TAKAGIYA

バスフィッシングトーナメントを楽しんでいる人のブログ

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

NAB第四戦代替戦

2017-11-15 22:17:36 | 日記

前日プラは、朝から強風だったため、出発も遅らせ、午後からゆっくり。
練習もこれていないし厳しいなあ~。まあ今年は消化試合モードなので、、といった雰囲気で。
どうにかキーパーを引っ張りだしましたが、、わからんね、といった感じ。


最後にスレで巨ベラ。シャッドを持っていかれたくなかったので、ネットまで出して慎重にキャッチ。



試合当日。11月っぽい冷え込みの中、心当たりありそうな個所を少し回りながら探す釣りに。
どうにか1本引き釣り出すことに成功。あと一本と頑張りましたが、ノンキー釣って終了。


周りが釣れていなくて、12位に滑り込めました。。
年間は30位台25位までアップ。何気にこのポイントは大きかったです。
来年度のスタート順を考えると少しでも早い方がいいですからね。

帰りは、ローソンのホットカフェラテ。
高校生らしいバイトの男の子がスティックシュガーまで入れてくれました。。(もう一本自分で追加しましたけど)


ということで今年のトーナメントは終了。
不甲斐ない結果でしたが、なかなかトーナメント前に通う余裕もなくしょうがないかなと。
長い事やっているとこんな年もあるさ、と言い聞かせて、冬眠中は、来年1年間戦える準備をしていければと思います。


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

アメドリ

2017-11-06 23:05:36 | 日記

今年もアメドリに参加してきました。

北浦へ当日入りするのは体力的に不可能なので、前日に移動+プラクティスの予定でしたが、首都高の事故渋滞にはまって、北浦についたのは午後。
少し釣りをやりましたがノーフィッシュで終えました。。
年1回しかこないフィールド、もちろん右も左もわからない中で、今年はどうにか1本釣ることができました。

長さがある魚でしたがウエイトがなかった。。
密かにビックフィッシュか?と思いましたが、1440gというウエイト。

昨年はエレキが動かなくなりノーフィッシュでしたが、過去4回中3回ウエイインできています。
けれどもこれ以上成績を出すには限界のような気がしていて、もう少し足を運ばないと難しい感じです。。



ちなみに今回もトラブル発生。
ミーティング終了後、ボートをラウチングしようと車に乗り込み、スロープまで行こうとしたら、エンジンがかからない
これはまたヒューズだなと即座に思い、ボンネットを開けてチェックしたところやはりブレーキのヒューズが飛んでいました。
(ワタシの車は、ブレーキを踏まないとエンジンがかからないのです。ヒューズが飛んでしまうとブレーキを踏んでいない状態なのでエンジンがかからない状態になります)

トレーラーのコネクタをチェックしたところ、コネクタの中から水がドバッと出たため、夜の雨か、ラウチングのときに入り込んだ水が要因の可能性があるかなと。
とりあえずコネクタを外して、慣性ブレーキが利かないようにストッパーをセットしてラウチング。我ながら冷静な対応!

スロープは遠浅になっているので、コネクタに水が浸かるぐらいまで車を下げないといけない状態でした。
印旛だとそこまで下げずに良いのですが、一応、浸かる状態だったらコネクタを抜いておいた方が良いのかもしれませんね。。


パートナーのみっしゅんさん、桐山さんをはじめ関係者の皆様、お疲れ様でした。

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

バサクラ

2017-10-01 23:44:15 | 日記

コンテンツが昨年より充実したバサクラ。Ameba TVでじっくり鑑賞していました。
というのも、土曜日は頭痛があってベットで横になっていたのですが、スマホで一度見たらやめられなくなり、観ながら横になっていました。
それに引きずられて、本日も朝からほとんど見ていました。

いやー、解説の方たちも言っていましたが、ホントにカメラが乗った3名のチョイスが絶妙。
1日目から継続してカメラが乗ったので(結果的に初日上位2~4位で同じメンツ。1位の青木プロは釣りビジョンのカメラを乗せていたので除外だったとのこと)、2日目はどのような動きをするか見どころ満載。
個人的には並木さん見たさだったのですが、他のお二人も超一流の選手ですから、ドラマがあり非常に楽しめました。
やっぱりトーナメントいいですね。バスフィッシングは!ワタシも下がっていたテンションが上がってきましたよ~。
タ○ミシェイク、試しますよ(笑)

応援していたのは、タカギヤファミリーのカトリーヌさん
WBSのAOY取ってから出場を楽しみにしていました。思い切って不安定なエンジンを乗せ換えての出場で、どうにかそれが報われてくれないかなあ~と思っていました。
カメラは乗っていない分ウエイインの時を見届けようと、そしてこれまたタカギヤファミリーのスガワラさんが司会をするとのことで、楽しみ2倍。

その初日のステージでは、第一声で、スガワラさんが「ここで会えるとは、、(嬉しいですね)」と振りました。
ワタシもスマホを前に、「そうそう、この舞台のこの場所で2人が話をすることがあるとは2人とも思っていなかったんだろうなあ~(ちょっと感動的)」と頷いていましたが、
カトリーヌさんの切り替えしは、ちょっと淡泊に「あー、そうですね」と。
ちょっとその温度差に肩透かしを食らいましたが、本人も緊張がないとおっしゃっていたとおり、こんな大舞台でも平常心で挑めたのではないかなあ~と感じました。

2人にお会いした時にこのときの気持ちを聞いてみようかなと思いました(笑)
ともあれ、お二人をはじめ、関係者の皆様、お疲れ様でした。楽しませていただきました!

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

2017年夏アメリカ旅行(3日目)

2017-09-23 19:39:22 | 2017年夏アメリカ旅行

3日目はセドナからモニュメントバレーで観光。その後、この日の宿泊地、ペイジ(レイクパウエル)に向かいます。ペイジでは3泊4日する予定。
移動時間だけでおよそ6時間以上かかるので、セドナを朝早く出発。途中のコンビニでドーナツとコーヒーを買い、運転しながら食しました。


宿泊したホテルの外観。


セドナからフラッグスタッフまでは山越えになります。
途中、道路が工事中で砂利道を数キロ走りました。最初は速度もあまり気にせずに走っていましたが(法定速度内ですが)、「パンクしてしまったら、予定が狂うなあ」とふと思ってしまいました。何事もなかったですけど、舗装された道に復帰した後でも振動があると少しビクッとしながら進みました。
日本ではあまり悪い道はないのでそんなに心配ないですが、アメリカでは普通の道路でも日本ほど良くないです。
フラッグスタッフで一度給油を済ませ、さらに北上しました。

その後はハンドルは大きく切ることがなく単調な道が続きます。
このあたりの道には、お店がほとんどなく、たまに小さな町に比較的新しいガソリンスタンドとコンビニが建っていたり。昔はなかったなあと思いながらモニュメントバレーへ。
圧巻ですね。


娘は何か感じてくれたか?


絵を描いていました。


この後はペイジへ向かいます。お昼ぐらいです。セドナから4時間ぐらいかかったかな。結構遠いですよね。。


お昼ご飯は、カエンタという街のタコベルに寄りました。
カエンタは、モニュメントバレーへのエントランスとなる街で少し開けており、ショッピングモール、モーテルなどがある街です。


戻るように少し下りながら、98号線に乗り、北西方向へ車を進めます。
そして予定どおり、夕方前にペイジの街に入ることができました。
明日の釣りに向けてやることがあります。まずは、今回のガイドに連絡を取ること。もう一つはフィッシングライセンスを購入すること。です。
そのため、なるべくペイジには早めに入っておきたかった、ということです。

レイクパウエルに行くときは必ず立ち寄るべくお店、STIXに到着。

お店の中に入る前に、ガイドからは「ペイジに来たら連絡ちょうだいね」と事前にメールで言われていたので、STIXの駐車場にあった公衆電話で電話しようとすると、、コインが詰まっていて使えません。。しょうがないのでスマホから電話をしました。


英語がうまくしゃべれない自分にとって、言葉しかコミュニケーションできない電話はやっぱり苦手。
何事もなく終わってほしいのですが、電話をかけると電話口には女性。「今、彼はいないんだけど、え?あなたは何処にいるの?STIX?あー、STIXね。じゃあ、そこのオーナーに伝えて。そうそうマイクね。彼にSTIXにかけさせなおすから伝えておいて。じゃあね」と言われました。。

STIXに入ると、オーナーのマイクは不在。奥様がいらっしゃいました。どうにか拙い英語で説明して、折り返しの電話が来ることを伝えました。
待つこと数分で折り返しの電話が。奥様曰く、10分ぐらいでこちらに来てくれるとのこと。それまでフィッシングライセンスを発行してもらいながら待つことに。

奥様はスゴく優しくてホントに助かります。レイクパウエルに来るたびにSTIXに立ち寄るのですが、一番初めに来た時も親切にガイドを紹介してくれたり、マイクさんと奥様にはいつも助けられています。ホントに、ここでは立ち寄らなくてはならないお店です。

しばらくすると、今回お世話になるガイドのトムさんがお店に入ってきました。
挨拶を済ませると、明日の待ち合わせ場所(ホテルの確認)と時間を確認し、少し会話をした後、早々と帰っていきました。
前日に少しでも顔をあわせておくことで、お互い安心しますからね。

この後はウォルマートへ買い物に行きました。(滞在中、何度も行きました)
何買ったっけ?飲み物とか?


この日の宿はコードヤードバイマリオットレイクパウエル。ここで2泊する予定です。ペイジ中心部から少し外れたところにあります。周りには歩いていけるようなお店などがないため、車が必要となる立地ですが、大きさは程よくコンパクトでなかなかよかったです。
娘の持ち物で散らかっていますが、、


夕食はホテルに近い、車で5分ぐらいのところにあるデニーズに。アメリカンクオリティーで飲み物がなかなか出てこなかったり、、いろいろと体験。


翌日はレイクパウエルで釣りの予定ですので、早めにホテルに戻り、就寝。。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

2017年夏アメリカ旅行(2日目)

2017-09-17 14:57:58 | 2017年夏アメリカ旅行

2日目は、午前中にロスから飛行機でフェニックスへ。
その後レンタカーを借りて、車でセドナまで行く予定です。

※ロス→フェニックスは飛行機移動です



ホテルから空港へ移動。こんな感じのシャトルバスに乗ります。早朝でしたが、私たちのグループ以外に3組程度いました。


時代は変わったなと思うのは、チェックインはオンラインか空港でのチェックイン端末で行うこと。
チェックイン端末で四苦八苦していると、ユナイテッドのスタッフが助けてくれました。難なく保安検査場へ。


厳しい保安検査を抜けた後は、空港内のウルフギャングパックでゆっくり朝食を取りました。



朝食後、早くもお土産などをチェックしながら、搭乗時間に。


朝の滑走路渋滞で飛び立つまでにかなり時間がかかりましたが。


飛行機内のスナックって好きです。
昔はコーラを頼むと缶ごと渡されたと思いますが、コスト削減でしょうか。


フェニックス到着!


ロスの空港と比べるとフェニックスの空港はコンパクトでいいですね。
レンタカーセンターへバスで向かいます。
レンタカーセンターはかなり広くて、各社が揃っています。

今回はアラモレンタカーを選択。
レンタカーの手続きって、ネットで予約していても、いろいろ聞かれたり書き物があったりと意外と時間がかかります。


「右小回り、左大回り」とつぶやきながら、フェニックスを北上してセドナへ向かいます。


借りた車はダッチのミニバン。車に乗っている時間が長いので、快適な車内となるためにどのクラスのサイズを借りるかスゴく悩みました。
子供含めて5人と、スーツケース大中サイズ×4つ+子供用1もスッキリ収まり、快適な車内でした。
ドライブ中、同じ車がたくさん走っていたので、レンタカーの定番なのかも。


フェニックスから約2時間程度でセドナに到着。

まず、チャペルオブザホーリークロスに立ち寄りました。

教会まで登っていくと高台になっています。良い景色。


レッドロック・クロッシング。
水量が多くて、手前の林から川側に降りれなくてお決まりの風景が見えないかと思いましたが、少しだけ立ち入れる箇所があってどうにか見ることができました。
有名な風景です。

残念ながら水量が多く、ババ濁りでした。。雨が続いたのでしょうか?前回来たときは、浅くて水も綺麗なのですが。。

街中へ。綺麗な街並みの奥に赤い岩山が見える。良い風景です。


夕食は、大通りがクロスするザ・ワイ(The “Y”)と言われるセドナ中心部の近く、Sound Bites Grillというバンドの生演奏が聴けるお店。
テラスに案内されると、この絶景。

ちょっと値段は良かったですけど、美味しいシーフードと風景、音楽が楽しめて大満足でした。


次第に日が暮れてきたあとは、雷がなり、雨が降ってきてしまったので、足早に宿泊ホテルへ向かいました。
ホテルはポコ・ディアブロリゾート。部屋の写真はなしです。。
セドナ中心部から少し離れたホテルなので値段が少しリーズナブルなのと、ベットのクッションが丁度よく心地よいです。(うちの奥様お気に入り)


コメント
この記事をはてなブックマークに追加