goo

一般質問をグラレコ化しました

6月12日に発表された議会改革度ランキング。
早稲田大学マニフェスト研究所が調査し、ランキング付けしているものです。

上位300位までが発表されました。
ランキングはこちら

残念ながら、高砂市議会はランキング外。
「情報共有」「住民参加」「機能強化」の観点からのランク付けのようです。

議会のあり方はその地の住民の方々の需要を考慮することも必要であるため、
全国で統一したものではないと考えますが、
ランク外という結果は受け止めなければなりません。

議会運営については、これまでも多くの声をいただきながら、
まだまだ現実化できていないところも多くあります。
議会全体で取り組む難しさもありますが、個人レベルでできることはしっかり取り組むとともに、
全体の場にも意見を届けていきたく思います。


さて、そんな中、一般質問をわかりやすく伝えよう!ということで、
グラフィックレコーディング化いたしました。

グラフィックレコーディングとは、会議での議論を、絵や図などのグラフィックにして記録する手法です。

一般質問については、文章でもしっかりとお伝えできればと先日記事にさせていただきましたが、
今回は絵や図でご理解いただければと思います。
絵も伝え方もまだまだですが、少しでもわかりやすく伝えられればと、
今後も研究していきたく思っています。







コメント ( 3 ) | Trackback ( 0 )

6月定例会が閉会しました

今日は6月定例会の討論採決日でした。

今定例会では、陳情を除き、提案された議案はすべて全会一致で可決となりました。

また、閉会後には新庁舎建設設計についての全員協議会が行われました。
主な内容は、先日のブログでもお知らせしたとおり、
基本構想及びプロポーザル提案からの変更検討であり、
具体的には、
・南庁舎は、大規模改修を行い、基本構想のとおり継続して使用する。
・公用車駐車場は、更なる安全性及びコストも考慮し、地下駐車場を取りやめ、立体駐車場とする。
・西庁舎を解体し、立体駐車場を建設する。
・西庁舎の活用面積を精査し、新本庁舎に集約し、建設する。
・そのため、本庁舎をプロポーザル原案で3階としていたが、市民の利用が少ない部門を4階以上に配置する。
というものです。

私は新庁舎についてを扱う総務常任委員会に所属していることもあり、
質問は控えましたが、主な協議内容としては、
西庁舎解体にあたっての資産価値の考え方や
検討されている変更を行う場合のコストについて、
4月・5月に行われた市民ミーティングについてでした。

西庁舎については1億6300万円の資産価値があるとのことですが、
資産価値も判断材料に含んだ上での今回の検討とのことでした。
また、費用については、西庁舎を残した場合の運用コストも考慮すると、
西庁舎を解体するという今回の検討案のほうがコスト減となるとのこと。

検討結果も踏まえて7月中旬には案が作成され、
議会はもちろん、市民の方々にもお知らせしていくとのことです。


さて、議会が閉会し、また幅広く調査ができる時期となりました。
後援会報の作成にも取り組みながら、活動を行っていきたいと思います。
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

6月定例会の委員会審査終了

先週に引続き、6月定例会の委員会審査でした。
補正予算の総額の採決を残し、委員会での審査が終了しました。

私の所属する総務常任委員会では、
今日は陳情の審査を行いました。

総務常任委員会に付託されている陳情は、
「共謀罪(テロ等準備罪)」法案の慎重審議を求める意見書の採択について。

先日6月15日の参議院本会議で採決が行われ、法案が成立したものになります。

私は法案が成立している以上、意見書提出は不要であることを理由に
この陳情には不採択の立場で意見いたしました。


明日は6月定例会の最終日となる予定です。
本会議にて、討論採決が行われます。

また、その後は新庁舎建設設計についての全員協議会も予定されています。

最後まで気を抜かず、取り組んでいきます。
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

市職員採用や市立図書館での展示について

16日に行われた常任委員会では、
新庁舎建設のほかにも様々な報告がありました。

そのうちの一つが平成30年度の職員の採用について。
平成30年度は、事務11名程度、保育士・幼稚園教諭4名程度、
土木、建築、電気、保健師が若干名の募集とのことです。

今年は若手職員による採用募集ポスターも作られ、
市職員の方々のお仕事紹介ページも公開されています。
少しずつ、変化が結果につながると良いなと思います。



そして図書館では、6月23日からの男女共同参画週間を前に、
女性活躍書籍の展示コーナーが設けられています。

女性活躍と一言で言っても、分野は様々です。
紹介されている本も多岐にわたる分野で紹介されていたので、
いくつか読み、参考にしたいと考えています。

また、こちらは委員会の報告ではありませんが、
同じく市立図書館では、平成29年度教科書展示会が行われています。
平成30年度使用小学校用、中学校用教科書が展示されています。


私も図書館を訪れ、
平成30年度から教科化される小学校道徳の教科書を中心に見せていただきました。
道徳教育については大切なものであると感じていますし、
課題となっている自尊心を高めることにもつながると教科書を見て感じました。
教科化とはいえ、数値での評価は行われず、記述式での評価となる予定ですが、
教科書だけで教えることには限界がある科目だとも感じます。
現場の方々の多角的な教育力に期待したく思います。
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

6月定例会委員会審査

6月定例会の委員会審査でした。

とはいえ、私の所属する総務常任委員会に付託されている内容は
一般会計補正予算のうち、消防費の予算と歳入のみ。

多くは議案外の報告事項に時間をかけました。

報告事項の主なものは新庁舎建設設計についてです。

5月24日のブログでもお知らせしましたとおり、
新庁舎建設については基本構想からの検討が行われています。
※基本設計受注業者の提案書はこちら

検討中の具体案としては、
・南庁舎は、大規模改修を行い、基本構想のとおり継続して使用する。
・公用車駐車場は、更なる安全性及びコストも考慮し、地下駐車場を取りやめ、立体駐車場とする。
・西庁舎を解体し、立体駐車場を建設する。
・西庁舎の活用面積を精査し、新本庁舎に集約し、建設する。
・そのため、本庁舎をプロポーザル原案で3階としていたが、市民の利用が少ない部門を4階以上に配置する。
というものです。

コスト面では当初の予定とあまり変わらず、むしろ検討案のほうが低くなるとのことです。
この件については、20日の6月定例会閉会後に全員協議会も予定されています。

今回の6月定例会、議案は少なめですが、
抱えている課題に対する報告事項など、十分に考え、対応しなければならないものが多くあります。
しっかりとチェックできるよう、取り組んでいきます。

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )
« 前ページ