『斬(ざん)』
移転しました。
移転先:http://souryuusei.blog61.fc2.com/
 



他人の不幸は蜜の味: ブロガーがSEOを語る際に抜けがちな前提

からの触発。

あれとかこれとか (Lefty):逆SEO
『斬(ざん)』:検索 TB 除け SEO 対策

を参考に、これらをまず読んでいただいた方が、より分り易いので、先に読んでもらえれば幸いです。

では、本題。
 SEO(サーチエンジン最適化) について思ったことですが、自サイト(ブログ)には、検索サービスからキーワード検索して訪れる一定のアクセスが存在します。そのアクセスには、目的が果たせる場合と果たせない場合があり、目的が果たせない場合は、訪れた人に損をさせてしまいます。

 アクセス解析では、訪れた人のアクセス元となる検索サービスとキーワードが分る場合が多いのですが、この中には、ある特定のキーワードから訪れても明らかに目的を果たせないであろうことが分るキーワードもあると思います。Webサイト側が、検索上位になってしまい申し訳ないと感じてしまうキーワードです。検索している人のニーズと合っていないアクセスというのは、どちらにとっても不幸な結果でしかありません。オレ自身も、その工夫を記事に書いていたりするのですが、双方にとって不都合なら検索サービス側で、ある特定のキーワードでの検索順位を下げることができるような申請窓口を設けたらいいのではないかと思いました。google、yahoo! の2大検索サービスさん。ご検討よろしくお願いします。

 ただ、申請方法については、その Web サイト(ブログ)の運営者かどうかの判断をどうやってするかが難しい部分ではありますが。

 そういった申請窓口ができる事によって、検索精度は上がるし自分のサイトに訪れる人の満足度も上がります。検索サービス、検索する人、検索から訪れたサイト先の全てにとって良好な関係となります。そして、不要なキーワードによる検索順位下げの申請に協力的な Web サイト(ブログ)には、検索サービス側から、幾ばくかのアドバンテージを与えられる工夫(例えば、代わりにあるキーワードの検索順位を上げる)をすれば、申請する数も増えると思われます。
 そうすることで、検索サービスの検索精度が上がれば、何も逆 SEO をする必要もないし、もしそういった、目的としないキーワードからの訪問が複数あった場合は、その検索サービスに申請すればいいだけです。

 アクセス至上主義な考え方が多数を占めているので、とても難しいこととは思いますが、その方が、数値には現れない、適正なアクセスが見込まれるため、より良い方向に向かうと思います。

 もちろん、意図せず訪れたが面白かったので読者になった、という例はあるとは思いますが、稀なケースであり、意図を持って訪れた人を対象とすることが望ましいと思います。幾ら精度を上げても、検索からの意図しない訪問が無くなるとは思えませんからね。

 ただ、『shuiro note:: くだらないものでGoogle1位になったコンテスト』のようなニッチで面白い企画モノには、参加出来なくなっちゃうかもしれませんけどね。

コメント ( 4 ) | Trackback ( 2 )



« 初見の人にと... ■2006年9月ア... »
 
コメント
 
 
 
Unknown (asitaki)
2006-09-27 09:26:44
競合サイトに金積んで順位を下げさせるわけですね(ぇ
 
 
 
Unknown (LSTY)
2006-09-27 10:30:51
 実際の問題として、これだけwebコンテンツが増えてしまうと、申請で、ってのは無理だとは思います。検索エンジン側の思考ルーチンを改良する、というのが現実的な線かと。



 しかし、あのSEOに関する記事はそれなりに注目されて、不思議でした。評価されるのは嬉しいわけですけど、あれって当たり前のことでしょう?だって、webを使っていれば、「検索したら日記サイトばかり引っかかって鬱陶しい」って経験は誰にでもあるんじゃないかと思うのです。僕にもあった。

 でも、自分がブログを書き始めると、そういう感覚を無くすんですね。逆に、SEOでアクセスアップ!とか考える。これって、ブログを始める前の自分にとっては単なる迷惑行為なわけですよ(笑)

 でも、そういう事自体を忘れてしまう人がすごく多い。人間って御都合主義にできてるもんだなあ、と感心します。
 
 
 
いやまあそうなんだけど (Lefty)
2006-09-27 17:42:49
>google、yahoo! の2大検索サービスさん。

えっと、確かここのブログって…



(まあgoogleのエンジンを使ってたはずですが。)
 
 
 
お返事~ (souryuusei)
2006-09-28 20:46:34
asitaki さんへ>



 まぁ、悪いことを先に考えるのが世の常ですからね。その辺りをどう防ぐかが出来ない、もしくは面倒だからやってないのかもしれませんね。





LSTY さんへ>



>実際の問題として、これだけwebコンテンツが増えてしまうと、申請で、ってのは無理だとは思います。



 うーん、そういったデータを集めて、どういったモノがニーズに合わないかが分かれば、アルゴリズムを作ることも出来るんじゃないかと。そうすれば、イレギュラーなものは減っていくんじゃないかと。でも、もしはじめたとしたら、最初はめちゃくちゃたいへんでしょうね。



> でも、そういう事自体を忘れてしまう人がすごく多い。人間って御都合主義にできてるもんだなあ、と感心します。



 Web 上では自分本位になりがちで、多くの人は自己中心的に動きますからね。見えない他者を意識できなくなるんでしょうね。訪問者にアクセス毎に○×を付けてもらってその数値を表示させたら非常に面白い結果が見えてきそうですね。閲覧時間3秒以上なら○、以下なら×とかなら出来るかも。





Lefty さんへ>



 え?どこですかねぇー 存在感薄いからねぇー ブログフィルターの知名度ってどうなんだろうか?結局いいもの作っても宣伝下手だから浸透しないでポシャリますからね、どっかのサービスは(笑)
 
コメントを投稿する
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。
 
この記事のトラックバック Ping-URL
 
 
・送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております
・このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております
※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
 
 
逆SEO (gomisの日記)
『斬(ざん)』:検索サービスに特定キーワードの順位下げ依頼ができたらいいような…… 今思いつく改良点は、ボットに無視して欲しいキーワードを コンテンツごとに埋め込む:metaタグの新しい属性による解決 robots.txtに記述 以上の2点によって制御することで ...
 
 
 
検索で来る迷い客 (ドジっ子Watcher)
 『斬(ざん)』というブログにこのような記事があった。 検索サービスに特定キーワードの順位下げ依頼ができたらいいような……  アクセス解析では、訪れた人のアクセス元となる検索サービスとキーワードが分る場合