goo

スチュワーデス物語

アテンション・プリーズ!TVシリーズ化されて高視聴率をとった、あのドラマの原作です。思い出すなぁ堀ちえみ。

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

ルーターアタッチメント その1

PROXXONのミニルーターNO.28511用のルーターアタッチメントを製作することに。先ずは図面を描いて、ルーターを把持するパーツを作ります。

木工旋盤のバンタムチャックにTwo-Jawチャックアタッチメントを取り付けて、ワークを掴みフォスナービットで穴をあけた後、スクエアスクレーパーで穴径を34.1mmに仕上げます。ビビらずに平行に仕上げる為に、L字のツールレストを使っています。

スライドベアリングが入る、15mmの穴あけ。その後で8mmのガイドロッドが通る10mmの穴を貫通させます。

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

半導体戦争 フォーラムXの陰謀

半導体をめぐる日本とアメリカの熾烈な駆け引きの裏側を描いた国際ビジネス小説。日米経済摩擦を背景に、アメリカの仕掛けた大胆な戦略の謎解きだが、解明されていない終わり方が残念だ。

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

ソラマメ植付

管理機のキャブを掃除し、Vベルトを交換して植え付け完了。

ベルトはB46

畝を管理機で作るのは初めてで、歪んでいます。トホホ。

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

国際プラント・ビジネス戦争

複雑な世界エネルギー情勢の中、熾烈をきわめるプラント争奪戦の内幕を描いた経済情報小説。若い頃を思い出します。

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

家庭菜園

家庭菜園でソラマメ植え付けの準備中。

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

小説スーパーマーケット

実際に倒産寸前のスーパーマーケットを再建した経験を持つ、筆者安土敏が業界の裏側を描いた経済小説だ。

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

ベンチバイスの補強

ワークベンチに取付けているバイスを補強し、ベンチ上でワークを挟む為のアタッチメントも取付けた。

ついでにベンチドッグも作り直し。

しっかりと把持できます。詳しくは「Craft House まな」に掲載しています。を覗いてみよう!!

 

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

御刀番 左京之介 妖刀始末

藤井邦夫の人気シリーズ。駿河国汐崎藩の御刀蔵から妖刀村正が盗まれた。徳川家に仇なす刀ゆえ、所持が公儀に知れれば汐崎藩の取潰しは必至。藩主から命を受けた御刀番・左京之介は村正の行方を追うが、その前に不審な忍びが立ちはだかる。

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

わるじい秘剣帖(五)

シリーズ第5弾。桃子を背負って街を歩いているところを、妻・千賀の叔父に見られてしまった愛坂桃太郎。しかも、その叔父は母親の珠子の隣の家に住みつき、桃太郎が何かと一家の世話を焼く一部始終を観察していた。このままでは、千賀にすべてを知られてしまうと危惧した桃太郎は、叔父が奇妙な事件に巻き込まれたのをきっかけに、一計を案じ、危機を回避しようと躍起になる。

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

リッピング冶具

テーブルソーで薄板を切り出すリッピング冶具を作製した。

図面と詳細な制作過程は「Craft House まな」に掲載しています。

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

ダブルギヤリング 連鎖破綻

真山仁のデビュー作。バブル経済の始まりから、それがはじけて生命保険会社の連鎖破綻が発生した、1985年から2003年5月までの、生命保険会社の物語。ここに出てくる清和生命保険相互会社は、実際にに破たんしたある生命保険会社をモデルにしているようだ。

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

BT3000用クロスカットスレッド

 随分前に図面を描いた、BT3100用のクロスカットスレッド制作した。

これでより安全に作業が出来そうだ。詳しい作り方は「Craft House まな」に掲載しています。

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

蓮花の契り 出世花

高田郁のデビュー作完結編。三昧聖として働くお縁は二十二歳になっていた。だが、文化三年から翌年にかけて、江戸の街は大きな不幸に見舞われ、それに伴い、お縁にまつわるひとびと、そしてお縁自身の運命の歯車が狂い始める。

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

風の剣士 剣客相談人16

剣客相談人シリーズ第16弾。国許から早飛脚が届いた。急遽国許に向かった殿と爺と大門甚兵衛の剣客相談人は那須山麓の庄屋に着いた。庄屋の娘・如月はかつて殿の娘・弥生を産んでいた。この如月の齢の離れた弟がかつて伝説の侍、風の剣士を目撃し憧れているというのだ。

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )
« 前ページ