のらさんのうだうだ日和

ドラマ・映画の視聴率情報中心

「1リットルの涙」の話8

2005年11月30日 13時21分36秒 | 2005年10月期ドラマ

1リットルの涙第8話~1リットルの涙~(視聴率15.4%、平均14.5%)を観ました。

「どうしちゃったの麻生くん。まるでいい人みたい!」
それは可哀想だろう。今回の麻生くんは結構いい人だぞ!

少しずつ亜也が学校に居れない状況になってきます。
それは学校でも、家の中でも…。亜也の母は亜也の学校生活をサポートしようと、仕事を辞める事を考えます。
亜也の父も店の仕事以外に空いている時間を利用して働き出します。
妹の亜湖は亜也と同じ東高に入って移動などをサポートする事を亜也に話します。
そして学校ではクラスメイト達が亜也への不満を口にします。

「お前らズルイよ!あいつの前ではいい人のフリして親切にしてあいつが何度もゴメンねって言っても平気、平気って繰り返してあいつが居ない時にこんな話して、本当は迷惑でしたなんてズルイよ!」
「やだったら元々親切になんかすんなよ!面倒だ、困ってる、疲れるってあいつの前で言えよ!そしたら、あいつきっと分かったよ。助けて貰わなくて済む方法だって考えたよ。」
「お前もだよ!なんであいつより先に親に話すんだよ!毎日、直接、顔を会わしているあいつに何で話し聞いてやんねーんだよ!外堀埋めて追い込むような真似すんなよ!先生があいつとちゃんと向き合ってたら、あいつだってきっと自分で・・・」

麻生くんの言葉は、多くの視聴者の言葉でしょう。(以前は亜湖ちゃんが、今回は麻生くんが言いたい事を代弁してくれてホッとしました。このままではストレスがたまってしまって・・・!)
前にも書きましたが、この場合一番悪いのは教師であり、学校であり、それを管理する公共機関だと思います。
生徒全体の事を考えつつ、障害者の社会参加に向けて全力を尽くすのが、公務員の義務であり、教育者の正しい姿勢なのではないでしょうか?
生徒や障害者の家族に移動等を任せるなんてもっての他、学校内の安全を教師が守らないでどうするのでしょう。

実際の亜也さんの話には麻生くんは居ないんだよね!

彼ら、彼女達は自分達のクラスメイトをこういう形で追い出したとして、いずれ後悔するとは考えないのだろうか?
何年も経って卒業アルバムを開いた時の事を思わないのだろうか?
確かに麻生くんの言うように実際には何も出来ないのだろうけど、それでも考える事は沢山あるのでは無いだろうか?

実際にこういう話があるかどうかは分からないが、無い事を祈りたい!
そして、今現在このドラマを観ているであろう亜也と同い歳位の皆さんへ、麻生くんのように皆さんのクラスに居るかもしれない”亜也”さんの味方になってあげて欲しいです。

亜也のことを思ってくれている人の為に、愛する人達の為に亜也は養護学校へ行く事を決意します。
泣いて、泣いて、1リットルの涙を流して到った結論です。

主題歌「Only Human」K.   挿入歌「粉雪」レミオロメン

追記:しかし、思いっきり無理な粉雪降らせていましたね。あれじゃあ、挿入歌の「粉雪」流す為としか思えないぞ!

 Back number
第7話~私のいる場所~
第6話~心ない視線~
第5話~障害者手帳~
第4話~二人の孤独~
第3話~病気はどうして私を選んだの~
第2話~15才、忍びよる病魔~
第1話~ある青春の始まり~
コメント (1)   トラックバック (10)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 「四日間の奇蹟」の話 | トップ | 映画「ロボコン」の話 »

1 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
はじめまして (じまぁ)
2005-12-01 15:02:19
はじめまして。TBありがとうございます。



学校に対する怒り、同感です。

私自身障害者で、中学生の頃寝たきりだったために

養護学校にすら入学拒否をされているので、

学校のこのような対応を見るとフィクションとは言え

憤りを感じてしまうのですが、今の時代そのような事が

起こっていないことをただ願いたいです。



今後ともよろしくお願いいたします。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

10 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
【ドラマ雑感】 1リットルの涙 (第8話) 「1リットルの涙」 亜也の涙、遥斗の涙 (気ままなNotes...)
 亜也(沢尻エリカ)のことで保護者会が開かれ、親たちから苦情が相次いだ。潮香(薬師丸ひろ子)と瑞生(陣内孝則)は亜也を今の高校に通い続けさせるため、その方法を模索する。一方、遥斗(錦戸亮)は父の芳文(勝野洋)から亜也の病状の深刻さを告げられ、ショックを受ける。しか
・「1リットルの涙」第8話ストーリー (たまちゃんのてーげー日記)
ドラマ「1リットルの涙」。2005年11月29日(火)放映の第8話のストーリーを書きます。今週もやっとのおもいで、書きあげました。。。(手が!耳が!痛い!) 長いので、お時間のある時にどうぞ♪ (多少、言葉使いとか違うかも知れません。はしょりもありますが.
行かないでと言って欲しかった… 『1リットルの涙』#8 (私的空間.com)
第八話  「1リットルの涙」 優しさって何なんでしょう? 相手に合わせて微笑む事?それとも相手のことを考えて突き放す事? 前者は誰にでも出来るけど、後者は愛情と言う強い意志がないと出来ないことですよね。 ただでさえ人と人との繋がりが希薄な世の中です
1リットルの涙 第8話 (じまぁののほほん日記)
ついに今朝、ウチの方でも雪がちらつきました!もうちょっと待ってくれって言いたくな
1リットルの涙 第8話 (どらま・のーと)
『1リットルの涙』 バスケットボール部の新人戦を応援しに行った亜也(沢尻エリカ)は、 初戦を突破したまり(小出早織)や早希(松本華奈)を祝福する。 すると、保護者会を終えたばかりの潮香(薬師丸ひろ子)たちPTAが校舎から 出てきた。 そのときの潮香の暗い表情に気
1リットルの涙 第6話  沢尻エリカ (文才がなくても描けるドラマ脚本術)
アロハ♪GOです! 発表しま~す! GOが選ぶ、秋ドラマ主演女優賞は、 『1リットルの涙』の池内亜也役を演じた 沢尻エリカさんに決定しました。 パチパチ! まだ、ドラマは終わってませんが ラストでの、教室でみんなにお別れの挨拶のシーンが とても
1リットルの涙 何か言ってよ・・・ (The Glory Day)
1リットルの涙 8話を見ました。普通の高校を辞めて しまったら何かが終わってしまうと、必死に頑張っていた 亜也。でもとうとう辛い選択を・・・。予想通りまた泣いて しまいました。
1リットルの涙・第8話 (あずスタ)
「1リットルの涙」の文庫本が、今年2月下旬の発売以来売れ続け、僅か9ヶ月で100万部を突破したそうです。映画やこのドラマの影響も大きいわけですが、売れ行きはいまだに衰えていないようです。
フジテレビ「1リットルの涙」第8話:1リットルの涙 (伊達でございます!)
今日のタイトルは「1リットルの涙」と、ドラマのタイトルそのまま。最終回に至る前の、ひとつのクライマックスとなる展開を予感させますが、まさに通りの内容でした。
1リットルの涙 8 (思い立ったが吉日)
『1リットルの涙』 自分の限界を感じる話。 今回の話ではいつものように要所要所で涙は流れたのだが、それよりも何か打ちのめされたようなそんな気持ちにさせられた。 手助けすることの大切さ、そして難しさ。 手助けしてもらうことへの感謝、そして難しさ。 亜也の病気