goo

女性議員で研修中

今日・明日と若手女性地方議員での研修に参加させていただいています。

初日の今日は女性議員としての活動に関するワークショップを行うとともに、
金沢市のこども総合相談センターを視察しました。

議員活動は女性だからといって男性議員と特に異なるところはありません。
ただ、地方議員の女性議員は市議会議員では12.1%、町議会議員では7.8%と少数派です。
また、若手議員の割合も少なく、男性を含め、30代以下の市議会議員は8.7%であり、
20代の議員は1%にすぎません。
そのような中で、少数派ゆえの課題は少なからずあります。
ワークショップを通して他の若手女性議員の方々の働き方など、情報交換をさせていただくことができました。
また、議員在職中に結婚や出産を経験された先輩方のお話も伺うことができました。



こども総合相談センターでは、児童相談所についてのお話を主に伺いました。
金沢市は中核市であることから、市で児童相談所を持たれています。
児童相談所を持つことは高砂市にはそぐわないことですが、
要保護児童対策地域協議会のあり方や地域、学校との連携等、
子どもを取り巻く環境をサポートする体制を学ぶことができました。


コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

総務常任委員会で各会議の委員募集や新庁舎建設などについて報告を受けました

総務常任委員会が開かれ、所管の部局より様々な報告をいただきました。
主なものをお知らせいたします。

まず、消防本部より、一昨年、昨年と発生した暴力事案について、
一昨年の分の処分が確定したことが報告されました。
4月10日付の処分であり、すでに報道もありましたとおり、
消防長に管理監督責任として訓告の処分、
加害職員である副主任(当時)に減給10分の1(三ヶ月)の処分が下されたとのことでした。
また、再発防止として、パワーハラスメントについての研修やチェックリスト、
消防本部内での係や小隊ごとのミーティング等の強化が行われるとのことです。

こども未来部からは、女性活躍推進会議及び子ども・子育て・若者会議の若者委員について委員公募の報告がありました。
いずれも昨日からの募集です。
女性活躍推進会議については、今年度は女性活躍推進法に基づき、職業面における女性活躍に力を入れるとのことでした。
ただ、子育てや介護を女性がするものということが前提となっているようにも見受けられます。
子育てや介護を誰が担うかは家庭ごとに異なるものであって一概に女性のみが担うものではないこと、
職業面での活躍において女性が直面する課題は他にもあり、幅広く対応いただきたいことを伝えました。
若者会議については、主に若者世代が直面する課題について計画を立案する会議であり、
若者の困難に明るい方の募集となっています。
女性活躍推進会議の委員募集についてはこちら
若者委員の募集についてはこちらも参照いただければと思います。

財務部からは、牛谷急傾斜地の工事における計画変更の報告がありました。
設計時と状況に相違が見られたため、工事内容が変更されるとのことです。

企画総務部からは新庁舎建設について報告がありました。
現在、市民の方々や各種団体から選出された方々によるワークショップが実施されています。
5月からは、これらに加え、広く市民の方々からの意見を募っていくとのことでした。
意見は、市役所や各サービスコーナー、ホームページ上から届けることができる予定とのことです。


コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

市政報告会のお知らせ

3月定例会の報告を中心とした市政報告会を開催します。

日時:4月30日(日)10:00から

場所:伊保東部自治会館

ご意見をいただく時間も設ける予定です。
ぜひご参加いただければと思います。


また、5月には会派での報告会も予定しています。
明風会第4回会派報告会は5月20日(土)14:00から、
高砂市ユーアイ福祉交流センターにて開催の予定です。
詳しい内容等はまたお知らせさせていただきます。
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

議会運営の諸課題について

議会運営委員会を傍聴しました。
議会運営委員会では今後、議会運営に関する諸課題を検討していくとのこと。

高砂市議会では、これまでにも様々な議会改革が行われており、
議会基本条例の制定を始め、
私が議員になってからも、条例における議員の産休の明文化や議長立候補制、
委員会での議員間討論の許可、議会だよりにおける採決結果の公表などが新たに行われました。

しかしながら、まだまだ課題もあるため、今日の委員会ではこれから取り組むべき課題が挙げられました。

来年9月の改選に向けての議員定数のあり方や常任委員会の考え方、
政務活動費について、議会のSNS広報が委員長団から諸課題として提示され、
他の委員さんからは議会報告会のあり方や議員間討論のさらなる検討が挙げられました。

まずはこれらについて、会派で考え、見解を出すことになっています。
より市民の方々にとって身近な議会、意見の届きやすい議会となるにはどのような形が望ましいのか、
これまで進めてきた調査や研究も踏まえて考えていきたく思います。
コメント ( 6 ) | Trackback ( 0 )

市政報告をさせていただきました

昨日はお世話になっている方々の集会にて、
ミニ報告会をさせていただきました。

できたての後援会報14号をもとに報告させていただきました。

平成29年度予算としては、会報に記載している
子育て世代包括支援センターの創設やスクールソーシャルワーカーの配置に加え、
集会所に対する補助についてお知らせしました。
その他、代表質問にあたっての思いなどもお話させていただきました。

代表質問としての施政方針に対する総括質問については、
人口減少など、必ずしも明るい話題ばかりではなかったものの、
前向きなご意見を多くいただき、さらに課題に向き合わなければと思いを強くしました。

また、市庁舎についてや市民病院についてなど、
後援会報には記載できていない事項についてもご質問いただき、
お知らせできていない部分も認識することができました。
新庁舎の完成予定は平成33年度、業者提案の設計図はこちらから見ることができます。

紙面はどうしても限られてしまうため、お知らせできない点もありますが、
これからも直接お話できる機会を大切にするとともに、ウェブ上など限りのない場所でお伝えできればと感じています。
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )
« 前ページ