下手の横好き

おやじが語る辻堂ソフトテニス事情
Where there's a will,there's a way!

NANTEI ・・・

2008-09-05 17:48:27 | ソフトテニス
先日、ある方のメルマガに
「やっぱり軟式(NANSIKI)だったなぁ」
という題で、次のような文章がありました。

>ソフトテニスという名前は、やっぱりネーミングがどうだったのか未だに疑問です。
>軟式庭球からソフトテニスへ名前が変わってもう15年くらいでしょうか。
>未だに疑問です。
>オリンピック種目でその国独自のものが採用されたものは、現地語が多いことに気づかされます。柔道、テコンドー、ケイリン・・。
>ソフトテニスはなんかテニスの子供版、未熟版というようなイメージが生まれます。
>ソフトボールと野球の関係とはまた違って、テニスは同じフィールド(コート)で行うだけになおさらです。
>もう1回軟式庭球に戻すなんていうのは、もちろん無理ですよね・・。

ああ、やっぱり。
私も「ソフトテニス」に変わったと聞いた時には、何だか割り切れないような、もの悲しさに近い感覚に襲われたことを思い出します。
かといって、何だったら良かったのかというと、自信のある代替案も浮かびませんでした。
勿論、その名称変更に際しては、関係各位の、真摯で激しい議論があったはずですから。
ただ、「軟式庭球」という言葉は、その響きの中に「硬式テニスとは横並びだぞ」という気概が感じられて好きでした。
母校のクラブ名称が、体育会軟式庭球部から変わっていないことを知って、少し嬉しかったです。

正式名称は「軟式庭球」、
競技種目名称は、ナンテイ(NANTEI)
ってのもありかな・・・・・。
ジャンル:
ウェブログ
コメント (3)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 中高連携 | トップ | 茅ヶ崎市秋季大会 »
最近の画像もっと見る

3 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (ゆぅ)
2008-09-06 08:53:46
確かに軟式庭球の方が日本語らしいし、軟庭部って言うと泥臭いイメージがあって好きです。
「軟式庭球」がいいな (冬のアナタ)
2008-09-06 23:53:11
こんばんは。


ぼくも「軟式庭球」という競技名称が大好きでした。


「軟式庭球」の競技名称が「ソフトテニス」に変わることを知らされたとき、それはもう決定事項となっていて、反対運動を起こすような余地はありませんでした。


なぜ競技名称を「ソフトテニス」に変更するか、その理由はいくつかあったと記憶しています。
ぼくが記憶している理由の一つは「軟式」という言葉がマイナーイメージを与えるからというもの。
もう一つは、国際会議の場では「soft tennis」という呼称が定着しており、加盟国でもそのように呼ばれているからというものでした。


一つめの理由はおいといて、二つ目の理由はまったく納得できませんでした。
国際会議の場では英語が公用語なのでしょう。たしかに「軟式庭球」の英訳は昔から「soft tennis」であり、国際会議ではそれが使われていたわけですが、英語で野球を「baseball」というからといって、日本国内で野球のことを「ベースボール」とは言わないように、英訳イコール外来語ではないわけです。


おまけに、当時の競合国である韓国では、この競技が「軟式庭球(ユンスクチョングと発音するそうです)」、台湾では「軟式網球(発音わかりません)」と呼ばれていたことは確認されています。「加盟国でそのように呼ばれている」というのは英語圏の国の話なのではないでしょうか。
それをなぜわざわざ「ソフトテニス」などとしなければならなかったのでしょうか。
おっしゃる通り、テニスの未熟版・子供版のような印象がたっぷりではありませんか。


というわけで、ぼくはいまでも「軟式庭球」が好きです。ぼくの母校の大学もいまだに「軟式庭球部」と名乗ってくれていることは純粋に嬉しく思います。


ちなみにその昔、ある国鉄の方がアフリカのザイールに軟式庭球を普及されたことがありましたが、そのときは競技名称を「NANTEI」としていましたね。


「ソフトテニス」か・・・う~ん、今からでも遅くないから「軟式庭球」に戻せたらいいんだけどなあ(笑)
0%ではないかも (浜砂おやじ)
2008-09-07 07:11:16
ゆぅさん、コメントをありがとうございました。
硬式はスマートで、軟式は泥臭いイメージがありましたね。
でも、スポーツに限らず「好き」というのは、それに携わる者にとっては、基本的に大切な要件ですから、「好き」な部分は多ければ多い方がいいと思います。

冬のアナタさん、流石の考証に脱帽です。
「軟式」という言葉がマイナーイメージを与えるというのなら、「ソフト」という言葉がどんなイメージを抱かせるのか、という点は看過されたのでしょうね。

ルールが何度も変更されていることを考えると、名称変更も可能性がないことではない(?)と思っていたいです。
皆が抱いている将来性に対する危機感を払拭するための、方策の一つにもなり得るとも感じています。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。