テーブルのたのしみ

くらしのたのしみのスタッフブログ。大のパン好き。そして器好き。
主に都内パン情報やテーブルを彩る楽しみをご紹介します。

おやすみの日の過ごし方

2017-05-14 | 美術館・個展


最近の私のおやすみの日の過ごし方。

とりあえず、ジム。
なにはなくとも、ジム。
もしくはダンス。


姪っ子ちゃんにも、

「しゅりち、またジム~?」

と言われるほど、「しゅりち=ジム」という方程式が
姪っ子ちゃんの中で完全に出来上がっているようです。

別に鍛えているわけでも、人前で踊りたいというわけでも全くなく、
(むしろ、人前で踊るなんて絶対ムリムリ…というタイプです。
バトン部出身なのに、おかしいですね…)
ただただ、私にとっては他のことはすっかり忘れて存分に楽しめる、
もっともワクワクすることがダンスなのかもと、
最近ちょっと氣づいてしまったという感じです。
(とはいえ、下手の横好き。上手なわけでは全くありません。笑)

そんな感じでおやすみの日はもっぱらジム三昧の日々を過ごしておりますが、
こんなに氣候のいい時期のおやすみぐらいは、
もう少し違った楽しみ方をしようかなと、
いつものジム三昧だけではないおやすみも味わってみることにしました。

芝桜。

今、秩父が空前絶後の(?)大ブームのようです。
特急レッドアロー号に乗れば、
池袋から秩父までは約90分で行けるということもあって、
ちょっとしたお出かけにと人氣スポットになっているよう。

友人から、
長瀞がとてもよかったというお話や、
秩父の芝桜は今の時期が見ごろみたい☆
と教えてもらい、それは今行くしかないね♪ということに。

とはいえ、計画性のない私は
前日の夜、(というか、むしろ当日)秩父行きを計画したため、
すでにレッドアロー号は満席。
芝桜が見ごろのこの時期の土日は予約が必須。
さらに駅に温泉施設もできたらしく、その盛り上がり方はハンパないとのこと。

ということで、普通電車で何度か乗り換えながら、
片道2時間ぐらいかかって、やっとこさっとこ目的地に着きました。




羊山公園の芝桜




こんなかんじでこんもりと咲き誇っています。
ひともいーっぱい‼︎
羊山公園までの道のりも、人の波に乗って行けばたどり着けるという、
方向音痴の私でも全く心配なしでした。

帰りだけはレッドアロー号に乗りたくて、
なんとか取れた切符は14時45分秩父発。
ということは、秩父滞在はたったの3時間。

本当だったら、
ものすごく強力なパワースポットと言われる三峯神社にお参りに行ったり、
長瀞の方へいったり、川下りをしたり…
と夢は膨らむところでしたが、
芝桜を見て、おひるごはんをたべて、秩父神社に行ってというだけで精一杯。



ま、また来ればいいかと☆
今度は事前に計画をたてて、
ちゃんとレッドアロー号予約しておく感じにしようとおもいます。
慌ただしい旅でしたが、久々に電車に乗って小旅行気分を味わうことができました。

そして、ある日は展覧会へ。

茶の湯展


4月11日から、6月4日まで、
上野の東京国立博物館で開催中の茶の湯展。

数ヶ月前から、お茶を習っていらっしゃるスタッフさんから、
茶の湯展のことは伺っていて、
とにかく名品と言われる茶道具が一堂に会するとのこと。

茶の湯展のホームページの「みどころ」には下記の記載があります。

『「茶の湯」をテーマにこれほどの名品が一堂に会する展覧会は、
昭和55年(1980)に東京国立博物館で開催された「茶の美術」展以来、
実に37年ぶりとなります。』

これはみないわけにはいかない‼︎

カレンダーの4月11日のところに、はなまる印をつけるほど、
楽しみにしておりました。

実際のところ、茶の湯展は、前評判通りの名碗、名品のオンパレード。

国宝の油滴天目はもちろん、
長次郎の「俊寛」、「無一物」、
織田信長から、柴田勝家の手に渡ったとされる「柴田」、
志野茶碗の名品「卯の花」、
天下の名肩衝茶入「初花」、
ひいては古田織部の茶室「燕庵」の再現や、
千利休の「待庵」の映像が放映されていたりと、
茶の湯初心者の私でも、
どこかで話には聞いたことがあるような名碗、名品がずらりとならび、
とても見応えのある展覧会となっておりました。
見るもの、見るもの、初めてのように感動していると

「これ、前にも見たね」

「…」

…私は一度見たものを何度でも初めてのように楽しめるタイプのようです…
(そいえば、映画も最後のラストシーン辺りで、
前にも観たなと気づくタイプです…
決して物忘れが激しいというわけではないことを願います…)

イヤホンガイドを借りて、
満喫しすぎて、あっという間に閉館時間になってしまいました。

そして、公園をお散歩していたら、
一眼レフのカメラを片手に、パシャパシャと建物の写真を撮っている人がちらほらと。
何だろうとおもって調べてみたら、
東京国立博物館法隆寺宝物館なるものだそう。
じゃあ、私も撮っておこう(笑)



こちらは谷口吉生さんという、有名な建築家さんの作品なのだそうです。
(この方は、葛西臨海公園や、先日オープンした銀座シックスの監修もされていらっしゃるとか)


そして、今日は母の日なので、ママのお墓へ。


ジムとおうちと姉の家との三角地帯しか行動しない休日とは違う楽しみ方も
必要かもなとおもったおやすみでした^_^


この記事をはてなブックマークに追加

おひなまつり2017

2017-03-17 | つれづれ


おひな祭りはあまりテンションがあがりません。

以前もブログに書いたことがあるのですが、
母の命日が近いため、
なんだかちょっとナーバスになってしまうというのがあるのだと思います。

実家のおひなさまはガラスケースに入った、
こじんまりとしたモダンな印象のおひなさまで、
いかにも母が選んだのだろうなぁという、母らしいおひなさま。
髪型やお顔立ちが、お友達の持っているそれとは異なり、
幼い頃は、お友達のおうちの大きな7段飾りとかのおひなさまが
ちょっとうらやましく思えてしまうこともありましたが、
今となっては大好きな大好きなおひなさまです。^ ^

母が亡くなってから、そんなおひなさまも、
どうしても氣分的に出せずにいたのですが、
去年姉が姪っ子ちゃんのおひな祭りにと姉のおうちで飾ってくれたのをみて、

やっぱり、ママの選んでくれたおひなさま、ちゃんと毎年出してあげなくちゃ‼︎

と思いたち、今年は私のところで飾ることにしました。


おひなまつりは、もともとは3月の初めの巳の日である、
3月3日は陽が極まって陰となるという考え方より、
人の穢れを人形(ひとかた)にうつして川に流すという祓いの儀式が始まりのようです。
それが座り雛の形になったのは、結構最近のことのよう。
座り雛の起源は、はっきりしてはいないようですが、
一説として、東福門院和子様が娘である興子様(のちの明正天皇)のために
作ったものだという説があるそうです。

7歳にして急に女帝に担がれてしまった興子様に、
娘の花嫁姿を楽しみに夢みていた、お母様である東福門院和子様が、
(天皇となったからにはそれは叶わぬ夢になってしまったため、)
擬似的な幸福な家庭を描いたというのがお雛様だという説のようです。

私的に、
お雛様には、ただただ「happy‼︎」という幸せ全開という感覚より、
どことなく、寂しげなものをまとっているような感じがずっとしていたのですが、
そういうことだったからなのかなぁなどとちょっと納得しました。
そんな風に思っていたのは、ひねくれ者の私ぐらいかもしれません(笑)。

おひな祭りは我が家では、いつも通りのちらし寿司。



会社ではスタッフさんが道明寺を、作ってきてくださったり、
ひなあられのかわりにとかわいい色のボーロを持ってきてくださいました。



姉のところでは、姪っ子ちゃんに似た、ぷくっとしたかわいいおひなさまをお迎えしたよう☆
三人官女や五人囃子の持ち物があべこべになっていて、

「あれ?これ、お道具が違うね」

と勝手になおしていたら、

「そうじゃないでしょ、こうでしょ」

と姪っ子ちゃんに注意されました。

おひなさまをお迎えして早々におひなさまに「うららちゃん」「りくくん」と名前をつけるほど仲良しになった姪っ子ちゃん。
おそらく従事の方々ともすぐに仲良くなって、

「これが持ちたい」

と、お願いをされたのかもしれません。
三人官女が太鼓や笛を持っていたり、右大臣がお銚子を持っていたり…。

三人官女もお囃子で踊りたいのかもしれないし、
右大臣はお酒飲みたくて仕方ないかもしれないなぁ

とこっそり思ってしまいました。

私もそろそろ、おひな祭り、テンションあげる方向で行きたいとおもいます^ - ^。



この記事をはてなブックマークに追加

小川佳子さんの鍋

2017-02-18 | うつわ


我が家に新しい土鍋が仲間入りしました。
(下に置いているのは同じく小川佳子さんのキャンドルウォーマーです。こちらは以前開催されていたシゼンさんの小川さんの個展で購入しました。)

姉のインスタでちょっとその模様が掲載されておりますが、下記がその時の個展の様子です。


以前、うちの土鍋のご紹介をさせていただいたことがありますが、
今回仲間入りしたのは小鍋。
ごはん1合が炊けるサイズの、いわば1人用鍋といった感じ。

実家には私が小さい時から使用している1人鍋が家族分あります。
昔からの定番の形で、それでごはんを炊いて食べるという感じの土鍋ではなく、
鍋焼きおうどんなんかを食べる感じのものでした。

温めるだけの状態にしておけるので、
食べる時間がまちまちの家族に、
そして、自分の取り分がちゃんと欲しい私には
1人鍋というサイズ感はものすごく重宝なので、
鍋、スープ、煮物、丼物など
いまだに頻繁に使用しておりました。

でも、どうもデザインが好きではないのだよなぁと、
ずーっとずーっと考えておりました。

そんなおり、姉から

「くらしのたのしみで土鍋を扱いたいと思うのだけど」

という話を聞き、
勇氣を出して、大好きな小川佳子さんに
くらしのたのしみのオリジナル土鍋をお願いさせていただきました。

そして出来上がったのが、こちらです

小川佳子さんの土鍋6号

デザインはもちろん、機能性、使い勝手に優れたうつわをお作りになる小川さんは、
もとは建築士さんだったという異色の経歴の持ち主。
(詳細は土鍋ご紹介ページの小川さんインタビューに記載されております)

私たちの要望を、私たちの想像以上に、理想的な1人鍋に仕上げてくださいました。

さて、いよいよ購入するにあたって、迷うのがお色のこと。
サンプル品を拝見した時には、

「絶対、鉄赤!!!」

と即決だったのですが、いざ現物の納品を確認させていただくと…

やばい…迷う…。迷い過ぎる…。

スタッフさんに「私はシルバーにします!」と言われたら、

え…。じゃあ、私もやっぱりシルバーにしようかなぁ…

と決意はぐらついてしまったり、

姉の商品説明を読んでいると、
ほぼ和食しか作らない私の食卓に合うのはやっぱりは鉄赤かもって
氣分になったり…。

結局散々迷った挙句、とりあえず、最初のインスピレーションを頼りに鉄赤に決めました。

この土鍋、手前味噌で大変恐縮ですが、ものすごくものすご~~~くいいです!!!

ご使用前のご案内にも記載をさせていただいておりますが、
土鍋はまず最初に、お手入れが必要です。

すぐに使いたいという、はやる氣持ちをぐぐぐっとおさえて、
まずはお粥を炊いて一晩おいて目止めを。

それ以来、私の食卓では毎日毎日この土鍋での食卓を楽しんでおります。

まず、最初にしたかったのはご飯を炊くこと。
姉に聞いたご飯の炊き方で。

強火5分、ごくごく弱火4分、その後最強火で5秒、蒸らし10分という、いとも簡単な炊き方は
(私の場合)100%失敗しません。

以前野崎洋光さんの本で見たレシピを参考に、
ゆかりとじゃこの炊き込みご飯を作ってみました。

ごはんを炊く際にちょこっとだけ、お酒とお醤油(私はミツル醤油さんの無肥料無農薬のお醤油です)
を入れて炊き、蒸らす際に、
ちりめんじゃこと、龍神梅のしそふりかけを入れて蒸すだけ。
ものすごく簡単でものすごくおいしいごはんになりました。



ある日は肉豆腐を。



食べる時には、先日のシゼンさんの小川佳子さんの個展で買った、
キャンドルウォーマーに乗せてあたためながらいただいたりして。
湯豆腐なんかもこれであたたかくいただけます。

ある日はビーフシチューの温めに。



鉄赤を選んだ理由の一つとして、洋食や洋食器にも、合いそうだなぁと思ったからというのがあります。
リブレフラワーを使いたかったので、こちらのレシピの小麦粉をリブレフラワーに変えて作ってみました。
おこちゃま味好みの私としてはこの感じの味が好みです。

ルパンドゥジョエルロブションのフォッカッチャと一緒に。

私は、フォッカッチャというものはあんまり好きではなかったのですが、
ロブションのフォッカッチャは全く別もの。
フォッカッチャというとなんだかパサパサとしている印象だったのですが、
ロブションのフォッカッチャはずっしり、もちっとしていて
ものすごくものすごくおいしくて、
渋谷駅で降りることがあると必ずヒカリエに寄って、フォッカッチャを買ってしまいます。

ロブションのパン屋さんは恵比寿や、六本木などにもありますが、
フォッカッチャはヒカリエ限定なのかもしれません。
売切れてしまっている場合もあるのですが、あると必ず冷凍用も買ってしまったりして。
冷凍用のはずで買ったものも冷凍する前に次の日に全部食べきってしまったりして…(笑)
とにかく大好きです(笑)

このロブションのフォッカッチャや他のおいしいパンと一緒に、
朝ごはんにも土鍋をご活用いただくのもいいかもしれません。

私がちょっと一献足りないなという時に最近はまっているのは、
キャベツと卵の蒸し煮。



誰かに聞いたレシピだと思い、出どころは定かではないのですが、
千切りにしたキャベツをどさっと土鍋に入れ塩を振り、蓋をして2分くらい蒸し、
その後に卵を落として蓋をして卵が好みの固さになるまで(私の場合は2分くらい)
また蒸して最後にコショウをぱらりという簡単レシピ。
時間がない朝でも、火にかけておけばすぐできます。

さあて、今日はこの土鍋でなにを作ろうかなぁ☆
また寒くなってきたから、おでんとかにしようかな(^^)

この記事をはてなブックマークに追加

女子力

2017-02-10 | つれづれ



お茶を習っていらっしゃるスタッフさんとお話をしていた時のこと。

「しゅりさん、数寄屋袋はお持ちですか?」

ん?
数寄屋袋ですか?

はい、
お茶のお稽古で、最初の日に支給されたものがあります。
支給されたものなので、氣に入ってるとかそういうのではないんですけどね、
持ってます。

「そうですか」

そんな会話があった数日後のこと。

「これ、しゅりさんにと思って」

そう言って持ってきてくださったのがこちら。



裏もこんなに素敵な布で。



「おうちにあった布で作ってみたので…」

とのこと。

えええっ⁉︎
こんな素敵なの、手作りでできるものなんですか⁈

ほんとに素敵‼︎

そのスタッフさんは刺繍がお得意で、
くらしのたのしみで取り扱いのリネンのハンカチにも刺繍をほどこされ、
さらに素敵なオリジナルアイテムにされていらしたり。
モダンで素敵な布で作ってくださって、とってもとっても嬉しいです‼︎(*^^*)

ちなみに御朱印を集めていらっしゃる他のスタッフさんには、御朱印帳袋を作られたそうです。





後日、今度は他のスタッフさんより

「これ、みなさんのおやつに。クッキーです」

ともってきてくださったのが、こちら。

米粉の抹茶塩サブレサンド



えええっ⁈
これ手作りなんですか?
てか、私がクッキーを作るといったら、クッキーを作れば完成で、
こんなおいしそうなあんこのクリームをサンドするなんて発想全くないです‼︎
しかも、本来なら小麦粉でのレシピをご自身で米粉にアレンジされて作られたそう☆
さすがパンの先生でもある、スタッフさん!
お菓子のレシピをご自身流にアレンジできるって素敵過ぎます☆


そして、他の日、今度は違うスタッフさんが、

「久々にお菓子作りをしてみたんです」

と、持ってきてくださった
米粉でつくった酒粕の「ぎゅっクッキー」



手のひらでぎゅっとして成形するので、ぎゅっクッキーなのだそうです。
こちらのスタッフさんは発酵マイスターの資格をお持ちで、
色々なお料理に発酵の知識を活かして、アレンジしていらっしゃいます。
酒粕を入れてみるというのは彼女ならではの発想。
酒粕が、まるでチーズのような香ばしい香りとなって、米粉との相性抜群。
酒粕でクッキーなんて、想像できませんでした。




「しゅりさんがおいしいって言ってくださるのでまた作ってきました」

と、絶品のシフォンケーキを作ってくださるスタッフさんがいらしたり、
お正月には毎年花びら餅を持ってきてくださる、和菓子がお上手なスタッフさん、
アイシングがお上手で、娘さんのお誕生日に素敵なアイシングのお菓子を作っていらっしゃるスタッフさん、
収納アドバイザーになれるのではないかという、創意工夫にあふれる収納術をおしえてくださるスタッフさんなど、みなさん女子力、主婦力、半端なく、素晴らしいのです。

それにひきかえ、私はどこをとっても、がさつで、いい加減、女子力のかけらもなくてお恥ずかしい限りでございます…(笑)。

ちなみにみなさんが作ってくださったお菓子は、
くらしのたのしみでお取り扱いのある、米粉抹茶てんさい糖で作ってくださいました。

私が米粉で作ったのはカレーという…。その発想もガサツな感じで…。



しかも焼き締めの器が渋すぎて…。
盛り付けの彩りのなさも女子力のかけらも感じられないですね…。
(レシピは栗原はるみさんのレシピ。本当は小麦粉ですが、米粉にしてみました。)

節分を機に、私もちょっとは女子力身につけたいものです…。

この記事をはてなブックマークに追加

2017年 お正月 

2017-01-07 | たべもの


あけましておめでとうございます
昨年もたくさんのかたにご来店頂き、
そして、更新頻度の著しく少ない私のブログにも遊びに来てくださり、
誠にありがとうございます。
(筆不精にも程がありますよね…、すみません…)
心より感謝申しあげます。

今年でくらしのたのしみも11年目に突入となります。
今後とも末長くよろしくお願い申し上げます。


さてさて、年末年始のことでも…。

毎年そうなのですが、追い込まれないとなかなかやらないタイプの私は、
お仕事納めをしてから、ものすごく大変な思いをします。

お仕事終わった!
さぁ、やっとおうちのことに手をつけるぞ!

…ということで、
やらなきゃいけない諸々に、やっとこさっとこ着手し始めます。

おせち作り、年賀状書き、大掃除などなど…。

全て私がギリギリまで溜め込んでしまうのが悪いというだけの話なのですが、
大抵30日、31日は、ほぼ徹夜の2日間を乗り切ることになります。(最近は元旦に大掃除をするパターンもあります)

おせちだって、大掃除だって、年賀状だって、やったところで、
だーれも褒めても、よろこんでもくれないのはものすごくよくわかっているのです。

ただの自己満足でしかないのですが、
やり終えた時の「一応2016年をちゃんとやり終えたぞ」という、
自分だけが感じる達成感がほしくて、1人で奮闘しております(笑)。

普段、家事がものすごくいい加減な分、一応ちゃんと家事ぽいことをしたぞと思いたいだけなのです…。


今回のおせちはこんな感じ。



大抵毎年作るものは私の好きなものばかりなので、変わりばえしない感じですが、
今回はじめてお目見えは、サーモンとクリームチーズの巻いたものと、松風焼。

おせちはお重に詰めるのも大変ですよね。
融通がきかない私は、今回は四角くつめてみようかなぁと
ぎゅっと詰めてみました。



おせちの味はというと…、
相変わらず、おいしいもの、イマイチのものが混在します(笑)。

言い訳ですが、やはり1年に1度しか作らないメニューがほとんどなので、
皆でおせちをつつく段階になって、

「これはこういう風にすべきだったかも…」

とか

「そいえば、去年、ここで、こうしとくのがポイントだったんだった…忘れてた」

と気づくパターンがほとんど。
いっつも、あとの祭り、なのです。

今回の私的なヒットは栗きんとんと黒豆。
甘さのバランスが、今までで1番よくできた氣がました。
7年目にしてこれって…
いつになったら慣れるものかしら…

姉のおせちは全部美味しくて、そして盛り付けも華やか。
性格の違いがこういうところにも出るんでしょうかね…(笑)。

特に姉の「ごまめ」、私は大好きで、毎年感動するぐらいおいしいのです。

私のはこんな感じで、昔ながらのおばあちゃんが作るごまめという感じ。



姉の作るそれは料亭の味という感じで、全く違うのです…。

この違いはなんだろう?と毎年思い、
作るところを見せてもらおうと思いましたが、うっかり忘れてしまいました。
来年のおせちまでには習得しておきたいと思います(*^^*)

そして、
このお重(切溜)は蓋も折敷として使えるので、
残ったおおせちを後日いただくときにはこちらによそいなおしてみたりして。



去年も使用しておりますが、升たかさんの個展で購入したれんげは酉のデザインでしたので、
酉年の今年にもいいなとまた使ってみました。
そして、去年のクリスマスに購入した升さんの器もあわせて。


お雑煮には、羽子板と羽の型抜きを使ってみましたが、
言われなきゃ、というか言われても、わからないですね…。




さて、私の最大の自己満足、年賀状は今年はこんな感じ。



家紋風に真ん丸ハンコを色々作ってみました。

ハンコの押し方によって色々なパターンができるので、
この方には全部ハンコを押したバージョンにしようかな?
この方は2つだけでシンプルにしよう!とか、私なりに分けてみたのですが、
それだって届いた人にはわからない私だけの自己満足。

とにかく、自己満足ばっかりの年末年始、お正月でした。



2017年が皆様にとって素晴らしい年になりますようにと、
心より願っております。

この記事をはてなブックマークに追加