シュウの作業部屋

日頃の事や趣味のアニメ、マンガ、ゲーム、模型製作などを書きたいと思います。

ガルパンプラッツ公式キットの謎

2017-06-18 01:42:26 | 模型関係
謎と言うほどではないと思いますがおや?と感じたので投稿することにしました。まずは最近発売されたキットを紹介します。

GP-28 T-34/76です。このキットの発売で公式キットではプラウダの全車両がキット化されたことになります。
そのまま組み立ててもほぼ劇中仕様になりますので気にならなければそのまま組み立ててもいいと思います。
TV版仕様にするためには要塗装です。

GP-29 Ⅳ号D型改(F2仕様)です。以前発売されたものと全く同じですが廃版になったために改めて発売されたものです。
以前問題になった履帯の違いがそのままなので劇中仕様にするには別売り履帯に変更などする必要があります。

GP-30 T-34/85です。 これも以前発売されたものと全く同じですが劇場版仕様で形成色がロシアングリーンになっています。
砲塔のアンテナパーツが入っていないので別個に用意する必要があります。

GP-32 Ⅳ号駆逐戦車/70(V)ラングです。 ドラゴンⅣ号戦車系最高傑作と言われるキットをほぼそのまま流用しています。
ほぼ劇中仕様になりますが転輪ハブキャップと上部転輪を交換する必要があります。
ハブキャップは旧公式H型仕様と交換でいいですが、上部転輪を他のキットから流用する必要があります。

GP-33 M3中戦車リーです。 中身はタミヤのキットそのままでデカールがセットになったものです。
モデルカステンのデカールセットを持っているならばわざわざ公式キットを買う必要はありません。私は買いましたが・・・

GP-34 Ⅱ号戦車F型(西住家仕様)です。 ドラゴンのフルインテリアキットにフィギュアをセットにしたものです。
フィギュアは顔のみ共通で体は座りと立ちのコンパチですが、顔だけおゆまるなどで複製すれば2種類そろえることも可能です。


さてここまで紹介して気づいた人はいるかもしれません。ぢつはGP-31が欠番になっています。

キットはちゃんとプラッツが発表したとおりに発売されていますし、次に発売されるティーガーⅡはGP-35です。ファイアフライはGP-36EX(全部乗せ限定版)ケッテンケラートはGPSP-1ですし。
ただ単にミスなのか忘れているのか?31予定になっているのは既にあるけど発売延期で発表されていないのか?など今後の発表に期待?です。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 名古屋城に行ってきました!... | トップ | 3回目の大洗へ行ってきまし... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。