BEAST SIDE 1

ジュエリーアーティストMARIのブログです。ジュエリータバサ/OPEN-G工房からの制作秘話、裏話、趣味の音楽の話など。

オーダーメイドマリッジリング製作 その3

2016-05-07 13:05:14 | オーダーメイドジュエリー
キャストから上がってきました。


サンプルリングなのでシルバー925で鋳込んでありますが、キャスト上がりはシルバーの銀色ではなく、こういった白い色をしています。

このような鋳造したままの表面を「鋳肌(いはだ)」といいます。






また、鋳造後の品物には、「湯道(ゆみち)」といって地金を流すためにワックスの状態の時につけた棒のような部分が残っています。





これは、キャスト屋さんが、その品物の形状をみて、どこにつけると地金が流れやすいか、また、デザインを壊さないかなどを考えて付けてくれます。

今回のリングは普通にリングの腕の部分でしたが、表面にグルっと模様が入っているリングなどの場合は、湯道がリングのコバ(横)の部分だったり、内側に斜めにつけてあったり。

また、大きなものや複雑なデザインの場合は、数箇所に湯道が付けてあったりと、いろいろ工夫されてることが、地金になって帰ってきたときにわかります。


湯道は糸鋸やヤスリできれいに削り取ります。



*****


さて、次に、リングはサイズ出しがとても大事です。

ワックスの原型から地金に鋳造すると微妙に縮みがでたりします。

また、地金の原型からゴム型をとって同じものをいくつも作る場合などは、その段階でも縮みがでます。

その品物の製作工程によって、最終的に希望のサイズになるように、あらかじめその分を見込んだ原型を作るわけですね。



今回は9番と13番ですので、8番と12番のプラスめくらいに鋳造されるようにねらってワックスを作ってあります。

最終仕上げでそのサイズぴったりになるように、荒仕上げの工程で軽くたたいたりしてサイズ調整をします。






私の場合、このくらいマイナスめにしておけば、最終仕上げで内側を磨き上げたときにサイズぴったりをねらえます。





サイズ出しができたら、あとはひたすら仕上げ(磨き上げ)ていく作業です。

ヤスリやサンドペーパー、先端を品物にあわせて研いだキサゲなどを使って全体をピカピカに仕上げていきます。

リューターやバフなどの電動工具も駆使します。






とりあえずぴかぴかになりました。




今回はサイズ感や全体のイメージを見ていただくためのサンプルリングなので、地金の表面に変色部分やス(ごく小さな穴)が残っていても無視していただく形です。


二つ重ねるとこんな感じ。





あとは、お二人にみていただいて、よく、チェックしていただきます。


この段階で、きちんとチェックしていただくことがサンプルリングの目的ですので、ここはしっかりと。



今回はここまでです。


次回は、お二人のチェックが終わってから。


またまた、ドキドキです。




ジュエリーTABITHA
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

オーダーメイドマリッジリング製作 その2

2016-04-24 15:05:33 | オーダーメイドジュエリー
マリッジリング製作の続きですww


サンプルリングのベースが仕上がりましたので、ここに、お客様デザインの模様を刻みます。



前回、載せませんでしたが、最初に、お客様の手描きスケッチを元に、イラストレーターで清書をしました。

それが、こちらの絵です。







イラストレーターは、リングの内径や幅、石の寸法など、実際の数字を打ち込んで絵を作っていけるので、たいていの場合、デザインをまとめる際にはこのソフトを使っています。

出来上がった絵をPDFファイルにしてお客様にお送りすれば、お客様にも実寸でご確認いただけるのでたいへん便利です。



今回は、この絵を元にまず一度サンプルリングをお作りして、実際にご試着いただくので、とにかくワックスを削ります。



ベースになるワックスに、マジックであたりをつけます。





マジックを参考に、とがった針のような道具で、薄くケガキ線を入れます。





ケガキ線をガイドに、アールの流れに注意しながら、彫っていきます。





彫るための道具はタガネ、ヤスリ、スパチュラ、それから竹串や爪楊枝など、先端を加工していろいろなものを使います。

大事なのは、彫りたいデザインに合わせて、先端をきちんと加工すること。

ここに思いのほか時間がかかってしまって、あせってくることもあるのですが、この段階を適当にすると、先にいってからもっと時間のかかる失敗につながることもあるので、じっくり頑張ります。



今回、サイズ感や全体の雰囲気を見るサンプルリングなので、とりあえず、シンプルに彫り上げてみて、こんな感じになりました。





ここまでできたら、キャストしてシルバー925で鋳込んでもらいます。

キャストは外注さんなので、仕上がってくるまでちょっとドキドキしながらの待ちです。



今回はここまでです。

キャストが上がったら、サンプルリングの仕上げになります。

お楽しみにしてくださいね。



ジュエリーTABITHA
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

オーダーメイドマリッジリング製作 その1

2016-04-16 20:25:43 | オーダーメイドジュエリー
九州地方の地震災害にあわれていらっしゃる皆様に、心からお見舞い申し上げます。
まだ、余震が続いておりますが、被害が広がらないことをただ祈るばかりです。


*****

現在、いくつかのオーダーメイドのご注文をいただいておりまして、楽しく製作にあたらせていただいています。

6月にご結婚されるカップルのマリッジリングもその一つです。


今回、お二人に許可をいただきまして、製作途中からその模様をブログに書かせていただけることになりました。

いつもは、お品物が仕上がってから許可をいただき、ブログを書かせていただくことが多いのですが、今回は現在進行形ということで。

皆様に、面白いなと思っていただけたら嬉しいのですが・・。



お二人は、ジュエリーショップを回られてみたものの、なかなかピンとくるデザインが見つからなかったそうで、それならオーダーメイドでと、TABITHAをお選びいただいたのだそうです。

また、うちをお選びいただいた理由には、「リングの内側に石を入れたいから」とも伺いました。

TABITHAの工房は、太田彫金の石留め工房でもあります。

もともと石留めが専門ですので、リングの裏側への石留めも、もちろん工房内で行えます。

リングをお渡しした後のメンテナンスにつきましても、石の部分を含み、すべてこちらでできますので、ご安心していただけると思います。



リングのデザインにつきましては、今回、お二人がかなりわかりやすい絵を描いてくださいました。

こちらでは、サイズに合わせて、ご希望のデザインをまとめていくだけで済みそうで、たいへん助かりました。


ベースとなる形はシンプルな甲丸リングです。

リングの表面に、お二人のデザインされた模様を刻みます。


全体のバランスやサイズ感をみていただくためと、模様の表現のチェックを兼ねて、まず試作品としてシルバーで製作させていただくことにしました。


お二人のサイズに合わせて、ワックスを削りだしていきます。




高さがありすぎると装着感がわるくなりますし、しかしあまり薄く作ってしまうと裏から石を留めたときにリングの表に穴があいてしまいます。

仕上がった時の厚みを、たえずイメージすることがとても大切です。


また、プラチナは比重がとても重い金属です。

ざっくりとした計算ですが、6グラムの18金のリングとまったく同じものをプラチナで作ると、8グラムくらいになってしまいます。

重くて日常使いのしにくいリングになってしまわないように、仕上がった時の重さも見当付けしながら削っていきます。



とりあえず、ベースはこんな感じになりました。





内甲丸といって、内側にもアールをつけてあります。

これも装着感をよくするための加工ですが、今回は裏に石を留めますので、丸くしすぎないように注意しました。




これから、表面に模様を刻みますが、これには道具も合わせなければならないので、ワックスのかけらを使って、現在、ちょっと試行中です。




ここからはまた、次回。

作業が進みましたら更新しますね。


6月まで、日にちがあまりないので、頑張っていこうと思ってます!



ジュエリーTABITHA
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

鞄工房「HIS-FACTORY」さんにおじゃましました

2016-02-08 17:22:40 | 展示会、個展、お店
昨日、墨田区の吾妻橋のすぐそばにある鞄工房「HIS-FACTORY」さんに、娘と一緒におじゃましてきました。



  ☆HIS-FACTORYさん
 〒130-0001 東京都墨田区吾妻橋1丁目16番5
 TEL.03-5619-1602
 ホームページはこちらです♪



工房からは、ここも近いですが・・・




ここのほうがもっと近いです♪



HIS-FACTORYの中野さんは、お客様のご要望をじっくりとお聞きになって、とても手間をかけて一つ一つの製品を製作されてらっしゃいます。

金属と革とで素材は違うとはいえ、小さな工房だからこその、企画から最終仕上げまですべてを担うという点では、タバサと共通するものがあります。

というわけで、いろいろ興味深深で、とても有意義な時間を過ごさせていただきました。



この日はワークショップを開いていただき、私はパスケース、娘は名刺入れを作らせていただきました。



作業を教えていただきながら、物作りに対する考え方、取り組み方、それから素材への強いこだわりや、それゆえの悩み、職人としての転機のお話など、いろいろ聞かせていただけて、とても刺激になりました。


職人というのは、仕事に集中するとどうしうても工房にこもりがちになり、気がつくと視野が狭くなっていたり、考え方が硬くなってきてしまいがちです。

そういうことをふせぐためにも、職人さんどおし、作業を見せていただいたり、いろいろなお話をするというのはとても大事なことだというのを、昨日はあらためて思いました。





作らせていただいたパスケースと名刺入れです。
経年変化がとても楽しみな、中野さんがこだわりぬいた上質な革を使わせていただいてます。



墨田区では、物作りの職人さんたちの横のつながりがどんどん広がっているそうで、こちらのHIS-FACTORYさんは、そういった運動であるすみだ3M運動にも参加されてます。

  ☆すみだ3M運動

地元に密着した職人さん達一人一人が、しっかり動きながらつながって影響しあっている感じがとても力強く感じ、元気、やる気をしっかりいただきました。

鞄工房「HIS-FACTORY」の皆さん、ありがとうございました。



HIS-FACTORYの中野克彦さんと。




  ジュエリーTABITHA




コメント
この記事をはてなブックマークに追加

Rock Bar テキサスフラッド限定ピックチャーム販売開始

2016-01-04 19:10:29 | メタルプリント
新年あけましておめでとうございます。

今年もどうぞよろしくお願い申し上げます。



さてさて、四ツ谷三丁目から徒歩4分、荒木町にあるロックバー「テキサスフラッド」で、お店でしか買えないピックチャームを販売させていただくことになりました。



(写真はテキサスフラッドブログからお借りしました)


お店のホームページはこちらです→テキサスフラッド


テキサスフラッドは、マスターがお勧めのロックを低音増量、音量大きめで聴かせてくださる、ちょっと大人のロック好きが集まる私の大好きなお店です。

バーボンなどウィスキーがメインですが、ビール好きの私にも、ちょっと珍しいビールがあったりして楽しめます。

というわけで、下の写真は、東京ブルースという、なんとも魅力的な名前のビール。

これ、かな〜り美味しいです。


(ピックチャーム、掛けてみました♪)





このお店のみのお取り扱いで、表面にテキサスフラッドのロゴ、裏面には、通し番号とお名前を入れさせていただいたピックチャームを販売させていただくことになりました。

もちろんシルバー950製です。

上の写真のようにボトルに掛けてもかっこいいかなと思って、ボールチェーン(メッキ製)もおまけにつけてあります。

丸カンはボトルにピタっとおさまるように小さめの丸カン2つにしました。

キーホルダーにしても素敵だと思います。









テキサスフラッドは、ロック好きの大人の隠れ家に、かなりお勧めのお店です。

お店には、OPEN-Gのピックチャームの他にも、ギターの小物や皮製品などのアイテムも置いてあります。


ちょっとわかりにくい場所にあるのも、いいところ。

大人の隠れ家・・秘密基地っていってもいいかもしれないお店です。





お店にフライヤーも置いてありますので、ぜひぜひ、チェックしてみてくださいね。





テキサスフラッド

メタルプリントOPEN-G


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

OPEN-G製品の経年変化について

2015-12-21 22:31:47 | メタルプリント
セナギターズの保証書としてOpen-Gのピックチャームを使っていただけるようになりましたし、ここで、気になる経年変化について、再度、記事にしておきたいと思います。

メタルプリントという技術は、硬くとがった針で点を打ち込むことで文字や画像を表現しています。



(こちらは以前、坂川美女丸さんにお作りしたものです。)




この加工は意外に強く、ネックレスやキーホルダーとして日常使いしていただいても、すぐに消えるようなことはありません。


下の写真は7年くらい前にお作りしたバンドさんのファングッズです。

(個人情報の部分は画像加工をしております。)



違う角度から撮った写真です。




普段使いをしていただいてた結果、チャーム自体はずいぶんキズがついておりますが、文字や画像は充分に認識できます。


シルバー950製ですので、放置しておきますと黒ずみも進みますが、シルバー用のクリーナーで普通にお手入れできます。

銀製品の磨き布についても、力を入れすぎなければ大丈夫です。


また、ロジウムメッキ加工製品につきましては、表面にプラチナ質のコーティングをしておりますので、シルバー950そのままのものより黒ずむスピードは遅いです。

しかし、通常のご使用で、どうしてもコーティング面にキズが入っていきますので、そこから黒ずんでいくことはございます。

その場合も、銀製品用の磨き布でのお手入れ等で、輝きもある程度よみがえります。


基本的に、ベースはシルバー950で、打ち込んであるテキストや画像は”意外に強い”ということで、ご使用、お手入れいただけたらと思います。

また、磨きなおしなども承っておりますので、ご購入後のメンテナンスについても、ご遠慮なくお問い合わせください。



   メタルプリントOPEN-G

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

セナギターズ保証書♪ シリアルナンバー入りピックチャームをお付けします!

2015-12-10 23:43:09 | メタルプリント
楽器のまちとして知られる浜松市でこだわりのギターを作り続け、プロのギタリストからも愛されているセナギターズ。

そのセナギターズ製作のギター、ベースに、今後、保証書としてOPEN-Gのシルバー950製ピックチャームをお付けすることとなりました。





表面はセナギターズのロゴ、あるいは、セナギターズのオリジナルブランド「Tenryu」のロゴなどが入ります。

裏面には、オーナー様のお名前や、ギター、ベースのシリアルナンバー、愛称など、オーナー様だけの特別な情報を刻み込みます。


さりげなく身に着けているシルバーのピックチャームが、実は大事なギターやベースの保証書になってるって、ちょっと素敵だと思いませんか?

もの作りの一つ一つを丁寧に考え、真正面から取り組む姿勢で意気投合したセナギターズとOPEN-Gだからこその企画だと自負しています。






セナギターズのオーナーさんが、自分のギターやベースを自慢されるときに、さりげなく「保証書はこれ」って言っていただけたら、とっても素敵だなって思います。

本体のギターやベースと同じように、一生懸命、心こめて作りたいと思います。




セナギターズ

メタルプリントOPEN-G





コメント
この記事をはてなブックマークに追加

音楽サークル様のピックチャーム

2015-12-06 17:06:14 | メタルプリント
ここ数年、毎年11月に、東京のある大学の音楽サークル様のピックチャームをお作りしています。

今回、ブログ掲載のご許可をいただいたので、その製作の様子を載せさせていただこうと思います。

表面にサークル様のロゴ、裏面にメンバー様のお名前と数字をお入れしたオリジナルピックチャームです。







ピックチャームの元になる板は、シルバー950、厚み1.3ミリの板です。

それをピック型に抜いたものを、常時、在庫しています。

その状態から、まずは、板をピカピカに仕上げていきます。



下の写真は、コバ(周り)の部分を仕上げた状態です。

ここまでで2段階、バフの工程を進めています。





その後また2段階、ピック両面のバフ仕上げの工程をすすめて、これは最終仕上げの写真です。






シルバー950の板がピカピカの鏡面に仕上がりました。





板が仕上がったら次はメタルプリントです。

表面は同じロゴですので、いっきに打刻プリントできますが、裏面はお一人お一人のお名前なので、一枚一枚レイアウトを確認しながらプリントしています。

(裏面はお名前なので、写真は撮らせていただいておりません。)





プリントができあがったら、丸カンを付けて、ピックチャームはできあがりです。





そのあとは、一つ一つきれい仕上げ、個包装します。





お名前を確認しながら、ラッピングします。

最終的に、外袋の上に、お名前のシールを張ってお渡ししているので、そこまでをいっきに作業します。

(写真のお名前部分はぼかしてあります。)







こちらのサークルでは、先輩のメンバー様から後輩のメンバー様にピックチャームを贈られることが恒例になりつつあるという、たいへん嬉しいメッセージをいただいており、本当に光栄に思っております。


毎年のご注文からは、サークル様の活発なご活躍ぶりもお知らせいただけますし、元気もたくさんいただけて嬉しい限りです。


今年も無事に納めさせていただき、毎年恒例の大事なお仕事の一つが終わった感じです。



   メタルプリントOPEN-G




コメント
この記事をはてなブックマークに追加

門出の記念のパールジュエリー(その3)

2015-11-11 18:30:32 | オーダーメイドジュエリー
娘さんの門出の記念にお作りしたパールジュエリー、最後の1点が先日、無事に仕上がり、納めさせていただきました。

18金の腕に、互い違いにパールを2粒あしらったフォークリングです。




実は今回お作りした6点のパールジュエリーの中で、こちらのリングが一番の難関でした。

というのは、今までフォークリングを作ったことがなかったので、輪としてつながってないリングで強度を保つノウハウが充分になかったためです。

そこで、とにかく職人さん仲間の方にもいろいろ情報をいただき、まずはシルバーでサンプルのリングを作ってお客様にみていただいてからスタートしました。


サンプルのリングをみていただき、そこそこ、しっかり感のある腕で作らせていただくことに決定しましたので、細すぎない2mmの地金を使ってリングのベースをまくことにしました。

2mmの丸線をなまさずにきれいに巻けば、それなりの強度にもなるということでこの方法にしましたが、これがかなりたいへんな作業。

けっこうな太さがありますので、硬さもあります。

そこで、考えたのが、こちら。



エレキベースのペグを使って、地金を巻く装置(?)です。

(我が家は音楽一家ですので、こういうパーツがころがっていたりするんですね。)


もともと、かなりの強さでベースの弦をまくためのものなので、これが大成功。

18金の丸線がきれいに巻けました。






なめらかなラインで、キズも少なく、きれいに巻けたところ。



ここまでいったら、あとはひたすら、削りだしていく作業です。




腕の部分が、自然できれいなラインになるように、ヤスリで成形するのとともに、パールをさす部分の芯も削りだしていきます。




ここでも、何度も仮玉をセッティングしては、2つの玉を一番いい位置にするために芯の位置を調整していきました。




そして、やっと最終的にパールをセッティングして仕上がりました。





リングの強度もあり、パールの位置もいいあんばいに落ち着いたと思っております。




お届けして、お客様からも、「想像通りのデザインで、考えていたとおりの出来栄えです」とのお言葉をいただき、心からほっといたしました。

今回のパールシリーズを作らせていただいて、職人仲間のつながりもまた新たに広がるチャンスもございましたし、なにより、たいへんによい勉強になりました。

あたらしいものに挑戦することができましたことは、とてもいい経験になりましたし、自信にもつながります。

そして、特に今回は、お客様のお嬢様の門出の記念ジュエリーということで、輝かしい人生の瞬間を刻むお手伝いをさせていただけたことが、なにより嬉しかったです。

素敵な素敵なお仕事をいただけて、本当に感謝です。



ジュエリーTABITHA
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

珊瑚と淡水パールのネックレス そして素敵な音楽

2015-10-14 11:34:02 | オリジナルジュエリー
昨日は、お友達のジャズボーカリスト、飯田久美子さんのライブに行ってきました。

久美子さんとは、すみだジャズフェスティバル始まってすぐの頃からのスタッフお友達です。

何年もすみジャズでお世話になっていた久美子さんに、以前製作した作品の中から、サンゴと淡水パールのネックレスをお持ちしました。





この色は絶対にお似合いになりそうと思いながら、浅草のLive bar Darlingへ。

すでにステキな歌声がひびく店内に入ってみると、偶然にもこの日の久美子さんは赤のドレス。

さっそくネックレスをお渡ししましたら、すぐに付けてステージに上がってくださいました。



(Darlingさんのお写真お借りしました)


久美子さんは、女性らしい包容力のあるハスキーボイスがとても魅力的な方です。

この日はそれをこころゆくまで堪能させていただきました。

お店の雰囲気もとても落ち着いていて、ゆったりと贅沢な時間が過ごせていただき、一日の疲れもふっと抜けました。






昨夜は、ステキな音楽を楽しみ、また、私の作ったジュエリーを喜んでくださるお顔もみせていただけて、とてもよい夜でした。

赤系のネックレスは、コーディネイトの難易度がちょっと高いように思いますが、見事にきれいに付けていただいて、本当に嬉しかったです。

すてきな時間をありがとうございました。



飯田久美子公式ページ

浅草ライブバー Darling 







コメント
この記事をはてなブックマークに追加