事務屋のひとり言

東京都の事務員のひとり言です。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

学長挨拶から見えた未来

2005-09-13 | 都立大改革の日々
8月の怒涛の資料集めと提出文書の作成の嵐の最中に、新学長の「開学の挨拶」が回覧されました。
これがもの凄く内容が理解しにくい文章です。
ためしに意味不明箇所に赤線を入れていくと、それだけで真っ赤になってしまいました。
これは他の事務室でも同じことを思った人がいたようで、あっちこっちの回覧文書が同じように真っ赤でした。
心ある係長や課長は、事務側で直さないと出せる文章ではないと忠告をしたようです。
管理本部の担当部署もさすがにマズイと思ったらしく、電話などで内容の訂正を行いました。
現在出ている「学長挨拶」はそうしてできあがった文章です。それでも文句を言いたい方はたくさんいるかもしれません。

確かに文章の下手な研究者の方もいらっしゃいます。
しかし今回の場合、根本的な問題は、文章の上手下手ではなく中身でした。
最初の文章と、公開された学長挨拶を見てわかるのは、事務方が直そうとして苦労した挙句、結局失敗していることです。
http://www.tmu.ac.jp/university/messages/president.html
「学長挨拶」というのは、大学のこれから目指すべきもの、理想などを示す文章です。
事務方がそれを直そうとして、結局到達できなかったのは、元の文章に全く中身がないせいでした。

管理本部の人間にそれが書けないのはわかります。もともと大学の素人で、最後までそれに徹した集団なのですから。
しかし仮にも東北大学総長や岩手県立大学長をしたらっしゃった方が、全く新大学の未来を語れない文章しか書けないなんて実に悲しいことです。
都立大の先生に頼んだら、誰でもこれ以上の文章はすぐに書いてくれますからね。
西澤学長が、東北大や岩手県立で同じようだったとは思いません。おそらく今は大学の未来を語るだけの情熱を失ってらっしゃるのでしょう。

管理本部がしっちゃかめっちゃかにした後でも、西澤学長筆頭とする教員側に心意気があれば、乗り切れるはずだという観測は初めから暗雲が垂れこめてしまいました。

さて9月。管理本部が放り投げた仕事を事務側と教員が必死にフォローして、なんとか認可申請が通りました。
ところが、この時すでに次の騒動の種が蒔かれていたのです。

管理本部は事務処理を放り投げる一方で、「非承認者」とされた教員の授業カリキュラムをリストからはずすのに奔走してました。
そしてわかっている限りの「非就任者」の講義をはずしたのですが、その最終リストを、毎年新入生に配る「履修の手引き」のカリキュラムに反映するのを怠ってしまったのです。

なんのことはない、文科省に出したリストを反映して印刷すればいいだけの話なのですが、管理本部はそれを怠ったために、「履修の手引き」に載っている講義と、文科省に出したカリキュラムに齟齬が起きてしまいました。
これはありえない事態です。

学生の方には、この事態の甚大さがわからない方もいるかもしれません。
つまりこういうことです。
文科省提出書類には載っていない講義が、「履修の手引き」には載っている。
さて問題です。
この講義は開くべきでしょうか? 開かないべきでしょうか?
ちなみに教員免許資格の単位に入っている講義がいくつも含まれていることにします。

この他、「就任者」が行う講義名も変更がされていますが、この反映も徹底されていません。これは「非就任者」の方の講義をフォローするために、「就任者」の人の授業を当てたために起きました。
簡単に言うと、都立大では「専門科目」、首都大では「基礎科目」になってしまう科目があるということです。そういう風にしないと、全然科目数が足りないのです。

結局事務側では、苦肉の策として「この今年の科目は、この科目として読み替える」という処理にしました。
しかしそれでも困るのがシステムへの登録です。
なにしろ、そんな例外処理が出来るような器用なシステムになっていません。
「どの科目が、どの科目に対応している」という連結作業を、半年以上たった今でも手作業で継続中です。
これが資格科目が絡むと、法律にも関わってきますから凄まじい事務量になります。いざ申請してみたら、「この科目は重複履修不可のものを単位として認めている。資格にはあと通年4単位のこの単位が必要」なんてことになったら、とんでもない話です。
適当に連結すればいいというわけではないわけですね。

管理本部に今更責任を取って欲しいとは思いません。しかしせめて現場の事務方に謝って欲しいと思う事務屋は、非常に多いでしょう。
コメント (25)   トラックバック (1)
この記事をはてなブックマークに追加

お金の使い方(その2)

2005-09-07 | 都立大四方山
就職カウンセラーと学修カウンセラーの話をもう少し詳しくします。
それぞれ特に試験を受けてなるものではありません。書類審査と面接です。

「自分のなりたい職業がわからない」「自分に合った職業ってなんだろう?」
そういった働く意識の希薄な今の学生に、カウンセリングをして将来の道を広げていこうというのが配置主旨です。

一見現在の東京都が抱える問題を、改善する糸口となる妙案に見えますよね。

しかし実態を見ると、必ずしもそうではありません。
まず、都立大の学生が就職の際に抱える問題の多くは、「希望の職種に雇用がない」「希望でないものでも雇用がない」というものが圧倒的です。
割合で行くと、9割ぐらいがそうだと思います。
学生のニーズに合致していないカウンセラーを5人も置いても、あまり効果的運用は出来ないでしょう。

実際に学生が欲しい情報は、
「自分のなりたい職種にどんな資格が必要か?」
「資格を取るために、どんな講義を受けなければならないか?」
「雇用のある職種に、どんな資格が必要か?」
など、もっと実践的なものです。
特に「どんな資格にどんな講義が必要か」というまさに教務的な問題は、就職カウンセラー方も知識がありません。
『カウンセラー』と名前がついていても、臨床心理士の資格があるわけではありませんので、やってる方も手探りの状況です。

これが3年ほどいて、学生に合った知識、教務的な知識を持ってくれば変わると思いますが、ここで年俸制が足を引っ張ります。
要するに「年俸制」という単年度契約ということは、雇っている側にも「来年いるかわからない」ということになります。
へたをすると毎年毎年人が変わって、4月になる度に何も知らない新人カウンセラーが窓口に立つ可能性もあるわけです。
これでは、いつまで経っても学生にとって意味のあるシステムにならないでしょう。

7月頃から、就職カウンセラーの方でも、ポスターを貼ったり、学生を使って構内アナウンスを実施したり、様々なことをしていましたが、カウンセリングを受けるということへの抵抗感と、浸透の薄さで思ったような成果が上がっていません。
学生側に有効なシステムにするには、学生側からも、積極的に自分に必要な情報を要求していくことが必要でしょう。

さて学修カウンセラーの方は、もっと大変です。
学修カウンセラーが今どこにいるか、知っている方はどのくらいいるでしょうか?
おそらく、見たことさえいない人が100%だと思います。
事務側も知っている人は、半分くらいでしょう。

学修カウンセラーは、実は学長室にいます。
学長室とは、南大沢キャンパス本部棟の2階、ガラス扉のその奥にあります。
ガラス扉で想像できる通り、企業の重役室のような雰囲気です。

なんで学修カウンセラーがこんなところにいるのでしょうか?
事務側では「あそこはコネ職だよ」という噂があります。要するに「縁故採用枠」ということですね。
でも一応専門職扱いですから、バカにならない給料を払っています。
もちろん東京都にどこでもこんな「コネ職」があるわけではありません。実際都立大にこんな部署はありませんでした。
「学修カウンセラー」という名前なのに、絶対学生が来ない場所に事務室があるなんて、こんなウルトラCは普通は無理です。

今学修カウンセラーが何の作業をしているのかは不明です。
とにかく最低でも、普通の窓口がある場所に下りてもらわないことには、有効なシステムにならないと思います。
新組織は、いずれも学生向けの組織ですので、学生の力で有効にも弊害にもなりえるわけです。

これから東京都の事務員はどんどん減って、どうやって採用されたのか全くわからない人が、ぞくぞく溢れる状況が押し寄せるでしょう。
「公務員でなくなれば、もっとサービスよくなるはずだ」と考えている人がいたら、その方は甘いです。寮長も学修カウンセラーも首都大職員であり、東京都職員ではありません。

それでなくても、各事務組織は管理本部の手によって、図書館のように権限と区分けが引っ掻き回され、ガタガタの状態です。
見た目、去年通りに動いているように見えるのは、今いる事務屋の奮闘によるものであり、手が回らずこぼれた場所からは、学生にとって不便になったり連絡遅延が発生したり、弊害が出ています。
東京都職員は残念ながらみんな異動届を出していますので、これからはどんどん悪くなっていくでしょう。

そうなる前に「首都大職員を鍛える」必要があります。
事務側もやっていますし、学生の皆さんも首都大職員に自分達の要望を積極的に発言していってください。
そうしなければ、本当の意味で大学は大変なことになっていってしまうでしょう。
コメント (5)
この記事をはてなブックマークに追加

お金の使い方

2005-09-02 | 都立大四方山
未来塾で入ってきた学生は、都立大の学生寮に全員入る「全寮制」となる。
当初の構想ですが、このご時勢そんな話が通るわけもなく、なし崩しになってしまいました。
どうも昔の「車座に座って、みんなで日本の未来を熱く語る」的な発想が背景にあったようですが、無茶な話です。
ただ、寮長さんをわざわざ雇って、その人のありがたいお話を全員で聞くというオプションは実行されました。

ところがこの70歳を超える寮長さんが最初いらっしゃいませんで、事務側は慌てました。なにしろ年俸1000万円を超える高給職です。
ただでお金をあげているなどと、問題になったらたまりません。

事務側が奔走し、なんとか出てきてもらうようになったのですが、今度は寮生に説教する内容に問題が出てきました。
「ジェンダーを言う奴は、マルクス主義者だ」
「女性は大学を出たら、フラフラしないで結婚して子供を生まなければ、社会の損失になる」
今時物凄くわかり易い男尊女卑の思想です。そのせいなのか、寮生も理由をつけてこの「寮長のありがたいお話」に出ない人が多くなっています。

ジェンダー研究の第1人者と言われる江原先生が在籍する大学で、「ジェンダーを言う奴は、マルクス主義者だ」も何もないでしょう。
生協では江原先生の本が売っていて、「キャンパスにはびこるジェンダーハラスメント」なんていう項目のある本が書架に並んでいるのです。
いくらなんでも、金額に見合った効果が出ているとは思えません。

似たような事例で、就職カウンセラーと学修カウンセラーがあります。就職カウンセラーは5人、学修カウンセラーは3人です。
こちらも専門職なので、年俸1000万円までは行きませんが、相応の額を1人あたり払っています。合計すると結構な金額になりますよね。
「なんだ金がない、金がないと言ってなかったっけ?」と誰でも思うでしょう。
しかも彼らは素人です。何の素人かというと、大学の素人ですね。

就職カウンセラーに「自分の単位は足りているか」とか、「この資格を取るためには、あと何が必要か」などの「教務」に関する知識はありません。
また就職に関する情報も、資格や現在の企業ニーズに関する情報収集は、カウンセラーの仕事の範疇から外れています。

つまり従来の窓口の方が、よほどその知識の蓄積を持っているのです。
団塊の世代と言われる方々の退職が、今後5年間ぐらいで山を迎え、都立大でも大量に退職する方が出ます。
教務を担当していたそういったベテランの方々を再雇用した方が、よほど安上がりだし、結果も早いでしょう。

ただし、従来の窓口では「自分は卒業できるのか?」といった質問には、即答しないようになってました。個人個人で違う上に、卒論が必須かどうかだけでも全く違います。
今まで窓口では「ホームページからも確認できますので、まずそちらで確認して、履修の手引きを見ても「わからない箇所」を質問してください」としてきました。
これは不親切だと感じる人もいらっしゃると思うので、そういう点を専門に受ける窓口があるのは、学生にとってとても助かるでしょう。

また「大学生活がうまくいかない」「友人関係の悩みがある」など、本当にカウンセラーが必要な問題もあると思います。
そういった対応のために、1人か2人はカウンセラーが必要でしょうが、5人も10人も必要だとは思えません。

まだ動き出して、いくらも経っていませんが、寮長の問題も、カウンセラーの問題も、人材と金の使い方が圧倒的に間違っていると思います。
もっとも大学を知らない人たちが、新宿で考えた案が元ですから、机上の空論のお手本みたいなものですけどね。

単位バンクの件でも、一橋大学と単位バンクで合意を取れ、と無茶な指示が出て担当部署は大変なようです。
以前説明したとおり、単位バンクは相手大学にメリットがありません。
受ける大学は、これを機会に大学の知名度を上げようとする言わば「格下」の大学以外ありえない仕組みです。
そういうある意味「常識」を理解できない経営側の感覚を、どの段階で修正できるかが、今後の課題と言えそうです。
コメント (3)
この記事をはてなブックマークに追加

そりゃないよ首都大学(U-CLUB)

2005-08-29 | 都立大改革の日々
文科省認可申請の中で、「U-CLUB」についてはその関係について説明が求められました。懸案だったのは、大学が企業御用達の訓練校まがいに変貌するのではないかという懸念です。
しかしまだ活動らしい活動もしていない以上、簡単な注意だけでこの件は終わりました。

「TOKYO U-CLUB」は、「首都大学東京を、多様な産業、文化に彩られた世界に類を見ない大都市東京という地域社会における知的資源の中心として位置づけ、地域の持つ全ての資源を動員して大学の持続的発展を支え、大学と共に充実した“東京ライフ”を享受することを願う善意の人々に対して多様な活動の場と会員相互の交流の場を提供することが目的です」
となっています。
意味がわからない上に今回は長文です。

簡単に言うと、首都大学東京の後援会です。
ちょっと違うのは、企業が中心と言うことですね。
インターンシップなどの制度を実行するために、企業の取り込みが必要だったというのも伏線の1つですが、首都大学の就職先斡旋のイメージがあります。

ただ普通と違うのは、後援会側も大学に対して提言を行うということです。
これが今後どのような影響力を持ってくるのかはわかりません。
大学の性質と、この「U-CLUB」の性質がどんな形になるかによるでしょう。

さてそう言っても「U-CLUB」がどんな団体なのかは、興味のあるところです。
「U-CLUB」のホームページを見てみましょう。
http://www.the-tokyo-u-club.jp/

地味な上になかなか更新されないサイトです。
メンバー構成も表示されてませんが、実際には河合塾とかリクルートなどの企業がメンバーに入っていることがわかっています。

右上に電話番号が載っているので、かけてみましょう。
「株式会社アーイメージです」と電話応対されます。
なんで株式会社にかかるのか不思議に思いますが、どうやら間借りしているようです。
この「株式会社アーイメージ」は東京国際アニメフェアの制作会社のトップに出てきます。
http://www.taf.metro.tokyo.jp/outline/committee.html
どういう会社かわかりませんが、アニメ産業と深い関係にあるらしいことがわかります。

さて今度はFAXナンバーに注目しましょう。
「U-CLUB」は「アニメプレスセンター」という所と同じFAXを使っていることがわかります。またアニメですね。
http://www.apctokyo.jp/ja/contact/index.html
設立主旨を見ると、「NPO法人AII」というところが、運営していることがわかります。
この「NPO法人AII」というところのホームページは今はなくなってしまっているのですが、理事に株式会社アーイメージという会社が入っていました。

ちなみにこの「NPO法人AII」という団体のFAXナンバーも、「U-CLUB」と一緒でした。

この「NPO法人AII」というところは、いったいどのような活動をしてきたのでしょうか?
「SSQガールズモデルオーディション」というモデルのオーディションを運営していたようです。
http://about-audition.jp/production/info.jsp?company_id=859
また「パラダイス・アース アワード」という「CGアニメーション」「静止画キャラクター」「イメージソング・サウンド」の募集も行っていました。
http://compe.japandesign.ne.jp/ap/01/degi/paradise-ea/

モデルのオーディションに、アニメ産業。なんだか全く関係ない業種をまとめて面倒見ているように見えます。なんでこの「NPO」はこんなことやっているのでしょうか?

ホームページを良く見ると、いずれも「京楽栄開発株式会社」という会社の委託で行っていることがわかります。
この会社は何か? 以下のホームページがこの会社のホームページです。
http://www.kyoraku.co.jp/public/company/sakae.html
どんな製品を作っているのか、「製品紹介」を見ます。
パチンコの画面が出てきました。
なんと関係ないように見えた「アニメ」と「モデル」が出ています。

この関係ないような業種を1つに扱う企業。
そう。「京楽栄開発株式会社」というのは有名なパチンコメーカー、「京楽産業」のことだったんですね。

なにゆえ「U-CLUB」が、パチンコ業界の大手がバックにある「NPO」と、事務所を同じにしているのかわかりません。
石原都知事の「東京湾カジノ構想」などと言うものが、脳裏をよぎりますが関係は謎です。

「U-CLUB」は、今後「NPO法人AII」ともども、秋葉原の「秋葉原クロスフィールド」に入居することが決まっています。
http://pc.watch.impress.co.jp/docs/2005/0331/akiba.htm
「秋葉原クロスフィールド」には産学連携のフロアもありますから、まさにうってつけの場所に入ると言えます。

「U-CLUB」の活動はこれからです。
この後援会が、首都大学にどのような影響をもたらすのかは、未知数と言えます。
文科省の懸念だけでなく、「大学の後援組織」という見た目「公的な機関」としての顔が、「対外的に利用される」という懸念についても、今後注意深く見守っていく必要があるでしょう。
コメント (7)   トラックバック (1)
この記事をはてなブックマークに追加

そりゃないよ首都大学(単位バンク)

2005-08-26 | 都立大改革の日々
いろいろな問題も、一応みんな動いています。
その中で全く動けていないのが、「単位バンク」です。
「首都大学東京の教育課程編成の理念である“学生の多様な選択”と“社会的ニーズへの柔軟な対応”を可能にするには、シラバス等の透明性の向上や、学外資源を積極的に活用する」ことが必要なので、単位バンクが必要であるとされてきました。
例によって、読んでも意味がわかりませんが、何も「単位バンク」なんてしなくても、「単位互換」という制度がもともとありました。
これは協定校同士で、学位を払わなくても受講した単位を認め合う制度です。都立大では中央大学や東京外国語大学と「単位互換」を行い、今までたくさんの学生が利用してきた実績があります。

「単位バンク」と「単位互換」の大きな違いは、「単位バンク」は受講にその大学の制度にのっとったお金が掛かること。
その代わり、「単位互換」のように学長同士の協定がなくても、大学を選べます。

とはいえ卒業単位に加算できる科目かどうかを、1つ1つ判断するだけでも実は大変な労力が必要です。
大学同士で協定結んで「単位互換」制度を利用した方が、はるかに実効的でしょう。
勝手に科目を評価される他大学側にとっても、認められようが否定されようが結構迷惑な話です。
また、学生にとって有効に活用できるようになるためには、多種多様な大学の科目以外を認める必要がありますが、これは行き過ぎれば単位乱発になり、大学の存在意味が失われる可能性があります。
従来の「アメリカの大学のような入りやすく、出にくい大学」という概念からも逆行する話ですね。

にも関わらずなぜこの「単位バンク」という制度が、出てきたのか?
都立大の教員は、最初から否定の立場でした。大学管理本部に賛成的だった前田先生も、単位バンクは否定していたのです。
実際に単位バンクを推進したのは、科技大の一部の教員でした。
今現在単位バンク認定科目として出ているのも、システムデザイン学部(科技大)の2科目である理由がここにあります。

その科技大の有志から、「単位バンク制は大学教育を破壊するおそれがある」という単位バンクの問題を指摘する文書が出ています。
http://tmu.pocus.jp/tbank7.html

読むとわかりますが、首都大学の教員を認定しないこともできる可能性が指摘され、その点に多くの批判を割いています。
「学生にとっての単位バンクは有効か?」という視点よりも「教員にとっての単位バンクの危険性」が文書の主題になっていることがわかるでしょう。
「なんだ自己保身か」と呆れる人もいるかもしれませんが、実はこれが「単位バンク」の裏事情なのです。

ここからは事務側に伝わる噂です。噂なので話半分で聞いてください。

その噂とは、「単位バンク」制度は、科技大内の暗闘の産物であるというものです。

人文教授会はたくさんの声明や文書を出していますが、「単位バンク」制度だけを問題にした文書は出していません。これは他の学部も同じです。言及すらしていない反対声明も少なくありません。
しかし科技大の教員だけは、上で示した通り「単位バンク」への危機感を募らせています。もちろん「元の改革案に反対しているのだから、個別に「単位バンク」に言及する必要はない」という見方もあると思いますが。

とにかく噂は、科技大の石塚学長が自分の意に沿わない科技大教員を排除するために、「単位バンク」を打ち上げたとしています。
事実は不明です。たぶん他の誰に聞いても話してもらえないでしょう。

その「単位バンク」は、首都大学の特徴の第1に上げられていました。
どんな背景があろうと、ほっとくわけにはいきません。
しかし動かすためには簡単ではないのです。
今検討されている中には、「自衛隊への体験入学」を単位として認めようというものもありますが、「自衛隊への体験入学」がいったい何の単位になるのでしょうか? 体育? 社会福祉?
就職の時に役に立つのでしょうか? 企業の人事担当が成績証明書を見て、「自衛隊への体験入学」という単位をどのように評価するのでしょう?

大学を出ればいいというための「単位バンク」ではないはずなのですが。
形として科技大の一部しか協力的でない中、今の段階では先行き大いに不安と言えます。

その大学を出た後の話が、「Tokyo U-CLUB」です。
これが実際に動き出すのは、これからです。しかし今既に問題が指摘され始めています。いったい「Tokyo U-CLUB」とはなんなのか? 次はその話です。
コメント (1)
この記事をはてなブックマークに追加