思いつくままに

日記のようなメモのような日々思いついたことなどを書き付けていこうと思います。

可愛いイレーヌ

2018-02-18 10:32:55 | 展覧会

              マネの「可愛いイレーヌ」

先日知人の絵を見に国立新美術館に行ったら、

ちょうど「至上の印象派展」の初日で、

さっそく入ってみた。

ドイツに生まれ、スイスに移住したビュールレの

プライベートコレクションとのこと。

 

    セザンヌの「赤いチョッキの少年」

これは有名ですね。

教科書などでよく見かけました。

 

   ポール・シニャックの「ジュデッカ運河、ヴェネツィア、朝」

近くで見るととても荒いタッチでしたが、

少し離れてみると穏やかで優しい印象でした。

 

 

    ロートレックの「コンフェッティ」

 

初日のためか、

それほど混んでいなかったので、

イヤーガイドを聞きながら

印象派などの絵ををゆっくり楽しみました。

 

コーヒーとケーキで一休みして、

暖かいお天気に誘われて、

東京都美術館で「ブリューゲル展」を見るために上野へ。

 

       ピーテル・ブリューゲル2世「鳥罠」

 

これはよく見ますね。

というのは息子が何枚もこの絵をもとに描いているそうです。

 

       ピーテルブリューゲル2世「野外での婚礼の踊り」

 

風景や、デッサンなどたくさん展示されていましたが、

小さなものが多くて、

目を近づけないとわからない。

 

久しぶりに目の保養ができて、

良い一日でした。

 

 

 

コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

初雪

2018-01-23 11:52:44 | Weblog

昨日の昼前から降り始めて、

今朝は庭におりると、

長靴すれすれまで雪が積もっていました。

朝飯前に家の前の雪かきをして、

ホッと一息。

 

気温があがりはじめたので、

早く溶けてくれると良いのですが、、、。

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

寒い日が続きます。

2018-01-20 18:15:14 | 手作り

今日はミシンかけをする予定でしたが、

そばでリカちゃんが寒そうにしていたので、

セーターでも作ろうかと思っていたら、

ちょうど穴の開いたハイソックスが有ったので、

ジャケットを作ることにしました。

靴下を裏返したら、なかなかいい感じ。

ゴム編みのところをうまく利用して、

スエット風のジャケットができました。

 

ついでに赤い毛糸でマフラーも作ってみました。

 

コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

東京、港七福神参り。

2018-01-07 11:57:42 | Weblog

ウオーキングクラブ恒例の七福神参りをしました。

増上寺の大門を通って、

 

あら、カートの一団が走り抜けました。

 

増上寺の前を通って、

 

宝珠院(弁財天)

 

 

東京タワーの下を通りすぎ、

 

熊野神社(恵比須様)

 

十番稲荷神社(宝船)

 

大法寺(大黒天)

 

 

 ブランド店があちらこちらに、、、。

桜田神社(寿老人)

 

 

 

氷川神社(毘沙門天)

ガラス戸越しのお参り、

 

 日本のお正月。ホッとしますね。

さすが東京、麻布、六本木のビルの谷間に

港七福神は窮屈そうに点在していました。

天祖神社(福禄寿)

 

帰ってから地図を見たら、

すぐそばに新国立美術館があったようです。

寒いのを気にしていましたが、

日中はぽかぽか、良い歩き初めになりました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメント (6)
この記事をはてなブックマークに追加

やっと出来た。

2017-12-17 10:13:40 | 手作り

              ウィリアム モリスの「イチゴ泥棒」

 

何年かかったかはっきりはわからない。

暑くてやめたり、

あきてしまったり、

夫の看病で5年ほどはしまい込んであった。

 

そのままにしておくのは嫌なので、

何とか頑張って、仕上げた。

図案の部分はハーフクロスステッチ、

バックはテントステッチ(バスケットウイーブステッチ)、

この二つのステッチで厚いキャンバス地を埋めてゆく、

細めの毛糸3本で一目一目生地を埋めてゆく単純作業なので

あきる。

 

刺しあっがってみれば、

生地は斜めに、でこぼこゆがんでいた。

スチームアイロンで形を整えて、

 

額装してもらったら、

まあまあ何とか飾れそう。

欲を言えば、もう一回り大きな額にしたかったが、

在庫がないというので我慢した。

 

 

コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

天気予報も調べずに出かけてみたら、、、

2017-12-09 14:26:02 | 展覧会

日展に友人の作品を見に行くために川越駅から東武鉄道Fライナーに乗ったら、

車内放送があって、地下鉄に事故があって、別の車線を各駅停車で走るという。

副都心線に乗る人は和光市でに降りるようにというので、

降りてみたらしばらくは地下鉄は通りません、とのこと。

 

それで予定を変えて、上野へ向かった。

上野公園では黄色、橙、赤と木々の色どりを楽しんだ。

 

西洋美術館のこちらも見たかったけど、、、。

 

 

東京都美術館では、

ゴッホ展が最終日だったので入ってみた。

 

ゴッホが浮世絵に影響を受けたという話は知っていたが、

浮世絵とゴッホの絵を並べての解説は良かった。

知らずに見ていた絵もいわれてみればなるほどという感じがして、、、。

 

ゴッホは浮世絵とともに日本にとても関心があった、

ということだったが、一度も日本には来ていなかったというのも面白い。

 

山手線で西日暮里まで、千代田線で乃木坂へ出て日展会場へ

日本中からの作品が集まっているということで、圧倒される。

外はだんだん雲行きが怪しくなってきているので、

工芸部門だけ見てきたが、

染色、織物、塗りもの、竹、や籐で編んだもの、焼き物、、、、。

表現の仕方の多さに圧倒された。

 

もっとほかの部門も見たかったけど、時間がないので引き上げる。

地下鉄も普通に走り出していて、

あまり遅くならずに駅に着いたら、

本気で雨が降っていた。

駅の近くに自転車が置いてあったので、

冷たい雨に濡れながら、家に着いた。

 

駅までのバスがなくなって、

こんな時には本当に困る。

 

 

 

コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

ポシェット

2017-11-28 20:43:19 | 手作り

 

本棚を片付けていたら、

30年ほど前に作ったポシェットの作り方が載った雑誌が出てきた。

ブドウの絵を刺繍したもので、

いつもバックに入れて使っていたら

擦り切れてしまったので処分してしまった。

 

それで同じような布を見つけて、

ありあわせの刺しゅう糸をいろいろ色合わせして、

また作ってみた。

 

 

息子がそれを見て、

また同じものを作っているの? という。

そのころまだ小学生だった息子が覚えていたようだ。

 

コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

川越・南田島の足踊り

2017-11-05 20:44:03 | 瀬戸内海の旅

川越市指定無形民俗文化財に指定されている

南田島の足踊りが文化の日に、

川越博物館の前で実演があると知り、

さっそく出かけてきました。

 

踊りてはこちらに頭を向けて、仰向けに寝転がり、

立てた両脚におかめとひょっとこのお面と着物を付けて、

手で傘や着物の袖を振りながら

お囃子に合わせて、二役を演じます。

 

 

 

 

 

 

 

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

お掃除日和

2017-10-09 13:05:19 | Weblog

あまりに良いお天気だったので、

前から気になっていた換気扇の掃除をすることに。

ファンの取り外しにかかったが、なかなかねじが回らない。

力がなくなって、そろそろ外部に頼むようかな?

などと思っていたら、

二つのねじはぞれぞれ回し方が反対だった。

毎年やっているのに、もう忘れている。

 

一年ぶりの割にはひどい汚れではなかったので、

思ったより短時間で済んだ。

 

私にとっては、一番の大仕事が済んだので、

あとは年末にかけて、こつこつと片付けることにしよう。

 

 

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

瀬戸内海「直島」と4つの美術館を巡りました。 その4

2017-10-04 11:01:35 | 瀬戸内海の旅

朝日が昇りよい一日になりそうです。

 

 

 

まずは丸亀駅のすぐ前の猪熊弦一郎美術館へ、

 

画業70年の間に「美しい絵」を求めて、

次々と画風がわかる様子が分かるように展示されていました。

 

写真を撮ることができたので好きな絵を写してみました。

 

マティスかなと思ってしまいました。

いいな、、、。

「わら家」で釜揚げうどん体験。

 

イサムノグチ庭園美術館は、

撮影禁止。

広い敷地に大きな石の作品がたくさん並んでいました。

小高い丘の上からは屋島と壇之浦が見えました。

 

この後、ジョージナカシマ記念館にもよりましたが、

自然への深い尊敬と愛情を持った、

ジョージナカシマデザインの美しさを感じてほしいということだったようですが、

こちらも時間不足で、説明を聞いただけで終わってしまいました。

 

結局 美術館を二日で、4プラス1(地中美術館はオプションでした)

見るということは無理と分かりました。

これからは一つか二つの美術館と町めぐりというのがよいかなというのが、

今回初めてこのようなツアーに参加したことの感想です。

コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加