U-7愛知交流戦

2018年01月26日 | スポーツ

寒風なんかぶっ飛ばせ!

1月20日 愛知さんの招待による交流戦にU-7の選手達で参加しました。

猛威をふるうインフルエンザにより欠席のメンバーもいましたが

試合に参加したメンバーはピッチを走り周り、予選リーグは圧巻の3連勝

1位どうしの決戦では惜しくも1点差 23で優勝こそ逃しましたが

奪った得点は実に20点

参加した8チームで最多の得点をあげたヒーローズ

エースのマナトがゴールを連発すればショウキやソウスケもゴールネット

を揺らし存在感をアピールしました。

なかでも、ケガからようやく復帰し待望の試合参加となったリュウダイ

の2ゴールは本人にも大いに自信と喜びになったと思います。

アトラクションでも一切、手を抜かないヒーローズ

ドリブルリレーでも好成績をおさめ、ビーチボールPKでは見事に優勝

と大活躍の1日でした。

1年生はまだまだ人数が少ないのですが、本当に楽しくサッカーに取り組んで

います。

このブログを見て一人でも多くの入団者が増えることを願います。

2月には2回目の体験会もあります。

どの学年もほぼ全員がサッカーを楽しみ、土日の練習や試合を心待ちにして

います。

それを温かく見守る父母の輪も年々熱く楽しく盛り上がっています。

ぜひヒーローズの練習を見に来て体験してみて下さい。

よろしくお願いします。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメント (1)
この記事をはてなブックマークに追加

竜王カップ

2018年01月22日 | Weblog

昨日、ドラゴンハットにて
竜王カップに参戦した
5年生チーム、インフルエンザの
猛威により休みや病み上がりの
選手も多い中、チームワークを
武器に戦い、見事に決勝進出
決勝では敗れたものの、堂々の
準優勝❢

キャプテン、ソライがバッグン
の存在感をみせMVPに選ばれまし
た。

彼は攻撃も守備も司令塔もなんでも
高いレベルでこなせる万能型の
プレーヤー
昨日、編集長は第1回井原 正巳杯
の運営でその井原 正巳さんとも
出会って来ましたが、その井原さん
を育てた松田会長によれば井原さん
も攻撃も守備もキャプテンも万能に
こなせる非常にクレバーな選手だ
ったとのこと。

ソライにも井原さんのように
代表選手になれるようがんばって
欲しいです。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

トピックス3

2018年01月18日 | スポーツ

3年生チーム連日の健闘!  

またまた3年生ママさんの情報と写真提供によりまして3年生の活躍をお伝えします。

1月13日の金田ウインターカップと翌14日のあえんぼカップの様子です。

3年生は全員が非常にアグレッシブ、バッグンのチームワークを誇る彼らですが

チーム内での競争意識も相当なもの、全員が良きチームメイトであると同時に

良きライバル、そのため試合ともなれば全員が相手チームはもちろんですが、同じ

ヒーローズの仲間に負けたくないと言う意識のもとで取り組んでいます。

指導する永岡監督 永石コーチも目先の勝利に拘らずチーム全体のレベルアップ

を意識した指導に徹しておられます。

最近の彼らの戦績を見ると2年生時代のように大差で勝利することは少なくなり

以前は勝てていたチームにも苦戦したりしているように感じている方もあるかも

知れませんが、当然他チームもレベルアップしており今までのような結果が出なく

なることも十分にあります。

然し前述したように3年生チームは非常にアグレッシブでバランスの取れたチーム

身体能力に優れた特定の選手頼みのチームでは無く(もちろんヒーローズにも優れた

選手がいますが・・・)全員が練習により培ったスキルと高い意識を持つチームで

いずれ4年生以上の学年の公式戦が始まれば、総合的なチーム力で素晴らしい戦い

が出来るチームだと確信しています。

今の戦績に一喜一憂する必要はありません。

 

結果が全てではなく、この年代はそにに至るまでのプロセスを大切に温かい目で

見守ってあげて欲しいと思います。

彼らのことですから、放っておいても現状に満足することなく更に上を目指して

頑張ってくれるものと思っています。

ミーティング中・・・・・リラックスした表情もイイですね

あえんぼカップ4試合で1失点は誇れる結果だと思います。

 

恒例のMVPですが金田ウインターカップでは攻守ともに小さな身体を

使い目一杯走り相手に挑むベビーフェイスの炎のファイターリイチが

選ばれました。

 

3位の表彰を受けるキャプテン ソウマ

あくる日のあえんぼカップでは父親譲りの巧みなドリブルでチームを

引っ張るカズマが選ばれました。

親子鷹・・・普段はカズマに厳しいコーチもこの時ばかりは優しいパパ

で満面の笑みです。

これからも3年生の活躍に大いに注目して下さい。

 

PS  他の学年の写真や感想のご提供もお待ちしてま~す。

 

 

 

 

コメント (5)
この記事をはてなブックマークに追加

あけましておめでとうございます。nu

2018年01月02日 | Weblog

Try  & charge


皆様あけましておめでとうございます。

当ブログも、あしかけ13年めに突入しました

今年もヒーローズの活躍を適宜お伝えして行きたいと

思います。

同時に今年も多くの方に写真や動画、試合の感想等の

ご協力をいただけたらと期待しております。

つきましては1月8日の初蹴の様子のご提供を宜しく

お願いします。

編集長はチビリンピック県大会運営の為に今年も

欠席となりますのでご協力をお願いします。

今年の当ブログのスローガンはTry & Charge

とにかく思い切ってやってみようをテーマに

子供達の奮闘ぶりをお伝えできればと考えてます。

ご協力をお願いします。

 

さて今年最初のスライドショーは1~2年生のバンブー

カップの様子です。

こちらをクリックor チャージして下さい

 

 



 

コメント (1)
この記事をはてなブックマークに追加

ヒーローズトピックス part2

2017年12月27日 | Weblog

3年生 旭森カップ

12月17日 

3年生が旭森カップに参加致しました。

朝から雪模様の荒れたコンデションの中

ケガや上の学年への招集のために3年生

全員が揃うことが少ない中でこの日は

全員が集結し決戦を迎えました。

プライマレリーさんとは前回負けている

だけに是が非でも勝ちたいと臨んだ試合。

なんとか先制したものの、追いつかれシーソー

ゲームの末惜しくも1点差負けとなりました。

安土 34 プライマリー

直ぐに全員で修正点を話し合い、その後の

2試合では持ち前の力を発揮して連勝し堂々の

3位を獲得することが出来ました。

 

中でもカイトは自慢のドリブルで5人抜きからのシュートを決めるなどの大活躍で

チームMVPを獲得し存在感を示しました。

1月早々にあるカップ戦では更に上の優勝目指して全員一丸となり

取組むことを誓いあいました。

試合結果

4年生になればいよいよ県大会等の公式戦やリーグ戦も本格化してきます

チームワークで更なるレベルアップを目指してガンバロウ





コメント
この記事をはてなブックマークに追加

2年生太田JFC cupで準優勝!

2017年12月03日 | スポーツ

勝ち取った準優勝 2年メンバー快進撃!

11月12日予てから交流のある太田JFCさんからの招待による

大田JFCカップに参加した2年生ヒーローズ

初めての大阪遠征、初めての県外試合とあって朝から

テンションマックスで臨んだ大会でした。

🎼大阪には~♪強いやつが~♫いっぱいいるんやでぇ~

と覚悟して臨んだ試合でしたが、このところメキメキと

パワーアップしたヒーローズ2年生チーム

予選リーグは見事に1位通過を果たすと

決勝トーナメントでも攻守に全員が全力プレーを展開

秋口より練習してきたディフェンスや1対1で負けない球際の強さ

奪われたら奪い返す、ピッチをワイドに使う等の課題を彼らなりに

取組んだ成果が徐々にではありますが現れてきた思いがします。

キャプテンハルトは自慢のドリブルで果敢に相手ゴールを目指す

チームの得点源であるミズキは味方を活かすプレーも身に着けました。

最近のヨウスケの積極性は目を見張るものがあります。

 

この日大阪のおじいちゃん、おばあちゃんに応援に来てもらったソウスケもハッスルハッスル

身体を張ったプレーで相手をプロックするソラ

バッグンの運動量とスピードでサイドを駆け上がりシュートを放つオギハ

自ら志願してキーパーをやったりフィールドでも積極性が出てきたウノハ

元気なムードメーカーのアラタも目の色が変わってきました。

 トウヤのドリブルには力強さを感じます。

闘争心が表情にプレーに出るようになったライムも期待の選手です。

タイキは相手への徹底マークで存在感をしめしました。

又、キーパーにフィールドにますます存在感がましたコウタのプレーも目立ってしました。

決勝トーナメントを勝ち抜きいよいよ決勝戦。

前半は01の接戦に持ち込んだヒーローズ、ベンチも応援の父母ボルテージが上がる

然し長旅のつかれか極度の緊張からか後半は足が止まりだし、失点を重ねたヒーローズ

結局1点は返したものの6点を取られ最終17の大差がついたものの中盤までは互角の

展開の息詰まる熱戦を繰り広げたヒーローズ2年生チーム

大会の努力賞には成長が目覚ましいヨウスケが

そして攻守に貢献したハルトが見事にMVPに選ばれました。

これからも躍進が続くように頑張っていこうね


熱戦スライドショーリンク  ⇒  ここをクリックORタップしてね





 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

涙はきっと明日の糧に

2017年11月27日 | 少年・少女ジュニアサッカー

涙はきっと明日の糧に

11月23日ビッグレイク 全日本少年サッカー大会滋賀県大会の2回戦

において、春の選手権の覇者アミティエスポーツクラブ草津さんと対戦

したヒーローズトップチームA、優勝候補との大一番とあって早朝から

気合を入れて試合に臨みました。


個のテクニックに加え洗練されたパスワークを武器に攻めあがるアミティエさんに対しては

対戦するどのチームもディフェンシブな布陣で臨みカウンターで反撃するチームが多い中で

ヒーローズは果敢に堂々と勝負を挑みました。

素早いパスワークからヒーローズゴール前に何度も迫るアミティエさんの攻めを、文字通り身体を

ぶつけながら、ピンチをしのぐヒーローズ、逆にボールを奪うやいなや縦に早いパスを中心に反撃

を試み相手ディフェンダーを脅かす場面も多数見られ、見ごたえのある攻防が続く・・・・・・・・

テクニックではひけをとっても気持ちと体力では負けないとばかりに一歩も引かないヒーローズ

前半はスコアレスの00で折り返す

ベンチからの熱い指示に耳を傾けるメンバー達

真剣勝負の荒々しい息遣いがスタンドにも届くぐらいのムードとなりました。

後半開始早々はヒーローズの時間帯になる場面も、いよいよジャイアントキリング(下剋上)なるかと

期待をいたしましたが、後半10分サイドからのクロスに飛び込んで来たFWのダイレクトボレーを

決められアミティエさんに先制を許す1点のビハインドに。

欲しかった先取点を先に相手に許す展開になりながらも少しも気落ちすることなく反撃に転じる

ヒーローズ、しかしなかなかバイタルエリアへの進出は出来ない苦しい展開が続き、後半15分に

相手に与えたフリーキックを直接ゴールに決められ2点を追いかける厳しい展開に変わる。

それでも気持ちを切らすことなく、いままで自分たちが続けてきたこと、やってきた事を信じて

必死で駆け抜けるヒーローズ。

歓喜の瞬間が訪れたのは後半18分左サイドをマーちゃんが駆け上がり、中央を駆け

上ったタクがシュートしディフェンダーともつれたところを、これまたゴール前に

詰めていたソライが必死に押し込み執念のゴールを決める。

残り少ない時間にあってもあきらめることなくひたむきな攻めを続けるヒーローズに

スタンドで観戦していた他チームの保護者達でさえ声援を起こすホームのような

ムードがビッグレイクに漂い始める

本当に最後の最後まで優勝候補のアミティエさんを本気で慌てさせる展開でしたが

時すでに遅く無情のタイムアップのホイッスルが・・・・・

戦いを終え涙にくれながらピッチを後にする選手達

追い続けてきたベスト4以上の夢は実現できませんでしたが、選手達自身はもちろん

見ていたコーチや保護者の皆さん誰一人として恥じる事ない立派な立派な戦いを

みせてくれたヒーローズ戦士に拍手

6年生メンバーの公式戦は本大会で終了しましたが、今後の彼らの人生において

この日の記憶と涙ははきっと明日への糧になる事でしょう。

まだまだサッカー人生は始まったばかり、あと4か月後輩たちのお手本となる

活動やプレーを期待しています。

本当に感動をありがとう。

全日VSアミティエ戦スライドショー  ⇒  クリックorタップ







コメント (3)
この記事をはてなブックマークに追加

超速報

2017年11月23日 | Weblog
本日の全日2回戦
前半
安土0vs0アミティエ
同点で折り返します。
がんばれヒーローズ
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

やったね!全日県大会1回戦突破

2017年11月18日 | 少年・少女ジュニアサッカー

 

 

雨中の激戦! ヒーローズ歓喜の勝利

11月18日 ビッグレイクにて全日本少年サッカー大会滋賀県大会が開催され

我らがヒーローズが第二試合に登場。

降りしきる霧雨の中を躍動するヒーローズトップチーム

悔しい初戦負けをした春の選手権と同じピッチで躍動するヒーローズトップチーム

相手は湖西の雄で県大会で上位進出経験のある青山さん

トップのコウが前線でボールをキープしチャンスを狙うヒーローズ

相手の早いパスワークや寄せにも身体を当ててピンチを防ぐ一進一退の見ごたえある攻防が

続く。

ピンチの後にチャンスがチャンスの後にピンチが

前半は00で折り返す

後半も互角の展開が続くものの徐々にプレーに落ち着きが出て来たヒーローズ

後半13分左からのコーナーキックのクロスボールにいち早く反応したのは

高い身体能力でセンターバックとして幾度もピンチをしのいできたソウハ

湖東トレセンでも活躍する彼がゴール前の混戦の中のすきを掻い潜り

豪快にヘディングでボールを叩きつけ見事に虎の子の先制点を挙げる

そのあと青山さんの必死の反撃を落ち着いたディフェンスでしのいだヒーローズが激戦を制して

10で勝利しました。

3部からのベスト4以上を目指すヒーローズの下剋上は23日の2回戦へ

相手は春の選手権の王者アミティエさん相手にとって不足なし、誰しもが認める強豪中の強豪

優勝候補NO1のチームに対して120%の力を発揮して夢へのチャレンジを続けましょう。


熱戦スライドショー ⇒  スライドショー

動画リンク ⇒      フリーキック     

             決勝ゴール


 

 

 

 

 

 

コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

トピックス

2017年11月15日 | 少年・少女ジュニアサッカー

 

トピックス  その1

 ヒーローズOB高校サッカー決勝進出!

 激戦が続く全国高校サッカー選手権大会の

 滋賀県予選にヒーローズOB達が大活躍してます。

 11月3日の準々決勝には草津東高校から3年生の黒川 ヒロトさん

2年生の平田 ユウキさん、守山高校3年生では瀬戸 トシハルさん

守山北高校では2年の平田 カイトさんが出場しヒーローズ時代に 

培った技術を更に伸ばして中心選手として活躍されました。

 

そして11月11日の準決勝熱戦を制した草津東高校にあって

センターバックとして黒川 ヒロトさんがフル出場

背番号3が黒川選手です。

恵まれた体格で堂々とピッチに入る黒川選手

 冷静な判断でピンチをしのぐ

落ち着いてピンチをクリア

身体を張ったプレーでゴールを守る黒川選手

 

この試合を 21 で勝利し、夢の全国大会を目指し18日の決勝に進出した草津東

ヒーローズ時代にかなわなかった全国大会出場をかけた大一番に黒川選手、平田選手が

挑みます。

温かい声援を安土から送ろう

 

トピックス   その2

水郷の郷マラソン


11月12日に開催された水郷の郷マラソンに3年生と1年生のちびっこヒーローズ

が参加しました。

普段はグラウンドでボールを追いかけて走っていますが

久しぶりにサッカー以外の事で皆で清々しい汗を流し、とっても

楽しそうに走っていましたとさ

選手の皆さんお疲れ様でした。

※マラソン大会の写真と感想の提供はハルト君ママさんです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


 


 

トピックス  その1

 

ヒーローズOB高校サッカー決勝進出!

 

激戦が続く全国高校サッカー選手権大会の

 

滋賀県予選にヒーローズOB達が大活躍しております。

 

11月3日の準々決勝には草津東高校から3年生の黒川 ヒロトさん

 

2年生の平田 ユウキさん、守山高校3年生では瀬戸 トシハルさん

 

守山北高校では2年の平田 カイトさんが出場しヒーローズ時代に

 

培った技術を更に伸ばして中心選手として活躍されました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 




コメント (1)
この記事をはてなブックマークに追加

木下杯かく戦えり

2017年11月10日 | 少年・少女ジュニアサッカー

悔しさを力に

木下杯の予選の様子を5年生のママさんから写真と感想を送っていただきました。

結果は皆さんご存知の通り2次予選にて残念ながら敗退となりました。

この悔しき現実をメンバーはぜひ力に変えて明日を見据えてもらいたいものです、

以下、特派員として投稿して下さったママさんの感想を元に記載いたします。

タイヨウ

彼の実力は対戦チームにも浸透していたようで、絶えず複数のマークが彼を包み込み

なかなか思うようにプレーをさせてもらえない状況が続きました。

そんな中でもマークを掻い潜り身体をはった高度なプレーでチームを引っ張った

タイヨウ、敗戦が決まった後の涙にタイヨウのこの大会にかける強い思いが

現れていました。

ソライ

キャプテンとして攻守に全力プレー

仲間のミスもしっかりとフォローし自らも積極的にゴールを狙い

チームの中心として大きな声で身をもってチームを引っ張っていました。

アオバ

2日めの八幡さんとの試合では得意のドリブルからハットトリックを決める活躍

予選敗退が決定的な中でも集中力を切らさず結果を出すあたり彼のプライドを

見る思いです。

全日予選では控えに回ることも多くチームメートでありいいライバルである

タイヨウやソライの活躍に複雑な感情を抱いていたかもしれません。

決してくさることなく、ハットトリックと言う結果で意地を見せたプレーは

輝いていました。

ソウト

全ての試合において身体を張ったファインセーブが何度も

強豪チームのエースのシュートをしっかりと受け止めた

本当に頼もしい守護神でした。

カイリ ソウマ タイト

スリーバックの3人は相手チームのストライカーにひるむことなく勇敢に立ち向かい

特にソウマは迫力あるロングシュートで攻撃の意識も高まっていました。

ユウセイ

持ち前のスタミナを生かしボール奪うために何度も粘り強く相手を追い込んでいました。

スピードもかなりのものでチームの中心選手としての自覚が気持ちの面でも発揮されて

いました。

ベンチのメンバーも声を枯らしながら、ともに戦い同じ気持ちで戦ってくれました。

3年生のツーもガッツあふれる全力プレーで2得点をマークするなど

兄のタイヨウに負けないハードワークで存在感を見せてくれました。

結果的に県大会出場はかないませんでしたが2敗した初日の絶望感を払拭して

2日目には強豪亀山さんに全力で戦いいいプレーを見せ、八幡さんには力を

ふり絞り快勝してくれました。

結果は以下の通り

1次予選はトップで通過したものの

2次予選勝点3の4位となりました。

タラ レバを言うなら、昨年までの主力の3名が転校や移籍で

ヒーローズを去った事や、トップチームに引っ張られる事も

多く全体練習の時間が足りなかったのかもしれません。

ですがどのチームにも同様の事情はあるはずです。

木下杯で敗れた悔しさ、トップチームに参加して得られた貴重な

体験が彼らを益々成長させてくれるのではないでしょうか

大いに伸びしろを感じさせる5年生チーム

まじかにスーパーヒーローズ杯も控えており

ますますパワーアップした姿を期待しましょう。

 

 



コメント (3)
この記事をはてなブックマークに追加

全日速報🆕👂‼

2017年11月04日 | Weblog

昨夜、守山市民ホールにて第41回
全日本少年サッカー大会 滋賀県大会
の開会式が開催されました。


注目のヒーローズの初戦の相手は
湖西ブロックの雄の青山さんと
なりました。
青山さんと言えば8年前のチビリン
県大会でも対戦し、惜しくも破れ
た相手。
8年越のリベンジなるか❗
注目の一戦は18日10時25分キックオフ
です。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

お見事!3大会連続の県大会出場決定

2017年10月22日 | スポーツ

ヒーローズトップチームAが3大会連続の県大会出場を決めました。

雨中の激戦となった10月21日の荒神山での全日予選最終日、ここまで1勝1分けながら

得失点差でグループ首位で迎えた運命の最終日。

どろんこになりながらも勝利を目指して駆け抜けた選手達

ボールが前に進まないコンデションでしたが、県大会へのキップを何が何でもつかむんだ

と言う気持ちを前面にだしたプレーの連続、

負ければ予選敗退という状況のなかにあっても2大会連続で県大会に出場したプライド

中でも選手権では準優勝となったビワさんと熱戦を繰り広げたと言う自信が彼らの支えと

なっていました。

春先のリーグ戦では思わぬ苦戦続きで気が付けば3部に降格してしまったこのチーム

他チームがレギュラーを固定して勝利優先で戦ったのに対し、ヒーローズはリーグ

戦は全選手の育成の場でもあるとの考え方よりレギュラーを固定せずチーム全体の

レベルアップを目指すコーチ陣の方針のもと3部リーグをトップで通過し

地元開催の文芸の郷杯でも県外の強豪を破り準優勝に輝いて勢いを増した

ヒーローズ。

特に6年生のハクト、コウ、ソウハのパワーあふれるプレーは迫力満点

マーちゃんが雨をものともせずサイドを何度も駆け上がり、タイヨウやソライ

アオバの5年生トリオも随所でヒカルプレーを見せる

怪我から復帰したキーパーのケイトも勇気あるセービングで守備を盛り立て

キャプテンのタクが大きな声で全員を鼓舞するリーダーシップを発揮しました。

結果

安土 5  1 金田

安土   1     1   旭森

トータル2勝2引分  勝点 8 で中主さんと並びましたが得失点差で上回ったヒーローズが

県大会出場を決めました。

3部からの県大会出場は下剋上であり快挙と言えるかもしれません。

しかし、もともとこのチームの持てるポテンシャルは非常に高く、目指すところは県大会出場では

なくあくまでも県大会ベスト4以上であると全員が目標を定めています。

野口前監督がまいた種を育て、中野 伴 松井 重野 コーチの熱心な指導となによりも

彼らを献身的に支えるサポーターである父母の応援により見事な結果に導かれたと思います。

然しながら彼らの夢は続きがあります。

選手権で敗れたビワさんへのリベンジ、そして究極の下剋上を目指して彼らの挑戦は

聖地ビッグレイクへと続くのです

 

※ 文芸の郷杯の記事にスライドショーを追加いたしました。

10月17日の文芸の郷杯の記事を再度ご覧ください。

追伸  県大会出場おめでとうコメントお待ちしておりま~す。

 

全日最終予選 スライドショー  ➡  ここをクリックorタップ




 

 

 

 

コメント (3)
この記事をはてなブックマークに追加

2017文芸杯安土A ビデオ集

2017年10月19日 | Weblog

文芸の郷杯 Aチームのビデオです。

 

 


 


 


 


 


 


 

<!-- 2017文芸VS富士松後半 -->

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

2017.10.08 文芸の郷杯 安土B 3試合目

2017年10月18日 | Weblog

Bチーム3試合目です。

Aチームの試合に関しては、ご提供くださったパパさんのご意向により、編集部の方で音声の編集をし

編集部のYOU Tubeアカウントに変更したうえでアップ予定ですのでもう少しお待ち願います。

2017.10.08 文芸の郷杯 安土B 3試合目

コメント
この記事をはてなブックマークに追加