goo

閉鎖病棟

第8回山本周五郎賞受賞作。帚木蓬生が専門とする精神科の病院を舞台にした群像作品だ。

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

勝浦川の鮎

10時に現着して着替えていたら「シューズが無い!」。そう家に忘れて来たのです。泣きそうです。

インナーソックスで釣り始めたけど、指が痛いし鮎もこんまいんで、早々に退散です。

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

偽装バンカー

衣料業界の新製品発売に伴う製造、流通、宣伝などを背景とした、読み応えのある企業推理小説だ。

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

海部川の鮎 2016

H口さんと2年ぶりにご一緒した。週初めの大雨で、苔がまだ付いていないと思いながら出かけたが、予想通りの苦戦。詳しくは「Craft House まな」を覗いてみよう!!

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

左遷

本書はオイルショック後の昭和61年10月に出版されている。ダクラス・グラマン疑惑の頃で、商社の立ち位置が変わりつつある頃の、社員像を巧く描いている。

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

女王様に再会

雨の海部川で鮎の解禁をしてきました。

綺麗な水に癒されますね。詳しくは「Craft House まな」を覗いてみよう!!

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

小説大蔵省

江波戸哲夫の経済小説。モデルにしているのは大平正芳内閣から鈴木善幸内閣に至るころの大蔵省主計局。

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

モノタロウ

モノタロウでスライドベアリングとかノブを購入したら

電話帳のようなカタログを3冊も送って来た。迷惑な話だ(^^)。

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

乗っ取り指令

スーパー乗っ取りに絡むえげつない戦いを一人の乗っ取り屋を中心に描いた、江波戸哲夫の経済小説である。

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

夜光の階段

だんだん盛り上がって、どんでん返しの罠は松本清張の作品らしい。

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

家庭菜園

昨日から15年ほど使ってなかった耕運機を整備し、何とか動くようになり、今日は畑を作った。キュウリ、トマト、ナス、ゴーヤ、ピーマン、シシトウ、オクラ、インゲンに落花生。これからが楽しみだ(^^)。

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

レイク・クローバー

ミャンマーの僻地、天然ガス探査サイト、寄生虫、致死率100%、原子力潜水艦。これだけのキーワードで本書の面白さが伝わる。

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

手作り仏壇

連休中に作っていた仏壇が完成した。材料はアメリカンチェリーウッドです。

図面とか詳しい製作過程は「Craft House まな」に掲載しています。覗いてみよう!!

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

仏壇のりん台とりん棒置き

今朝、東京から戻り、鉄刀木の端材でサクッと仕上げました。

底に錘を仕込んで、倒れ難くしています。

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

魔空戦弾

門田泰明が手掛けてきた医学小説、企業小説、政治小説で蓄積した知識を集積したような超時空サスペンス小説だ。

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )
« 前ページ