屋根裏工作室 改め お気楽模型工作室

お気楽おやぢが 模型部屋で ぼそぼそぶつぶつ~

2017/06/09 地形が見えてきた

2017年06月09日 | 固定レイアウト シーナリー

とりあえずって感じで手を付けてきた一角の地形が形になってきました。


:


スチロール板の切れ端を少しづつずらしながら、木工用ボンドで接着しながら段々に積層して、裏側が空洞になった山の外形が出来てきました。


:


スチロール板の角を削って落としたり、一部分削ってみたりして概ねこんな感じかな~ってところです。

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

2017/06/02 ポリプロピレン用接着剤

2017年06月02日 | 固定レイアウト ストラクチャー

便利な世の中になったもので、検索してみるとポリプロピレンが接着できるという製品が手軽な価格で売られているのがすぐ解りました。
早速ホームセンターで買ってきました。



改めて用途や注意書きを見ると「発泡スチロール」が接着できないリストに入っています(^^;)



「あかんやんか」と苦笑いしつつ切りくずで試してみたら、そこそこの接着強度があるようなので、今回の用途なら十分に使えそうでホッとしました。



塗装の方は、表面を紙やすりで荒らして、グレーのプラ用塗料を厚塗りして下地にしました。



塗料が網目に回り込んで固まるので、剥がれてくることはなさそうです。



車両とは違って普段触るところではないですし、地面と一体化した後にグレインペイントで塗装して固めてしまおうと思います。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

2017/05/26 コンクリの擁壁

2017年05月26日 | 固定レイアウト ストラクチャー

トンネルポータル際の斜面に、以前JAMで見たモジュールのアイディアを借りてコンクリートの吹き付け擁壁を作ってみようと思います。



100均で使えそうな収納ケースを探してきて、曲面になるよう切り刻んで行きます。



裏側を削ったりして曲げていますが、なかなか狙った形にはならないもどかしさ。



概ね形になってきたところで、素材が「ポリプロピレン」だということに気が付きました。



塗装もしにくいし接着も簡単じゃない素材じゃぁないですか・・・。
手元にある各種接着剤の接着不可のリストには「ポリプロピレン」が明記されているものばかりです(^^;)

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

2017/05/19 GWから停滞中

2017年05月19日 | その他日記

連休途中から喉風邪でダウン。


 :

 :


復帰できたと思って鉄分アリの旅行に出たら、ぶり返して再びダウン。

模型どころではなくなってしまった5月。
何をするにも健康第一だという事を痛感です・・・

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

2017/04/28 トンネル周辺の盛り上げ方

2017年04月28日 | 固定レイアウト シーナリー

モックアップが少し具体的な造形物へジワジワ進行中。

スチロール板の積み上げの様子が、少し風景をイメージできるようになりました。



尾根筋はザクザク削って、それっぽくなりつつあります。



線路脇斜面の立ち上がり等、実際にはちょっと無理がありそうな地形をどうごまかすか・・・。

トンネル内部はスチロール板で表面を構成、空洞にして内側はレールのメンテができるようにします。



この最中の皮のような地盤を、支えて強度を出すための支柱をどう組むかは、恒例の現物合わせに(^^;)

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

2017/04/21 尾根筋の地形

2017年04月21日 | 固定レイアウト シーナリー

トンネル周辺の地形をざっくりと作り始めようと、ポータルの位置を決めてその周辺にスチロール板を重ねています。




隠れてしまう最下段は、切れ端で済ませています(^^;)




積み上げた後に削りだしていくので、大きめに積まないといけないのですが、尾根筋になるところなのでどこまで伸ばせばいいのか、脳内で地形イメージを組み上げながらです。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

2017/04/14 石垣に小細工

2017年04月14日 | 固定レイアウト ストラクチャー

トンネルポータルの塗装ついでに、石垣にも雨だれ等々の感じに墨入れしました。

ちょっと小細工追加で、水抜き穴を付け加えてみました。穴だけでは目立たないので、ピンバイスで小穴をあけて丸プラ棒を差し込み、パイプがつき出している形に。



最初は手元にある最小サイズのエバーグリーン製0.64mmで作ってみたのですが、上品すぎたのでデフォルメして0.88mmにサイズアップしました。
明るめのグレーに塗って裏から差し込んで出来上がりです。



設置場所に置いて様子を見てますが、写真でアップにすれば当然目立ちますが、肉眼だと照明の具合によってそれっぽく見えたり、ほとんど見えなかったりです。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

2017/04/07 トンネル内壁塗装

2017年04月07日 | 固定レイアウト ストラクチャー

複線ポータルも同様に内壁を作成。
入り口形状にきっちり合わせてプラ板で作った部分の長さは、単線で50mmくらいでしたが、複線では100mmくらいにして形状保持のプラ板支柱は二つにしました。



これくらいの長さならレールクリーニングに支障はなさそう。
これ以降の奥行部分はアバウトな形状で取り外し式を考えています。

この二つを一緒に塗装。適当に調色した濃い目のグレーをエアブラシで内壁に吹きながら、ポータルにも薄くグレーをかぶせてプラの質感を消しながらウェザリングしてみました。

エアブラシだと塗膜が薄いので内壁の遮光には向かないと気が付き、複線ポータルの外側は筆塗りに変更、ツヤ消しにする必要もないので残り塗料で適当にやっつけました。



複線ポータルの出来上がりの写真を見てたら、なんかどっかで見た感じ・・・PECOのポイントマシンっぽい(^^;)

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

2017/03/31 ポータル周辺のモックアップ

2017年03月31日 | 固定レイアウト シーナリー

トンネルポータルを仮置きした周囲にスチレンボードの切れ端を積み上げて、周辺地形のイメージをつかもうとしてます。




スチレンボードで薄皮のような山を作って、内部を空洞にしようと考えています。




トンネル奥の方の内壁は固定せず、取り外せるようにすれば、山の裏側からレール磨き等のメンテが簡単にできるんじゃないかという目論見。

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

2017/03/24 ポータル部分の内壁

2017年03月24日 | 固定レイアウト ストラクチャー

見た目のバランスから、最初にイメージしていた非電化サイズのポータルから、電化対応サイズの大きめのポータルに変更して、これに合わせた感じにこの辺りの地形を納めていくことにしました。




ポータルに0.3mmプラ板で50mm分だけ内壁を作って接着。曲げ癖をつけても端の方は広がってしまうようなので、1.0mmのプラ板をポータルの形に切り抜いて、ポータル反対側にはめ込みました。





塗装はもう少し先、固定する前にするつもりですが、透けてしまわないように厚塗りしないとダメかもしれません。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加