるんだろうなぁと思ったりするぐらい。このへん詳しい方は宮崎アニメって相当楽しいんだろうなとうらやましかったりする。

しかたなく早々に子供映画と割り切って観始める。するととても楽しい。とはいえ話は突拍子もなく、起きる出来事にはほとんど説明がなされない。ポニョはなぜ人間界に行ったのか、ポニョの両親は何者なのか、リサはどうしてあんな強引に家へ向かわねばならないのかw、あのままポニョを放っておくと世界には何が起こるのか、そもそもポニョとは何者なのか。それらを考察するにはヒントに乏しくわざと端折った感さえある。しかし逆にそこがこの映画の魅力なのではないだろうか。背景に流れる哲学や思想、舞台設定には極力触れずに目の前に起こっているイベントにフォーカスする。そしてそれを丁寧な絵でかわいさや愛情たっぷりに描くことに注力する。(もちろん裏ではハヤオクオリティなのだが)あえて物語の抽象度を上げることでポニョと宗助の間の愛情の純粋さが強調されている。言いたいことはただ一つ「ソースケ、スキー」なのだ。これがあれだけ子供達がこのアニメに狂喜乱舞した訳なのではなかろうかと。そこにあの大橋のぞみちゃんの歌ときた。ウケないはずがない。そして終始一貫して親子や周りの人への優しい絆や思いやりが感じられるところが子供映画として上質だ。

アニメ絵としてのクオリティとこだわりの高さもウレシイ。今回は余計なCG加工などを一切排除し、懐かしいペイントアニメな絵柄で仕上げることに徹底。リアルではなくあくまでも絵本が動いているかのような波や、水面から差し込む光の表現。今回は透過光エフェクトさえも見られなかった。すべてが丁寧すぎるほどの"描き込み"で表現されている。波間を飛び交うポニョの「宮崎走り」が観られただけでもかなりウレシイw。「子供達に"本物"の職人芸を魅せたい」という監督と作画陣の意気込みが感じられた。

宗助とポニョはあれからどうなるのだろうか。単純に幸せになれるといいなという想いとはウラハラに、不幸な行く末も想像してしまう。そんな中ネットをみると、ポニョをクトゥルフ神話に繫げて考えている人が多いのは笑った。あの微妙に気味の悪いポニョの半漁人姿は「深きものども」なのだそうだw。そう思って観るとポニョも相当面白い。能天気で楽しい子供映画であるという反面、得体の知れないモノに魅入られてしまった恐ろしい話にも思えたのもあながち間違いでもなさそうだ。まあ宮崎監督は諸星大二郎も大好きらしいし、ボクもラグクラフトは幼少期にちょっとかじったことがあるのでまた紐解いてみるのも楽しいかも。

表面的には子供向けだし、込められたバックボーンを読み取るのもちょっと一般人には難しい。だからといって『トトロ』にくらべると物語としての納得感は少ない。大人にはいまいちウケなかったのは致しかたないのかも。ジブリっていうビッグネームも大変ねぇ。とりあえずボクは「インスマスの影」でも読み直してみますかw



評価:★★★☆☆


こんなポニョとかかなり笑える。でもポニョの純粋さって、これぐらいのところに通じる気もする。人間じゃないんだから。



にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへにほんブログ村

↑ポニョっと押してください
『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント (1)   トラックバック (4)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 【フォース・カインド】 for... | トップ | 【処刑山デッド・スノウ】 ... »
最近の画像もっと見る

1 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (宮崎吾朗さん)
2014-02-14 01:30:29
検索フレーズランキング


1位

http://aoiumihakodate.cocolog-nifty.com/blog/2012/11/post-1eed.htmlhttp://michikko.cocolog-nifty.com/blog/2011/11/post-c07b.html?cid=100357565#comment-100357565



2位

http://aoiumihakodate.cocolog-nifty.com/blog/2012/11/post-1eed.htmlhttp://gurikenblog.cocolog-nifty.com/blog/2012/03/post-87b2.html?cid=81135461#comment-81135461



3位

http://aoiumihakodate.cocolog-nifty.com/blog/2012/11/post-1eed.htmlhttp://johannes0507.cocolog-nifty.com/blog/2013/08/2008-e1d9.html?cid=100357661#comment-100357661



4位

http://aoiumihakodate.cocolog-nifty.com/blog/2012/11/post-1eed.htmlhttp://jiburijiburi7.cocolog-nifty.com/blog/2011/08/post-7fa6.html?cid=100351287#comment-100351287


5位

http://aoiumihakodate.cocolog-nifty.com/blog/2012/11/post-1eed.htmlhttp://eclipse-ohgoe.way-nifty.com/eclipse/2013/09/20130910-dc69.html



6位

http://aoiumihakodate.cocolog-nifty.com/blog/2012/11/post-1eed.htmlhttp://blog.goo.ne.jp/cqad/e/cb790615397fa0cf25832043571edfc0


7位

http://aoiumihakodate.cocolog-nifty.com/blog/2012/11/post-1eed.htmlhttp://blitheful.cocolog-nifty.com/today/2011/05/post-eafa.html


8位

http://aoiumihakodate.cocolog-nifty.com/blog/2012/11/post-1eed.htmlhttp://toriuemon.cocolog-nifty.com/blog/2011/05/post-e9d2.html


9位

http://aoiumihakodate.cocolog-nifty.com/blog/2012/11/post-1eed.htmlhttp://googlebest.cocolog-nifty.com/blog/2011/05/post-7359.html


10位

http://aoiumihakodate.cocolog-nifty.com/blog/2012/11/post-1eed.htmlhttp://nyanjpjp.cocolog-nifty.com/blog/2011/06/post-1c21.html




11位

http://aoiumihakodate.cocolog-nifty.com/blog/2012/11/post-1eed.htmlhttps://job.mynavi.jp/14/pc/search/corp99654/outline.html


12位

http://aoiumihakodate.cocolog-nifty.com/blog/2012/11/post-1eed.htmlhttp://haken.rikunabi.com/K/agency/2615990001/


13位

http://aoiumihakodate.cocolog-nifty.com/blog/2012/11/post-1eed.htmlhttp://bbs.kakaku.com/bbs/K0000458973/SortID=16398418/


14位

http://aoiumihakodate.cocolog-nifty.com/blog/2012/11/post-1eed.htmlhttp://www.jyuku-de-hataraku.jp/business/post-16.html


15位

http://aoiumihakodate.cocolog-nifty.com/blog/2012/11/post-1eed.htmlhttp://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q14103724924


16位

http://aoiumihakodate.cocolog-nifty.com/blog/2012/11/post-1eed.htmlhttp://www.yomeishu.co.jp/genkigenki/feature/130426/


コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

関連するみんなの記事

4 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
「崖の上のポニョ」「キリスト教色を払拭して」の意図とは? (映画にみるキリスト教文化と聖書)
「まんまキリスト教の影響受けまくりのド真ん中直球勝負作」「オトン涙!不良家出娘の嫁入り珍道記」キリスト教色をカラフルにベタ塗りか? 日本の事情(?)を考慮して関係各所に配慮すると共に、観客にはしっかりと「その旨(キリスト教の影響)」を伝えることにした? ...
『崖の上のポニョ』は大人には厳しいか? (映画のブログ)
 宮崎駿監督は、自分の子供の世代を対象に作品をつくっていたという。  長男の宮崎吾朗氏は1967年1月の生まれ。  たしかに息子さんが成長...
崖の上のポニョ・・・・・評価額1550円 (ノラネコの呑んで観るシネマ)
「芸術は爆発だ!」と言ったのは岡本太郎だったが、「崖の上のポニョ」は正しく宮崎駿のイマジネーションの爆発だ。 物語そのものは、よく知...
『崖の上のポニョ』 (Matthewの映画日記?)
崖の上のポニョ、観てきました{/m_0140/} あらすじは、 港町にある崖の上に住む宗介は、保育園へと向かう前に、家の下にある岩場へと下りて行った。 波打ち際に、瓶に詰まった金魚を見つけ、岩で瓶を割り、グッタリとしている金魚を、バケツに水を張り、飼うことに決...