セーチンズワールド

都内の食べ飲み歩き、大宮アルディージャ&欧州サッカー観戦記、日本酒&クラフトビール利き酒レポを更新してます!

セリエA第8節、ディバラ弾2発!ユーベが快勝しガッチリ首位キープ!@ユベントス・スタジアム!

2016年10月17日 | 欧州サッカーリーグ16-17シーズン!
各国のワールドカップ予選が繰り広げられたインターナショナルマッチウィークを終えてのヨーロッパでは、早くもリーグ戦が再開!今回は珍しく、超久しぶりにセリエA第8節の首位ユベントスVS16位ウディネーゼの一戦をスカパー録画観戦!

結果は、FW21ディバラ弾2発でユーベが2-1で逆転勝利し、首位をガッチリとキープ!今週はチャンピオンズリーグのグループステージもありますから、選手を入れ替えながらも余裕で突破するのかもしれませんねぇ。

16位と下位に低迷するウディネーゼは、イアクイーニ監督を解任したんですが、そう早く結果は出ないので、ここからどう立て直すのか、デルネーリ新監督の手腕に注目!?

2016/10/15(土)20時45分キックオフ【会場】ユベントス・スタジアム(トリノ)【主審】クラウディオ・ガビルッチ【入場者数】39,000人【天候】晴れ【得点】30分 MF14ヤンクト(ウディネーゼ)、43分 FW21ディバラ(ユベントス)、51分 FW21ディバラ(PK、ユベントス)

ホームのユベントス(監督:マッシミリアーノ・アッレグリ)の布陣は4-4-2。2トップはFW21ディバラ&FW17マンジュキッチ。中盤4枚は左からMF12アレックス・サンドロ、MF18ルミナ、MF11エルナネス、MF7クアドラード。DFラインは左からDF33エブラ、DF15バルザーリ、DF4ベナティア、DF26リヒトシュタイナー、GK1ブッフォン(キャプテン)。FW9イグアインはベンチスタート。

アウェイのウディネーゼ(監督:ルイージ・デルネーリ)の布陣は4-1-4-1。1トップはFW9サパタ、中盤4枚は左からFW77テレオー、MF14ヤンクト、MF6フォファナ、MF10デ・パウル、アンカーはMF26クムス。DFラインは左からDF3サミール、DF30フェリペ、DF5ダニーロ(キャプテン)、DF2ワゲ、GK1カルネジス。

前半はキックオフ直後に右サイドからMF7クアドラードがカットイン→PA右にいたFW21ディバラが左足シュートもゴール右サイドネット。

9分にはウディネーゼ、PAアーク付近でDF4ベナティアがFW77テレオーを倒してFK献上!MF10デ・パウルの右足FKは壁に当たってしまいましたねぇww。

25分には、FW21ディバラ→FW17マンジュキッチ→FW21ディバラがPAアークから左足シュートもMF18ルミナに当たると→PA内に入ったFW17マンジュキッチの右足チップシュートもゴール枠上へ。

さすがに地力に勝るユベントスペースかと思いきや、先制したのはウディネーゼ!29分、ユベントスがビルドアップしようとしたところMF11エルナネスへのパスが伸びると→これをインターセプトしたのはMF14ヤンクト!PAアーク外から左足一閃すると、GK1ブッフォンの手を弾いてのミドル弾炸裂でウディネーゼがデカイ先制!

さすがにユベントスも黙っていません。33分にはPA右どフリーで入ったDF26リヒトシュタイナーが右足シュートもゴール右サイドネット。40分にはPAアーク付近でMF18ルミナが倒されてFKゲット。PA内でDF3エブラとMF14ヤンクトの小競り合いがあってかなり揉めましたが、これを何とFW21ディバラの高精度左足FK弾炸裂!ゴール右上隅に突き刺さって1-1の同点!

ウディネーゼにとっては先制しただけにもったいない失点となってしまいましたが、前半はこのまま1-1で終了。後半に入ると先に動いたのはウディネーゼベンチ。DF3サミールに代えてイラク代表のDF53アドナンを投入!

ユベントスは布陣が3バックだったのか、3-4-2-1になっとりまして、2シャドーにFW21ディバラ&FW7クアドラード。中盤4枚は左からMF12アレックス・サンドロ、MF11エルナネス、MF18ルミナ、DF26リヒトシュタイナー。

しかーーし後半から波状攻撃を繰り広げたのはユベントス。5分にはPA左に入ったMF7クアドラード→FW21ディバラ→MF7クアドラードの右足オサレヒールパス→MF12アレックス・サンドロがPA左でMF10デ・パウルに倒されてPKゲット!これをFW21ディバラが落ち着いてゴール右隅に流し込んで2-1と逆転することに成功。

ウディネーゼは9分、MF10デ・パウルに代えてFW18ペリツァを投入!16分には右サイドを上がったDF26リヒトシュタイナーがカットインしつつ左足クロス→PA左裏に入ったMF12アレックス・サンドロのヘディング弾はゴール左枠外に外れましたが決定的。

ユベントスベンチが動いたのは20分過ぎ。FW17マンジュキッチを下げてFW9イグアイン、その後はDF4ベナティアに代えてDF19ボヌッチを投入!28分にはFW77テレオーが左サイドからカットインしてPA左侵入!さらに右足で切り返してからの左足シュートはGK1ブッフォンが反応してコーナーへ。

ここで最後のカードを切ったウディネーゼ。先制弾を決めたMF14ヤンクトに代えてFW75ウルトーを投入。ユベントスはFW21ディバラに代えてMF27ストゥラーロを入れて試合をクローズすることに成功。先制された割りには、王者らしく落ち着いて逆転勝利を収めるあたりはさすがとしか言いようがありません。

にほんブログ村 サッカーブログへにほんブログ村
ジャンル:
サッカー
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 「白龍」純米吟醸、「神雷」... | トップ | プレミアリーグ第8節、FW22シ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL