千秋小梅日記

コミティア参加サークル「千秋小梅うめしゃち支店」を運営する小津端うめからの連絡、雑感、感想などです。

新潟コミティア47ありがとうございました!

2017年06月12日 21時08分43秒 | 創作

6月11日朱鷺メッセでの新潟コミティア47参加しました。寄って下さった方、見て下さった方、買って下さった方本当にありがとうございました。

なんだか、今回のコミティア、熱気が溢れていたような気がしたのは私だけでしょうか。いつもよりも人通りが多く、わいわいしていたような気がしたのですが…

何だか時間があっという間に過ぎていき、いつも見本誌をじっくり見てから会場を2周くらいして本を買っているのに、今回は一周急いで回るのがやっとで。終わってから買い逃した本をいくつか思いだし、悔しい思いをしました。

年に2回~4回会う友人とお話しできる場でもあり(七夕みたいだ!)創作活動は基本的に孤独な作業ながら皆一生懸命またたいていて、勇気と力と友愛を頂けます。また今度頑張ろう、と思えます。

また、上向きのベクトルで、なんとか今よりもっと良くなろうと頑張っている方の姿を見ると、自分もああなりたいと思ったり。いつも思ってるんですが。

新刊は無事に売れまして、今回感想を頂ける機会も多く、嬉しすぎて大騒ぎしそうな自分を抑えるため却って縮こまっているような感じでした。もう、本当に感謝です。

BEATITUDE≒3は売り切れたので、どうするかなぁ…

それから、「あなたが住む町」無事完売しました。買って下さった方、ありがとうございます。

打ち上げでも創作話三昧で、幸せいっぱいな一日でした。

今後の予定。多分みちのく3は参加できます。秋の新潟コミティア、10月22日も勿論万難を排して参加予定。そして11月に東京行くつもりです。

問題は秋の新刊。新潟に間に合わせたいけど、プロットが長くなってるから、間に合うよう頑張らないと!

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

25bです。新潟コミティア47

2017年06月08日 23時28分41秒 | 創作

もう3日後だー。楽しみ楽しみ。

6月11日、新潟朱鷺メッセ2Fで行われる新潟コミティア47に参加します。

新刊は、

「夜と海のワルツ」400円

「BEATITUDE Vol≒3」100円

新刊じゃないけど、秋の新潟コミティアの自家製本をオンデマンドで刷り直した
「BEATITUDE1+2」300円

です。

その他、既刊を持っていきます。…「きみならずして」「新しい恋の詩」は残り2部、「あなたが住む町」は残り1部です。多分刷り直さず、既刊売り切ったものは電子書籍に移行していきますので、紙の本が欲しい方は是非貰って行ってやって下さい<(_ _)>

また今回も、買う方でも楽しみたいと思います(^_^;)。

では、当日宜しくお願いします~。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

+αが出来ました

2017年05月31日 19時58分50秒 | 創作

うーん、画像アップが上手くいかないのであるよ・・・

それはともかく。6月11日新潟朱鷺メッセで行われる新潟コミティア47に参加します。

前回のブログでは新刊2冊+αにしてました。その+αが出来上がりましたので、宣伝させてください。

「BEATITUDE≒3」
4pと8p、2話の漫画と、東京でやっていたミュシャ展鑑賞記の番外編になります。
自家製本で、100円。上質紙での製本はプリンタインクがなくなってしまったことより12冊程度しか出来ませんでした。もし有り難いことに「欲しい!」という方おられましたら、ご連絡いただければお取り置き致しますので、教えてください。

はや来週なんですね・・・久しぶりのイベント参加なので楽しみです。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

新潟コミティア47近づいてきました。

2017年05月19日 00時31分38秒 | 創作

6月11日朱鷺メッセにて。

新潟コミティアは東京に比べるとものすごーく小さな即売会ですが、一つ一つのサークルをゆっくりじっくり見て回れるところが好きです。

あとのんびりしてます。多分主催者の見えない所の尽力による雰囲気。

お得なところでは、東京コミティアの見本誌がゆっくり読めます。

あと、終了後のコミックワークショップが名物です。

BELNE先生の、どんな作品も読み解いてしますその読解力と、どんな作品にも愛情を注ぐ姿が私の漫画好き心に響きます。

隣接するホテルに入っている万代島美術館ではマリメッコ展がやってます。布好き、服好き、プリント生地好きにはものすごくお勧め。万代島美術館は展示が上手い美術館だと自分は思ってます。

 

そんな新潟コミティア47で今回出す新刊は2冊+α。

「夜と海のワルツ」…GW、海辺の診療所で働く姉のもとに妹がやってきて始まるお話です。54p、400円

「BEATITUDE1+2」…新潟コミティア46で領布した自家製本をオンデマンドで再販。印刷が良くなった、細い線は飛んだ、カラーが減った、高くなったと良い悪い入り乱れて、48p、300円

αは、「BEATITUDE」、ペーパー漫画用に描いていたら2話ほど溜まったので、一冊にするか悩んでいるところです。

また決まってきたら宣伝していきますね~。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

なんだか描き続けてるよ~

2017年05月11日 21時46分25秒 | 創作

ブログに画像が何故か挙げられなくなってしまったため、見せることが出来ませんが、漫画、描いております~。ちょっと前まで4pのビジュツな2人、今は8pのやっぱりビジュツな2人。

8pの方は、マリメッコ展に絡めたマンガです。自分で描いていて、この二人はどうしてこんなに甘々な話になるのかな~と恥ずかしくなりつつ描いてます。でも、恥ずかしく思って描いちゃ駄目だそうで、ノリノリになって描く方がこういう話は良いと聞いたので、描く最中は頑張って気持ちを高めてます(^_^;)。

前のブログにも描いたかもしれませんが、マリメッコ展の最終日、新潟コミティア当日です。服が好き、布が好き、ファブリックが好きな人はオススメです。是非新潟に来たら寄って見てください。私は多分漫画のためにもう一回行きます。とは言え、あまり今回主人公は展示を見てないのでちょっと背景だけになっちゃって勿体ないなー。

新潟コミティア、前々からアナウンスしてますが、

「夜と海のワルツ」…全くの新刊
「BEATITUDE1+2」…ガタティア46の時の自家製本をオンデマンドで作り直したもの

に、今回の8p…と前に描いた4pで一冊にするか、8pは先にWEBで出しちゃうか…とか悩み中。

まずは皆さん今週末大阪コミティアらしく、忙しそうな楽しそうな空気が伝わってきます。羨ましいなぁと思いつつ、自分は自分でやれることを頑張ってます。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

明日はララ原画展

2017年04月29日 01時12分06秒 | 読書・漫画

行ってきます。新潟市マンガ・アニメ情報館にて。

ちなみに新潟コミティアの頃には夏目友人帳大原画展ですよ。

でもまずはララ原画展です。東京で見てますが、もう一回見れるのは嬉しい。

そして途中から追加になったらしいサイファ最終回の原画、展示してあるととっても嬉しい。

頼むから展示してください<(_ _)>

この間行ったマリメッコ展もとてもすばらしく。布好きにはとても良いと思います。こちらは最終日が新潟コミティアの日。新潟コミティアのついでに見ていくの、オススメです。

今のララで楽しみなのは「君のコトなど絶対に」「ウラカタ!」「図書館戦争」…かなぁ。ベテランさんばかりで困った。新人さんで好きな人が出来るとその雑誌のことも応援したくなるので。

自分で買っているのは「世界で一番悪い魔女」読みたさにLaLaDXの方。こちらは逆にルーキーさんが載っていて、たくさん載る中で1つくらい琴線に触れるのがあるので、それが楽しみでもあります。しかし、自分が良いと思った人、中々次回作が載らないんだよなー。残念。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ツイッターのお題にて

2017年04月20日 21時44分42秒 | 読書・漫画

 

というツイッターのお題がありまして、本棚をにらみつつえらんでみたのですよ。どちらかというと昔から持っている、手放さないものを選びました。見てたら色んな思い出がよみがえってきました。

ピグマリオ…
中学の友人が「好きだ」と言っていたのが印象に残っていて。
そして姉が初めて買った「花とゆめ」に載っていたのがクルトとメデューサの最後の決戦の回で。
実家の近くの市立図書館は漫画の品揃えが豊富で、ピグマリオが飛び飛びで(借りられてるから)置いてあったのですね。それを読んでみると、どこから読み始めても面白くって。
後年まとめて読んだら、クルトの成長物語~母が恋しい男の子から、女性を愛する男性になっていくお話であり、それが本筋の冒険譚と見事に絡み合っており、脇役の配置、チョイ役まで行き届いた展開と、まぁ…ドラマの理想形をここに見た、という感じでしょうか。冒険もの、ファンタジーものを読むときの自分の心の中の「ものさし」になっています。

バナナブレッドのプディング…
これも、実家の近くの市立図書館で初めて読んで。「ジョカヘ…」が初めての大島弓子作品でした。それは難解で。その頃から既に「大島弓子は男にはわからない(のに男は分かりたがる)」みたいなことは言われていて、「そういうものなのかなぁ?」とか悩んでいたところ、この作品を読み、「誰が何と言おうと自分は感動した!」と心の中で反論していたのでした。あの夜道を走るところからミルクまでの展開は、私の頭の中の感動作の理想形。

きんぎんすなご…
わかつきめぐみを一冊だけというのもかなり無茶な話だけど、リアルタイムで感動したこれはやはり外せない。主人公のつんつんした心に共感できるので、1冊かけてほぐれていくにつれ、ものすごーく感動したのです。わかつき先生、初めて読んだのは「グレイテストな私達」で、「月は東に…」の陰に隠れてしまうけどあの4人組は大好きでした。「SoWhat?」は年を経るごとに読むと阿梨さんの切なさが前半のそこかしこから感じられて、切なくてたまらないなー…とか、語り出すと長くなる(^_^;)。
私の絵はよく「わかつきめぐみ好きでしょ」「谷川史子好きでしょ」と言われましたけど、言われて内心すごく嬉しかったです。
あ、10冊に谷川さんは言ってませんが、一冊選ぶなら絵の美しさで「各駅停車」外せませんね。

ガッデム…
我が家の本棚で一番古い本。中学に買ったなぁ。新谷かおるは一時期かなり集めてましたが、今残っているのは「アリス12」「砂の薔薇」「左のオクロック!」「NAVI」。アリス12のお下劣ギャグも大好きだし、完成度なら断然「砂の薔薇」だが…楽天的なのと、熱血なところ、女性が綺麗なところ、バランス良くて一冊選ぶならやっぱりガッデム。

ふくはうち…
文月今日子はレディース時代の短編がどれもこれも好き。落ち込んだときも読める、気持が楽になる、自分にとってなくてはならない漫画になってます。スピード感や話の良い意味での深刻味のなさ、皆どこか憎めない登場人物…真面目に「どこが良いか」と語るのが出来ない面白さなのです。ふくはうちは短編メインの文月先生が描いた連載物で、好みのキャラクターが短編だとすぐいなくなってしまうところ、4巻も動き回ってくれているだけでも幸せでたまらないお話。

いのちの器…
未だ連載が続く(72巻出たよ!)長寿作品。20巻くらいから買い続けてるかなぁ…大学時代、精神的に参っていた時、この作品に救われまして、外せないのです。人に勧められるのは6巻まで。夫を失い、復縁するまでの主人公の心の動きが硬軟併せ持った描写で読ませます。それ以降はすごーーくゆるーーい展開になり、近年は更にゆるさに拍車がかかってますが、それでも、ひいき目でしょうが、未だに面白いし、読んでて気持ち良いです。色々人生に悩んでいるのがバカらしくなれる漫画です。

風の宿…
高校時代小山田いく先生にはまってはまってはまりまくってまして。全部買って何度も読んでました。小山田先生の話の盛り上げ方には癖があって、それにはまる人はもうたまらん、となるのです。そしてその癖から抜け出すのは容易ではなく、創作しているとき、気を付けないとすぐ「小山田してる」状態になってしまいます。ぐおおおぉっとクライマックスで盛り上げまくるんですよ。それとか、しみじみ語りだしたり、何かに言づけて気持ちを伝えようとしたり。なんというか、自分の血肉になってる漫画です。

少年は荒野をめざす…
最初買ったのはマーガレットコミックスで装丁を替えて出た時で、新作と思ってたんですよね。浪人中で、立ち読みで、もう1巻でノックアウトされて。あんなにショックを受けたのはあの時だけじゃないでしょうか。その頃マンガ描き始めたばかりで、「私の理想がここにある」と主人公狩野のように思ってしまいました。美しい台詞に美しい絵。退廃的な面と健康的な面と。初めて読んだときは主人公に感情移入、20歳後半に読み返したときは主人公そっくりの男性陸君に感情移入、最近読み返したら狩野の友達菅野と小林の健康さに救われる気持ちになり。読み返すたび印象が変わります。ちなみに後にわざわざぶ~けコミックスで買い直しました、6巻の向日葵の絵が好きで。

ヨコハマ買い出し紀行…
つい最近終わった「コトノバドライブ」、良かったですね!作者の「今」のペンタッチが生きた作品でした。で、ヨコハマ。もうこの絵は外せない。画集持ってますけど、宝物ですもん。大学行く寸前の春休みの旅行中に、初めてターポン出てくる話読んだのですよ。多分旅先の青森か室蘭で。丁度旅先だったから、印象がすごくって。あと、漫画で背景に目を取られる、という体験、初めてしたのがヨコハマだった気がします。あの背景、真似しようとしてもできなかった…どう描いてもヨコハマの劣化コピーになるのです(^_^;)。そして最終巻に向けてどんどん大きくなるタカヒロ、どんどんはかなくなっていく爺ちゃん、長い巻をかけて、あんな展開が待っているとは思わず、泣いてしまいました。

シェリーにくちづけ …
同人誌で一冊選びたかったので考えた末RIMLANDの舞村そうじさんのこれ。初めて行ったコミティアで明らかに買った本は、舞村さんの「図書館妃」、まるちぷるカフェのなかせさんの「かわいいだけじゃツマらない」、うめしそぷろじぇくとのかのはら美友さんの「リファレンス」シリーズ。この方々のウェルメイドされた職人芸のような作品をよんで「同人誌ってこんなに楽しい!」と刷り込みが入って、自分もコミティアに参加したいと思ったなぁという思い出があります。シェリーにくちづけは20歳代と思われるカップルの日々を描いたペーパー漫画をまとめたもの。祝福感というか、幸福感に満ち溢れた本で、いつでも傍らに置いておきたいような本なのです。良い本を選ぶとなると候補があり過ぎたので、一番傍らにあった本を。

 

はぁ~ほんと、いくらでも書けます。まぁ個人的な話で、楽しめる人がいたなら嬉しいです。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

原稿終わったひと段落。

2017年03月23日 19時19分16秒 | 創作

なんだか最近画像のアップロードが上手くいきませんので画像出せませんが、無事6月向けた新刊が一応描きあがりました。写植もしました。6月までまだ時間たっぷりあるから、しばらく寝かせて、微調整できたらいいなぁと思っています。

ただ、まだタイトルが決まらない…これ、というのがないままです。

あと、あとがきや表紙もまだ描いてない。そこらへん、時間経って腕が鈍る前に描かねば、と思っています。

でも、やっぱ描くなら漫画よねー、と思って、ショート漫画ネタを考え中。

春のガタティアには凝った話を用意する分、軽ーい話を反動で描きたくなるので、ささっとやれたらなぁと思います。

ちなみに軽い話は同人誌用、しっかりした話は投稿用の原稿用紙…と使い分けて、頭の切り替えがしやすいようにしたりしてます。

あと、6月ガタティアのサークルカットも描かないとね…色々やる事が一杯。

でも、ひと段落したから、やりたいこと、映画見たり、絵を見に行ったり、音楽聴き込んだり、本を読んだりもしたいです。

最近読んだ本が、新書の「デヴィッド・ボウイ」「プリンス論」「マイケルジャクソン」「ユーミンの罪」という80~90年代ミュージシャンの本が多くて、ここら辺をネタにした漫画も描いてみたいなぁとかも思ったりしています。

なんだか色々やりたくてむずむずしてます。そんな万歳な気分の今日でした。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

3月20日「創作同人いっせい配信」参加します。

2017年03月16日 23時36分06秒 | 創作

3月20日、「創作同人いっせい配信」に参加します。

というのは、こちらのサイトの企画。

今回は新作作成中で、新しいものは出せませんでした…というわけで、旧作、再販しなかったものから、と考えました。

そして一番心残りがあった「握手の神様」を一冊にまとめたものを作りたかった、というのをこの際電子書籍でやろう、と思い立ちました。

販売ページはBOOK☆WALKER内のこちら。B☆Wでは他に「リヤ/スイ」「BEATITUDE」も売ってます。良かったら買ってやってください。

内容はほとんど変えていないです。紙で持ってるけどこの機会に読み返すとか、紙の本から電子書籍に移行して本棚スペースを開けようとか、旅先で暇だから読んでみようとか、読んだことなかったから読んでみようとか、ぜひぜひ検討してみてください。

さて、今回読み返して自分で思ったのは「言いたいこと言ってるなー」ということ。2007年から2009年に描いていた作品ですが、今じゃ描きにくい内容もあるなーとか思ったり。夢をね、一生懸命語っていて…それが出来ると思えた世の中だったのですね。あの頃ニュースを聞いて、あぁ世も末だと思っていたのに、更に末の末があって、果てはないのだなと最近のニュースを聞いて思い知っているところですね。

今はもっと地に足が付いた状態で夢を語りたいと思いながら描いています。今回の作品もある意味夢を描いてます。今トーンをやって、そこで気付いた描き足りなかったところをさらに描き足して…とやっているところ。早く見せたいですが、6月は遠いなぁ(^_^;)

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

しまった!P&R逃した!

2017年02月23日 22時02分49秒 | 創作

2月22日まででしたね、P&R。

毎回書こう書こうと思っているのに、気付くと締切りです。

前回のブログの御本は先に投稿していたのですが、他のものを挙げられなかった…

自分が載っていると嬉しいから、自分も恩返ししたいのです…しかし、中々上手くいかない。

今回買った本は人におすすめ、というより自分にとってこんなに良かったと描いた方に伝えたいような本が多かったので、ツイッターやブログで描くのはなんか躊躇しています。

かといって、最近はメールアドレス載せない人が多いので、感想伝えようがないのです。

あぁ、失敗した(>_<)

コメント
この記事をはてなブックマークに追加