12時間Blog

映画とかマンガとかドラマとか

[映画] スターウォーズ フォースの覚醒

2015-12-18 | 映画
「スターウォーズ フォースの覚醒」を川崎TOHOシネマズにて観て来ました

いやー、遂に公開されましたな!

SWシリーズの前置きみたいなことについては昨日のエントリをご覧頂くとして、いきなりネタバレ感想に行きます!





以下ネタバレ感想:
上映開始でいきなりルーカスフィルムのロゴが出て来たのに一番驚いたかも…w

20世紀FOXのファンファーレの代わりにディズニーのロゴが出て来ちゃったらガッカリだなあという不安感がいきなり払拭されたのは嬉しかったですが、他の映画と同様に(予告集があると思って)ゆっくり目に入ってきた観客の人たちがあたふたしてるのはちょっと可哀想でした(^_^;)

約10年ぶりのSW最新作ですが、Ep.1~Ep.6の旧6部作にてオレらの知ってる ”スカイウォーカー一家の物語” はあそこでキレイに完結してるものですから、個人的には凄いワクワク感というよりも ”あそこから先” に果たしてどんな物語が新たに紡がれるのだろうか?という疑問や好奇心の方が先立っていたというカンジでした

勿論、ルークやハンソロといったお馴染みの登場人物達の ”その後” が楽しみだったというのもありましたが、そんなオレにとっての今回のEp.7は物凄い中途半端な状態だった事に対する不満が沢山あります……とは言っても、決してつまらなかったわけではないんです

矢継ぎ早にハナシが進んでダレ場なんかも一切なく、ファルコン再登場の演出にはちょっと涙まで出て来るくらいでしたしw、手に汗握る展開が満載で笑いも涙も盛り沢山の2時間以上があっという間に過ぎ去ってしまうくらい夢中になってスクリーンに釘付け状態だったんですが、イロイロと微妙な部分もあって…(^0^;)

第一に今回のEp.7は単なる焼き直しだったというか、物語の流れや構造がEp.4を踏襲しまくっているんですが(もちろん敢えてそうしているのは解るんですが)そのせいで、”ああこれハンソロが完全にオビワンのポジションのやつだ…”、”途中で絶対に死んじゃうやつだ…”、と折角の旧知キャラとの再会を懐かしむどころではなくなってしまったんですよ……ソロが登場して早々にこの構造がバレてしまうので、旧3部作でのソロの振る舞いを思い出させるような言動が何度も何度も出て来るのがあざとすぎて(死亡フラグの乱立にしか見えなくなってしまって)、ちょっと冷めた目で見てしまったのが残念でなりません…(ノД`)

次に音楽について、ここぞという所では旧作の音楽を使ってはくれるんですが、大半の劇伴が聞いた事の無い曲だったので何かイマイチ盛り上がらなかったんですよねえ……最近、旧6部作を見直したばかりというのもあって、あちらは印象的な名曲が沢山あったのに、とついつい比較してしまいました…

イマイチ盛り上がらなかったといえば、ソロやルークのその後がパッとしてないっていうのもガッカリしてしまいました……ソロとレイアは元々が身分違いの恋だったというのもあって、長続きはしなかったっていうのも解らないではないですが残念だった事には違いありません…orz

またルークは今回のラストにチラッと登場はしたものの、結局セリフすらひと言も無かったですし、何故隠遁していたのか?、弟子の育成に失敗したというだけの理由ではないのか?……いや、正直言うと、何故ソロを見殺しにした?という怒りの感情が一番強いかなあオレの中で…ヾ(`Д´)ノ"

ルークの事も含めて何より残念だったのが、Ep.6~Ep.7の間の30年間に何があったのか?という部分で投げっぱなしの要素が多々あったことですね……新たな主人公であるレイはジェダイの騎士としての資質を、片鱗どころではないレベルで見せつけてくれるんですが、その生い立ち部分を思わせぶりに断片的にしか見せてくれないので、いくら活躍してもその根拠が薄弱で(抜群の身体能力については ”ゴミ漁り” で鍛えられていたというのはあるにせよフォース絡みでは修行シーンなんてのも皆無でしたし)、観客としてもフラストレーションが溜まっていく一方でしたねえ…

(そういやソロとレイアの子供は双子という外伝小説版の設定があって、名前もレイとレンで似通ってますしEp.7~もそういう展開になるのかと思えばどうも違うっぽいですな…)

ダースベイダーを崇拝してるらしい、カイロレンについては冒頭の村人虐殺のシーンは素晴らしいと思ったものの、あっさりマスクを脱いじゃったり、ただの若者(というか子供)っぷりを晒したりするのにガッカリしたものですが、おそらくEp.1~Ep.3でアナキンがダークサイドに堕ちてしまった流れを今回のEp.7だけで畳み込もうとしてるっぽいので、どうしても無理が出て来ちゃってるカンジですかね……でもまあ、Ep.8以降で ”完成した暗黒卿” としてレンの見せ場がいくらでもありそうなので ”悪役” としてのポジションは次回以降に期待という所でしょうか

よく解らないのがフィンで、ストームトルーパーでありながら、自らの村を滅ぼす作戦に従事させられた事で良心を取り戻した~っていうEp.7の冒頭から中盤にかけて物語を引っ張る役割としては文句無しに良かったんですがこれからこいつどうなるんでしょうか?……予告にライトセーバーを振るうシーンがあったことで、こいつが ”新たなる希望” になるのかと思わせておいて、レイが真打ちだったという展開の為のミスリードってだけだったとは思いたくないですが…

元トルーパーだけあって(兵士としての)戦闘能力は基本的に高いというのは伝わって来ましたが、Ep.8以降でジェダイを目指す風な(フォースに通じるような)演出も特にありませんでしたし…

レイの恋人ポジションって風でも無かったしなあ

帝国の残党っぽいファースト・オーダーとやらが、(名前が変わっただけで)帝国と全く同じようなことを繰り返してるだけに見えて、新味が無かったというのも残念でしたので(”拡散波動砲”のビジュアルには大喜びさせてもらいましたけどw)、Ep.8以降で何かしら新しい ”敵役像” みたいなのを打ち出してくれるといいんですが…

現段階だとあんまり、Ep.8のココに期待!みたいな部分が弱い気がしてならないですな…

映画感想一覧

『映画』 ジャンルのランキング
コメント (2)   トラックバック (18)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« [映画ネタ] スターウォーズ語り | トップ | つぶやき »

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
シリーズ (もののはじめのiina)
2016-01-13 08:46:46
シリーズものは、期待が大きいだけに安易な展開をすると反作用も大きいですね。
そんなコメントを散見しても、新シリーズ3作を見通すというのですから、スターウォーズのパワーは大きいです。

Unknown (たばたけ)
2016-01-14 10:18:27
どうもです>iinaさん

なんか不満点ばかり挙げててすみません……読み直してみて自分でもちょっとどうかと思いました(^_^;)
最初から最後まで楽しみっぱなしだったのも事実ですので勿論、次回作にもスピンオフにも期待しまくりです

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

18 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
スター・ウォーズ/フォースの覚醒  監督/J.J.エイブラムス (西京極 紫の館)
【出演】  デイジー・リドリー  ジョン・ボイエガ  オスカー・アイザック  アダム・ドライバー  ハリソン・フォード  キャリー・フィッシャー 【ストーリー】 銀河、暗黒の時代  ファースト・オーダーと呼ばれる強力な軍事力を持つ組織が自由な世界を脅かそうと....
ヒロインは、ニュータイプ?(*^_^*)~「スター・ウォーズ フォースの覚醒」TCX3D~ (ペパーミントの魔術師)
はい、ずいぶんとブログの更新がとまっていてどうも。(^_^;) さすがにこれは見てきましたよぅ~(≧∇≦*) ただ、予定していたEXPOCITYでのIMAX鑑賞はできなかったですけども くずはのTCX3Dで見てまいりました~。朝8時45分の回だったから余裕余裕。うち帰って大掃除...
スター・ウォーズ エピソード7/フォースの覚醒(2D 字幕版) (タケヤと愉快な仲間達)
監督:J・J・エイブラムス 出演:ジョン・ボイエガ、デイジー・リドリー、アダム・ドライバー、オスカー・アイザック、アンディ・サーキス、ドーナル・グリーソン、マックス・フォン・シドー、ハリソン・フォード、キャリー・フィッシャー、マーク・ハミル 【解説】 SF....
映画:スター・ウォーズ/フォースの覚醒 Star Wars:The Force Awakens 流石J.J.エイブラハムズ!と唸る (日々 是 変化ナリ ~ DAYS OF STRUGGLE ~)
まず最初に当ブログのスターウォーズ(以下SW)に対してのスタンス説明をば。 第1作SW4は素晴らしい思い出、ただしその後続いたSW5、SW6はそこまでじゃない。 そしてしばらく経って立ち上がった初期の話、SW1、2、3も一応押さえたが、ルーカスのデジタル技術、V...
スター・ウオーズ/フォースの覚醒 を観たゾ (ヤジャの奇妙な独り言 zwei)
やっと重い腰を上げて 13時20分に開映する スター・ウォーズ/フォースの覚醒 を観に行く事に 今の段階では 12/18の上映前には既に 物語の大まかな流れを知り 尚且つ上映後の様々な評判から 不安9・期待1の状態 (以前は不安7、期待3) シリーズ開始前の構想は 全9話....
スター・ウォーズ/フォースの覚醒 (だらだら無気力ブログ!)
某メーカーのグズグズっぷりのあおりを喰らって予定してた日には観に行けなかったけれど、やっと鑑賞でした!最高やった!
『スター・ウォーズ フォースの覚醒』 (京の昼寝~♪)
□作品オフィシャルサイト 「スター・ウォーズ フォースの覚醒」□監督・脚本 J・J・エイブラムス□脚本 ローレンス・カスダン、マイケル・アーント□キャスト デイジー・リドリー、ジョン・ボヤーガ、オスカー・アイザック、        アダム・ドライバー...
映画「スター・ウォーズ/フォースの覚醒(2D・日本語字幕版)」 感想と採点 ※ネタバレなし (ディレクターの目線blog@FC2)
映画 『スター・ウォーズ/フォースの覚醒(2D・日本語字幕版)』 (公式)を昨日、劇場鑑賞。採点は、 ★★★ ☆☆ (5点満点で3点)。100点満点なら60点にします。 ざっくりストーリー(ネタバレにならぬよう概要です) 舞台は、スター...
スターウォーズ フォースの覚醒 (とつぜんブログ)
監督 J・J・エイブラムス出演 デイジー・リドリー、ジョン・ボイエガ、ハリソン・フォード、キャリー・フィッシャー、アダム・ドライバー、マーク・ハミル 不覚にも鑑賞中、何度もうるうるときて涙を流しそうになった。まず、オープニング。例の画面の奥に流れていく...
【映画】スター・ウォーズ/フォースの覚醒…の記事で2016年映画観賞記録開始 (ピロEK脱オタ宣言!…ただし長期計画)
改めまして… 2016年、明けましておめでとうございます 恐らく、今後も休止状態が続き、コメントに(時期を逸し)返事も書けない事が続きますが、当ブログを宜しくお願い申し上げます 昨年2015年は、職場の状況が結構変わって、私自身の立場も変わって責任が増加 責任...
スター・ウォーズ/フォースの覚醒 (Akira's VOICE)
やっぱりSTARWARSが好き。  
スター・ウォーズ フォースの覚醒 (にきログ)
さて、お久しぶりの映画感想です 映画自体は2015年の年末に見ていたので感想遅くなりました スターウォーズ自体はエピソード1のときに旧シリーズを全部見ていて続編ということでどうなるかな?と思っていました 実は親がエピソード4公開時からのファンなんです...
映画「スター・ウォーズ/フォースの覚醒」 (FREE TIME)
元日に映画「スター・ウォーズ/フォースの覚醒」を鑑賞しました。
スター・ウォーズ (もののはじめblog)
フォースの覚醒 『スター・ウォーズ』オリジナル3部作のいつの頃からかジョージ・ルーカス監督は、9部作構成で考えているといっていた。 オリジナル3部作「ジェダイの復讐」の後に、その前日譚を扱った3部作は暗黒面に堕ちてダース・ベイダーになるアナキン・ス...
スター・ウォーズ フォースの覚醒 / Star Wars: The Force Awakens (勝手に映画評)
『A long time ago in a galaxy far far away...』 この言葉で始まる、スター・ウォーズ・サーガの最新作。前作、『スター・ウォーズ エピソード? シスの復讐』から10年。6作で終了と言われたスター・ウォーズ・サーガでしたが、この作品含め、あと3作品制作予定される...
スター・ウォーズ フォースの覚醒 (映画的・絵画的・音楽的)
 『スター・ウォーズ フォースの覚醒』を吉祥寺オデヲンで見ました。 (1)公開されてからだいぶ経つので、この辺で見ておかないと見逃してしまうおそれがあると思い、映画館に行ってきました(注1)。 (以下は様々にネタバレしていますので、映画を未見の方はご注意く....
スター・ウォーズ/フォースの覚醒 (Star Wars: Episode VII - The Force Awakens) (Subterranean サブタレイニアン)
監督 J・J・エイブラムス 主演 ハリソン・フォード 2015年 アメリカ映画 136分 SF 採点★★★ 特別な愛や“信仰”ってのをスター・ウォーズに関して持ってない私ではあるんですが、円卓の騎士の物語や指輪物語など普遍性の高い物語をSFの中に巧みに盛り込み、...
スター・ウォーズ フォースの覚醒 (のほほん便り)
原点三部作作品のメイン出演者フル出演のサービスもあり、おおむね好評ながら、監督も変わり、かなり賛否両論あったみたいですね。個人的には、メインメンバーに有色人種が採用さ......