屋根裏工作室 改め お気楽模型工作室

お気楽おやぢが 模型部屋で ぼそぼそぶつぶつ~

2020/02/14 廃屋解体中6-重機を作る3

2020年02月14日 | 固定レイアウト ストラクチャー

アームに付く目立つパーツの油圧シリンダーは真鍮パイプと洋白線の組み合わせにしました。
洋白線部分は無塗装で行けます。



シリンダーの「受け」部分とアームが上手く納まるようにサイズ合わせをしていきました。



各パーツが出来上がってきましたので、組み合わせて仮り組み。
お~、なかなかいい感じに見えます(^^)/



ここでパーツごとに塗装しました。
少し赤を垂らした黄色とつや消し黒。
下回りとバケットの中は茶系を混ぜた濃い灰色です。



オペレーターが操作するレバーを、0.2mm真鍮線にリード線の被覆を頭にかぶせて作ってみました。



アームには油圧パイプを加えてチョッとだけディテールアップ。
車両のパイピングの要領ですが、老眼入った眼にはしんどい作業です(^^;)



最終的に組みあげて、土汚れのウエザリングをして完成。



当初イメージより二回りほど大きくなってしまいました。



かなり手こずりましたが、何とか形になりました(^^)/

コメント

2020/02/07 廃屋解体中5-重機を作る2

2020年02月07日 | 固定レイアウト ストラクチャー

各パーツを作っていきます。



バケット部分は実物を見た印象のまま、0.3mmプラ板を曲げたパーツを作り、U字形の側面と合わせてそれっぽく出来ました。



ボディ部分と椅子は、薄板や2mm角棒などの組み合わせ。



作業員はトミーテックのジオコレ「ザ・人間」から、繁華街でしゃがんでいきっていた「おにぃさん」に、堅気になって働くことにしてもらいました(^^;)
ヘルメットは透明なゴム系接着剤を、クラフトテープの剥離面を利用して、半球形の雫を作り塊にしたものです。



アーム部分はプラ板を何枚も貼り合わせていますが、この先作ろうとしている油圧シリンダーとその受け部分との兼ね合いで、当初イメージより分厚いモノになってしまいました。

コメント

2020/01/31 廃屋解体中4-重機を作る1

2020年01月31日 | 固定レイアウト ストラクチャー

廃屋解体現場に小型のパワーショベルみたいな重機を入れようと考えました。
既製品で当てはまるモノは無いか探したのですが・・・無いです(^^;)
大型のものはトミーテックの「建設機械コレクション」にありますが、この現場には大きすぎます。Zゲージ1/220サイズでないかと思ったのですが、そう簡単にあるものではないようです。

それなら・・・と、自作することにしました。




近所で解体や建築の現場を見かけたものを写真を撮って資料にして、簡単なスケッチだけで適当に作り始めました。
アーム部分は0.3と0.5mmのプラ板を切り出して貼り合わせることに。



足回りはランナー線を少し引き延ばし、適当な太さの所を輪切りにして並べて接着。
キャタピラ部分は蒸気機関車動輪用のゴムタイヤを利用することにしました。



・・・と、ここまで簡単に書いてますが、フルスクラッチとなると、どういう素材で、どう切り出して、どう組み合わせるか、考え出すとキリがなく、頭の中で考えた工法が実際には上手くいかず、時間のかかる製作となっています(^^;)

コメント

2020/01/24 廃屋解体中3

2020年01月24日 | 固定レイアウト ストラクチャー

がれきの山に追加工作です。
プラ棒を何本か切り出して、端をニッパーで縦割き。



古びた木材風に全体を塗装した後、割れた木口になるところを明るい肌色系で塗って、キレイな割れ口に見えるようにしました。
先に作った「がれきの山」に突き刺すようにこの木材の切れ端を加えていきます。



ベースが発泡スチロールですし、表面に張り付けたグレインペイントのシートも柔らかい素材なので、簡単に刺さってくれます。



何方向かから眺めながら、自然に見えるようにデコレーション。



先に作った壁で、この「がれきの山」を囲んで様子見ですが、まぁまぁいい感じじゃないでしょうか?

コメント

2020/01/17 廃屋解体中2

2020年01月17日 | 固定レイアウト ストラクチャー

壁面に茶系の「グレインペイント」を塗って、土壁のような感じにしました。



ちょっと赤みが強いので、妙に古風な感じの壁になっています(^^;)



この時の作業用トレイ(カップ入りゼリーの空き容器)に残って乾いた「木工ボンド混ぜのグレインペイント」が面白い手触りのシートとなっています。
ペリペリと面白いように剥がれて、不思議な工作材料が手に入りました(^^)



これを使って解体中の「がれきの山」を作ることにしました。



発砲スチロールの小片を削って成型して「あんこ」にします。
その表面にこのシートを張り付けていきます。
もともと木工用ボンドが混ぜ込んであるので、発泡スチロールに木工用ボンドで簡単に食いついてくれます。
シートが薄くて柔らかいので、凹凸にかなり追従します。



シーナリー工作に使えそうな面白い素材なので、覚えておいて今後使っていこう思います。

コメント

2020/01/10 廃屋解体中1

2020年01月10日 | 固定レイアウト ストラクチャー

次のストラクチャーに取り掛かりました。
「廃屋解体中」のシーンを作ってみようと思います。

GMの定番キット「住宅or商店」の壁面。
過去に色々なストラクチャーを作った残り材からの工作です。
4面のうち2面は、ニッパーでガシガシ切り取っていきました。



内壁が見える状態になるため、柱や床を表現していきます。
昭和中期の木造建築を想定。
塗り壁に柱が見える真壁構造に見えるよう、プラ棒で柱を付けていきます。



さらにプラ板で二階の床の一部分を加えました。
「これ以外は取り壊されてここまで残っている」といった状況を想像しながらです。



二階の床材を支える梁や、柱の切断面をニッパーで縦割きに切り込んで、木材が割れて引き裂かれた感じにします。



ここまで来た段階でざっくりと下塗りを済ませました。

コメント

2020/01/03 昨年の成果と今年の目論見

2020年01月03日 | 固定レイアウト

去年はレイアウト中央部の作りこみをテーマに工作しました。



大きな固定レイアウトでは、工作面に直接手を伸ばして工作するにのは、無理な姿勢が必須となるので、細かく作りこむのはちょっとしんどい作業です。
そこで「敷地を分割してミニシーンを作りこんでいく」という方法を採用しました。
ただし「作りこんだストラクチャーを置く」ではなく「ストラクチャー周辺の地面ひとブロックを、シーナリーとして一体化して造作する」という考え方です。



ここまでで「四軒建売工事中」「フットサル場」「郊外の喫茶店」この3シーンが出来ました。
いずれも自分自身では納得できる出来になりましたし、工作自体はすごく楽しく充実した一年でした。



一方、細かい作りこみやフィギュアや小物の演出工作が楽しすぎて、なんだかんだと時間をかけてしまい、「たった3ブロックだけ」という結果になりました。



昨年の初め頃↑ ↓今年はじめの現状



このペースだと未完成部分だらけの、スタイロ平原が広がる状態で、私自身の寿命が来てしまいそう・・・(^^;)
という反省点をもって、新たな年に向かうことにします(^^)

コメント

2019/12/27 上京して買い物

2019年12月27日 | その他日記

所用で関東に行った機会を利用して、半日模型的買い物散歩をしてきました。

まずは、KATOの総本山詣で。
5年ぶりになりましたが、あの時は赤い電車がメンテ中だったのを思い出しました。


(写真は前回に行った時のもの)

assyパーツ等は今のところ困っていないので、輸入レイアウト用品の探索がメインの目的。
目についたのは接着剤。プラ用の速乾タイプと謳ったものと、仮固定で重宝しそうなワックスを買ってみました。



ワックスは、試した感じでは期待どおりの使い勝手っぽく、今後色々使いこんでみようと思います。



それ以外にはワゴンセールの車両ケース。
中古の市場価格より安い\300の値付けで、しかも新品というのはすごくありがたいのですが、なんせ嵩張るので大量買いはできません(^o^;)

秋葉原に移動して、普段入手しにくそうなものや中古の出物を何軒か回って物色。
その流れで「ミニチュア人形のYFS」さんのお店を覗いてきました。
店主とお話して、ZゲージやTゲージの製品をうまく混ぜ込む方法など、しばし話し相手になってもらいました(^^;)

こういう趣味の買いだしするには、東京という街はパラダイスですね。

コメント

2019/12/20 100均グッズでサッカーゴール改修

2019年12月20日 | 固定レイアウト ストラクチャー

100均でちょっと好都合なグッズを発見。
熱帯魚関係のコーナーで見つけた「金魚網」です。



水槽のごみをすくって掃除するようなグッズだと思われます。
ネットの網目が細かくシンプルで使用イメージにぴったりです。



これを使って、以前作ったフットサル場のゴールをバージョンアップしました。

ミニシーンに固定してあったゴールを剥がし、さらに従来のネットをゴールの枠から剥がし、新しく切り出した目の細かい網に付け替えました。


     ビフォー↑ ↓アフター


比べてみるとずいぶん違います。


     ビフォー↑ ↓アフター


レイアウト上に置いた感じの肉眼目視でも、かなり印象良くバージョンアップできました。

100均はホント宝の山ですが、品数が多くて多彩なので、自分のニーズをよく意識して陳列棚を眺めないと、自分の望むモノとなかなか出会えないダンジョンです(^^;)

コメント

2019/12/13 郊外の喫茶店6

2019年12月13日 | 固定レイアウト ストラクチャー

TV中継というネタは、以前買ってあったTOMYTECKのジオコレ「TV中継車」を掘り出して思いつきました。
使用場所とか深く考えず無目的に買ってしまい「こんなものいつ使うんだ?」とストックしてあったものです(^^;)



TV中継車ですが屋上がさっぱりした作りで、チョッと寂しい感じなので小細工。



ジャンク箱から元は何だったか思い出せないコイルバネを使い、真鍮パイプをつないだ支柱と合わせて送信機を作りました。



パラボラのお椀は、0.3mmプラ板に、丸くなっているピンセットのお尻を、グリグリ押し付けて作ったものです。



さらに、GMキットのジャンクからTVアンテナを拾いだして、洋白線の支柱に付け、昔懐かしいVHFのアンテナっぽく作って屋上に付け足しました。



郊外の喫茶店駐車場の敷地が、色々な人や物でゴチャゴチャとして、にぎやかな雰囲気が出てきました(^^)/



 :



このあたりで「郊外の喫茶店」は一旦完成ということにします。

コメント (4)